松山ケンイチ 二宮和也に関するニュース

「主役以外やらない」主義の豊川悦司が"二宮和也の2番手"に甘んじた裏事情

日刊サイゾー / 2012年03月28日08時00分

【関連記事】・「嵐・二宮の影響で......」女優を目指すも仕事がない佐々木希 ついに"引退宣言"!?・「お互い頑固で......」嵐・二宮和也と松山ケンイチの不仲で『GANTZ』続編製作に暗雲!?・嵐のメタボ二宮和也 ファンが「佐々木希との破局を求める署名」120人分を事務所に送付・佐々木希と交際発覚! 嵐の"スキャンダル王"はやっぱりニノだった!?・押 [全文を読む]

本誌調査で判明、OL女子はタイプ別でここまで好きな芸能人が違った!

週プレNEWS / 2014年08月12日06時00分

しかし、その決めつけは真実なのだろうか……? そこで! このたび週プレ編集部は20代OLを、(1)この1年以内に彼氏以外の男性5人以上とセックスした経験のある女性を「ビッチ」、(2)過去に10人以上の男性から真剣に告白された経験のある女性を「モテ女」、(3)過去に交際したことのある男性が2人以下の女性(いわゆる非モテ)を「ピュア子」と分け(「ビッチ」かつ「 [全文を読む]

「お互い頑固で......」嵐・二宮和也と松山ケンイチの不仲で『GANTZ』続編製作に暗雲!?

日刊サイゾー / 2012年01月26日08時00分

準主役の加藤勝は、今年のNHK大河ドラマ『平清盛』に主演している松山ケンイチ。ほかにも吉高由里子、夏菜、山田孝之ら若手の実力派たちが出演している。 二宮と松山は売れっ子のため企画の打ち合わせすらままならず、特に松山は長期間の大河ロケに、妻の小雪の出産などで多忙を極めている。今年に入って双方のスケジュールを調整しパート3の打ち合わせが行われたというが、そもそ [全文を読む]

不満爆発!二宮和也が「暗殺教室」の取材で答えに窮した“恥ずかしい話”とは?

アサジョ / 2016年04月02日09時58分

二宮が松山ケンイチと共演した映画『GANTZ』『GANTZ PERFECT ANSWER』以来、5年ぶりのアクション映画挑戦というのが売りでした」(映画ライター) だが、二宮はどうやらその触れ込みが気に入らない様子。先のラジオ番組でも、「ジャッキー・チェンがね、今まで封印してたものを5年ぶりにやるとかさ、そんなんだったらわかるよ。アクション映画に出てない人 [全文を読む]

岡田准一&宮崎あおいの”2ショット”は?記者落胆の日本アカデミー賞

デイリーニュースオンライン / 2017年03月07日08時00分

前回最優秀主演女優賞の安藤サクラ(31)をはじめ、大竹しのぶ(59)や宮沢りえ(43)、黒木華(26)、広瀬すず(18)、佐藤浩市(56)、綾野剛(35)、妻夫木聡(36)、長谷川博己(39)、松山ケンイチ(32)など著名な役者が一堂に会した。 昨年はSMAP解散騒動で揺れる中、最優秀主演男優賞に選ばれた二宮和也(33)が、スタッフや共演者ではなくジャニー [全文を読む]

タラレバ娘・吉高、リアルは「恋多き娘」?

日刊大衆 / 2017年02月18日16時00分

他にも映画『GANTZ』で共演した二宮和也(33)や松山ケンイチ(31)との熱愛など、とにかく恋の噂が絶えない吉高由里子。そんな彼女の現在のお相手とされているのが、関ジャニ∞の大倉忠義(31)だ。2016年7月に『FRIDAY』で、吉高が大倉のマンションに“通い同棲”をしている現場が撮られたことで熱愛が発覚。大倉は「お友達です」とコメントしたが、10月に [全文を読む]

人気漫画「GANTZ」ヒロインの爆乳が、フル3DCGで揺れまくる!?

Movie Walker / 2016年10月14日18時00分

二宮和也と松山ケンイチを主演に迎えて実写映画化された『GANTZ』(11)と比べても、フル3DCGで描くことでよって原作により忠実な世界観となっているが、じつは“乳揺れ”にも相当なこだわりがつまっている!? 死んだはずの人間たちと様々な星人との壮絶な死闘を描く「GANTZ」シリーズだが、中でも特に人気の高い「大阪編」をピックアップした今回の『GANTZ:O [全文を読む]

関ジャニ・大倉と吉高由里子の熱愛でジャニーズが下した“苦渋の決断”とは?

アサジョ / 2016年07月19日17時59分

大倉とは、今年の3月頃から頻繁に一緒にいる姿を西麻布の会員制バーなどで目撃されているようです」(女性誌記者) これまでの吉高の男性遍歴はかなりのもので、野田をはじめ、玉木宏、松山ケンイチとの熱愛が取りざたされたほかにも、嵐の二宮和也、生田斗真などジャニーズタレントとの交際の噂が数多く聞かれる。「吉高は業界でも“ジャニーズ食い”で有名。おそらくジャニーズ事務 [全文を読む]

「原作とイケメンの組み合わせで内容はテキトーでも観に行く人がいる」『GANTZ』作者が最近の実写映画化に苦言!!

おたぽる / 2016年06月01日18時00分

奥の代表作『GANTZ』は、主人公の玄野を嵐・二宮和也、もう一人の主人公加藤を松山ケンイチ、監督を佐藤信介が務め、2011年に前後編として実写映画化されている。ともに公開2日で興行収入5億円を突破、動員数は40万人を超え、2本あわせて興行収入約60億円を超えという大ヒット作にはなった。 奥の今回の発言に対して、「『GANTZ』実写化に不満が残っているのか [全文を読む]

共演者キラーの戸田恵梨香は、なぜ反感を買わないのか?

ウートピ / 2016年05月27日20時10分

松山ケンイチ(2006年に共演、交際は2013年に父親の証言でバレる)、村上信五(2008年に共演)、二宮和也(2008年に共演)、田中聖(2006年に共演、交際のウワサは2013年ごろ)、綾野剛(2013年にツーショットを撮られる)、勝地涼(2013年に共演)……。その時々で話題性のある男性ばかり。今回の加瀬同様、どこまで本気で交際しているのか、遊んでみ [全文を読む]

戸田恵梨香&加瀬亮、熱愛報道に「SPECのステマ…ではない!?」と衝撃走る! 有村架純の台頭で結婚のハードル低く?

おたぽる / 2016年05月10日12時00分

「戸田はこれまでに、松山ケンイチ、嵐・二宮和也、関ジャニ∞・村上信五、綾野剛、勝地涼らとの熱愛報道が流れ、その度に、父親に紹介したことも報じられていたため、『結婚秒読み?』などとファンを不安にさせていました。その頃はまだ、所属事務所・フラームの中でも稼ぎ頭で、結婚はすんなりと承諾されなかったでしょうが、最近では後輩の有村架純が台頭してきていますから、結婚 [全文を読む]

『GANTZ』新作3DCGアニメ映画「GANTZ:O」は大阪・ぬらりひょん編を描く!「絶対見に行くし!」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月24日15時00分

発行部数2,000万部以上を売り上げ、嵐・二宮和也と松山ケンイチ主演で実写映画化も果たした『GANTZ』の新作フル3DCGアニメ映画が2016年10月14日(金)に公開される。タイトルは「GANTZ:O」で、原作の大阪・ぬらりひょん編にスポットをあてる。これにはファンも「大阪編が一番面白いからな~これは期待だ!」「大阪編めちゃ熱いやんけ!」「ぬらりひょん見 [全文を読む]

吉高由里子の意味深コメントに熱愛疑惑浮上? キス動画“流出”で、酒席を共にしたい女優ナンバーワンに?

おたぽる / 2015年12月22日19時00分

「今年4月に発売された週刊誌『FLASH』(光文社)で、2013年頃から交際しているとウワサされていたロックバンド『RADWIMPS』のボーカル・野田洋次郎との破局を報じられてからは浮いた話のなかった吉高ですが、これまでに生田斗真、玉木宏、二宮和也、松山ケンイチ、ロックバンド『flumpool』のベーシスト・尼川元気など、数多くの男性との熱愛報道が流れ、 [全文を読む]

【アニメ映画トピックス・11月後半】『ラブライブ!』紅白に向け再加熱!?

Movie Walker / 2015年11月28日11時28分

■ 『GANTZ』がフル3DCGで帰ってくる! 11年に二宮和也&松山ケンイチ主演で2部作として実写映画化された、奥浩哉の人気SFコミック「GANTZ」。実写映画以外にテレビアニメにもなった本作が、フル3DCGによるアニメ映画となり、2016年に公開される事になった。新たに立ち上げられたWEBコンテンツ「GANTZ:X」には原作者のインタビューなども掲載 [全文を読む]

吉高由里子も嫌われた!?意外と多い、嵐の「共演NG」タレント

アサ芸プラス / 2015年02月12日17時59分

「二宮和也は、映画『GANTZ』で共演した松山ケンイチがNG。2人とも俳優としてのこだわりがあるせいか、現場では会話する姿がほとんどなく、松山が結婚した際に、二宮とは連絡先を交換していないことを明かしています。櫻井翔は、映画『ヤッターマン』で共演した福田沙紀が現場スタッフにタメ口で話すのを見て辟易し、以降は共演NGに。映画の試写会でも櫻井と福田のツーショ [全文を読む]

朝ドラ新ヒロイン・吉高由里子の酒トラブルにおびえるNHK

アサ芸プラス / 2014年04月02日09時59分

「デビュー以降わずか10年の間に俳優の生田斗真をはじめ、玉木宏、二宮和也、小雪と結婚前の松山ケンイチ、バンド『RADWIMPS』の野田洋次郎、『flumpool』の尼川元気などと浮名を流しています。他にも公になっていない男の数を含めると、異常な数ですよ」(写真誌記者) そして男性関係に負けず劣らずなのが、酒にまつわる乱れっぷりだという。 「飲むとベロベロ [全文を読む]

フォーカス