玉川上水 太宰治に関するニュース

又吉にも知ってほしい! 太宰治が心中した玉川上水に伝わる痛ましい都市伝説とは?

tocana / 2015年07月29日09時00分

太宰は昭和23年6月13日金曜日、降りしきる雨の中、愛人の山崎富栄とともに玉川上水に投身した。 新聞は早速、人気作家だった太宰(この時期、斜陽族と呼ばれる流行語まで生み出している)の行方不明を報じた。心中した時は連日の雨が降っていたため、かなりの激流だったのではと考えられる。ふたりは発見されないまま、連日にわたり、新聞に報じられ世間の話題をさらった。 そ [全文を読む]

「乙女の本棚」をのぞいたら想像よりスゴかった! 紗久楽さわさんが『王様のブランチ』に出るよ

ガジェット通信 / 2017年02月17日16時00分

『斜陽』などで流行作家となるが、『人間失格』を残し玉川上水で入水自殺した。 《紗久楽さわプロフィール》 大阪府出身。マンガ家。インターネット上で自主公開していた江戸の浮世絵師たちを描く「猫舌ごころも恋のうち」が書籍化出版。繊細で色気溢れる絵柄で人気を博し、幕末の歌舞伎を題材に取った『かぶき伊左』で連載デビューを果たす。畠中恵原作の人気シリーズ『まんまこと』 [全文を読む]

太宰治の玉川上水心中事件を検証〜死体の検視で水死か自殺か殺害かが判明するのはなぜ?

ヘルスプレス / 2016年06月12日23時14分

数十年も前になるが、筆者は東京・三鷹市の玉川上水界隈を散策したことがある。作家・太宰治が情死した現場の形跡を確かめたいと思ったからだ。 当時の朝日新聞の報道によれば、1948(昭和23)年6月13日、太宰は美容師の愛人・山崎富栄と玉川上水に入水心中を計る。折からの強い雨が川面を打っていた。失踪6日後の19日午前6時50分頃、腰を赤い紐で結んだ二人の水死体は [全文を読む]

太宰治は本当に「人間失格」だったのか? 算命学で見る文豪の宿命

まぐまぐニュース! / 2017年05月18日16時38分

その独特な観点から魅力的な作品を数多く世に送り出しましたが、玉川上水に愛人と入水自殺というあまりに無残な最期を迎えます。もっと気楽に生きられなかったのか、磯野さんが算命学でみた太宰治像とは? 太宰治 「物書きの仕事をするなら、宿命に伝達本能が必要だ」などと、算命学では言われることがあります。伝達本能? 書いたり話したり、なにかで表現したりと情報を人に伝えた [全文を読む]

最果タヒが共通巻末エッセイを書く “乙女の本棚”シリーズ『女生徒』『猫町』『葉桜と魔笛』3冊集めると特製BOXを全員プレゼント!

PR TIMES / 2016年12月19日15時35分

『斜陽』などで流行作家となるが、『人間失格』を残し玉川上水で入水自殺した。紗久楽さわ大阪府出身。マンガ家。インターネット上で自主公開していた江戸の浮世絵師たちを描く「猫舌ごころも恋のうち」が書籍化出版。繊細で色気溢れる絵柄で人気を博し、幕末の歌舞伎を題材に取った『かぶき伊左』で連載デビューを果たす。畠中恵原作の人気シリーズ『まんまこと』のコミカライズなど、 [全文を読む]

日本の名作小説と人気イラストレーターのコラボ企画 “乙女の本棚”シリーズ創刊!太宰治+今井キラ『女生徒』、萩原朔太郎+しきみ『猫町』、本日11/25発売

PR TIMES / 2016年11月25日18時01分

『斜陽』などで流行作家となるが、『人間失格』を残し玉川上水で入水自殺した。今井キラ兵庫県生まれ。ファッションブランドAngelic Prettyや雑誌、小説の装丁画などに作品を提供。作品集として『月行少女』『少女の国』、『パニエ 今井キラ ロリータ作品集』がある。他の追随を許さない独自の空気感で、ロリータ少女たちから支持され続けている。[画像3: http [全文を読む]

「私を忘れないで下さい」新たに発見された太宰治の芥川賞懇願の手紙、その人間らしさに驚きの声

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月11日17時30分

この年、玉川上水で入水自殺した。享年38歳。 略歴では触れていないが、失踪騒ぎを起こしたり薬物の依存症になったりと、周囲を振り回してきた太宰だが、その作品に対する想いは非常に強い。特に芥川龍之介にとても憧れており、昭和10年に設けられた「芥川賞」では、主人公が半生を振り返る作品『逆行』を発表し、「第1回 芥川賞」候補にも選ばれた。なお、受賞できなかったのが [全文を読む]

森山大道、太宰治へのオマージュ展開催

FASHION HEADLINE / 2014年12月15日11時45分

玉川上水に入水自殺して38年の一生を閉じた。この短い期間に歴史に刻む名作を生み出している。代表作は『人間失格』『斜陽』『津軽』『晩年』など。女性の告白体を得意とし、短編の名手として知られる。誕生日である6月19日には太宰が眠る三鷹・禅林寺にて彼を悼む「桜桃忌」が未だに開かれており、現代においてもその作品は色褪せない。写真家・森山大道も、彼に魅了された1人と [全文を読む]

永遠の青春文学が 活字で セリフで 色彩で 映像でよみがえる!『太宰治ヴィジュアル選集』刊行

PR TIMES / 2014年01月31日11時15分

1948(昭和23)年、自伝的小説『人間失格』完成の1ヵ月後に玉川上水で入水自殺をとげた。享年38。他の代表作に『富嶽百景』『走れメロス』『津軽』『ヴィヨンの妻』『斜陽』などがある。 【小説およびDVD】本文80ページ、映像125分 1. 駈込み訴え 出演/香川照之、清水くるみ、日南響子 ほか 演出/西川美和 2. 走れメロス 出演/森山未來、田中泯、モロ [全文を読む]

フォーカス