子供 平幹二朗に関するニュース

父親いなくなり正念場 テレビより舞台勧めたい俳優 〈徹子の部屋 平岳大〉(テレビ朝日系)

J-CASTテレビウォッチ / 2017年08月24日12時00分

「離婚して1年、仕事から家に帰ってくると、子供部屋や廊下のスミなどに、子供の匂いがする」。外では大スターでも、私生活は孤独な1人暮らしであったことがわかる。亡くなった時も、風呂場で1人倒れていて事件性も疑われた。 岳大は「平や佐久間の子供」と言われるのが嫌で、16歳の時に単身アメリカに留学、ブラウン大学の応用数学科を卒業したが、実は俳優にも興味があった。コ [全文を読む]

平幹二朗さん、噴き出す衝動も悲しみもクールに伝えた

NEWSポストセブン / 2016年12月19日07時00分

子供の頃は引っ込み思案で、後になってもそれは変わらなかったという彼が、客前で狂気を演じるという行為に駆り立てられ続けたのは、なぜだったのだろう。 「僕は自分では自分の言葉で内面を外に出すことができません。そこに役という仮面があると自分の内面が自由に動き出すんです。仮面があることで安心して、悪い衝動も毒々しい衝動も、悲しみも、そういうものが全てマグマのように [全文を読む]

平幹二朗さん 生前にささやかれた「あの噂」と結婚生活

NEWSポストセブン / 2016年10月28日07時00分

佐久間との離婚会見では、「互いに仕事中心の生活になってしまった」というものの、子供がいてもなお別れを選んだ理由がはっきりしなかった。「平さんには以前から、男性と手を繋いで歩いていたという目撃情報がかなりあったので“男性関係”について、記者たちは手を変え品を変えて質問しました」(石川さん) 平は「ぼくは若い頃から、なぜかそう言われるんです」と受け流し、それで [全文を読む]

綾瀬はるか主演「精霊の守り人」追加出演に藤原竜也ら

Smartザテレビジョン / 2015年07月13日13時59分

綾瀬は「原作同様、子供から大人までわくわくできる作品にしたいです」とあいさつ。3年間という長丁場については「長いなとは思います。人と距離をおいて生きてきたバルサが、チャグムと出会って、だんだん変わっていく人間ドラマの部分もしっかり描いて、3年間駆け抜けたいです」と抱負を語った。 すでにクランクイン済みの本作。演じてみての感想を聞かれた藤原は「自分は帝なの [全文を読む]

佐久間良子の『私の履歴書』で元夫の平幹二郎が新発見し驚く

NEWSポストセブン / 2012年02月28日07時00分

子供が生まれた後、離婚までの10年間は私が演劇の仕事に夢中になり自己中心的で家族への心づかいが不足して、佐久間さんと子供達を幸せに出来なかったと申し訳なく思っています。 そうした時期、女優業を立派に果たしながら2人の子供をきちんと育てて下さった佐久間良子さんに深く感謝しています」 ※週刊ポスト2012年3月9日号 【関連ニュース】電力供給アップに向け中 [全文を読む]

ミュージカル女優・新妻聖子が語る「挫折のヒストリー」

NEWSポストセブン / 2017年07月12日07時00分

子供の頃から歌が大好きで、歌手に憧れていました。周りからは“聖子ちゃん、歌がうまいね”なんて言われて、歌手になれると信じて疑いませんでした。夢を叶えるために動き始めたのは、海外の高校を卒業後、日本の大学に進学してから。でもいざオーディションを受けるとまったく受からない。20才の時には“歌手は無理です、あきらめてください”と言われて、人生で初めての大きな [全文を読む]

20代の頃より好調の東山紀之 イチローの50才現役に太鼓判

NEWSポストセブン / 2016年07月10日07時00分

そしてぼくも、ぼくの背中を見ている後輩や子供がいるので、どんな時もネジは締めていかないといけないって日々思います」 精神的にも肉体的にも妥協を許さない彼だが、そのモチベーションはどう維持しているのか聞いてみると…。 「すべてを楽しんでいるから」 Mr.パーフェクトと呼び声が高いことにもうなずける、説得力のある言葉だった。 ※女性セブン2016年7月21日 [全文を読む]

大物スター8人!「伝説の会見」パフォーマンス(3)松田聖子のあの名言は…

アサ芸プラス / 2016年06月27日05時57分

2人の子供に恵まれて幸せに暮らしていたようですが、芸能界での仕事はなく、生活はカツカツだったとも聞きましたね」(前出・石川氏) その後の芸能人生を大きく左右する「勝負会見」。芸能人とレポーターのせめぎ合いは、ヘタなドラマより見応えがある。 [全文を読む]

フォーカス