将棋 松山ケンイチに関するニュース

命をかけるほど頑張ったことありますか? 映画『聖の青春』に見る短くも濃い生き方

Suits-woman.jp / 2016年11月30日10時00分

突然ですが、皆さんは、村山聖(さとし)という棋士を知っていますか? 将棋の棋士といえば、羽生善治が有名ですが、村山は「東の羽生、西の村山」と呼ばれながら29歳という若さでこの世を去った天才棋士。そんな彼の人生を描いた映画『聖の青春』が現在、大ヒット上映中。今回は、村山の壮絶な将棋人生と、この映画の魅力を分析します!生きること=将棋村山聖(松山ケンイチ)は、 [全文を読む]

「将棋」が今アツい? 『3月のライオン』アニメ化、ネットでの将棋人気など追い風が吹く

おたぽる / 2016年11月22日13時00分

古代インドにルーツを持つと言われ、日本の伝統的ボードゲームとして親しまれている「将棋」。いまさら説明をするまでもない歴史と知名度を誇るゲームだが、娯楽の多様化などによって、2009年をピークにプレイ人口が半数ほどまで落ち込んだというデータ(レジャー白書)もあるが、最近は将棋の話題を耳にすることが多くなってきた。 まずは人気マンガ『3月のライオン』(作:羽海 [全文を読む]

映画『聖の青春』東出昌大が羽生善治に!豪華追加キャスト一挙発表

NeoL / 2016年06月25日12時07分

病と闘いながら将棋に全人生を賭け、全力で駆け抜けた“怪童”の一生を、師弟愛、家族愛、ライバルたちとの友情を通して描く感動のノンフィクションエンタテインメント『聖の青春』。主人公・村山聖に、人気実力を兼ね備える俳優・松山ケンイチ。そして、聖の最大のライバルであり、松山ケンイチ自身が本作の“ヒロイン”であると語る羽生善治を演じるのは、出演作多数、今最も注目を浴 [全文を読む]

棋士・村山九段を描いた「聖の青春」公開!身近に天才っている?

しらべぇ / 2016年11月18日21時00分

(画像は『聖の青春』オフィシャルサイトのスクリーンショット)19日、羽生善治現三冠と並び称される天才といわれながら、29歳という若さでこの世を去った将棋棋士村山聖九段の人生を描いた映画『聖の青春』が公開される。■徹底した役作りで話題『聖の青春』は、2000年に元・「将棋世界」編集長の大崎善生氏が執筆したノンフィクション小説の映画版だ。主演の松山は小説を数年 [全文を読む]

松山ケンイチが天才棋士・村山聖に!「聖の青春」が映画化

Movie Walker / 2016年02月03日06時00分

難病と闘いながら将棋に全人生を賭けた彼の壮絶な生き様を描く、大崎善生のノンフィクション小説「聖の青春」が映画化され、松山ケンイチが主演を務めることが明らかになった。 幼少期より腎臓の難病・腎ネフローゼを患い、入退院を繰り返した村山聖。入院中のある日、父が何気なく勧めた将棋に心を奪われてから彼は、将棋の最高峰・名人位を獲る夢を抱いて、将棋の道をまっしぐらに突 [全文を読む]

『ワタベウェディング』×映画『聖の青春』コラボ企画 「結婚を決めた“この一手”」エピソード募集!

PR TIMES / 2016年12月01日13時40分

[画像: http://prtimes.jp/i/11086/201/resize/d11086-201-851368-0.jpg ] 映画『聖の青春』は、難病と闘いながらも将棋に人生を賭け、29歳の若さで亡くなった棋士・村山聖(さとし)さんの生涯を描いた大崎善生さんによる同名ノンフィクション小説を映画化した作品です。 「東の羽生、西の村山」と並び称され [全文を読む]

羽生、村山、森内…将棋界「羽生世代」の青春

日刊大衆 / 2016年11月25日21時00分

近年注目される将棋界において、ひときわ輝く「羽生世代」。全タイトルを独占し、将棋界の歴史を変えた男。29歳で夭折し、伝説になった男。盤上で彼らはいかに戦ってきたのか――。 正確な読みで“天才”と呼ばれながら、29歳で逝去した村山聖九段。その壮絶な生涯は大崎善生の小説『聖の青春』で知られ、このたび松山ケンイチ主演で映画化、11月19日に公開された。ライバルの [全文を読む]

松山ケンイチが最新作でみつけた「人生の意味」

Smartザテレビジョン / 2016年11月18日16時13分

本作は、天才・羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称されながら、29歳にして亡くなった実在の棋士・村山 聖の、病と闘いながら将棋に全人生を懸けた感動のノンフィクション作品。今回、主人公・村山聖を演じる松山ケンイチにインタビューを行い、役作りにあたっての強い思いを聞いた。――元々原作を読まれていて、自分から役に名乗り出たという松山さん。原作の感想はいかがで [全文を読む]

【松ケン主演映画『聖の青春』】将棋界最高峰のタイトル「名人」を命がけで目指した伝説の将棋棋士の一生

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月05日11時00分

幼少より難病を患いながらも、鬼気迫る執念で、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し続けた伝説の棋士をご存じだろうか。その名も村山聖(さとし)。「死か名人かその2つに1つを選択しようとしているようや」――将棋に全身全霊を注ぐ彼の姿を見た周囲の棋士たちは心底そう感じたという。圧倒的な強さで「東に天才羽生がいれば、西に怪童村山がいる」と世間から注目を集めながらも [全文を読む]

「将棋・不正ソフト騒動」に松山ケンイチの映画スタッフがガッツポーズ?

アサ芸プラス / 2016年10月21日17時59分

10月12日、日本将棋連盟が公表して以降、大きな波紋を広げている「不正ソフト騒動」。 三浦弘行九段に対し、スマホを利用した「将棋ソフトでのカンニング」の疑いが持たれている同騒動。今年12月31日まで三浦九段の公式戦の出場停止処分が将棋連盟から下されながらも、本人が完全否定のコメントを発表するなど、混迷の度合いを増している。 将棋ファンならずとも少なからぬ衝 [全文を読む]

内田理央、女性プロ棋士役で連ドラ初主演

ザテレビジョン / 2017年07月23日06時00分

最年少プロ棋士・藤井聡太四段の出現で改めて脚光を浴びる将棋界。そんな将棋界を舞台にしたドラマが、8月からフジテレビで放送されることが決定した。主演を務めるのは、写真集が爆発的ヒット、モデル・女優として活動する内田理央。内田は今回がドラマ初主演となる。 原作は、「月刊コミックフラッパー」(KADOKAWA)で連載中、松本渚の同名コミック。食と女性棋士、その真 [全文を読む]

映画「聖の青春」に涙腺崩壊する人続出「これから見に行く人、ハンカチ必須です!」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月26日11時00分

名人となる夢を持ちながらも病に倒れた“怪童”の生涯が、師匠や家族、そして現在も将棋界で活躍する棋士たちとの交流を通して描かれている。 物語は大阪に住み、七段として将棋を指している村山の姿から描かれる。村山は幼いころから腎臓の難病「ネフローゼ」と闘いながら、将棋界最高峰のタイトルである「名人」を目指して邁進していた。しかし村山の前に立ちはだかったのは、同世代 [全文を読む]

『聖の青春』で羽生を演じた東出昌大「この映画は恋愛モノ」

NEWSポストセブン / 2016年11月18日16時00分

病と闘いながら将棋に人生を捧げ、29才という若さで亡くなった伝説の棋士・村山聖(松山ケンイチ)の生涯を描いた映画『聖の青春』が11月19日に公開される。この作品で、村山聖の最大のライバルと称された羽生善治を演じたのが東出昌大(28才)だ。役者としても転機となったという、この作品への想いを東出が語る。 * * * この映画はある種、恋愛モノだと思っているんで [全文を読む]

羽生善治のライバル、薄命の棋士・村山聖を松山ケンイチが熱演 『聖の青春』予告解禁 主題歌は秦基博

AOLニュース / 2016年09月02日11時00分

彼は幼少時より「ネフローゼ」という腎臓の難病を患っており、無理のきかない自らの重い身体と闘いながら、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指して快進撃を続けてきた。そんな聖の前に立ちはだかったのが、将棋界に旋風を巻き起こしていた同世代の天才棋士・羽生善治(東出昌大)であった。両親、そして師匠の森(リリー・フランキー)や、弟弟子の江川(染谷将太)ら周囲の人間に支 [全文を読む]

神木隆之介の「将棋」だけじゃない!? 役にドハマリして“マジ”になっちゃった役者たち

日刊サイゾー / 2017年04月01日19時00分

俳優・神木隆之介が将棋のアマチュア初段を獲得、専門誌「将棋世界」に名前が掲載され、話題となっている。同号には松山ケンイチと東出昌大も初段として名前が掲載されている。 3名はともに将棋を題材とした映画(神木は『3月のライオン』、松山と東出は『聖の青春』)に出演しており、棋士を演じるにあたり、本格的に将棋をマスターした。松山に至ってはぽっちゃり体形の村山聖を演 [全文を読む]

羽海野チカの人気コミックの実写化! 神木隆之介主演『3月のライオン』に隠された“危ういテーマ”とは?

おたぽる / 2017年03月19日14時00分

将棋の世界を舞台に、17歳のプロ棋士・桐山零が世代もタイプも異なる様々なライバルたちと闘い、また隣町で暮らす川本家3姉妹と交流することで成長を遂げていく青春ストーリーだ。主人公・桐山零に『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』(14年)、『バクマン。』(15年)の神木隆之介、さらに染谷将太、高橋一生、伊藤英明、加瀬亮……と人気俳優をキャスティング。自分の [全文を読む]

この冬最高の感動作『聖の青春』いよいよ公開! 村山聖が「この人となら何処までも行ける…」と信じていた羽生善治の大ベストセラー

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月18日18時00分

弱冠29歳の若さで亡くなった天才棋士・村山聖の、難病と闘いながら将棋に全てを懸けた壮絶な生涯が描かれている。 原作は、ノンフィクション作家・小説家の大崎善生が2000年に発表した『聖の青春』。100年に1人の天才と言われる羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称されながら、名人への夢半ばで倒れた生涯が、師弟愛、家族愛、ライバルたちとの友情を通して描かれてい [全文を読む]

孤高の天才・羽生善治と村山聖が結んだ「特別な関係」。「会いたい」と思い合った知られざる絆とは?

Movie Walker / 2016年11月17日10時00分

大崎のノンフィクション小説をもとに、病と闘いながら、将棋の道をまっしぐらに駆け抜けた村山聖の実話を描く本作。村山役を松山ケンイチ、羽生役を東出昌大が演じる。最強のライバル関係を描く上で、森監督がキーワードとしたのが「孤独」だと言う。「天才性のある2人。天才とそこに及ばない人の差とはなんなのかと考えた時に、『いかに孤独に耐えうるか』ということだと思いました」 [全文を読む]

秦 基博、主題歌を務める映画『聖の青春』とのコラボMVを公開

okmusic UP's / 2016年11月14日17時00分

【その他の画像】秦 基博映画『聖の青春』は、100年に1人と言われる天才・羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称されながら、29歳にして亡くなった実在の棋士・村山聖(さとし)が、病と闘いながら将棋に全人生を懸け、全力で駆け抜けた“怪童"の一生を、師弟愛、家族愛、ライバルたちとの友情を通して描く、奇跡の実話を元にした感動作。村山聖を演じた松山ケンイチが精 [全文を読む]

松山ケンイチと東出昌大が「生き方に惹かれた」伝説の棋士とは?

Movie Walker / 2016年10月28日14時00分

映像のなかで松山は、ガンと闘いながら将棋に打ち込んだ村山について、「命を燃やすという言葉が似合う方で、そこに惹かれ、心揺さぶられた」と明かし、東出は「村山さんは人生を賭して将棋や生き方を描こうとしていたんだと思います」と、徹底した役作りで撮影に臨んだ2人がそれぞれの思いを語っている。 後半には、当時の村山をよく知る師匠の森信雄や、原作者の大崎善生、羽生善 [全文を読む]

フォーカス