写真 小保方晴子に関するニュース

小保方さん「共同研究者のプレッシャーあった」 論文執筆時の「心理状況」明かす

弁護士ドットコムニュース / 2014年05月07日22時38分

●不服申立についての理由補充書(2)(要約版)第1 「改ざん」「捏造」については司法的解釈がなされるべき 仙台地方裁判所平成25年8月29日判決(平成22年(ワ)第1314号、平成22年(ワ)第1712号事件)は、A大学の元総長である金属材料科学分野の研究者が提訴した名誉毀損に基づく損害賠償等の請求事件において、本件調査対象項目(1―2)の画像操作と類似の [全文を読む]

30代リケジョ小保方晴子さんがネットで人気沸騰!「写真集」ほしいとの声も

秒刊SUNDAY / 2014年01月31日13時24分

多くのまとめサイトでも写真が掲載されており、「写真集がほしい」というファンも出てきている。 http://www.tmn.jp/news/13261小保方晴子さんはまとめサイトでも早速まとめられており、多数の写真などがアップされているほどの人気ぶりだ。さらに女子大生時代の写真や卒業アルバムの文集など次々と過去の経歴が発掘されもはや「アイドル並」の扱いとなっ [全文を読む]

【STAP論文】若山教授、共同執筆者に無断で撤回が発覚…小保方氏捏造説へ誘導

Business Journal / 2016年04月08日06時00分

特に検証実験に該当するページ(「Protocol for STAP cells」)の最後にあるTypical Resultでは、STAP細胞の存在証明となる「緑色に光る細胞(Oct4-GFP)」の写真が掲載されている。この写真は、小保方氏が理化学研究所の検証実験中に写真に収めたもので、死細胞による自家蛍光とは明らかに異なるものだ。これまで理研の検証実験で [全文を読む]

論文のねつ造よりも盛り上がる小保方さんの別の「疑惑」

アサ芸プラス / 2014年04月11日09時59分

「ありとあらゆる情報が猛スピードで流出・拡散するネット時代、小保方さんの過去の写真もすでに出回っており、検証サイトまで作られています。理化学研究所に入って間もない頃の写真を見ると、目が一重。さらにさかのぼって中学の卒業アルバムと見られる写真でも一重。パッチリ二重の近影と比べると明らかに幸薄な感じで、その顔の変遷は一目瞭然です」(女性週刊誌ライター) ワイ [全文を読む]

小保方氏が培養し続けた黒い“煩悩細胞”(1)大学時代から高級ブランドを身につけて

アサ芸プラス / 2014年04月11日09時56分

「論文の写真の1枚が切り貼りされたものでした。もう1枚、今回の発見に無関係な写真を自身の博士論文から使い回しました。これらが『捏造』『改ざん』と判断されたのです。小学生の夏休み観察日記ではないのですから、科学論文としては絶対にしてはいけない行為です」(前出・文科省関係者) 理研の判断に対して、小保方さんは、 「悪意のない間違いなのに、捏造だなんてとても承 [全文を読む]

STAP細胞事件から見えてきた現代の科学研究の死角 - 池田信夫 エコノMIX異論正論

ニューズウィーク日本版 / 2014年03月12日15時24分

ところが、その論文で証拠とされている写真が、小保方氏の博士論文などからコピーされたまったく別の細胞であることが指摘され、実験データの一部も他人の論文の丸ごとコピーであることが判明した。これらについては若山氏も理研も認めている。 さらに深刻なのは、Nature論文が発表された1月29日から6週間たっても、全世界で行なわれた追試で、STAP細胞が再現できたと [全文を読む]

<「炎上もどき商法」の危険性>加藤紗里、浮上から終息までわずか20日?

メディアゴン / 2016年02月20日08時03分

また、マネージャーが買ってきた弁当を「玄関の床の上」に置いて撮影した写真で紹介するインスタグラムなどは、批判を誘導しようとする意図がバレバレだ。しかも、弁当の横に「水戸黄門の印籠」を置くなど、「あわよくば『天然キャラ』にでも」という作戦も単純だ。営業努力といえばそれまでだが、なんとも物悲しい。「炎上もどき商法」の実態は、自分の賞味期限を極端に短くさせる危険 [全文を読む]

故笹井芳樹氏の妻 遺書の真意「小保方氏に伝わっていない」

NEWSポストセブン / 2016年02月04日16時00分

論文採用の2か月後、STAP細胞論文には「写真の誤用」「コピペ」など、不正が続々と発覚した。 同年4月9日、小保方氏は会見して論文の不備を涙ながらに詫びたが、「STAP細胞はあります」の言葉通り、研究結果の真実性だけは譲らなかった。「それは主人も同じでした。一緒に仕事もしてきて、自分でも顕微鏡で見ていましたから。当時は大変な時期だったので、彼女も頭が回らな [全文を読む]

自称・セレブのばびろんまつこ 1LDK家賃16万円に住んでいた

NEWSポストセブン / 2015年11月14日07時00分

高級料理店での食事や身につけたブランド品の数々、海外の高級リゾートでの休日やセクシーな水着の自撮り写真をアップして、“セレブ美女”として知られていた「ばびろんまつこ」こと、松永かなえ容疑者(26才)が10月28日、京都府警に詐欺と商標法違反で逮捕された。 容疑は今年5月、カルティエの偽ブレスレットをネットオークションに出品し、京都市内の40代女性に約65万 [全文を読む]

「魂の限界」で理研を辞めた小保方晴子氏、実は元気だった!? Gカップ写真集出版オファーも

日刊サイゾー / 2014年12月24日13時00分

出版関係者によれば「彼女のもとには、理研内部の実態を記した暴露本や写真集のオファーが殺到しているそうです。彼女のバストは、推定Gカップともいわれる。ヌード写真集なら、ギャラは5,000万円はくだらないでしょう」という。 今回STAP問題が一応の決着を見たことで、出版各社の“小保方争奪戦”の火ぶたが切って落とされたようだ。 [全文を読む]

【STAP細胞】海外大手メディアのコメント欄がすごいことに...!? 外国人が見た、小保方氏会見とは?

tocana / 2014年04月16日11時50分

米国「ワシントン・ポスト」紙や「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙、「ロサンゼルス・タイムズ」紙など大手は、いずれも小保方氏の写真を大きく掲載しながら、会見で述べられた主張や現在までの経緯、関係者の主張など、事実を淡々と伝えるにとどまっており、批判的な論調の報道はほとんど見られない。 英大衆紙「The Daily Mail」も同様に、小保方氏が頭を下げ、 [全文を読む]

割烹着とふんどしがブレイク寸前 どう対応すべきか識者指南

NEWSポストセブン / 2014年02月01日16時00分

さらに(おもにオッサンの)ワクワク感を増幅してくれたのが、研究ユニットのリーダーである小保方晴子さんが30歳の美しい女性だったことと、祖母にもらった割烹着で実験している写真が公開されたこと。日本の研究者の素晴らしさと同時に、若い女性の割烹着姿がいかに魅力的かも思い知らせてくれました。 放送中のNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』でも、主役の“め似子”を演じ [全文を読む]

上原多香子に今井絵理子、上西小百合も…”魔の1983年度生まれ”の現状は?

デイリーニュースオンライン / 2017年09月09日18時15分

そして、大股開きの写真で一時期干された香里奈(33)は、主演ドラマが発表され、徐々に人気を回復する途上です。一般人だと容姿の劣化が顕著になる30代前半の年頃に、輝き続ける芸能人は、やはり別格の存在。キャラクターが際立っている世代だからこそ、多くの有名人が生き残っているのかもしれないですね」(芸能記者) 次はどの1983年度生まれが話題をさらうのか。できれば [全文を読む]

「うつけものしかいない」 野々村元県議をフィーチャーしたMADな「ののむらフレンズ」が10万再生突破!

ガジェット通信 / 2017年03月16日19時00分

つい先月は、写真の表情を違和感なく笑顔にできるなどの機能をそなえたアプリ『FaceApp』にて、野々村氏の号泣会見を笑顔にした画像が『Twitter』にアップされて大変話題となった。 参考記事:「話題のアプリのせいで野々村議員が陽気なお兄さんにしか見えなくなった」ツイートが話題に http://getnews.jp/archives/1616780[リン [全文を読む]

清水富美加 仕事打ち合わせ3日後、教団側弁護士登場で急転

NEWSポストセブン / 2017年02月16日07時00分

公開前の映画3本すべて主役級なので、舞台挨拶や、テレビ番組や雑誌での宣伝プロモーションに引っ張りだこの予定でしたが、すべてキャンセルせざるを得ない」(広告代理店関係者) 13日には、花王の公式サイトから清水の写真と動画が削除された。騒動の発端は1月19日、『幸福の科学』の公式サイトに1本のインタビュー動画がアップされたことだった。「大川隆法総裁はこれまで、 [全文を読む]

STAP細胞、関与否定の若山教授の血を使って実験していたと判明…理研の説明が根底から崩れる

Business Journal / 2016年07月09日06時00分

●若山氏と小保方氏の二人三脚 若山氏は14年6月16日に山梨大学で記者会見を開き、同実験について「(若山氏が)手伝ったのはキメラ写真くらい」「小保方さんがしている実験は、若山研ではほとんどやらないものなので、実験室の中で小保方さんと一緒に過ごすということがなかった」と釈明した。 小保方氏による捏造事件に巻き込まれた立場だとして実験中にマウスをすり替えられた [全文を読む]

清原和博“独占インタビュー”獲得で「50万円」のボーナスも、本人は「まともにしゃべれない」!?

日刊サイゾー / 2016年06月15日09時00分

「今、清原については業界用語でいう“ワンピシャ”といって、写真一枚、コメントひとことでもあれば買うという姿勢を見せる媒体が多く、一番の狙いは独占インタビューで、ちょっとした“賞金首”になっています」(週刊誌の契約記者) 先日、小保方晴子と瀬戸内寂聴の対談が掲載された「婦人公論」(中央公論新社)は、関係者が「この15年で、こんなことはない」というぐらいのバ [全文を読む]

小保方さん、2年ぶり登場で新疑惑?謎のセレブ生活と”顔の激変”

デイリーニュースオンライン / 2016年05月26日13時07分

雑誌にはワンピース姿で瀬戸内氏と並ぶツーショット写真など複数のカットが掲載されているのだが、その変貌ぶりが話題を集めているのだ。 「会見で姿を見せた時よりもかなりやせており、研究員だった当時に話題を呼んだ巨乳もボリュームを失っていました。それよりも目立ったのが、顔面の変わりようです。小ぶりだった瞳はひとまわり大きくなっており、以前よりも鼻筋が通っているよ [全文を読む]

瀬戸内寂聴が小保方晴子氏に熱烈エール!「必ずあなたはよみがえります」

Business Journal / 2016年04月15日07時00分

寂聴氏は小保方氏の文章力に感嘆、本人の写真などを排し文章だけで自身の思いを練り上げたその清冽さを讃え、1月に発売された小保方氏の告白本『あの日』(講談社)を徹夜で通読し、さらに読み返したという。 「婦人公論」編集部によると、この連載は年明けから始まり、「日頃、寂庵さんがお感じになったことを綴ってもらっている」ということで、4回目の4月26日号で小保方氏へ [全文を読む]

小保方晴子氏がHP開設、STAP細胞の作成方法を公開…「人類に大きく貢献」

Business Journal / 2016年03月31日18時00分

HPはすべて英語で書かれ専門的ではあるが、プロトコルの最後の「Typical Result」に掲載された写真は、STAP細胞塊が現れたことを示す「Oct4-GFP」の発現を確かめられるものだ。明らかに細胞が死ぬときに光を放つ「自家蛍光」とは違う「STAP現象」が確認できる。また、『あの日』(236ページ)の15行目に書かれたEカドヘリンの免疫染色も公開す [全文を読む]

フォーカス