金子賢 格闘技に関するニュース

【独占直撃】 日本最強の“バカサバイバー”青木真也が大晦日両国に出陣、IGFのリングで闘う理由を激白!

週プレNEWS / 2014年12月20日06時00分

―2000年代中期の格闘技ブームのときは、曙vsボブ・サップやタレント金子賢の出場などで世間の注目を集める一方、コアなファンたちはボクシングのような“純粋競技化”を求めていましたよね。 青木 当時、それを目指していた人たちは、まだその理想を追っていると思います。今の格闘技は、いわゆるエンターテインメント路線を排除する方向にあると思うんです。厳密な階級分け [全文を読む]

「あやまんJAPAN」あやまん監督がリングデビュー! 芸能人格闘技デビューの歴史

メンズサイゾー / 2012年05月20日15時00分

俳優の金子賢(35)は04年に格闘家転身を発表し、PRIDEやHERO'Sに出場。所英男らと対戦したが、全くいいところなく3試合連続で惨敗し、約2年で格闘技から撤退。俳優業に戻った金子だが、ブランクの影響は大きくテレビ出演はめっきり減っている。 外国人タレントとしては、ボビー・オロゴン(39)とベルナール・アッカ(40)が格闘家デビューしている。ボビーは [全文を読む]

ゲイ人気はいまだ冷めず! 五郎丸で盛り上がる聖地の「ゲイ受けし過ぎるノンケ」ランキング

週プレNEWS / 2016年01月31日11時00分

2丁目ではケンコバの目撃情報がよくあるんだけど、それは“モテるためにケンコバのマネしてるコ”なのよ~」(飲食店・39歳) ■4位 俳優 金子賢 「格闘技を始めた時から目をつけてたわよ! 顔に出てる“ピュアにやんちゃな感じ”が、危ないオトコ好きなあたしにはぴったり」(飲食店・35歳) 「とにかく体! 筋肉! 最近はめちゃくちゃボディービルに打ち込んで筋肉を見 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松山ケンイチ「松本潤は怖かった」 『ごくせん』時代の緊張感語る

TechinsightJapan / 2016年01月19日14時29分

同じく大江戸一家の朝倉てつ役だった金子賢はその頃から格闘技に目覚めており、内山に関節技をかけて遊んでいた。後に『ダウンタウンDX』へ出演した内山はそのことを「加減を知らないのでホントに痛い」と訴えている。血の気が多いのは生徒役だけではなかったようだ。 (TechinsightJapan編集部 真紀和泉) [全文を読む]

あの元人気俳優がなぜ…韓国で「勝手に日本を背負って」大健闘?

Business Journal / 2015年10月18日22時00分

俳優の金子賢が10日、韓国で行われたボディフィットネスの大会「WBC fitness」に出場した。5日の自身のブログには、鍛え上げられた肉体を披露し、「勝手に日本を背負って勝負をしてきます!」と気合いの入ったコメントを投稿。結果は7位入賞と健闘したのだが、ハングル語が理解できずに減点が重なったようで、金子にとっては不満の残る結果だったようだ。 「金子といえ [全文を読む]

フォーカス