不老不死 始皇帝に関するニュース

不老不死は「人類の憧れ」?永遠の命を望む人の割合は…

しらべぇ / 2016年11月04日10時00分

joel-t/iStock/Thinkstock「不老不死」は、人類の永遠の憧れだろうか?確かに、歴史を紐解いてみても不老不死の薬を追い求めた人物は存在する。あの始皇帝がそうだし、日本でも豊臣秀吉が「永遠に生き続けることのできる薬」を家臣に要求。彼らは政治的な事情もあるとはいえ、明らかに不老不死に憧れていた。もちろん現在でも、命の永久化を望む人は存在する。 [全文を読む]

カグヤ姫には隠し子がいた:684年白鳳大地震の満月津波のかげで/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2017年02月25日07時45分

天皇には形見として不老不死の霊薬が残されたが、天皇は、カグヤ姫に会えないなら不老不死の霊薬も意味が無い、とし、いずれの山が天に近いか、と問うて、駿河の富士山にこれを持って行かせ、その山頂でこれを焼かせた、という。実際、天武天皇は、『日本書紀』によれば、壬申の乱勝利のすぐ後、675年から、中国系移民秦氏の多い奥三河の新城(にいき、しんしろ)に都を遷すことを考 [全文を読む]

壇蜜 「よくぞ残ってくれました!」と兵馬俑特別展に感激

NEWSポストセブン / 2015年11月20日07時00分

晩年、本気で不老不死を目指した彼は、自身の宮殿とその周りの世界を完全にコピーして陵墓を造り、肉体の滅びた後も霊魂の不滅を願った。陵墓周辺には、兵や馬を模した「兵馬俑」が多数埋納された。 展示は、秦の“サクセスストーリー”を紹介する第一会場から始まり、中国の所蔵館にも2セットしかない複製の銅車馬や兵馬俑をダイナミックに配した第二会場へと続く。 『テレビで中国 [全文を読む]

くるぞ“ノンケミカル不老不死”! インド州政府、巨額を投じて伝説の秘薬「サンジーバニー・ブーティ」探索中!!

tocana / 2017年03月30日17時00分

洋の東西、古今を問わず、人類が追い求めるのが不老不死である。1世紀前の1900年には全世界の平均寿命はわずか30歳前後だったが、現在では70歳近くまで延びている。それでもなお、現代科学の粋を尽くしても(最新若返り薬「NMN」の開発などあれ)、未だに不老不死の技術は“確立”とまでは至っていない。そんな中、神話世界の伝説を頼みにした、まさかの“ノンケミカル不老 [全文を読む]

フリーメーソンしか知らない、富士山の“重大な秘密“!? メーソン会員証に描かれた、日本ピラミッドの謎!!

tocana / 2014年06月10日14時00分

秦始皇帝の命を受け、不老不死の仙薬を求めて旅立った徐福が目指した蓬莱山とは、まさに富士山のとであり、彼が文書としてまとめたのが『宮下文書』の始まりであるというのだ。 徐福は童男童女のほか、さまざまな技術者を引き連れて出航している。彼らは、ある意味、古代のフリーメーソンである。秦始皇帝の陵墓がきれいな四角錐であり、かつ徐福ともどもユダヤの血を引いているという [全文を読む]

災いの予兆? 不老不死の薬? 伝説の「人魚」に荒俣宏が迫る

tocana / 2014年03月21日09時00分

それが転じて、人魚のお札を家に貼ると災い除けになるとされ、それは日本中に広まった」「聖徳太子が人魚にあったという話も残されている」「古くは司馬遷の史記にも描かれ、人魚の肉を食べると不老不死になるととされたことから、秦の始皇帝も探し求めていた」「19世紀にはアンデルセン童話の人魚姫の物語と融合して現在の美女のイメージが強くなる」といった興味深い逸話を次々と紹 [全文を読む]

日本人は「変態的な三国志」好き? 中国人の見る「日本人の崇拝する中国人5傑」

ZUU online / 2017年05月04日17時20分

当時世界最大の権力者、秦の始皇帝に取り入り、不老不死の仙薬探しプロジェクトを実現させる。3000人の若い男女や技術者を連れて東の海へ船出し、戻らなかったという。この徐福伝説は紀伊半島など日本各地に存在している。■日本人は歴史にロマンを見る。しかし日本の歴史とは中国文明の大きな影響を受けつつ、一方で巧みに遮断してきた歴史でもある。その最たるものは科挙であった [全文を読む]

ミカンはどこからやってきた?:古代渡来人の秘宝/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2017年02月15日06時31分

死期の迫った持統天皇が季節も厳しい702年の晩秋~初冬に遠く浜名湖まで旅をしたのも、この不老不死の霊薬、マンダリンオレンジを得るためだったのかもしれない。だが、いま、秦河勝の屋敷を継いだ京都御所紫宸殿跡にも、橘諸兄の山城国木津川市にも、遠州三宅氏の井伊谷屋敷跡にも、当時の「今の橘」、マンダリンオレンジは残っていない。日本在来の神樹蚕(しんじゅさん)が喰い荒 [全文を読む]

パク・ボゴム、「建築学概論」監督の次回作を検討中

スポーツソウルメディアジャパン / 2017年01月06日13時47分

映画「徐福」は、秦の始皇帝のために長生不老(不老不死)の霊薬を探しにいっては戻らなかった徐福(中国の秦朝の方士)の物語を現代的に再解釈する作品。パク・ボゴムは男主人公で複製人間の徐福(ソボク)役を提案されているという。「応答せよ1988」(tvN)、「雲が描いた月明かり」(KBS)など大ヒットドラマの主演を演じ、今韓国やアジアで熱い人気を博しているパク・ボ [全文を読む]

「ウンチから火薬ができる」は本当だった! 糞尿を燃やした藁と混ぜて、重ねて… 驚異の細菌パワー!!

tocana / 2016年11月23日08時00分

紀元前200年ごろ、秦の始皇帝が神仙思想より発展した道教の中で不老不死を研究させた「煉丹術(れんたんじゅつ)」の課程で、強い酸化剤として作用する硝石を発見しましたが、当時はまだ火薬としてではなく、漢方薬の1つの成分として研究されているにすぎませんでした(硝酸塩なので実際に血管拡張などの作用がある)。 その後、8~9世紀の中国で、硫黄や黒炭に硝石を混合する [全文を読む]

東洋美人はバランス上手!今、女を磨くマストアイテムは「漢方」【恋の漢方処方箋】vol.1

ココロニプロロ / 2016年07月28日10時15分

中医学の歴史は深く、秦の始皇帝が中華を統一した後、不老不死の為に使っていたものとも言われています。日本へは、仏教と一緒に伝来したと考えられており、漢の時代の医術(医方)ということで、「漢方」と呼ばれるようになりました。「陰陽五行説」がベース漢方(中医学)は、古代中国に起源を持つ思想である「陰陽五行説」という考え方をもとにしています。陰陽とは、自然界のあらゆ [全文を読む]

「日本人は中国人の末裔」の中国報道に日中ネットが熱論=中国は肯定の声が多く、日本は否定が圧倒的

Record China / 2016年03月30日01時10分

これについて中国のネットユーザーからは、「日本人はあんなにも団結しているのだから、中国人の末裔(まつえい)のはずがない」という否定的な声もあったものの、「日本人も朝鮮人も韓国人もベトナム人もミャンマー人も、みんな中国人の末裔」「秦の時代に100人の少年少女を連れて行ったのが日本人の始まりのはず」「秦の始皇帝が不老不死の薬を探すために日本に人を派遣して、帰 [全文を読む]

日本人は中国人の末裔なのか?中国ネットが議論=「疑問の余地なく中国人が日本人の祖先」「つまり日本人は雑種ということ」

Record China / 2016年03月27日23時00分

「疑問の余地なく中国人が日本人の祖先」 「日本人も朝鮮人も韓国人もベトナム人もミャンマー人も、みんな中国人の末裔」 「秦の時代に100人の少年少女を連れて行ったのが日本人の始まりなはず」 「秦の始皇帝が不老不死の薬を探すため日本に人を派遣して、帰って来られなくなったのが日本人のルーツ」 「唐と宋の文化は日本、明の文化は朝鮮、中華文明は台湾にあり、中国には [全文を読む]

死んだ人を復活させるため!? 人体を冷凍保存する技術があるらしい!

マイナビ進学U17 / 2016年02月03日12時02分

それは歴史的に見ても明らかで、例えば秦の始皇帝をはじめとする中国の歴代皇帝や、エジプトのファラオといった権力者たちは、不老不死のために薬を探し求め、その方法を研究させているのです。しかし、いまだに永遠の命を手にする方法は見つかっていません。そんな中、ある意味で「不死に最も近い技術」と言われているのが、「クライオニクス」です。クライオニクスとは「人体凍結保存 [全文を読む]

香港大手紙「大和民族は中華民族の一部で中華の血脈」の広告

NEWSポストセブン / 2012年10月03日16時00分

「そればかりか琉球独立支持派の中国人は、日本人の始祖も今から2200年前、秦の始皇帝の命により不老不死の薬を求めて大陸から日本列島に渡った中国人との説まで唱えています」(同) 広告にも、〈大和民族は中華民族の一部分であり、日本はもともと中華の血脈〉で〈我々は日本が中華一大平和家族の一員に復帰するまで、台湾省に中国の国土の一部である魚釣島と琉球の治安維持及 [全文を読む]

フォーカス