著書 小保方晴子に関するニュース

【ネットニュース編集者によるイニシャル鼎談】小保方晴子手記出版の本音

デイリーニュースオンライン / 2016年03月02日18時35分

著書に『ネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」』(宝島社新書)など多数 公式サイト/ プロフィール ライター/編集者 中川淳一郎 一橋大学商学部卒業後、博報堂CC局で企業のPR業務を担当。2001年に退社しフリーライターに。『テレビブロス』編集者、企業のPR活動、ライター、雑誌編集などを経て『NEWSポストセブン』など様々な、ネットニュースサイトの編集者とな [全文を読む]

【ネットニュース編集者によるイニシャル鼎談】ベッキー”手記出版”の舞台裏とは?

デイリーニュースオンライン / 2016年04月25日12時05分

著書に『ネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」』(宝島社新書)など多数 公式サイト/ プロフィール ●ライター/編集者 中川淳一郎 ※一橋大学商学部卒業後、博報堂CC局で企業のPR業務を担当。2001年に退社しフリーライターに。『テレビブロス』編集者、企業のPR活動、ライター、雑誌編集などを経て『NEWSポストセブン』など様々な、ネットニュースサイトの編集者 [全文を読む]

小保方晴子氏とばびろんまつこの心理分析 女の嘘の特徴は?

NEWSポストセブン / 2015年12月14日16時00分

恐怖に対する自己保身から、無意識に嘘のスキルが洗練されてしまうんです」とは、『自分のついた嘘を真実だと思い込む人』(朝日新書)の著書がある精神科医の片田珠美さん。 女性の嘘には他にも特徴があると語るのは、『愛着障害 子ども時代を引きずる人々』(光文社新書)の著書がある精神科医の岡田尊司さん。「過去には『性的被害に遭った』という女性の嘘により、冤罪で相手の人 [全文を読む]

出版すれば100万部突破のボロ儲け! 出版業界が自叙伝出版を狙う有名人3名

tocana / 2016年02月21日17時30分

過去に目を向けても暴露本や自叙伝など、形は違えど様々な人物の著書が出版され、賛否両論が渦巻くことも多い。そこで今回は、出版業界にいる関係者が「今、狙っている人物」を聞き出した。 「まさに『今』ということで言えば筆頭としてお願いしたいのはベッキーですね。どんな思いで相手の親に会ったのか、LINEのやり取りは事実なのかなど暴露本としての1冊をお願いしたいです [全文を読む]

小保方晴子“執念の手記”笹井氏の一周忌後に書き始める

WEB女性自身 / 2016年02月04日06時00分

もしこの手記の内容に賛同する研究機関が出てくれば『それならウチで実験してほしい』と考える可能性もゼロではないかもしれません 」 著書は《思い描いていた研究はもうできないんだなと思うと、胸が詰まり、涙が勝手にこみ上げてくる》という言葉で締めくくられている。彼女の告白は、事実なのか。そして、その答えが明らかになる日は果たしてくるのだろうか――。 [全文を読む]

「STAP細胞はありま~す」小保方晴子氏『あの日』に早大生激怒も、バカ売れで本人ウハウハ状態!?

日刊サイゾー / 2016年02月02日11時00分

「STAP細胞はありま~す」と、世間を騒がせた元理化学研究所・ユニットリーダーの小保方晴子氏が出した著書『あの日』(講談社)に、出身の早稲田大学理工学部の学生たちから怒りの声が上がっている。 「こっちはあの人のせいでレポートがやたら厳しくなったりしているのに、稼げるうちに金儲けですか」(理工学部3年) 「『入院して思考力と集中力が低下して、論文を書けない』 [全文を読む]

小保方晴子氏手記の読後感と「感じざるを得ない矛盾」

NEWSポストセブン / 2016年02月01日07時00分

小保方氏の著書『あの日』(講談社)は、全体を通して、〈STAP細胞の研究中は、細胞の不思議さに魅了され、自分なりに一生懸命に実験に取り組んでまいりました〉〈一片の邪心もありませんでした〉と純粋に研究に打ち込んでいたことが強調されている。 捏造疑惑については、〈仕組まれた〉ものとして、ある人物を名指しする。共同研究者の若山照彦・山梨大学教授である。〈若山先 [全文を読む]

「3年あれば…」小保方晴子氏の“赤裸々な本心”を引き出した「あの人」

アサ芸プラス / 2014年12月26日09時58分

これまでも「霊言」として、多くの歴史上の偉人からメッセージを引き出している(!?)大川氏だが、『小保方晴子さん守護霊インタビュー それでも「STAP細胞」は存在する』なる著書を出版していたのだ。 同書では小保方氏の「守護霊」が「何をそんなに騒ぐのかが分からない」と言いながら登場。捏造疑惑について、「私の一貫した研究の中で出てきたものを使っているだけで、博 [全文を読む]

霊言本を出版しまくる大川隆法「幸福の科学」総裁を“逆に“降霊! その霊言本の中身とは?

おたぽる / 2014年07月27日22時00分

1991年、ルポライターの米本和広氏が「大川総裁の著書をすべて読破しよう」と読みふけっていると、84冊目に差し掛かった時に、突然頭の中に「イイシラセ、イイシラセ」と声がして、その人が現れたのです。「私が大川隆法です」 というわけで、著者は大川総裁の霊と一問一答形式によるこの本を記したのであります。 基本的には、大川総裁の著書に書かれている矛盾点などを著者 [全文を読む]

話題のアドラー心理学者 小保方晴子氏の涙に「思惑感じた」

NEWSポストセブン / 2014年05月06日16時00分

日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問であり、アドラー思想を対話形式でまとめたベストセラー『嫌われる勇気』(岸見一郎、古賀史健 著/ダイヤモンド社)の著書である岸見一郎氏に、アドラーのエッセンスを聞いた。* * *――アドラーの教えには、一見、驚くようなものがあります。その一つが「普通であれ」です。競争の激しい今日、「個性的であれ」「特別であれ」と言わ [全文を読む]

小保方晴子にハマるトホホな人々(3)理研と小保方氏はアベノミクスの目玉だった?

アサ芸プラス / 2014年05月01日09時52分

「何をそんなに騒ぐのかがわからない」「記録は全て私の頭の中に入っている」など、小保方氏の守護霊インタビューを著書にした「それでも『STAP細胞』は存在する」を緊急出版し、笹井氏の会見場前では「号外」も配布。これには理研の野依良治理事長やSTAP論文の共著者であるハーバード大・バカンティ教授の守護霊までが登場し、大放言をブチかましている──。 下心まる出しの [全文を読む]

上原多香子に今井絵理子、上西小百合も…”魔の1983年度生まれ”の現状は?

デイリーニュースオンライン / 2017年09月09日18時15分

主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

上原多香子が無期限休業?度重なる不祥事に関係者「83年組のジンクスだ」

デイリーニュースオンライン / 2017年08月13日17時00分

著書は『日本の黒幕』、『不祥事を起こした大企業』(宙出版)など多数あり。 [全文を読む]

水道橋博士が「週プレの魅力はずばり、エロ!」とぶっちゃっける『週刊プレイボーイ』50年【後編】

週プレNEWS / 2017年03月05日15時00分

主な著書に『藝人春秋』『博士の異常な健康』、最新刊は『はかせのはなし』。自身が編集長を務める日本最大級のメールマガジン『水道橋博士のメルマ旬報』が好評配信中。主な出演番組に『総合診療医ドクターG』(NHK)、『ゴゴスマ』(TBS)、『バイキング』(フジテレビ)、『バラいろダンディ』(TOKYO MX)等。Twitter【@s_hakase】 水道橋博士のメ [全文を読む]

哲学、経済学、古代史、文章作法を、気鋭の物理学者が科学の目で読み解く!! 『物理学者が解き明かす思考の整理法』 理科系から見た文科系の世界

DreamNews / 2017年02月24日10時00分

著書に『物理学者が解き明かす重大事件の真相』(ビジネス社、2016年1月刊)。(著者)下條竜夫(価格)1,400円+税 〈発売日〉2017年2月13日 〈出版元〉ビジネス社著者への取材、企画ご協力、読者プレゼントご対応も承ります。《 お問い合わせ先 》株式会社ビジネス社 広報担当:松矢〒162-0805 東京都新宿区矢来町114番地 神楽坂高橋ビル5FTE [全文を読む]

小保方さん、2年ぶり登場で新疑惑?謎のセレブ生活と”顔の激変”

デイリーニュースオンライン / 2016年05月26日13時07分

主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。 [全文を読む]

同世代の著者が克明に描く、世代論の最終形!『1982 名前のない世代』4/20発売

PR TIMES / 2016年04月14日12時12分

著書に『エスケープ』(辰巳出版)。本書が論壇デビュー作となる。 『1982 名前のない世代』 価格:本体1400円+税 判型:四六判 ページ数:192P 発売日:2016年4月20日 発売元:宝島社 【構成】 0章 名前のない世代 1章 幼年 1980-1994年 2章 少年 1995-2000年 3章 青年 2001-2010年 4章 大人 2011-2 [全文を読む]

ショーンK、小保方化の危険 双方を取材した記者が「ふたりはソックリ」

tocana / 2016年03月30日16時00分

しかし、今年1月に著書「あの日」(講談社)を出版。そこには“自分はハメられた”という被害者意識と、共同研究者である若山照彦氏への憎悪が書き連ねられていた。 川上氏と小保方氏双方の騒動を取材した記者は「川上氏の文春のインタビューを読むと、詐称を認めているようで、実は言い訳ばかりしている。自身のホームページのプロフィールは言葉巧みに当時のスタッフのせいにしてい [全文を読む]

「小保方晴子さんを恨んでない」自殺した笹井氏の妻明かす

WEB女性自身 / 2016年03月17日06時00分

著書の感想を求められた彼女は「手記は読まない」と言い切り、小保方氏から一度も連絡がないと告白。また理研の副センター長だった笹井氏と小保方氏の間で 不適切な関係 を指摘する報道もあったが、これについてもA子さんは明確に否定していた。 あれから1カ月、小保方氏から連絡はあったのか。本誌記者は兵庫県神戸市にある笹井氏の自宅へと向かった。すると庭先にいたA子さんが [全文を読む]

清原容疑者の”復帰後の青写真”で関係者がはやくも綱引き状態に

デイリーニュースオンライン / 2016年02月29日19時00分

主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。 [全文を読む]

フォーカス