松山ケンイチ 松本潤に関するニュース

マツコが指摘!漫画・アニメの実写化への文句はもうダサい?

しらべぇ / 2016年10月31日20時00分

1位 『DEATH NOTE(デスノート)』(出演:藤原竜也、松山ケンイチ他)(2006年)2位 『のだめカンタービレ』(出演:上野樹里、玉木宏他)(2006年)3位 『花より男子』(出演:井上真央、松本潤他)(2005年)有吉は「モノマネでは納得されないし、原作に近い人がやればいいっていうものではない。ルパン三世は小栗旬ではなく、体型的には矢部太郎(カラ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松山ケンイチ「松本潤は怖かった」 『ごくせん』時代の緊張感語る

TechinsightJapan / 2016年01月19日14時29分

松山ケンイチが嵐の松本潤と共演したドラマ『ごくせん』を振り返った。彼は撮影現場での松本潤の印象について「怖かったすよね」と明かすが、その松本も当時はキャスト全員が「殺気立ってた」と証言する。 14日放送の『VS嵐』にプラスワンゲストとして参戦した松山ケンイチ。松本潤と再会して、2002年に放送されたドラマ『ごくせん』第1シリーズの話題となった。当時、青森か [全文を読む]

男児誕生の松ケン小雪夫妻 出産直前“助産師”に熱心に相談

NEWSポストセブン / 2012年01月22日16時00分

小泉今日子(45)や松本潤(28)も訪れる都内のアートカフェに、1月3日、松山ケンイチ(26)・小雪(35)夫妻の姿があった。 松ケン夫妻は、中年女性と一緒に3人で来店。ふたりはその女性に何かを相談している様子だったという。 「女性は、出産について、絵本を見せて説明してました。ふたりは、彼女を“先生”と呼んでましたから、きっと産婦人科医か助産師なんでしょう [全文を読む]

生瀬勝久が「貴族探偵」の撮影現場エピソードを告白!【視聴熱】8/24デイリーランキング

ザテレビジョン / 2017年08月25日17時34分

■ 人物ランキング 「VS嵐」に松山ケンイチら「髑髏城の七人 Season風」チームが登場1位 嵐/2位 乃木坂46/3位 欅坂46嵐…松山ケンイチら“舞台「髑髏城の七人 Season風」チーム” を対戦相手に迎えた「VS嵐」(毎週木曜夜7:00-7:57、フジ系)がオンエア。ことし4月から放送された相葉雅紀主演「貴族探偵」(フジ系)に出演した生瀬勝久が、 [全文を読む]

嵐・松本潤が名優に成長するターニングポイントになった作品とは?

アサジョ / 2017年03月29日10時14分

“花だん”で共演した小栗旬と再会し、ブレイク前の上地雄輔、松山ケンイチなどがズラリとそろっていた。「軟派なイメージを一新したのが、2003年の『きみはペット』(TBS系)でしょう。TBSの連ドラ初出演となった松本は、年上美女役の小雪に甘えるキュートな男子。上目使いがかわいすぎると大評判で、キャリアウーマンが年下男子にハマる現象が増えました」(前出・アイドル [全文を読む]

木村拓哉、今期ドラマ最高視聴率も「松本潤に負けた」と散々のワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年03月22日20時07分

また、竹内結子(36)や松山ケンイチ(32)、木村文乃(29)、菜々緒(28)ら豪華共演陣の演技も評判がよく、視聴率に貢献したとみられています。少なくとも『キムタクだけで数字が取れる』という神話は完全に過去のものになった。しかし、いまだに木村は番宣で出演したバラエティで『俺様』ぶりを発揮したりと過去の栄光を捨てきれない部分があるようです」(前同) ■キムタ [全文を読む]

1月ドラマで夫婦対決!小雪勝利なら夫・松山ケンイチの俳優生命が終了?

アサジョ / 2016年12月09日10時15分

おもしろいことにこのドラマの裏番組は夫の松山ケンイチが出演するドラマ「A LIFE~愛しき人~」(TBS系)。日曜夜9時に、夫婦によるガチンコ視聴率対決が繰り広げられるのだ。「この視聴率対決は夫の松山が勝利すると言われています。なぜなら松山が出演するのは年末に解散するSMAPの木村拓哉が主演で、内容以前に話題性がありますからね。木村主演のドラマは彼のスケ [全文を読む]

松本潤と井上真央の「年内結婚」に真実味!? ジャニーズ事務所の打つ手は

messy / 2014年05月13日17時00分

宮崎あおい、松山ケンイチ、松嶋菜々子……。しかし、井上の相手とされる松本はご存じのとおりジャニーズ事務所所属のスーパーアイドルだ。しかもTHE・稼ぎ頭の嵐メンバー。9月にはハワイにて結成15周年コンサートを予定しており、ツアーの価格設定も30~50万と強気だが、それでも3万人を動員する自信があるということなのだろう。仮に松本と井上が結婚を望んでいても、先輩 [全文を読む]

有村架純vs吉高由里子 秋の映画“濡れ場対決”の見どころ

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年10月09日09時26分

夫役の松山ケンイチ(32)と煎餅布団でセックスに挑んでいるが、特筆すべきは調理場でのシーン。娼婦として“立ちんぼ”している吉高が、偶然通りかかった前職の先輩コックに買われ、閉店後の静まり返ったレストランの調理場に連れ込まれる。 「調理台の上で羽交い締めにされ、ワンピースの上から胸を激しく揉まれる。男は吉高のパンティーをおろし、股間に顔をうずめようとするわ [全文を読む]

“エロかわいい”キス顔!妻夫木とも…水原希子のキスシーンを振り返る

dmenu映画 / 2017年09月16日07時00分

話題となったキスシーンは、主人公・ワタナベ(松山ケンイチ)が、ヒロイン・緑(水原)の自宅を訪れた時のもの。ワタナベの「疲れた?」に対し、「久しぶりに体から力を抜いただけ。ぼーっとして」と緑が返した後、しばらく沈黙が流れて、どちらからともなく静かに唇を合わせる……という不思議なキスでした。原作・村上春樹のシュールな世界観を残しつつ、しかしこの上なく濃厚でド [全文を読む]

堂本剛、突発性難聴から復帰「そこまで治ってないので(光一の)ボケを無視する可能性が」

ザテレビジョン / 2017年07月28日11時00分

ゲストは向井理、松山ケンイチ、田中麗奈が登場する。 [全文を読む]

放送禁止!? 成宮寛貴が出演した名作ドラマ

日刊大衆 / 2017年01月15日23時00分

ちなみにこの作品には、小栗旬(34)のほか、嵐の松本潤(33)、上地雄輔(37)、松山ケンイチ(31)、ウエンツ瑛士(31)らも男子生徒役で出演。今思えば相当な豪華キャストであり、これが見られなくなるのはあまりに惜しい。 2004年放送の『オレンジデイズ』(TBS系)は、名作との呼び声が高いドラマ。卒業を控えた5人の大学生の日常を描いたこの作品に、成宮は妻 [全文を読む]

キムタクvs草なぎ視聴率対決、『東京タラレバ娘』に注目! 1月期連続ドラマ展望

日刊サイゾー / 2017年01月04日13時00分

そのほか、松山ケンイチ、木村文乃、菜々緒、及川光博、浅野忠信らの豪華キャストが集結。TBSが木村側の要望を聞いていたら、とてつもない豪華出演陣となって、ギャラ総額も暴騰。最低でも15%は取らないと、TBS的には割が合わないだろう。 木村は同枠で13年10月期に主演した『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』が12.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地 [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

松本潤、小栗旬、成宮寛貴、松山ケンイチ、上地雄輔――皆、このドラマから巣立っていったのだ。■木皿泉という異才不思議なもので、1つのドラマの成功が、局の風向きをガラリと変えることがある。当時の日本テレビもそうで、『ごくせん』の翌年、一風変わったドラマが世間を賑わした。『すいか』である。脚本は木皿泉サン。当時は無名の脚本家で、あの三谷幸喜サンの出世作『やっぱり [全文を読む]

嵐が後輩・伊野尾慧におかんむり!

Smartザテレビジョン / 2016年11月16日16時47分

対する嵐チームのプラスワンゲストには松山ケンイチが登場。“バンクボウリング”でペアを組んだ櫻井と、ある“意外な共通点”が発覚し、2人は大興奮。 さらにゲーム中、自由に発言しまくる伊野尾に嵐はおかんむり状態に!? 松本潤から先輩の意地を見せつけられた伊野尾は、どんな反応をするのか見ものだ。 [全文を読む]

木村拓哉「99.9」「ドクターX」を連想させる主演ドラマに「インパクト不足」の声

アサジョ / 2016年11月08日17時59分

脇役も松山ケンイチ、浅野忠信、笑福亭鶴瓶、山崎努といった演技派をそろえた豪華な顔ぶれです。TBS側は『これだけの布陣なら』と自信満々のようですが、最近のドラマの視聴率は豪華キャストで取れるほど簡単なものではありません。仮タイトルの『零に挑む』も“手術の失敗0%に挑む”という内容を連想させ、『無実を証明できる確率0.1%』のうたい文句で大ヒットした松本潤主演 [全文を読む]

『フラジャイル』主演が松本潤から長瀬智也に代わった裏事情「井上真央と結婚OKのはずが……」

日刊サイゾー / 2016年01月02日09時00分

もうひとりのワースト記録を持つ『平清盛』主演の松山ケンイチは「低視聴率男」のレッテルを貼られ、以降、仕事が激減していった。 「井上も、しばらくは主演で起用されることはないでしょう。正直、再びヒットドラマのヒロインに返り咲けるかどうかもわからない。当然、ジャニーズもそのことはわかっていて、『次の作品を見る』というのは建前で、暗に『別れろ』と松本に言っているわ [全文を読む]

草食の進む今だからこそ観直したい!懐かしのヤンキードラマ10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月21日13時55分

新人俳優の起用が多く、松本潤さん、小栗旬さん、成宮寛貴さん、石垣佑磨さん、上地雄輔さん、松山ケンイチさん、亀梨和也さん、速水もこみちさん、三浦春馬さん、小池徹平さん、小出恵介さん、水嶋ヒロさん、三浦翔平さん、ユージさん、他にも特撮系ドラマで大活躍している俳優さんなど、数多くのイケメン俳優を輩出しているのも特徴のひとつです。 不良を更生させようと、野球経験も [全文を読む]

堺雅人が「半沢直樹」続編を断ってNHK大河ドラマに出演するワケ

デイリーニュースオンライン / 2015年07月16日12時30分

大河ドラマはすでにオワコン? 近年の大河ドラマ視聴率はガタ落ちで、現在放映中の井上真央(28)主演『花燃ゆ』は視聴率1ケタ台を記録し、4年前に大惨敗を喫した松山ケンイチ(30)主演の『平清盛』(2012年)を下回らんとする勢いだ。 「大河が成功すれば松本潤(31)との結婚もあり、とささやかれていた井上真央ですが、この結果では夢も希望もない。それでも井上自 [全文を読む]

【大河ドラマ】『花燃ゆ』不振でNHKが井上真央を“戦犯”扱い…どぶろっくでテコ入れの大迷走

デイリーニュースオンライン / 2015年05月16日11時50分

かつて松山ケンイチ(30)は連ドラに立て続けで主演していたが、大河ワーストを記録した『平清盛』出演後は3年にわたって連ドラ主演なし。今年7月にスタートする往年のアニメの実写版『ど根性ガエル』(日本テレビ系)で久々に地上波連ドラに復帰を果たすが、凋落してしまった感が否めない。 また、2011年の大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』で主演を務めた上野樹里(28) [全文を読む]

フォーカス