短編 太宰治に関するニュース

森山未來とエラ・ホチルドによる『JUDAS, CHRIST WITH SOY ユダ、キリスト ウィズ ソイ~太宰治「駈込み訴え」より~』横浜赤レンガ倉庫1号館にて上演が決定!

PR TIMES / 2016年10月13日18時45分

待ち望まれていた話題作、音楽に蓮沼執太を迎え横浜で再びのクリエーション!太宰治の短編「駈込み訴え」を題材に、作品に描かれるユダとキリストの複雑な関係性が変幻自在なムーブメントと音楽で織りなされる世界。性別や国籍、文化も違う森山未來とエラ・ホチルドの言語感覚の往還が予期しない解釈へと導いていく―。[画像1: http://prtimes.jp/i/14302 [全文を読む]

永遠の青春文学が 活字で セリフで 色彩で 映像でよみがえる!『太宰治ヴィジュアル選集』刊行

PR TIMES / 2014年01月31日11時15分

太宰の真骨頂は短編にあります。 2009~2010年にNHK-BSで放送されたドラマ「太宰治 短編小説集」は気鋭の映像作家10人(ユニット)が太宰の短編に挑み、それぞれ25分の作品として作り上げたドラマ・シリーズです。 「太宰の言葉を削ったり、脚色したり、余計な言葉を加えずに、テキスト(小説)そのものを映像作品にしよう」(長嶋甲兵プロデューサー)という仕 [全文を読む]

累計640万部「ビブリア古書堂」を巻末から読むべき理由

プレジデントオンライン / 2017年04月30日11時15分

南米の作家、ガルシア・マルケスが好きで、大人のための残酷な童話『エレンディラ』や『百年の孤独』などに影響されて、部誌に幻想的な短編などを書いていました。仲間が『おもしろい』といってくれることに気をよくして、将来は作家になるのは当然のように思っていたのです。でも、実際にデビューできるまでには10数年かかりましたけれど(笑)」 こう話す作者の三上延氏は、その初 [全文を読む]

狙うは二匹目のドジョウか?押切もえが又吉に続いて文学賞にロックオン!

アサ芸プラス / 2016年04月24日17時59分

太宰治が好きだそうですが、その太宰も短編作家の側面が強いですし、押切自身も長編志向ではないように思えます」 その評価にたがわず、今回の小説も連作短編集の形を取っている。長編が苦手なら短編が得意とは必ずしもならないが、本作については押切の長所が活かされているという声もあるようだ。前出の編集者が続ける。「モデルとしての経験は彼女ならではの強み。一線級で活躍した [全文を読む]

カップ麺を待つ時間で読み終わる! 時間で選ぶ短編専用電子書籍サービス開始!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年02月10日21時10分

「60分以内」で読みきれる短編ばかりを集めた初の電子書籍サービス「Short Short ~スキマ時間で読める本~」(フライングライン)が2015 年2月9日(月)よりサービス開始された。 60代の「ネット書店」利用が浸透 10代を上回る利用率に コストの観点から紙の本では作ることができなかった、数分から数十分で読みきれてしまうような短い本が、電子書籍では [全文を読む]

「60分以内」で読める短編ばかりの電子書籍サービス『YONDEMILL shortshort ~スキマ時間で読める本~』2月9日提供開始

@Press / 2015年02月10日11時00分

株式会社フライングライン(本社:東京都中央区、代表取締役:鐘ケ江弘章)は、「60分以内」で読みきれる短編ばかりを集めた初の電子書籍サービス『YONDEMILL shortshort ~スキマ時間で読める本~』の提供を、2015年2月9日(月)より開始いたしました。 https://ss.yondemill.jp 【背景】 電子書籍では紙の本では不可能であっ [全文を読む]

シリーズ累計600万部突破! メディアワークス文庫の大人気作品『ビブリア古書堂の事件手帖』最新第6巻 12月25日発売

PR TIMES / 2014年12月25日10時29分

2012年1月にはシリーズ累計100万部を突破し、2012年本屋大賞に文庫初でノミネートされたほか、第65回日本推理作家協会賞短編部門ノミネート、本の雑誌が選ぶ2011年度文庫ベストテン第1位に輝きました。2012年6月にはシリーズ第3巻『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』を発行し、シリーズ累計300万部を突破。2013年1月に、フジテ [全文を読む]

森山大道、太宰治へのオマージュ展開催

FASHION HEADLINE / 2014年12月15日11時45分

女性の告白体を得意とし、短編の名手として知られる。誕生日である6月19日には太宰が眠る三鷹・禅林寺にて彼を悼む「桜桃忌」が未だに開かれており、現代においてもその作品は色褪せない。写真家・森山大道も、彼に魅了された1人という。 森山が太宰の小説と出合ったのは、中学生時代という。学校を厭い、ストリートを学び舎としていた多感な時期に、作品から受けた影響の大きさは [全文を読む]

女性との過去も告白? ピース又吉が東京の生活を綴る

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月03日11時40分

『マンスリーよしもとPLUS』で連載していた人気コラムに全面加筆したもので、“18歳で上京してからの想い出を東京の風景に託して書いた”という短編は全部で100。自他ともに認める太宰治好きとあって、太宰の『東京八景』になぞらえたとのこと。ときに芸人らしく面白可笑しく、ときに文学的に芥川龍之介の短編のような幻想的なタッチで綴り、その独特の世界に引きつけられる [全文を読む]

夏目漱石や太宰治、著作権が切れた「文豪の小説」を勝手に編集しても問題ない?

弁護士ドットコムニュース / 2013年03月27日13時52分

著作権の切れた作家の短編作品を集めたアンソロジーを販売する。「それからの坊ちゃん ~赤シャツVS山嵐~」といったスピンオフ作品を創る。萌え系の挿絵をふんだんに使って、太宰治「女生徒」を編集する。これならば、有償であっても購入してくれる読者がいるかも知れない。しかし、作家の著作権が切れたとはいえ、そこまでの改編が許されるのだろうか。著作権が切れたら、切ったり [全文を読む]

大人気ビブリオミステリが実写&アニメで映画化決定!『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ完結第7巻 2月25日発売!!

PR TIMES / 2017年02月10日11時30分

2012年本屋大賞に文庫初でノミネート、第65回日本推理作家協会賞短編部門ノミネート、本の雑誌が選ぶ2011年度文庫ベストテン第1位、第67回日本推理作家協会賞長編部門ノミネートや、本の雑誌が選ぶ「この40年間の書籍ベスト」の第1位に選ばれたほか、TVドラマ化、コミカライズなどのメディアミックス展開も話題となりました。 第7巻では、劇作家シェイクスピアにま [全文を読む]

『文豪ストレイドッグス』と東京創元社がコラボ! ポオとラヴクラフトのイラストを使った帯が『ポオ小説全集1』『ラヴクラフト全集1』に!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月19日17時30分

アメリカ最大の文豪であり短編の名手であるポオが著した『ポオ小説全集1』は、推理小説を創造し、怪奇小説やSF、ユーモア小説の分野にも幾多の傑作を残した彼の小説世界を完全収録した全集。怪奇と幻想、狂気と理性の中に美を追い求めた彼の世界観に引き込まれるだろう。 『ラヴクラフト全集1』は、幻想と怪奇の作家・ラヴクラフトの文庫判全集第1巻で、彼の生みだしたクトゥル [全文を読む]

たった16ページの本! 短編一編ずつの美しいデザイン文庫

anan NEWS / 2015年11月24日20時00分

その取り組みのひとつが、短編を一編ずつ本にした文鳥文庫。長くてもたった16ページだ。 「もともと本が好きで、スマホやSNSの普及により本があまり売れなくなったことが少し残念でした。短くてもとても深い物語はたくさんありますが、短編集になると分厚くなり、読まれないものもある。忙しい今の社会でも、物語に触れるきっかけができたらいいなと考えました」 紙媒体で読む魅 [全文を読む]

重版決定!!トーチweb連載作品『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』重版のお知らせ

@Press / 2015年10月06日10時00分

太宰、芥川、漱石、鴎外、カフカ、トルストイ……短編から大長編まで、誰もが知る名作を「だいたい10ページくらいの漫画」にまとめてあります。 敷居が高くて手が出せずにいたあの名作も、教科書で読んだけど内容を忘れてしまった傑作も、 ストーリーを忠実に再現しつつ漫画ならではの新たな魅力を伴って蘇ります。 あの名作を今更「読んでない」とは言えずにいる人の心強い入門 [全文を読む]

トーチwebから『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』刊行のお知らせ

@Press / 2015年09月10日10時00分

http://www.to-ti.in/ ■作品概要 太宰、芥川、漱石、鴎外、カフカ、トルストイ…… 短編から大長編まで、誰もが知る名作を「だいたい10ページくらいの漫画」にまとめました。 敷居が高くて手が出せずにいたあの名作も、教科書で読んだけど内容を忘れてしまった傑作も、 ストーリーを忠実に再現しつつ漫画ならではの魅力を伴って蘇ります。 あの名作を今 [全文を読む]

思わず「うまい!」と唸らせる日本の作家の名表現、集めました

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月21日11時40分

この作品は大正6年に『白樺』に書かれたもので、山手線に跳ね飛ばされて重傷を負った筆者(!)が、静養のため兵庫県の城崎温泉を訪れ、そこで様々な生き物を見つめ、生死について考える短編小説だ。しかし中村氏は本書で『城の崎にて』を「文章の技術的側面にいささか気になる点もないではない」「むしろ素人の書き方を連想させる外見を呈しているところもある」と指摘している。 む [全文を読む]

シリーズ累計550万部突破! メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖』最新第5巻発売!

PR TIMES / 2014年01月24日11時54分

2012年1月にはシリーズ累計100万部を突破、2012年本屋大賞に文庫初でノミネートされたほか、第65回日本推理作家協会賞短編部門ノミネート、本の雑誌が選ぶ2011年度文庫ベストテン第1位に輝きました。2012年6月にはシリーズ第3巻『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』を発行し、シリーズ累計300万部を突破。2013年1月には、フジテ [全文を読む]

フォーカス