斜陽 太宰治に関するニュース

「乙女の本棚」をのぞいたら想像よりスゴかった! 紗久楽さわさんが『王様のブランチ』に出るよ

ガジェット通信 / 2017年02月17日16時00分

斜陽』などで流行作家となるが、『人間失格』を残し玉川上水で入水自殺した。 《紗久楽さわプロフィール》 大阪府出身。マンガ家。インターネット上で自主公開していた江戸の浮世絵師たちを描く「猫舌ごころも恋のうち」が書籍化出版。繊細で色気溢れる絵柄で人気を博し、幕末の歌舞伎を題材に取った『かぶき伊左』で連載デビューを果たす。畠中恵原作の人気シリーズ『まんまこと』 [全文を読む]

[文学ごはん 01]太宰治『斜陽』の「グリンピイスのスウプ」

&GP / 2016年11月18日19時00分

あまりにも有名な太宰治『斜陽』の冒頭です。没落していく旧家を描いた作品で、翳りゆくもの、滅びゆくものの美しさが全篇を通じてたゆたっています。 さて、冒頭のこのスウプ。主人公の1人である「かず子」が、本物の貴族のノーブルさを備えた母親の、軽やかな食事姿に感嘆するシーンです。学生時代によく読まされる小説でもありますから、 ひらりひらり とスウプを食べるお母さ [全文を読む]

太宰治『斜陽』・現代にも通じる「斜陽族」、あなたは大丈夫?【芥川奈於の「いまさら文学」】

しらべぇ / 2015年03月27日11時00分

■悩んでも始まらないなら革命を起こせ! 『斜陽』は、太宰作品の中でも彼独特の「破滅型思考」を深く抉って書きあげた代表作。 かず子は恋に、母親は美徳に、直治は薬と酒に、そして上原は自分自身を描く戯曲の中に没頭して行くが、その全てが破滅に向かって進んで行く。 しかしどうだろう。結果はどうあれ、各々は確実に自分の中で革命を起こしている。現代では考えられない、ハ [全文を読む]

「雨ニモマケズ…」幼少期の暗誦が日本語という「祖国」を作る訳

まぐまぐニュース! / 2017年02月07日15時30分

斜陽は赤い光を、樹々(きぎ)の葉に投じ、葉も枝も燃えるばかりに輝いている。日没までには、まだ間がある。私を、待っている人があるのだ。少しも疑わず、静かに期待してくれている人があるのだ。私は信じられている。私の命なぞは、問題ではない。死んでお詫び、などと気のいい事は言って居られぬ。私は、信頼に報いなければならぬ。いまはただその一事(いちじ)だ。走れ! メロス [全文を読む]

最果タヒが共通巻末エッセイを書く “乙女の本棚”シリーズ『女生徒』『猫町』『葉桜と魔笛』3冊集めると特製BOXを全員プレゼント!

PR TIMES / 2016年12月19日15時35分

斜陽』などで流行作家となるが、『人間失格』を残し玉川上水で入水自殺した。紗久楽さわ大阪府出身。マンガ家。インターネット上で自主公開していた江戸の浮世絵師たちを描く「猫舌ごころも恋のうち」が書籍化出版。繊細で色気溢れる絵柄で人気を博し、幕末の歌舞伎を題材に取った『かぶき伊左』で連載デビューを果たす。畠中恵原作の人気シリーズ『まんまこと』のコミカライズなど、 [全文を読む]

日本の名作小説と人気イラストレーターのコラボ企画 “乙女の本棚”シリーズ創刊!太宰治+今井キラ『女生徒』、萩原朔太郎+しきみ『猫町』、本日11/25発売

PR TIMES / 2016年11月25日18時01分

斜陽』などで流行作家となるが、『人間失格』を残し玉川上水で入水自殺した。今井キラ兵庫県生まれ。ファッションブランドAngelic Prettyや雑誌、小説の装丁画などに作品を提供。作品集として『月行少女』『少女の国』、『パニエ 今井キラ ロリータ作品集』がある。他の追随を許さない独自の空気感で、ロリータ少女たちから支持され続けている。[画像3: http [全文を読む]

太宰治が愛人に宛てた恋文 最後欄外に「コヒシイ」と添えた

NEWSポストセブン / 2015年05月08日16時00分

没落後も気品を保ち続けた母との暮らしを綴った静子の日記をもとに、太宰は『斜陽』を執筆した。 昭和21年(1946年)1月11日、青森に滞在していた太宰が神奈川に住む静子に送った手紙を紹介する。 〈拝復 いつも思つてゐます。ナンテ、へんだけど、でも、いつも思つてゐました。正直に言はうと思ひます。 おかあさんが無くなつたさうで、お苦しい事と存じます。 いま日本 [全文を読む]

森山大道、太宰治へのオマージュ展開催

FASHION HEADLINE / 2014年12月15日11時45分

代表作は『人間失格』『斜陽』『津軽』『晩年』など。女性の告白体を得意とし、短編の名手として知られる。誕生日である6月19日には太宰が眠る三鷹・禅林寺にて彼を悼む「桜桃忌」が未だに開かれており、現代においてもその作品は色褪せない。写真家・森山大道も、彼に魅了された1人という。 森山が太宰の小説と出合ったのは、中学生時代という。学校を厭い、ストリートを学び舎と [全文を読む]

永遠の青春文学が 活字で セリフで 色彩で 映像でよみがえる!『太宰治ヴィジュアル選集』刊行

PR TIMES / 2014年01月31日11時15分

他の代表作に『富嶽百景』『走れメロス』『津軽』『ヴィヨンの妻』『斜陽』などがある。 【小説およびDVD】本文80ページ、映像125分 1. 駈込み訴え 出演/香川照之、清水くるみ、日南響子 ほか 演出/西川美和 2. 走れメロス 出演/森山未來、田中泯、モロ師岡、純 演出/渋江修平 3. 雪の夜の話 ナレーション/田畑智子、声/峯村リエ、清水宏 演出/ケシ [全文を読む]

『定番すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』発刊のお知らせ

@Press / 2016年07月29日17時00分

【収録作】 夏目漱石『坊っちゃん』 織田作之助『夫婦善哉』 国木田独歩『武蔵野』 芥川龍之介『地獄変』 チェーホフ『桜の園』 尾崎紅葉『金色夜叉』 徳冨蘆花『不如帰』 小林多喜二『蟹工船』 ウィーダ『フランダースの犬』 作者不詳『マザー・グース』 吉田兼好『徒然草』 有島武郎『カインの末裔』 太宰治『斜陽』 スウィフト『ガリバー旅行記』 陳寿『魏志倭人伝 [全文を読む]

小泉今日子書評集に高評価! 一方、佐藤江梨子と前田敦子は……“アイドルと文章”の系譜

おたぽる / 2015年11月12日12時00分

太宰治好きを公言し、太宰を原作とする映画『斜陽』にも出演。エッセイ集として『気遣い喫茶』(扶桑社)を出版しているが、あまり話題にならなかった。 「『気遣い喫茶』を読めばわかりますが、サトエリの文章は、良く言えば詩的、悪くいえば不思議ちゃんです。読書経験が豊富であることはわかるんですが、文学少女っぽさが抜けない。当時はアイドルがちょっと変わった文章を書いてい [全文を読む]

イエローキャブ倒産! 小池栄子が背負う“3億借金”問題、佐藤江梨子は“セクシー路線廃業”へ!?

サイゾーウーマン / 2015年02月14日13時00分

佐藤はこれまでも、作家・太宰治フリークを公言するなど、“文学愛好家”の一面も覗かせ、映画『斜陽』にも主演しています。芸能事務所に所属する歌手志望の女性を主人公にした小説の執筆歴もあり、今回の移籍は、セクシー路線との決別ととってもよいのではないでしょうか」(同) また一方で、特に移籍に際して音沙汰がない小池は、イエローキャブの破綻を報じた「東京スポーツ」で“ [全文を読む]

「気難しさゆえ......」佐藤江梨子 突然のブログ休止と難航する移籍ロード

日刊サイゾー / 2012年07月22日08時00分

09年には太宰治の原作を映画化した『斜陽』に主演し、昨年はドラマ『ここが噂のエル・パラシオ』(テレビ東京系)で元スター女子プロレスラーという役柄を演じている。舞台も『海辺のカフカ』に出演するなど、まさに順風満帆のキャリアを歩んでいるといっていい。だが、その一方で、プライベート面ではあまり恵まれていない。「記憶に新しいのは、歌舞伎俳優の市川海老蔵との破局です [全文を読む]

小池栄子と佐藤江梨子にAV出演という"トンデモ情報"浮上!

メンズサイゾー / 2012年03月29日20時45分

2009年には太宰治の原作を映画化した『斜陽』に主演し戦後の没落貴族を演じたかと思えば、昨年はドラマ『ここが噂のエル・パラシオ』(テレビ東京系)で女子プロレス団体のボスで元スターレスラーという役柄を演じ、"カメレオン女優"ぶりを見せている。舞台も、今年は『レシピエント』に続いて『海辺のカフカ』が控えているといった状況だ。「グラビアからテレビに進出し、そこか [全文を読む]

フォーカス