芥川賞 太宰治に関するニュース

太宰治が川端康成に逆ギレの真実は? 芥川賞の歴史を解く

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月09日06時30分

又吉直樹『火花』受賞で盛り上がる芥川賞。【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら この調子で純文学界が盛り上がることを期待したいところだが、そもそも芥川賞について詳しく知っている人はどれくらいいるのだろう。筆者の周りでも、「芥川賞はどこに応募するの?」と公募だと思っていた人や、「芥川賞と直木賞はどちらの権威が上?」と、芥川賞と直木賞の違いをわかっていない人 [全文を読む]

本日発表! 芥川賞の大本命はやはり又吉直樹『火花』だった! あの選考委員がイチ押しで...

リテラ / 2015年07月16日09時00分

又吉直樹、芥川賞なるか──。今晩、第153回芥川賞・直木賞が発表されるが、世間の注目はもちろん、又吉直樹の『火花』(文藝春秋)が受賞するか否かに集まっている。 しかし、いつもであれば選考会前に下馬評が流れてくるものなのだが、今回はなぜかそれもない。どうやら又吉のこともあり、選考委員もかなりナーバスになっているようだ。 だが、又吉は有力候補者であるどころか、 [全文を読む]

「私を忘れないで下さい」新たに発見された太宰治の芥川賞懇願の手紙、その人間らしさに驚きの声

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月11日17時30分

何の因果か、又吉が獲得した「芥川賞」を懇願する手紙の内容、そしてその想いの強さに世間からも注目が集まっている。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 明治42年、現在の青森県五所川原市に生まれた太宰は、10代より作家を志望し、同人雑誌『蜃気楼』や『細胞文芸』を発表した。その後、大学卒業の見込みがないため新聞社を受けるも不合格。昭和13年、井伏鱒二の紹介 [全文を読む]

「乙女の本棚」をのぞいたら想像よりスゴかった! 紗久楽さわさんが『王様のブランチ』に出るよ

ガジェット通信 / 2017年02月17日16時00分

1935年、「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。『斜陽』などで流行作家となるが、『人間失格』を残し玉川上水で入水自殺した。 《紗久楽さわプロフィール》 大阪府出身。マンガ家。インターネット上で自主公開していた江戸の浮世絵師たちを描く「猫舌ごころも恋のうち」が書籍化出版。繊細で色気溢れる絵柄で人気を博し、幕末の歌舞伎を題材に取 [全文を読む]

和田アキ子、又吉の小説“難癖”発言に批判殺到「何様?」「テレビに映ると不愉快」

Business Journal / 2015年07月23日23時00分

7月16日、お笑いタレント・又吉直樹(ピース)の小説デビュー作『火花』(文藝春秋)が第153回芥川賞に選ばれた。今年3月に出版された同作は、売れない芸人「徳永」と先輩芸人「神谷」の青春を描いた中編小説で、又吉は芸人として初の芥川賞受賞者となった。 そんな快挙に水を差すような、和田アキ子の失言が話題になっている。和田は19日放送の『アッコにおまかせ!』(TB [全文を読む]

芥川賞受賞作品「火花」にも描かれている夏季熱海海上花火大会スタート!!

PR TIMES / 2015年07月17日18時10分

第153回芥川賞受賞作品お笑いコンビピース又吉直樹さん執筆の「火花」(文学界2月号)にも描かれている「熱海海上花火大会」http://www.ataminews.gr.jp/hanabi/ がいよいよスタートします。 山と海に囲まれた地形ならではのお腹に響く迫力のある音と、頭上に広がる光のシャワーを、熱海海上花火大会でぜひご堪能ください。 夏季「熱海海上花 [全文を読む]

人間的な、あまりに人間的な文学賞を巡る嫉妬の騒動史描く本

NEWSポストセブン / 2012年07月26日16時00分

本書は、〈文学賞マニアで、文学に関心を持ち始めた高校一年の頃、ほぼ同時に文学賞にも関心を持って、レポート用紙に、各種文学賞の受賞者・受賞作一覧を作っていた〉(この執着も凄い)という自称〈芥川賞候補作家〉たる著者が、芥川賞・直木賞を中心に各種文学賞をめぐって起きた騒動を収集したものだ。例えば、こんな凄まじい話が載っている。 第1回芥川賞の最終候補になりなが [全文を読む]

掘り起こしたくない黒歴史、あなたは持っていますか?

マイナビ進学U17 / 2016年09月23日00時16分

教科書にも掲載されるほど多くの作品を生み出した太宰ですが、生涯の中で、ついに芥川賞を受賞することはありませんでした。彼は芥川賞に並々ならぬ執着心を抱いていて、生前、芥川賞選考委員で作家の佐藤春夫に書簡3通を送っています。そのうちの1通は、芥川賞の受賞を懇願する内容でした。「第二回の芥川賞は、私に下さいまするやう、伏して懇願申しあげます」「佐藤さん、私を忘れ [全文を読む]

ケンカの中身は「文学的」じゃない?仲が超悪かった日本の文豪たち

しらべぇ / 2015年10月30日19時00分

というのも川端は芥川賞の選考で、当時薬物中毒などに陥っていた太宰の生活ぶりがよろしくないとの理由で太宰の作品を評価しなかったからだ。才能のある作家というのは気難しい性格が多いようで、文豪たちの間ではもめごとが生じていたり、不仲がささやかれたりすることが多い。その内容はゴシップ的なものから文学的意義の高いものまで様々である。今から紹介する以下の3つのケースな [全文を読む]

【変人ばっかり】童貞? 風呂嫌い? あの文豪たちの知られざる意外な一面とは

しらべぇ / 2015年02月14日08時00分

有名なのは、「芥川賞」がどうしても欲しくてたまらず、2度も事件を引き起こしていることだろう。太宰は、第一回芥川賞候補作にノミネートされるも賞を受賞することができなかった。 この時、川端康成は自殺未遂やパビナールという薬の中毒である太宰が書いた作品を「才能は感じるが、生活にイヤな雲を感じる」と評した。懸命に小説を書いたのに、生活を批判されて落選となった太宰は [全文を読む]

向田邦子が懐かしい

クオリティ埼玉 / 2015年11月19日16時03分

芥川賞が何だって言うんだい!あんな花火だか狐火だか知らねぇ小説が芥川賞だなんて聞いてあきれらぁ」行き着けの飲み屋で、昔、小説家を目指していたWさんは嘆くことしきり。食べ物と同じで小説の良し悪しなんてそう安易に決め難い。そういえば、かの太宰治も芥川賞の選考委員に「どうか私の小説を推薦して下さい」という主旨の手紙を送っていたことが最近わかってきた。確かに賞に [全文を読む]

芥川賞・又吉直樹が好きな10冊 村上龍、谷崎、川上未映子ら

NEWSポストセブン / 2015年09月20日07時00分

今年7月、『火花』で芥川賞を受賞し、読書芸人は本物の作家になった。これまで2000冊以上読破してきたといい、根っからの“太宰治好き”としても知られる。 受賞作以外にも『カキフライが無いなら来なかった』『第2図書係補佐』(ともに幻冬舎)など、エッセイにも定評が。そんな彼が、これまで「好き!」と公言してきた珠玉の10冊がこちら。読書の秋に手にとってみたいものば [全文を読む]

工藤遥の『火花』、稲場愛香の画伯ぶり、つばきファクトリーのリーダー問題【ハロプロNEWS】

AOLニュース / 2015年08月15日12時00分

<第5位>徳永千奈美、「芥川賞」という固有名詞を記憶していることが判明8月13日に公開されたウェブ配信番組『GREEN ROOM』で明らかに。この日の番組は、生タマゴShow!審査、モーニング娘。'15スカットMy Heart、ハロコン、こぶしファクトリーの裏側!と非常に豪華な内容だったわけだが、冒頭でMCの夏焼雅と徳永千奈美が又吉直樹『火花』の話題に。そ [全文を読む]

和田アキ子が又吉『火花』を「純文学感じられない」と酷評! 又吉『火花』は純文学か? 論争の歴史をふりかえる

リテラ / 2015年08月09日12時00分

発行部数が200万部を超え、歴代芥川賞作品でトップの売り上げ記録(文庫部数は除く)を塗りかえた又吉直樹の『火花』(文藝春秋)。読者の評価はさまざまだが、先日、芸能界の大御所である和田アキ子が『火花』に物申して話題を呼んだ。 和田が『火花』に言及したのは、先月19日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)でのこと。和田は『火花』を読んだ感想を、「みなさん、よ [全文を読む]

又吉 9年前、横浜の占い師に芥川賞受賞を予言されていた?

NEWSポストセブン / 2015年07月31日07時00分

お笑い芸人として初めて芥川賞を受賞したピースの又吉直樹。この快挙を、又吉本人が占い師に“予言”されていたと、話題になっている。 「あの本の通りなら、又吉さんは芥川賞とっちゃうかもしれない、という声が一部の出版関係者の間で出ていたんです。その通りになったので、“予言”が当たったと話題になっていますよ」(ある書籍編集者) あの本というのは、又吉が2011年に出 [全文を読む]

又吉にも知ってほしい! 太宰治が心中した玉川上水に伝わる痛ましい都市伝説とは?

tocana / 2015年07月29日09時00分

先日、芥川賞を受賞したお笑い芸人の又吉直樹があこがれ続けた人物としても知られる。太宰の作品を読んだことのない人でも『人間失格』『芥川賞』『パビナール中毒』『狂言自殺』、『心中』などのキーワードを知っている人も多いのではないだろうか。 太宰は昭和23年6月13日金曜日、降りしきる雨の中、愛人の山崎富栄とともに玉川上水に投身した。 新聞は早速、人気作家だった太 [全文を読む]

ピース・又吉直樹 太宰治とダウンタウンに衝撃を受けた過去

NEWSポストセブン / 2015年03月29日07時00分

太宰は生前、みっともないほど芥川賞を欲しがった。懇願の手紙をもらった川端康成が困惑するほど。今『火花』で文壇の寵児となった又吉直樹が、芥川賞も夢じゃないような地点にいるかに見えるのは、誰かが無念を晴らしたがっているからに違いない。 ※女性セブン2015年4月9・16日号 [全文を読む]

太宰治は本当に「人間失格」だったのか? 算命学で見る文豪の宿命

まぐまぐニュース! / 2017年05月18日16時38分

芥川賞を3回にわたり落選したときには選考委員だった川端康成から、私生活の乱れを指摘されちょっとしたいさかいになったこともありました。 自己嫌悪、人間不信、異性への依存心などなど精神的にはボロボロの状態だったようです。やはり、宿命の土台がきちんとできていなかったのでしょうか? なぜ太宰治は追い詰められ、死を選んだのか? 文学の才能はあった。知の要素を文筆活動 [全文を読む]

稲垣吾郎、又吉直樹の第2作を絶賛するも“あきれ顔”の理由

Smartザテレビジョン / 2017年05月04日11時00分

第153回芥川賞を受賞した第1作「火花」から約2年、“日本で今一番待ち望まれている2作目”であり、又吉初の恋愛小説として話題の一作だ。「劇場」の主人公は、あすを夢見る劇作家の永田と、彼を優しく見守る恋人・沙希。未来が見えないまま、うそのない心で結ばれた男女の人生が、圧倒的な純度で描かれていく。 番組では、「劇場」を読んで感銘を受けたという稲垣が、永田のこと [全文を読む]

最果タヒが共通巻末エッセイを書く “乙女の本棚”シリーズ『女生徒』『猫町』『葉桜と魔笛』3冊集めると特製BOXを全員プレゼント!

PR TIMES / 2016年12月19日15時35分

1935年、「逆行」が第1回芥川賞の次席となり、翌年、第一創作集『晩年』を刊行。『斜陽』などで流行作家となるが、『人間失格』を残し玉川上水で入水自殺した。紗久楽さわ大阪府出身。マンガ家。インターネット上で自主公開していた江戸の浮世絵師たちを描く「猫舌ごころも恋のうち」が書籍化出版。繊細で色気溢れる絵柄で人気を博し、幕末の歌舞伎を題材に取った『かぶき伊左』で [全文を読む]

フォーカス