ヤクザ 刺青に関するニュース

清原のヤクザへの憧憬 幼児性の表れか

NEWSポストセブン / 2016年03月04日16時00分

しかし、それだけでなく、清原自身が広域指定暴力団の幹部と偶然に出会えたことを喜んでいた様子や、みずから刺青を入れていたことなど、ヤクザとの関係にも注目が集まっている。暴力団事情に詳しいジャーナリストの溝口敦氏と鈴木智彦氏が、日本人とヤクザの独特な距離感について論じた。 * * *溝口:清原事件は、あらためて暴力団が捌く覚醒剤が世間に蔓延していることを知らし [全文を読む]

薬物疑惑報道の清原氏、以前から噂になっていた「黒い交際」

東京ブレイキングニュース / 2014年03月07日13時00分

これはヤクザでも下の者がやる行為で、豪快なイメージを清原氏に抱くファンからすれば残念な言動だ。 僕はこの一報を読んだ時、個人的には「やはり」という感想を持った。清原氏の周囲の噂は決して良いものではなかったからだ。一連のヤクザもどきのファッションや容貌。「男の顔は履歴書」という言葉に一定の説得力があると思う者としては、いわゆる「風体」の「風」は見過ごせない。 [全文を読む]

"愚連隊の王者"安藤昇氏逝く...波乱万丈の生涯とは

東京ブレイキングニュース / 2016年02月26日17時37分

2015年(平成27年)12月16日、元ヤクザの組長で、俳優、小説家、歌手、プロデューサーなど、多くの顔を持つ安藤昇氏が89年の波乱万丈な生涯を閉じた。 鬼籍での新名は、常(じょう)然院(ねんいん)義(ぎ)鑑(かん)道(どう)昇(しょう)居士。葬儀は家族の遺志により密葬とされたが、2月28日に近親縁者を集め『安藤昇を偲ぶ会』が催される。■ほほの傷を見て「ヤ [全文を読む]

出版不況は関係なし!? 人気ヤクザ雑誌「月刊実話ドキュメント」が“黒字なのに休刊”へ……

日刊サイゾー / 2017年03月16日18時00分

「当時、井上さんは竹書房の契約社員だったと思いますが、ヤクザ雑誌は出世コースに乗った感じだったんですよ。ただ、当時はヤクザ周辺から聞こえてくる芸能ネタにばかり入れ込んでいたことで、正当なヤクザの動向追跡をメインにしたかった出版社側と意見が合わず、編集部を去ったんです」(前出ライター) 同誌は巻頭カラーで組長クラスや有力幹部の最新写真を毎号掲載してきた。メ [全文を読む]

100人の性犯罪者から逃げ切れ…漫画『絶望の犯島』完結記念!櫻井稔文先生インタビュー

デイリーニュースオンライン / 2015年09月28日12時30分

ヤクザの子分が親分の妻と浮気して命を狙われる……という話です。徹底した復讐劇を描きたいと思ったんですけど、簡単に殺したら復讐にならないじゃないですか。本当に苦しめるにはどうすればいいか……。それを考えていった末に、女体改造して襲わせる、という結論が出たんですね。それをサバイバルモノと組み合わせたわけです。主人公を女にした上で無人島に解き放つ。それを誰に襲わ [全文を読む]

政治記者・評論家が見抜いた小泉進次郎VS橋下徹「総理の器量」侠決戦!(1)「任俠のDNA」を持つ2人

アサ芸プラス / 2012年09月11日10時57分

「橋下はヤクザの息子、進次郎の曽祖父は『刺青大臣』と呼ばれた政治家や。どちらも“任俠のDNA”を受け継いでおるわけやから、現実に総理の椅子を争うとなったら、ワシらにとってもうれしい話や。でもな、現在の2人を比べろと言われたら、進次郎にはちょっと酷なんと違うか」 酸いも甘いもかみ分けてきたベテラン組長だけに、やはり両者の性格の違いは一目瞭然のようだ。 「橋 [全文を読む]

『仁義なき戦い』のモデル美能幸三 頭がキレ愛読書はモーム

NEWSポストセブン / 2015年02月28日07時00分

7年にわたり合計700枚もの手記を書き上げたヤクザ、美能幸三について鈴木氏がリポートする。 * * * 美能史観をフィクションで再構成した映画『仁義なき戦い』の実際はどうだったのか……その解説は一部のマニアしか求めていまい。ここではシンプルに美能幸三とはどんな人物だったのか説明したい。 個人的見解と断っておくが、私は広島抗争をぐちゃぐちゃにかき回したのは、 [全文を読む]

噛まれたら、みんなヤクザ!映画『極道大戦争』豪華出演陣オールガン飛ばしビジュアル解禁

AOLニュース / 2015年02月19日10時00分

「噛まれたら、みんなヤクザ。」がキャッチコピーの本作から、"全員ガン飛ばしビジュアル"が解禁となった。 極道の世界に入ったものの、敏感肌で刺青が入れられない悩みを抱える主人公・影山が、鍛錬された美しい筋肉と小麦色に輝くパーフェクトな肉体で振り返りながらのガン飛ばしを決める姿をセンターに、"ヤクザヴァンパイア"の宿命を背負った恋人の行く末を心配する杏子役の成 [全文を読む]

三池監督作『極道大戦争』の豪華オールキャストが解禁

Movie Walker / 2015年02月03日05時00分

理想の世界からほど遠い現在のヤクザ社会にうんざりしていたある日、神浦の命を狙う刺客たちが次々と現れる。 死闘の果て、八つ裂きにされてしまう神浦。影山が瀕死の神浦に駆け寄ると、突然首筋に噛みついてきた!その瞬間、影山に神浦の血が逆流する。「ヤクザヴァンパイアとして生きろ!」神浦はそう言い残し絶命。かくして“血の儀式”が行われ、街中を巻き込んだ刺客たちとの新た [全文を読む]

【直木賞受賞作『破門』のあらすじを2分でチェック!】 極道小説界のキング・オブ・ポップ、推参

ダ・ヴィンチニュース / 2014年07月17日20時20分

ヤクザモノ、加えて直木賞候補ということで、とんでもなく仰々しいイメージを持っていましたが、それは大きく裏切られたのです。 もちろん、とてもいい意味で。 舞台は大阪。映画製作への出資金を持ち逃げされた“イケイケのヤクザ”桑原と“うだつの上がらない”建設コンサルタント・二宮のコンビが主人公です。詐欺師が隠した資金回収のため、関西を駆けまわり、追走劇はなんとマカ [全文を読む]

山口組のHPが海外で話題 “90年代風デザイン”で、餅つき行事や災害救援活動など紹介

NewSphere / 2014年04月04日11時00分

一般的に想像される「ヤクザ」のイメージからかけ離れたサイトの内容が話題となっている。 【任侠一筋。笑顔で和気あいあい】 同サイトは、日本から麻薬を一掃し、秩序ある社会へと導くことをモットーとして、国民の幸福を追求する先駆けとなることを誓うと掲げている。これは、山口組を大きく成長させた3代目組長・田岡一雄氏の信念であり、麻薬追放国土浄化同盟も同氏が発足させ [全文を読む]

【WOWOW】土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW きんぴか」中井貴一&飯島直子の“大人のラブシーン”場面写真を公開

PR TIMES / 2016年02月08日09時20分

WOWOW×浅田次郎 ヤクザ、政治家秘書、自衛官…信じたはずの組織に見捨てられた3人の悪漢たちを描く人間ドラマ2月13日(土)夜10:00放送スタート 土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW きんぴか」主演の中井貴一は昭和任侠を絵に描いたような昔かたぎで不器用なヤクザを演じる。そして、政治家が犯した収賄の罪をかぶった元政治家秘書にユースケ・サンタマリア、安保法 [全文を読む]

主演:市原隼人が肉体美を披露! 三池監督最新作「極道大戦争」のビジュアル公開

Entame Plex / 2015年02月19日16時03分

今回公開されたビジュアルでは、“噛まれたら、みんなヤクザ。”のキャッチコピーそのままに、ほぼほぼ全員がガン飛ばし状態。それぞれキャラクターの特色が色濃く反映されたものになっているが、そのなかで極道の世界に入ったものの敏感肌で刺青が入れられない悩みを抱え、闘いの運命に翻弄されていく主人公・影山を演じた市原隼人は鍛錬された美しい筋肉と小麦色に輝くパーフェクト [全文を読む]

暴力団にも飛び火「コンビニ土下座事件」はチンピラ対処のテンプレートに成り得るか

東京ブレイキングニュース / 2014年09月17日16時00分

というのも、当初は「頭の悪いチンピラがイキってヤクザを騙って暴れた」「逮捕に至る経緯がバカすぎる」というだけのお寒い話だと思われていたのに、(主に)2chの鬼女様やアウトロー板住民らの調べにより、シャレでは済まない背景が次々と発掘され続けているのだ。 最初の内はお約束のSNSやブログの記事から実名・住所などを特定していただけだったのだが、その内に暴力団の [全文を読む]

「カマし」を有効に使うヤクザの交渉術...草下シンヤ『ちょっと裏ネタ』

東京ブレイキングニュース / 2013年11月14日10時00分

ヤクザ、半グレなどの面々だが、彼らと接していると取材内容とはまるで違う部分で感心させられることがある。 裏社会に対する締め付けが厳しくなる一方の現代において、彼らのシノギの多くは法律に抵触するものであったり、一般人が首を突っ込むことができない特殊な事情がからんでいるものである。 一般企業のように先輩が仕事のノウハウを教えてくれるわけではなく、兄貴分のやり [全文を読む]

ヤクザもツラいよ!? 任侠の世界に押し寄せる“ゆとり世代”と、おかしな兄貴たち『ヤクザライフ』

日刊サイゾー / 2016年09月03日19時00分

警察当局の取り締まりが厳しくなり、ヤクザの“シノギ”がなくなったことで構成員の数は軒並み減っている。当局の努力の賜物だが、一方のヤクザはどうなのだろう? ヤクザといえど家族や恋人だっているだろうし、何よりドラマでみかける毎月の上納金や事あるごとに必要になる“カネ”。彼らはどんな生活を送っているのだろうか? 本書『ヤクザライフ』(双葉社)は、長い間ヤクザと密 [全文を読む]

山口組分裂で戦争にならないのも当然? 暴力禁止、親子盃も省略、実は刺青入れてない...現代ヤクザの意外な日常

リテラ / 2015年11月03日12時00分

仕返しして、もし親分が謹慎など、上から処分を受けてもいいのか」 組員二人は歯がみをして悔しがり、「仕返しできんようなヤクザなら、ヤクザやってる価値なんかあらへん」と親分にもらった盃を叩き割って、組を出てしまったそうです〉(溝口敦『暴力団』) [全文を読む]

市原隼人さん主演映画『極道大戦争』と「野郎ラーメン」・「名代 富士そば」・「伝説のすた丼屋」が連動コラボ!6月1日より公開キャンペーン「食の道を極めし者たち」を実施!

@Press / 2015年05月29日13時00分

神浦に憧れて極道の世界に入ったものの、映画のような誇り高い仁義や任侠心に満ち溢れた理想の世界からほど遠い現在のヤクザ社会にうんざりしていた。退屈な毎日を送っていたある日、神浦の命を狙う刺客たちが次々と毘沙門仲通商店街に現れる。死闘の果て、影山の前に八つ裂きにされた神浦が横たわっていた。駆け寄った影山の首筋に、瀕死の神浦が突然噛みついた瞬間、影山に神浦の血が [全文を読む]

ついに離婚発表! 球界、テレビ局からも敬遠される“番長”清原和博氏の行く末は?

日刊サイゾー / 2014年09月24日13時00分

ワンポイントのタトゥーならまだしも、ヤクザ顔負けの刺青ですからね。紳士のスポーツを標榜する野球界はコンプライアンスにうるさく、あの刺青で彼は終わりました。野球の仕事なんか、来るわけないですよ」(前出のスポーツ紙記者) 八方塞がりの清原は最近パチンコの営業に臨んでいるというが、「評判は芳しくない。仕方ないからやっているといった感じ」(同)。 もはや“本職”に [全文を読む]

飯島直子 WOWOW「連続ドラマW・きんぴか」で魅せた“危険な大人のラブシーン”

アサ芸プラス / 2016年02月21日09時57分

浅田次郎氏の同名小説が原作であり、ヤクザ、自衛官、政治家秘書と肩書は違うものの、何よりも筋を通すことしかできずに組織から裏切られた3人の悪党の生き方を描いた作品だ。 中井貴一(54)扮するヤクザ・阪口健太、通称「ピスケン」は殺人罪で13年に及ぶ刑期を終えたのち、「血まみれのマリア」の異名を持つナースの阿部マリア(飯島)と恋に落ちる。「問題のシーン」は第3話 [全文を読む]

フォーカス