川端康成 太宰治に関するニュース

『文豪ストレイドッグス』公式認定!?神奈川近代文学館とのコラボレーションが実現!

PR TIMES / 2014年02月21日16時42分

この度、1984年に開館された歴史ある神奈川近代文学館とのコラボレーションが実現!!神奈川近代文学館ではこれまでの間展覧会として大衆文学、児童、詩歌などジャンルごとの大規模展示をはじめ、夏目漱石、芥川龍之介、泉鏡花、有島三兄弟(武郎・生馬・里見弴)、武者小路実篤、川端康成、太宰治、吉川英治、山本周五郎など個人作家の展示、鎌倉、横浜、川崎など神奈川を地域別に [全文を読む]

ケンカの中身は「文学的」じゃない?仲が超悪かった日本の文豪たち

しらべぇ / 2015年10月30日19時00分

(1)問題児「中原中也」と、お騒がせキャラ「太宰治」画像出典:Amazon太宰治は先ほどの川端康成の件だけではなく多くの作家との確執を持ち、作家人生から私生活に至るまでお騒がせキャラというべきか何かと問題の多い作家だった。一方、夭折の天才詩人である中原中也も相当な問題児として知られている。酒癖は非常に悪く、他の作家を殴ったり暴言を吐いたりなど素行に難が多い [全文を読む]

有名作家たちの素顔は「人間失格」だった!?『教科書では教えてくれない 日本文学のススメ』

PR TIMES / 2015年03月20日13時06分

夏目漱石、樋口一葉、石川啄木、森鷗外、宮沢賢治、芥川龍之介、太宰治、三島由紀夫、川端康成、中原中也、10名の作家の教科書には載せられないエピソード満載 株式会社学研ホールディングス(東京・品川 代表取締役社長: 宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研教育出版(東京・品川 代表取締役社長:碇 秀行)は『教科書では教えてくれない 日本文学のススメ』を発売いたし [全文を読む]

『文豪ストレイドッグス』×神奈川近代文学館とのコラボ再び!今回は「谷崎潤一郎展」と競演!!

PR TIMES / 2015年01月23日15時18分

さらに小説版も展開され、2巻までが発売中!文豪ワールドは更なる広がりを見せている!この度、1984年に開館された歴史ある神奈川近代文学館とのコラボレーションが、昨年の「太宰治展」に続き、再び実現することとなった! 神奈川近代文学館ではこれまでの間展覧会として大衆文学、児童、詩歌などジャンルごとの大規模展示をはじめ、夏目漱石、芥川龍之介、泉鏡花、有島三兄弟( [全文を読む]

太宰治が川端康成に逆ギレの真実は? 芥川賞の歴史を解く

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月09日06時30分

「作者目下の生活に厭な雲ありて、才能の素直に発せざる憾みあった」という川端康成の選評に太宰が怒りをしめしたのである。「“作者目下の生活に厭な雲ありて、云々。”事実、私は憤怒に燃えた。(中略)刺す。そうも思った。大悪党だと思った」とその年の『文藝通信』10月号に反論文を掲載した。 実際に、太宰の私生活は決して良いとはいえなかった。『人間失格』に書かれているよ [全文を読む]

【変人ばっかり】童貞? 風呂嫌い? あの文豪たちの知られざる意外な一面とは

しらべぇ / 2015年02月14日08時00分

この時、川端康成は自殺未遂やパビナールという薬の中毒である太宰が書いた作品を「才能は感じるが、生活にイヤな雲を感じる」と評した。懸命に小説を書いたのに、生活を批判されて落選となった太宰は驚くべき行動に出る。「文芸通信」10月号に、「川端康成へ」というエッセイを書いたのだ。 「刺す。さうも思つた。大悪党だと思つた。」 まさに殺人予告。敬愛する芥川龍之介の賞 [全文を読む]

魂を揺さぶる「46人の最後の言葉」を元に、彼らの人生を紐解いていく。『著名人が遺した最期の言葉~自殺、殉死、謎の死の果てに~』キニナルブックスにて9月2日にキンドル電子書籍としてリリースいたしました。

DreamNews / 2014年09月05日18時00分

●魂を揺さぶる46人のコトバ 太宰治、川端康成、エルヴィス・プレスリー、三島由紀夫、ブルース・リー… 著名人の「死の直前の赤裸々な魂の告白」 『だんだん消えていくくらいなら、一気に燃え尽きたほうがましだ』 ――カート・コバーン 人生の道なかば、 若くして亡くなった者、 自ら命を絶った者、 謎に包まれたまま死を遂げた者。 「最後の言葉」を元に、彼らの人生を [全文を読む]

太宰治は本当に「人間失格」だったのか? 算命学で見る文豪の宿命

まぐまぐニュース! / 2017年05月18日16時38分

芥川賞を3回にわたり落選したときには選考委員だった川端康成から、私生活の乱れを指摘されちょっとしたいさかいになったこともありました。 自己嫌悪、人間不信、異性への依存心などなど精神的にはボロボロの状態だったようです。やはり、宿命の土台がきちんとできていなかったのでしょうか? なぜ太宰治は追い詰められ、死を選んだのか? 文学の才能はあった。知の要素を文筆活動 [全文を読む]

掘り起こしたくない黒歴史、あなたは持っていますか?

マイナビ進学U17 / 2016年09月23日00時16分

黒歴史とは少し異なるものかもしれませんが、川端康成も人には知られたくない過去があるようです。「雪国」「伊豆の踊り子」などを執筆した川端康成は、愛しい人へ恋文をつづっています。そのラブレターの内容は、「あなたのことを忘れられません」「恋しくって恋しくって、何も手につきません」などと書かれていました。中には、その恋文を書いたは良いものの、何らかの理由で送れず、 [全文を読む]

トーハン 店頭活性化プロジェクト「文豪気分の旅プレゼントキャンペーン」実施~文豪ゆかりの宿宿泊券をプレゼント~

DreamNews / 2015年10月27日17時00分

特賞は、宮沢賢治ゆかりの「大沢温泉 山水閣」(岩手県)、太宰治ゆかりの「谷川温泉 旅館たにがわ」(群馬県)、川端康成ゆかりの「雪国の宿 高半」(新潟県)、夏目漱石ゆかりの「みやじまの宿 岩惣」(広島県)など全国9つの宿の宿泊券。この他、旅行券や全国発着日帰りバスツアーを抽選でプレゼントします。“旅”というキーワードで集客力を高めると同時に文豪気分に浸っても [全文を読む]

「私を忘れないで下さい」新たに発見された太宰治の芥川賞懇願の手紙、その人間らしさに驚きの声

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月11日17時30分

なお、受賞できなかったのがよほど悔しかったのか、選考委員を務めた川端康成の選評に憤怒し、『文芸通信』に「冷く装うてはゐるが、ドストエフスキイふうのはげしく錯乱したあなたの愛情が私のからだをかつかつとほてらせた」といった内容の反論を発表している。 先頃、そんな太宰の手紙が、佐藤春夫の遺族が保管していた資料の中から3通見つかった。内容は「こんどの芥川賞も私のま [全文を読む]

ピース・又吉直樹 太宰治とダウンタウンに衝撃を受けた過去

NEWSポストセブン / 2015年03月29日07時00分

懇願の手紙をもらった川端康成が困惑するほど。今『火花』で文壇の寵児となった又吉直樹が、芥川賞も夢じゃないような地点にいるかに見えるのは、誰かが無念を晴らしたがっているからに違いない。 ※女性セブン2015年4月9・16日号 [全文を読む]

「漫画には筆者の心が鏡のように映るものである」(北沢楽天)【漱石と明治人のことば137】

サライ.jp / 2017年05月17日06時00分

太宰治が第1回の芥川賞候補に上げられながら、受賞を取り逃がしたとき、選考委員・川端康成の評の中にこんな一節があった。 「私見によれば、作者目下の生活に厭な雲ありて、才能の素直に発せざる憾(うら)みがあった」 太宰は随分と反発し噛みついたけれど、川端はあの鋭く大きな目で、紙背に映る作者の暮らしまでを凝視していたのだろう。 文/矢島裕紀彦 1957年東京生まれ [全文を読む]

村上春樹や東野圭吾だけじゃない!中国で続々と翻訳される日本の文学作品―中国メディア

Record China / 2017年01月01日19時50分

中国ではいまだに、夏目漱石、谷崎潤一郎、芥川龍之介、川端康成、太宰治、三島由紀夫などの明治維新後に登場した偉大な日本人作家たちのファンがたくさんいる。今年初めに、「日本の張愛玲(アイリーン・チャン)」と呼ばれた日本人作家の森茉莉の作品が初めて中国で中国語版が出版され、中国に紹介される日本文学が新たな節目を迎えた。また、同年、東野圭吾の作家デビュー30周年 [全文を読む]

思わず「うまい!」と唸らせる日本の作家の名表現、集めました

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月21日11時40分

その後、川端康成も『雪国』の書き出しで「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった」という表現で使っているが、芥川の「闇の厚み」から一歩踏み込んだイメージの描写であることに気付かされる。 [全文を読む]

文学好きにはたまらない!人気ボカロ曲が待望のノベル化『文学少女インセイン』を発売!

@Press / 2014年03月03日15時15分

アップテンポのギターサウンドに、夏目漱石や宮沢賢治、太宰治、川端康成など様々な文豪の作品名や印象的な言葉を散りばめた歌詞が人気を集めている。 [全文を読む]

人間的な、あまりに人間的な文学賞を巡る嫉妬の騒動史描く本

NEWSポストセブン / 2012年07月26日16時00分

【書評】 『文学賞の光と影』(小谷野敦著/青土社/1890円・税込) 古くは、直木賞をもらえなかった作家が恨みから選考委員を皆殺しにする筒井康隆の『大いなる助走』が有名だが、近年でも、西村賢太が『落ちぶれて袖に涙のふりかかる』(『苦役列車』所収)という作品で川端康成賞の候補になったが結局は受賞できない作家の焦燥を書いている。 文学にとっては作品が全て――と [全文を読む]

フォーカス