刺青 彫り師に関するニュース

「17歳の息子の刺青を消したい」 母は「彫った人物」に除去費用を請求できるか?

弁護士ドットコムニュース / 2015年05月14日09時36分

「17歳の息子が、体に刺青を入れていました・・・」。ある少年の母親から、弁護士ドットコムの法律相談コーナーに投稿が寄せられた。母親は「刺青の除去費用を、彫った人に負担させられないでしょうか」と相談している。 母親は、将来を考えて「刺青を消してほしい」と願っており、息子もそれに同意しているようだ。しかし、刺青の除去費用は高額で、「母子家庭の私には、払いきれる [全文を読む]

【体験レポート】アンジェリーナ・ジョリーも入れた、タイで入れる手彫りの刺青

しらべぇ / 2015年01月12日10時00分

刺青を入れたい」 20代のころから漠然とその想いを抱いていた。しかしその願望は、日本に根強く残る“刺青への反社会的意識”との葛藤により、叶うことはなかった。 記憶にも新しいかと思うが、北海道の温泉施設で顔面に刺青を入れたマオリ族の入浴が断られことが、ニュースで取り上げられた。マオリ族が顔面に刺青を入れるのは、伝統的な文化。それでも入浴拒否されたことで大き [全文を読む]

東京サマーランド「タトゥー禁止」が炎上 5割が「怖い」との調査結果も

しらべぇ / 2016年08月13日06時00分

東京サマーランドの公式ブログが、「刺青・タトゥーの入場禁止」についてのエントリーを配信し、話題となった。おもに「文体や書き方」について批判が殺到し、ブログ記事は削除。公式サイトやFacebookページでは、お詫びが掲載されている。画像は東京サマーランド公式サイトのスクリーンショット■ケンカや客離れの原因に削除されたブログによれば、サマーランドでは2008年 [全文を読む]

施術中の彫り師の横で弁当タイムもザラ!? 中国“不衛生タトゥー”が原因で悪性脳腫瘍を発症!

日刊サイゾー / 2016年02月16日15時00分

全国の公衆浴場や海水浴場で、タトゥーや刺青を排除する動きが進むのと同時に、彫り師への規制も強化されている。医師免許を持たずに、客にタトゥーや刺青を彫った彫り師が、医師法違反容疑で摘発される例が相次いでいるのだ。 昨年8月には、大阪府のタトゥースタジオの代表と彫り師ら男女計5人が、11月には名古屋市のタトゥースタジオ経営者と彫り師ら男女計4人が検挙されている [全文を読む]

タイ僧侶が彫る、“不死身になれる”タトゥー「サックヤン」の神秘!

tocana / 2016年09月01日07時00分

敬虔な仏教徒の多いタイでは昔から身体に護符を彫り込む刺青「サックヤン」がある。サックとは刺青のことで、ヤンは曼荼羅などを指す。仏教神話に出てくる神をモチーフにしたり、曼荼羅の幾何学模様、パーリ語の経文を彫り込み、自身を災いやケガ、ときには死から自分を守る。 そんなサックヤンは今でもたくさんのタイ人が身体に彫ってもらい、自分に神秘の力が得られたと心から信じて [全文を読む]

刺青彫り師に弟子入りした植松容疑者 皆殺しを口にして破門

NEWSポストセブン / 2016年08月02日16時00分

昨年1月、ツイッターで植松は背中一面の刺青の写真を掲載し、〈会社にバレました。笑顔で乗り切ろうと思います〉とツイート。それから5か月後の昨年6月には〈副業を始める〉と宣言した。 友人によれば、副業とは、植松が尊敬する彫り師に弟子入りし、本格的に彫り師修業を始めたことを指すという。同時期、相模原市内のクラブで深夜、朦朧(もうろう)とした様子の植松の姿が度々 [全文を読む]

リア充だった植松聖 両親の反対無視で刺青増やし関係悪化

NEWSポストセブン / 2016年08月02日07時00分

刺青をいれたのは、その頃だった。 彼の不安は的中した。小学校の図工の教師をしていた父親の影響か、「幼少の頃から父親と同じ小学校の先生を目指していた」(近隣住民)という植松だが、夢だった教員の採用試験に合格することができなかったのだ。 この頃の植松の様子を友人のひとりは、「あまりのショックで、一時的に引きこもりに近い状態だった」と話す。 大学卒業後すぐの20 [全文を読む]

植松容疑者の犯行予告代筆断った友「本当に実行するとは…」

NEWSポストセブン / 2016年08月01日07時00分

「明るくて挨拶もしっかりする好青年」(近隣住民)といった声もある植松が最初に刺青をいれたのは大学3年生の時、左胸に彫った「金魚」だったという。当の彫り師の述懐だ。 「店にやって来るなり“将来が不安で、何かを変えるきっかけにしたい”と話し始めた。その日のうちにいれられる図柄の中から、彼が選んだのが『金魚』だった。事件後の報道を見て、金魚のワンポイントから本 [全文を読む]

タトゥーの彫り師が医師法違反? 菊地成孔、鴻上尚史がトンデモ法解釈に異議!「法律の拡大解釈によるイジメ」

リテラ / 2017年06月06日21時23分

ただ単に技術が同じだっていうだけで、アートメイクと刺青は関係ないですよね。 体制のやり方ってのは、風営法のダンス規制とまったく同じ。法律の拡大解釈によるイジメでしょう。警察の力を示すための示威行為ですね」 そもそも、この騒動は、15年8月に大阪の「チョップスティックタトゥー」、同年11月に名古屋の「エイトボールタトゥースタジオ」の彫師が、医師法違反容疑で相 [全文を読む]

キムタク夫妻や宮沢りえも?芸能人の知られざる”タトゥー”事情

デイリーニュースオンライン / 2016年02月24日18時30分

最近で言うと、清原和博(48)はプロ野球引退後に刺青を入れたのですが、懇意にしていた和田アキ子にそれを告げると、『何考えとるんや!』と、和田のほうから縁を切ったとも。スキャンダルを起こした芸能人には甘いと言われる芸能界ですが、タトゥーに関しては厳しいですね」(前出の芸能記者) 2月17日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)では、お笑いコンビ・メ [全文を読む]

岡村隆史、新作映画『土竜の唄』撮影秘話を語る「仲里依紗と◯◯なシーンも…」

Business Journal / 2013年05月03日04時00分

今回は全身刺青で歯がダイヤモンド。毎回撮影前にスキンヘッドの頭をつくるのに2時間、全身タトゥーを入れるのに8時間の計10時間もスタンバイにかかる。しかも撮影場所の群馬までクルマで3時間かかるので、(撮影開始の)13時間前には出発しなければならない。群馬、静岡、千葉とクルマで転々として、ハードだった」と語った。 実際に刺青を入れる作業については、「彫り師の方 [全文を読む]

「組長を撃った男」鳴海清の死体は背中の天女で特定された

NEWSポストセブン / 2012年02月22日07時00分

背中に天女の刺青らしきものも見えたが、肉眼での判別は難しかった。 加えて前歯四本が折られ、手指の爪は右手の三本を残して抜かれ、右足の爪もはがされていた。少年院時代に真珠二個を埋めたという性器は無事だったが、これで鳴海と特定はできない。ものを言ったのは背中の刺青の赤外線写真と腹巻きの中のお守りに入れられた子供の写真だった。 大阪・西成の彫り師は写真を見て、1 [全文を読む]

<Wコラム>「JYJ」ジェジュンと安室奈美恵、小泉又次郎、そして日韓の「タトゥー」文化

Wow!Korea / 2014年07月16日22時26分

かつては、「入れ墨(刺青)」と呼ばれ暴力団の象徴という危険で暗いイメージが先行していたが、最近は数年で消える「ファッションタトゥー」や「プチタトゥー」など、気軽に試せる施術法が定番となっている。そして「身体髪膚」を「毀傷」することがタブーである「儒教の国」韓国でも、今では日本とほとんど同じ状況になっている。K-POPアイドルやアーティストの中にも、「JYJ [全文を読む]

フォーカス