講談社 小保方晴子に関するニュース

ハイブリッド型書店サービス「honto」週間ストア別(総合、ネットストア、電子書籍ストア、店舗)ランキング発表!!(2016年1月24日~2016年1月30日)

PR TIMES / 2016年02月02日09時11分

[画像: http://prtimes.jp/i/11577/126/resize/d11577-126-641838-1.jpg ]■hontoランキングhttp://honto.jp/ranking<honto総合ストア トップ5>1位『あの日』小保方 晴子 講談社(http://honto.jp/netstore/pd-book_27693877.h [全文を読む]

トーハン調べ2016年2月期月間ベストセラー発表

DreamNews / 2016年03月08日16時00分

------------------------------------------------------------ トーハン調べ 2016年 2月期月間ベストセラー【総合】 ------------------------------------------------------------1位 「天才」石原慎太郎 著/幻冬舎 ★2位 「おやすみ [全文を読む]

STAP問題、小保方氏は実験捏造していなかったと判明…小保方氏犯人説デッチ上げた犯人

Business Journal / 2016年07月01日06時00分

週刊誌「フライデー」(講談社)はこの刑事告発に関して3回にわたり特集を組んだ。警察ジャーナリスト・津田哲也氏による記事の第1弾(15年2月6日号)は、『元理研研究者・石川智久氏 小保方晴子さんを窃盗で刑事告発する!』。第2弾(同2月20日号)は小保方氏代理人の反論を受けて『小保方晴子 私は盗ってないの 大ウソ暴く』で、第3弾(同6月5日号)では告発状の一部 [全文を読む]

STAP細胞事件を科学ライターがどこよりも分かりやすく解説 『STAP細胞はなぜ潰されたのか 小保方晴子『あの日』の真実』 「あの日」にも記載されていた山梨大学・若山教授の責任も再度検証

DreamNews / 2016年04月21日15時00分

STAP細胞騒動について時間軸で分かりやすく紹介するととともに、巻末に用語集や関連年表を収録、専門用語や実験の手続きの詳細が頻出し、一般の方には書かれていることを全て理解するのが難しい小保方晴子著の『あの日』(講談社刊)を、より理解するための読本としての役割も果たします。 小保方晴子氏の発見したSTAP細胞は、将来のノーベル賞の有力候補と言われた笹井氏の自 [全文を読む]

小保方晴子氏を頑なに擁護する方々に「あのよ…」と嘆息

NEWSポストセブン / 2016年02月09日16時00分

そして今、旬のバカは手記『あの日』(講談社)を発刊した「STAP細胞はありまぁ~す」で有名な小保方晴子氏を、ネット上で全面的に擁護するヤツらである。小保方氏は、同書の前書きで、彼女を支援する人々に感謝の意を示した。「小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会」というブログなどが名指しされた。 このブログは、もはや小保方信者と言ってもいい。ブログの説明 [全文を読む]

トーハン調べ 2016年 1月期月間ベストセラー発表

DreamNews / 2016年02月02日15時00分

------------------------------------------------------------ トーハン調べ 2016年 1月期月間ベストセラー【総合】 ------------------------------------------------------------ 1位 「火花」又吉直樹 著/文藝春秋2位 「業物語」西尾 [全文を読む]

小保方晴子、ほぼ全員を捏造野郎扱い…強い自己顕示欲と自分への自信、恩知らず

Business Journal / 2016年03月09日06時00分

【今回取り上げる書籍】『あの日』小保方晴子・講談社・1400円 去年オレが批判した『絶歌』(太田出版)著者の神戸連続児童殺傷事件の元少年Aでも同じことがいえる。大騒動を起こした人物は、その後手記を出せばとりあえずの数千万円を稼げる、というビジネスモデルをさらに確立したという意味で、本書は実に画期的である。元少年Aは犯罪者であり、本書の著者はそうではないとい [全文を読む]

小保方晴子氏対談「婦人公論」、バカ売れで売り切れ続出&増刷…「公のいじめ。ひどい」

Business Journal / 2016年05月30日15時00分

今回の大型企画は、小保方氏が1月に発表した一連のSTAP騒動を綴った手記『あの日』(講談社)を読んだ瀬戸内氏が、婦人公論編集部を通じて小保方氏に「直接会って話がしたい」と呼びかけたことがきっかけとなった。 瀬戸内氏は「婦人公論」の誌面上で、『あの日』を自ら書店に足を運んで購入し、3回も読んだと話している。これまで通院以外の外出はほとんどできなかったという [全文を読む]

STAP現象、理研で再現されていたことが発覚…若山教授、不当に実験成果物を大量持ち出し

Business Journal / 2016年04月01日06時00分

1月に発売された小保方晴子氏(32)の告白本『あの日』(講談社)は、3月に入ってすぐ5刷りされ、販売26万部を超えるベストセラーとなっている。講談社担当者は「読者からは多数の共感と応援を頂いております」といい、これからも売れ行きは伸びるもよう。 本書をめぐっては賛否両論が渦巻いているが、重要な点は本書の内容が本当なのかどうかという点であろう。そこで本稿では [全文を読む]

ショーンK、小保方化の危険 双方を取材した記者が「ふたりはソックリ」

tocana / 2016年03月30日16時00分

さらに25日発売の「フライデー」(講談社)は、騒動後の川上氏を直撃。憔悴しきった様子で「なんとか生きていきたい。その先の行ってはいけない世界に…。その行ってはいけない世界への線引きを支えているのは、周囲の皆さんです…」と“自殺”をほのめかす言葉も残している。危険な兆候とは、自死の可能性を言うのか? 「いやいや、たしかに全ての嘘がバレ、ショックを受けてはいま [全文を読む]

「舐めたマネはするな」!?小保方晴子の任意事情聴取は「手記出版」への警告か?

アサ芸プラス / 2016年02月26日17時59分

「STAP細胞」をめぐる騒動で知られる小保方晴子氏が、手記「あの日」(講談社)を上梓し、話題を集めている。 小保方氏は手記の中で、〈私がES細胞を混入させたというストーリーに収束するように仕組まれているように感じた〉などと綴り、自身の潔白を主張している。 そんな中、同書の発売直後の2月17日には小保方氏が兵庫県警から参考人として任意で事情を聞かれたことが明 [全文を読む]

出版すれば100万部突破のボロ儲け! 出版業界が自叙伝出版を狙う有名人3名

tocana / 2016年02月21日17時30分

ここ最近、神戸連続児童殺傷事件の加害者である少年Aが『絶歌 神戸連続児童殺傷事件』(太田出版)を出版、さらにSTAP細胞問題で話題となった小保方晴子さんが手記『あの日』(講談社)を出版するなど、話題性のある人物ならば誰でも本を出している感のある出版業界。 過去に目を向けても暴露本や自叙伝など、形は違えど様々な人物の著書が出版され、賛否両論が渦巻くことも多い [全文を読む]

小保方晴子“執念の手記”笹井氏の一周忌後に書き始める

WEB女性自身 / 2016年02月04日06時00分

1月28日に出版された小保方晴子氏(32)の『あの日』(講談社刊)が話題に。253ページにわたる手記で、STAP細胞の捏造疑惑を真っ向から反論したものだ。担当編集者は「余計なノイズを発したくない」としながらも、本誌にこう答えた。 「執筆期間は昨年9月から12月まで。やりとりはメール、電話、面談で行いました」 昨年9月といえば、理化学研究所の副センター長だっ [全文を読む]

「STAP細胞はありま~す」小保方晴子氏『あの日』に早大生激怒も、バカ売れで本人ウハウハ状態!?

日刊サイゾー / 2016年02月02日11時00分

「STAP細胞はありま~す」と、世間を騒がせた元理化学研究所・ユニットリーダーの小保方晴子氏が出した著書『あの日』(講談社)に、出身の早稲田大学理工学部の学生たちから怒りの声が上がっている。 「こっちはあの人のせいでレポートがやたら厳しくなったりしているのに、稼げるうちに金儲けですか」(理工学部3年) 「『入院して思考力と集中力が低下して、論文を書けない』 [全文を読む]

小保方晴子氏手記の読後感と「感じざるを得ない矛盾」

NEWSポストセブン / 2016年02月01日07時00分

小保方氏の著書『あの日』(講談社)は、全体を通して、〈STAP細胞の研究中は、細胞の不思議さに魅了され、自分なりに一生懸命に実験に取り組んでまいりました〉〈一片の邪心もありませんでした〉と純粋に研究に打ち込んでいたことが強調されている。 捏造疑惑については、〈仕組まれた〉ものとして、ある人物を名指しする。共同研究者の若山照彦・山梨大学教授である。〈若山先 [全文を読む]

【小保方晴子氏『あの日』レビュー】描かれていたのは、少女マンガ的な半生とある人物への怒り

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月29日11時00分

小保方晴子さんが手記『あの日』(講談社)を出版するという情報が、インターネット上に出回ったのは発売前日の1月27日。よくリークされなかったと関心しつつも、ちょうど甘利経済再生担当相の現金授受&接待疑惑で沸いていたこともあり、もはや「そういえばSTAP細胞って、結局なかったんだよね……?」程度の気持ちしか持てなかった。そもそも「あの日」って、一体いつのこと [全文を読む]

手記発売で反撃?なぜ小保方晴子女史はこんなにもバッシングされたのか

WEB女性自身 / 2016年01月28日20時00分

理化学研究所の元研究員、小保方晴子さん(32)が1月28日に講談社より手記「あの日」を出版しました。 リケジョの星 と呼ばれ、そのルックスからファッションやライフスタイルを取りざたされたと思えば一転、論文ねつ造に釈明会見と大々的なバッシングを受けた後、約2年程公の場から姿を消して今に至ります。そんな彼女が今回関係者へ手記という形で反撃に出たとあって、注目度 [全文を読む]

2人の超絶「自己愛」にボー然! 小保方晴子氏“手記”発売で、ベッキーにも暴露本オファーが……

日刊サイゾー / 2016年01月28日17時00分

この小保方氏が「手記」を講談社で出版することが26日に明らかになり、28日に発売された。その内容は、幼少期から現在に至るまでの人生と、論文騒動の「真実」を記すというもの。 ただ、中身の大半は一連の騒動に対する「弁明」が中心。論文を疑われた中での再実験に失敗した点には「私の上司たちによって仕掛けられたわなだ」と語り、論文の共著者であった若山照彦・山梨大教授が [全文を読む]

小保方晴子氏が手記出版で反撃! STAP細胞は若山教授が黒幕、私は捏造犯に仕立てられた、と...

リテラ / 2016年01月28日09時00分

昨日からメディアで大きく報道されているように、手記『あの日』(講談社)を発売したのだ。本サイトはいち早く手記を入手したが、本のなかで小保方氏は、〈STAP細胞に関する論文発表後、世間を大きくお騒がせしたことを心よりお詫び申し上げます〉と謝罪しつつも、一連の「捏造」疑惑に真っ向から反論していた。 といっても、小保方氏が今もまだ「STAP細胞はあります!」と言 [全文を読む]

小保方晴子氏が理研に宣戦布告...告白本に出版関係者「大きな論理破綻ない」

デイリーニュースオンライン / 2016年01月28日08時00分

STAP細胞をめぐる論文の不正が認定された元理化学研究所研究員の小保方晴子氏(32)が手記「あの日」(講談社)を1月28日、発売したのだ。 手記は全253ページ。小保方氏が科学者を志すようになった幼少期のエピソードから自身の半生を振り返っている。同著を読み終えた出版関係者が語る。 「文章もよく練られており、大きな論理の破綻もみられない。学生時代に作文で賞を [全文を読む]

フォーカス