アルバム 森口博子に関するニュース

【エンタがビタミン♪】『本田美奈子.メモリアルLIVE』で共演。早見優、森口博子、知念里奈がレアショット。

TechinsightJapan / 2015年11月04日20時43分

2003年にはクラシックアルバム『AVE MARIA』をリリースするなど様々な挑戦を続けた。 しかし、2005年1月に急性骨髄性白血病と診断を受けて入院、闘病しながら入退院を繰り返すが11月6日に38歳の若さであの世へ旅立つ。闘病中に白血病患者支援のためのNPO法人『Live for Life』が設立されている。 没後10年となる今年は、彼女がデビューして [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】森口博子がMALTAとコラボ。キラキラした2人に「綺麗」「カッコいい」

TechinsightJapan / 2015年10月17日19時55分

しかも1978年にはジャズの巨匠チャールス・ミンガスのアルバム『Me, Myself An Eye』のレコーディングに参加して、ランディー・ブレッカー、マイケル・ブレッカー兄弟やリー・コニッツ、ペッパー・アダムスなど錚々たるメンバーと共演した世界的なジャズミュージシャンである。 それだけに森口博子も「MALTAさんやメンバーの皆さんのエネルギーを、ピュアな [全文を読む]

【森口博子】シングル27タイトル、アルバム10タイトルをMEG-CDにて復刻!

DreamNews / 2017年05月24日10時00分

株式会社ミュージックグリッド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 牛島 英幸)は、キングレコード株式会社(本社:東京都文京区)との提携により、【森口博子】のシングル27タイトル、アルバム10タイトルをMEG-CDで復刻し、2017年5月24日より販売を開始いたします。発売商品 シングル■水の星へ愛をこめて[ シングル] 収録曲:1. 水の星へ愛をこめて 2 [全文を読む]

本田美奈子.、没後10年メモリアルコンサート『音楽彩』開催

okmusic UP's / 2015年11月04日13時00分

本田美奈子.のニューアルバム『AGAIN』は11月4日発売。「アメイジング・グレイス」「ニュー・シネマ・パラダイス」の他、ボイスレコーダー音源初だしとなる本田美奈子.の隠れた名曲「impressions」も収録されている。■アルバム『AGAIN』2015年11月4日発売 COCQ-85273/¥3,000+税 <収録曲> 1.impressions(ボイ [全文を読む]

「第58回輝く!日本レコード大賞」各賞決定!宇多田ヒカルらが選出

Smartザテレビジョン / 2016年11月18日06時00分

【最優秀アルバム賞】 「Fantome」/宇多田ヒカル 【優秀アルバム賞】 「YELLOW DANCER」/星野源 「醒めない」/スピッツ 「シャンデリア」/back number 「JOY OF LIFE」/葉加瀬太郎 (アルバム名50音順) 【日本作曲家協会選奨】 城之内早苗 山川豊 (50音順) 【最優秀歌唱賞】 鈴木雅之 【特別賞】 「君の名は。 [全文を読む]

「輝く!日本レコード大賞」各賞決まる 大賞候補にAKB48や宇多田ヒカルなど10組

dwango.jp news / 2016年11月18日00時00分

【優秀作品賞】 「あなたの好きなところ」西野カナ 「海の声」浦島太郎(桐谷健太) 「女は抱かれて鮎になる」坂本冬美 「最&高」きゃりーぱみゅぱみゅ 「365日の紙飛行機」AKB48 「涙のない世界」AAA 「花束を君に」宇多田ヒカル 「BELIEVE」西内まりや 「みれん心」氷川きよし 「ラストシーン」いきものがかり (※曲名50音順) 【新人賞】 iK [全文を読む]

和楽器バンド鈴華ゆう子 ソロデビューのきっかけ『水の星へ愛をこめて』解禁

dwango.jp news / 2016年11月10日11時00分

11月23日に発売される人気ロックバンド和楽器バンドのヴォーカル鈴華ゆう子のソロデビューアルバムからカヴァー曲『水の星へ愛をこめて』(森口博子)と『RE:I AM』(Aimer)の音源がYouTubeにて解禁された。 先日、鈴華のソロデビュー秘話として、「鈴華さんが歌われた森口博子さんの『水の星へ愛をこめて』のデモ音源を聴いたとき、本作のコンセプト“宇宙世 [全文を読む]

本田美奈子.、病床で遺されたア・カペラ音源公開

okmusic UP's / 2015年10月08日11時30分

【その他の画像】本田美奈子.今年は没後10年、およびデビュー30周年を迎える年にあたり、晩年病床でボイスレコーダーに遺された彼女の歌声にピアノ伴奏をつけた、新たな音楽作品となるアルバム『AGAIN』が11月4日に発売される。 今作ではこれまで未公開であった「impressions」(本田美奈子.オリジナル曲)のボイスレコーダー音源や、初公開の写真が使用され [全文を読む]

歌も演技も群を抜く、満島ひかりの恐ろしいほどマルチな才能

messy / 2015年08月15日12時00分

Folder5は8枚のシングルを出したが、02年7月のアルバムリリースを最後に活動がなくなり、沖縄へ帰ってしまうメンバーもいた。しかし満島は東京に残り、グラビアアイドルとして水着DVDを撮ったり、モノマネ番組で歌真似を披露するなどして、何とか芸能活動を継続していた。彼女は金髪のカツラをかぶりペラペラの白い衣装を着て浜崎あゆみのモノマネをしたり、華原朋美「 [全文を読む]

森口博子、CD売り上げ390枚で決死の“婚活”も……セレブ社長狙いに周囲は「ドン引き」!?

サイゾーウーマン / 2015年04月05日14時00分

13年10月発売のアルバム『森口博子 パーフェクト・ベスト』は390枚(以上、オリコン調べ)と無念極まりない結果で、テレビでもとんと姿を見なくなりました。このような状況なので、結婚に活路を見出してもおかしくはありません」(芸能ライター) 近頃は、松本伊代や早見優など“懐かしのアイドル”と共に地方ディナーショーにも出演している森口だが、インターネットで彼女の [全文を読む]

石破茂氏 アイドルの時代はキャンディーズ解散で終焉した

NEWSポストセブン / 2016年10月18日07時00分

アルバムは全部買いましたが、当時1枚2000円で、プラモデルを買おうか毎回悩んでいました(笑い)。 太田裕美も忘れられない。歌が上手く、自分で曲も作り、しかも、ピアノを弾き語りして、なおかつ可愛い。当時流行っていたフォークとアイドルが融合したような存在でした。好きな曲は『九月の雨』かな。カラオケもたまに行きますが、夏になると柏原芳恵の『夏模様』を歌いたくな [全文を読む]

デビュー30周年を迎える浅香唯、中山美穂「それぞれの幸せ」

アサ芸プラス / 2015年07月05日17時59分

そして、それぞれが記念アルバムを出し、ライブを行うなど、往年のファンとともにこれまで過ごした時間を振り返るイベントが話題になっている。 85年のデビュー組といえば、おニャン子クラブ、中山美穂、本田美奈子、斉藤由貴、南野陽子、浅香唯、芳本美代子、井森美幸、森口博子、佐野量子などなど。あるいは今なお活躍し、あるいは引退し、あるいは鬼門に入り‥‥。それぞれは今、 [全文を読む]

フォーカス