古着 コメ兵に関するニュース

安心安全の個人間取引(CtoC)プラットフォーム コメ兵が鑑定付きのブランド品フリマアプリ事業を開始 2017年秋スタート

@Press / 2017年02月17日14時00分

【背景】近年ファッションリユース市場は、フリマアプリの登場で今まで以上に手軽に中古品や古着を買う楽しみが広がってきました。しかしながらブランド品、高級時計、宝石などといった高級品はまだその広がりを見せていないのが現状です。その理由として「フリマアプリやネットオークションでブランド品を購入する事が不安だと思う」と答えた人は全体の約70%でした。またその理由に [全文を読む]

ラオックスと三越とコメ兵、一瞬で爆買いバブル崩壊で売上「蒸発」&閉店の嵐…三越免税店は閑散

Business Journal / 2017年03月10日06時00分

閉店するのは中型店の渋谷公園通り店、小型店の栄セントラルパーク店、なんばウォーク店、神戸元町店、キャナルシティ博多店、LINK SMILE(衣料品の郊外店)のウイングタウン岡崎店、ラグーナ蒲郡店、USED MARKET(古着店)の大須店、urca jewel(ウルカジュエル/宝石専門店)の武蔵小山店の9店である。 武蔵小山店は16年3月、新業態のurca [全文を読む]

ラオックス、危機的状況突入…突然の爆買い消滅で赤字転落、新店舗が半年で閉鎖

Business Journal / 2016年09月15日06時00分

コメ兵は1947年、名古屋市でたった5坪の古着屋「米兵」を創業した。創業者一族が1897年に米屋を創業し、名前が「兵次郎」だったことにちなんで、こう名付けた。1987年に社名をコメ兵に変更。中古品を買い取り、店頭で売り始めた。 [全文を読む]

セレクトスクエア×コメ兵「古着やブランド品のポイント上乗せ交換サービス」

@Press / 2013年05月23日18時00分

ブランド品や古着を買取販売する株式会社コメ兵(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:石原 司郎、以下 コメ兵)は、ネット通販サイトを運営する株式会社セレクトスクエア(所在地:東京都江東区、代表取締役:属(さっか) 健太郎、以下 セレクトスクエア)と提携し、セレクトスクエア会員の古着やブランド品をセレクトスクエアで使用できるポイントと交換するサービスを、5月 [全文を読む]

中古ブランド販売のKOMEHYO、サイバーエージェントが運営するヴィンテージとユーズドアイテムのセレクトモール「VILECT by Ameba」に出店

@Press / 2016年11月08日11時00分

また、確かな品質とリーズナブルな価格での商品提供を通して「ワードローブに古着を取り入れること」への抵抗感を払拭し、より多くの方にリユースを気軽にご利用いただけるよう、株式会社サイバーエージェントと共に取り組んでまいります。 ■出店概要 店舗名 : KOMEHYO ONLINE STORE ヴィレクト店 出店日 : 2016年10月31日 URL : htt [全文を読む]

リユース店 アベノミクス効果で中古品の質が高まり人気加速

NEWSポストセブン / 2013年05月11日16時00分

古着は安いだけではなく、個性やオリジナリティを表現するファッションとして、広く、若者の支持を集めるようにもなっている。 最後にもう一点、前出の福本氏は、ネットによって売買が簡便になった点を指摘する。 「ネットショッピングの拡大によって、現物を見ずに買うための“失敗”も増えました。ただ、それらを、気軽に売れるようにもなった。たとえばヤフーは今年の3月から、中 [全文を読む]

フォーカス