瀬戸内寂聴 小保方晴子に関するニュース

桐谷美玲「リケジョ」ドラマは「あの人」が大ヒットの鍵になる!?

アサジョ / 2017年01月28日10時15分

論文不正問題で批判を受けたものの、瀬戸内寂聴さんら、擁護している人も少なくない。社内では『小保方待望論』が盛り上がっていますね。3年前に小保方さん側から抗議を受けた『めちゃイケ』の『阿呆方さん』がネックになりそうなのが心配ですが‥‥」「桐谷・小保方対談」実現なるか。(白川健一) [全文を読む]

『婦人公論』で連載開始の小保方晴子氏 Googleは「かわいい」認定

しらべぇ / 2017年01月07日19時00分

小保方氏は、昨年、同誌において作家の瀬戸内寂聴氏(94)と対談。その縁もあっての連載のようだ。『小保方晴子日記〜「あの日」からの記録』と題された記事は、3ページ。初回は、昨年11月10日から始まり、連載を決意するに至るまでの2週間が綴られている。日記によれば、小保方氏は現在、うつとPTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされており、食事療法を実践。また、メ [全文を読む]

不倫…疑似体験してみる?「禁断の恋」にどっぷりつかれる小説3選

BizLady / 2016年06月29日23時00分

■2:『夏の終り』若かりし頃の瀬戸内寂聴の小説で罪悪感と官能にどっぷりと 先日、STAP騒動の渦中にあった小保方晴子さんと雑誌『婦人公論』での対談した瀬戸内寂聴さん。「子宮作家」と呼ばれ、大バッシングを受けた過去を例に出して、小保方さんを励ましていました。 スーパー恋愛体質だった彼女が40歳前後で執筆したのが、『夏の終り』。 出家前は、自らの不倫により子 [全文を読む]

小保方晴子氏対談「婦人公論」、バカ売れで売り切れ続出&増刷…「公のいじめ。ひどい」

Business Journal / 2016年05月30日15時00分

中央公論新社は27日、小保方晴子氏と瀬戸内寂聴氏の対談が掲載された「婦人公論」(6月14日号)の増刷が決定したことを発表した。同誌は、『小保方さん、あなたは必ず甦ります』と見出しがつけられた小保方氏と瀬戸内氏による異色の対談記事に加え、2年ぶりにメディアに登場した小保方氏の近影をカラー7ページにわたって掲載したことが話題を呼んでいる。 今回の大型企画は、小 [全文を読む]

小保方晴子さん 瀬戸内寂聴との対談で容姿にも注目集まる

NEWSポストセブン / 2016年05月26日16時00分

作家・瀬戸内寂聴さん(94才)と対談し、この2年半の胸の内や対談に至る経緯などを明かした。 対談は7ページにわたり、心身ともに極限の状態で命をつないだ苦しみをこう打ち明ける。 《朝起きると、よし昼まではどうにか頑張って生きよう。昼になると、どうにか夜までは頑張ろう。夜になると、ああ、また明日が来てしまう…》 対談中、幾度となく涙を流したという彼女を、瀬戸内 [全文を読む]

水道橋博士が「週プレの魅力はずばり、エロ!」とぶっちゃっける『週刊プレイボーイ』50年【後編】

週プレNEWS / 2017年03月05日15時00分

この前、献本されてくる『婦人公論』が3年分たまったから処分しようかと思ったけど、中をザッとさらったらスクープ級のとんでもない対談やインタビューがあることに気がついて」 ―小保方晴子と瀬戸内寂聴の対談が話題になったのも『婦人公論』でした。 「『婦人公論』はネットで話題になることはほとんどないでしょ? 紙でしか見られないオリジナルの記事が脈々と続いていて、そう [全文を読む]

清原和博“独占インタビュー”獲得で「50万円」のボーナスも、本人は「まともにしゃべれない」!?

日刊サイゾー / 2016年06月15日09時00分

「今、清原については業界用語でいう“ワンピシャ”といって、写真一枚、コメントひとことでもあれば買うという姿勢を見せる媒体が多く、一番の狙いは独占インタビューで、ちょっとした“賞金首”になっています」(週刊誌の契約記者) 先日、小保方晴子と瀬戸内寂聴の対談が掲載された「婦人公論」(中央公論新社)は、関係者が「この15年で、こんなことはない」というぐらいのバ [全文を読む]

小保方晴子氏、理研が根拠なき中傷情報をリーク!海外研究機関からオファー続々

Business Journal / 2016年05月28日06時00分

今月24日発売の「婦人公論」(中央公論新社)に、小保方氏と作家の瀬戸内寂聴氏の7頁にわたる対談が掲載されている。 寂聴氏は同誌(4月26日号)で小保方氏の文才を讃え、「『あなたは必ず甦ります』わたしのように」とエールを送り、再起を呼びかけた。 今回の対談はそのエールに応えたもの。小保方氏は寂聴氏が開いている寺院・寂庵を訪れ、「先生にお会いするために、私食べ [全文を読む]

小保方さん、2年ぶり登場で新疑惑?謎のセレブ生活と”顔の激変”

デイリーニュースオンライン / 2016年05月26日13時07分

作家で僧侶の瀬戸内寂聴氏(94)との対談形式で、一連の騒動などについて心境をぶちまけた。 小保方氏は今年1月、講談社から手記『あの日』を発売。 「私の名前ばかりに注目が集まってしまった」 「私個人に対する批判を述べることが社会的に許される風潮が作り上げられた」 などとバッシングを浴びた際の心境を吐露。時には、「私の上司にあたる人たちによって、(中略)仕掛け [全文を読む]

小保方さんが瀬戸内寂聴との対談に登場! 二人で辛辣な若山教授批判、寂聴センセイに「小説の書き方教えて」

リテラ / 2016年05月24日06時00分

そんな小保方氏が本日5月24日発売の「婦人公論」(中央公論新社)6月14日号で作家・瀬戸内寂聴氏との対談に会見以来2年ぶりに登場した。「小保方さん、あなたは必ず甦ります」と題されたカラー7ページに渡るこの対談は、「婦人公論」4月26日号の連載「わくわく日より」で瀬戸内氏が小保方氏にエールを送ったことがきっかけだったという。 それまでほとんど外出せず体が弱っ [全文を読む]

瀬戸内寂聴が小保方晴子氏に熱烈エール!「必ずあなたはよみがえります」

Business Journal / 2016年04月15日07時00分

瀬戸内寂聴氏(93)が、今月12日発売の「婦人公論」(中央公論新社)に掲載された連載エッセイ「わくわく日より」で、一連のSTAP細胞論文問題をめぐり2014年12月に理化学研究所を退職した小保方晴子氏にエールを送っている。 寂聴氏は作家でありながら得度し、大僧正の僧位を持つ。1958年に自身の体験に似せた主人公の奔放な生き方を小説『花芯』で描き、当時の風潮 [全文を読む]

フォーカス