松山ケンイチ v6に関するニュース

森田剛とは何者か?【てれびのスキマ】

ザテレビジョン / 2017年08月30日06時00分

時忠は清盛(松山ケンイチ)のもとで恐怖政治を行っていく。そして「平家にあらずんば人にあらず」というセリフが彼の口から発せられた瞬間、それが平家の驕りをあらわすものではなく、純粋さ故に追い込まれていく苦悩をあらわす言葉に変容し、見るものを震わせた。 [全文を読む]

“丁寧な暮らし系女子”アピールに余念がない宮崎あおい、男性共演者を次々に魅了する理由

messy / 2017年04月27日23時00分

(映画で再共演した時は)毎日違う本を読んでいた」と、マイルドに独特のオーラを放っていたことを語り、松山ケンイチ(32)は「昔、共演したある女優さんが、今までで一番変人な役者さんはあおいちゃんと言っていました。その意味は分からなかったんですけど、今回共演してよく分かりました(笑)」と具体的なエピソードなしに変人認定。 人によって印象は異なるようだが、前夫との [全文を読む]

有働由美子アナがマジ惚れ!木村拓哉のキスは「女性に考える隙を与えない」

アサジョ / 2017年04月23日18時14分

1月9日放送の『関口宏の東京フレンドパーク2017新春ドラマ大集合SP!!』(TBS系)で、松山ケンイチを無視したエアホッケーでのワンマンプレーが物議を醸しましたが、あの場面も松山が木村の“押し”に心を許してしまった結果。それくらい、木村には共演者がほだされてしまう魅力があるのでしょう」(芸能事務所関係者) 木村の押しの速さイコール人たらしとでも言うべきか [全文を読む]

岡田准一&宮崎あおいの”2ショット”は?記者落胆の日本アカデミー賞

デイリーニュースオンライン / 2017年03月07日08時00分

前回最優秀主演女優賞の安藤サクラ(31)をはじめ、大竹しのぶ(59)や宮沢りえ(43)、黒木華(26)、広瀬すず(18)、佐藤浩市(56)、綾野剛(35)、妻夫木聡(36)、長谷川博己(39)、松山ケンイチ(32)など著名な役者が一堂に会した。 昨年はSMAP解散騒動で揺れる中、最優秀主演男優賞に選ばれた二宮和也(33)が、スタッフや共演者ではなくジャニー [全文を読む]

役者・木村拓哉の不安

NewsCafe / 2016年11月03日12時00分

難航していた共演者も竹内結子や松山ケンイチと言った主役級の人をキャンスティング。高視聴率を狙っています」という。 まさに数字を落とせないドラマだが、一抹の不安はぬぐえない。これまでの検察官でもサラリーマン役でも、正義感の強いヒーローを演じてきた木村。今回もおよそどんな医師になるか、容易に想像できてしまう。「木村拓哉がキムタクを演じているだけ」と言われる所以 [全文を読む]

秦 基博10周年 真骨頂とも言えるナンバーを10月19日に発売

dwango.jp news / 2016年09月06日10時46分

一方の『終わりのない空』は、 29歳にして亡くなった実在の棋士・村山聖を演じた松山ケンイチが、精神面そして、肉体面の両方から役作りに挑んだ事でも話題の映画「聖の青春」(11月19日(土)全国公開)の主題歌。村山聖の人生とも重なる熱を帯びた世界観をもつ歌詞に、スケール感溢れるサウンドがマッチした壮大なナンバーで、秦が完成直前の映像を観て、原作を読み込み、書 [全文を読む]

業界人613人が選ぶ2015夏ドラマ期待度ランキング!

日本タレント名鑑 / 2015年07月02日09時55分

演技派俳優松山ケンイチさんが主演。映画『イニシエーション・ラブ』で、かわいいだけじゃない小悪魔ヒロインを演じ、評価の上がった前田敦子さんが、やはり微妙な立ち位置のヒロインを演じるのが興味深いですね。 そして、7位、8位には、サスペンス物がランクイン。7位の『探偵の探偵』は小説、8位の『予告犯 -THE PAIN-』はコミックが原作です。どちらも刺激的でセン [全文を読む]

V6岡田准一主演大河『軍師官兵衛』18.9%の惨敗スタートも高評価「年間20%超えに期待」!?

日刊サイゾー / 2014年01月07日09時30分

これは、過去20年に放送されたNHK大河ドラマの中で、松山ケンイチ主演『平清盛』に続き、2番目に低い視聴率でのスタート。前作の綾瀬はるか主演『八重の桜』の初回平均視聴率21.4%にも、2.5%及ばなかった。 だが、主人公ゆかりの地である兵庫県を含む関西地区では、平均視聴率23.0%と好発進。東西で差が生まれているようだ。 同作は『江~姫たちの戦国~』以来 [全文を読む]

『八重の桜』低視聴率で、綾瀬はるか側が「会見出ない」のトンデモ要求!?

サイゾーウーマン / 2013年11月13日09時00分

大河の歴代最低視聴率を更新してしまった前作の松山ケンイチ主演『平清盛』の後続だけに、視聴率の回復が期待されていたが、初回こそ21.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)のスタートを切ったものの、今月3日の放送では今作中過去最低の10.0%まで数字を落としていた。 発端はNHKの恒例行事「バトンタッチ会見」をめぐってのこと。大河ドラマや朝の連続ドラマ小 [全文を読む]

フォーカス