統一 始皇帝に関するニュース

秦王朝の栄華が上野に!始皇帝と大兵馬俑展が開催

Walkerplus / 2015年10月27日11時39分

今から約2200年前に「最初の皇帝」を名乗り、中国大陸に統一王朝を立てた秦の始皇帝。その巨大な陵墓のほど近くに大量に埋められた地下軍団「兵馬俑」。 兵馬俑とは、兵士や馬などをほぼ等身大でかたどったやきものの像。20世紀最大の考古学的発見の一つとされ、1974年の出土以来、続々と新しい発見をもたらし続けている。 本展は、最新の発掘成果を採り入れながら、始皇 [全文を読む]

【今週の対決】この秋見たい「古代の王」展覧会

WEB女性自身 / 2015年11月16日06時00分

最初の皇帝を名乗り、中国大陸に統一王朝を打ち立てた秦の始皇帝だが、今回は巨大な陵墓から発見された文物が3つのコーナーに分けて展示されている。第1〜2章は王剣や玉装飾など、貴重できらびやかな文物が展示されている。 今回、めた坊がいちばん驚いたのは第3章の「始皇帝が夢見た『永遠の世界』 兵馬俑と銅車馬」だ。国立博物館の広さを利用した約1千平方メートルの巨大な部 [全文を読む]

崔順実被告、朴大統領の退任後に同居を計画?五輪開催地の平昌に豪邸準備か=韓国ネット「始皇帝のまね?」「でも始皇帝は中国統一したじゃん…」

Record China / 2017年01月18日10時50分

VIP阿房宮を建てようだなんて、(大統領)退任後まで徹底して計画したね」 「余生は阿房宮じゃなくて監房宮で過ごすんだな」 「そのまま島流しのために造って生涯監禁しろ」 「秦の始皇帝のまね?でも、始皇帝は中国統一したけどね…」 「大統領退任後の大邱(朴大統領の地盤)は空き家になるってことだったのか。さすが詐欺師」 「すごいな。更地を安く買い取って社会間接資本 [全文を読む]

始皇帝を守る永遠の軍団・兵馬俑が東京に 『始皇帝と大兵馬俑』展

太田出版ケトルニュース / 2015年10月14日09時31分

この展覧会は、今からおよそ2200年前に中国初の統一王朝を作り上げた秦の始皇帝と、その巨大な陵墓の近くに埋められた兵馬俑を紹介するもの。辺境の小国に過ぎなかった秦が統一を成し遂げるまでのストーリーをたどり、始皇帝の魂を永遠に守る兵馬俑の実態を紹介する。 会場には、「将軍俑」「騎兵俑」に加え、馬飼いの「馬丁俑」や芸人の「雑技俑」など、バラエティー豊かな兵馬 [全文を読む]

【公演レポ】ユナク(超新星)、項羽と劉邦の間で揺れ動く女の葛藤、国と愛を巡る男の戦いを描いたミュージカル「花・虞美人」が開幕!

Wow!Korea / 2017年03月29日20時09分

時は紀元前221年、史上初めて中国統一を成した秦の始皇帝の時代。虞姫と劉邦の結婚式当日に始皇帝の軍隊がその幸せを奪う。幸せから絶望への落差、凰稀かなめとユナクの感情演技に観客も悲しみの中に投げ込まれる。そんな虞姫を救い出すのは、始皇帝を討ち取るためにやってきた楚の旗を掲げた項羽軍。プレビュー公演では池田努が演じ、ワイルドさの中に純粋さが垣間見える項羽を熱演 [全文を読む]

「項羽と劉邦」を新解釈! 始皇帝亡き後の乱世を描く中国歴史大河アクション開幕!!

PR TIMES / 2016年08月25日12時25分

[画像1: http://prtimes.jp/i/7006/2605/resize/d7006-2605-441806-1.jpg ] [画像2: http://prtimes.jp/i/7006/2605/resize/d7006-2605-423459-2.jpg ] [画像3: http://prtimes.jp/i/7006/2605/resi [全文を読む]

な、なぜ―「兵馬俑」の顔だけを映し続ける番組、ニコ生が放送

インターネットコム / 2016年01月08日15時00分

兵馬俑は、古代中国を統一した皇帝、秦の始皇帝の巨大な墓に埋まっていた陶器の人形だ。始皇帝が、来世にお供として連れてゆくための兵士や馬として作らせたのではないか、とも言われる。 およそ8,000体もある人形はすべて顔が異なり、それぞれ実在の人物をモデルにしたらしく、確かにどこかにいそうな顔をしている。ニコニコ生放送を運営するドワンゴによると、最近、中国のS [全文を読む]

壇蜜 「よくぞ残ってくれました!」と兵馬俑特別展に感激

NEWSポストセブン / 2015年11月20日07時00分

史上初めて中国全土を統一した始皇帝。晩年、本気で不老不死を目指した彼は、自身の宮殿とその周りの世界を完全にコピーして陵墓を造り、肉体の滅びた後も霊魂の不滅を願った。陵墓周辺には、兵や馬を模した「兵馬俑」が多数埋納された。 展示は、秦の“サクセスストーリー”を紹介する第一会場から始まり、中国の所蔵館にも2セットしかない複製の銅車馬や兵馬俑をダイナミックに配 [全文を読む]

武器娘ファンタジーRPG「ヴィーナス†ブレイド」と「三国志レイヴ」のコラボレーション開催!

DreamNews / 2015年10月27日15時00分

秩序を失い乱世と化した中国大陸は、激動の三国時代に突入し、あなたは始皇帝の末裔として、今は無き中華の統一国「秦(シン)」の復興を目指して立ち上がります。 【ヴィーナス†ブレイド詳細】累計会員数70万人を突破したエディアの人気RPGゲーム『ヴィーナス†ブレイド』。擬人化されたエクスカリバーや天叢雲などの伝説の武器を連れ、世界一の「召剣師(ソードサマナー)」を [全文を読む]

カグヤ姫には隠し子がいた:684年白鳳大地震の満月津波のかげで/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2017年02月25日07時45分

この統一言語、統一商法の下で、長大な貿易圏「海のシルクロード」ができた。それを支えたのが、外洋船ダウだったのだ。そして、それが7世紀後半には中国に至り、半島を経ずに、中国から日本への直行を可能にした。それまで、中国系移民の秦氏諸族は、日本の海部(あま)氏、安曇(あずみ)氏などを巻き込みながら、九州の「豊」国、いまの大分あたりから、瀬戸内海を経て、御坊や熊野 [全文を読む]

不老不死は「人類の憧れ」?永遠の命を望む人の割合は…

しらべぇ / 2016年11月04日10時00分

天下を統一した権力者にとって、次の課題は「ようやく確立した政権をどのように運営していくか」である。平たく言えば、自分が死んだあとの政治運営を誰にやらせるかだ。これが非常に難しい。カリスマ性は遺伝的要素ではないし、そもそも鷹がトンビを生む例もよくある。それどころか、トンビすら誕生しなかったという場合も。豊臣秀吉などはまさにそれで、彼は子宝に恵まれなかった。つ [全文を読む]

マンガ大賞発起人が「読んでない人が羨しい」と語る歴史漫画

NEWSポストセブン / 2016年08月23日16時00分

「中国の春秋・戦国時代を描いた物語で、始皇帝となって中国を統一する秦王(始皇帝)につかえた少年の信が仲間と出会いながら大将軍へと出世していくストーリー展開が面白い。信だけでなく仲間や敵対する他国の武将を含めてのキャラクターがかなり濃厚で歴史マニアでも楽しめると思います。今や人気すぎて、書店長として紹介するのがためらわれるレベルの作品ですよ(笑い)」 毎年 [全文を読む]

4月アニメ「文豪ストレイドッグス」も連載!WEBコミック誌「ピクシブエース」4月7日(木)創刊!

PR TIMES / 2016年04月07日13時49分

『働かないよ!ロキ先輩』柳ゆき助 過労で倒れ、大手ブラック企業を解雇された平並凡人の再就職先は、働かない先輩たちで溢れた超ホワイト企業の零細印刷会社だった!?社畜精神が抜けない平並凡人と、働くのが嫌いな残念ゆとりイケメンのロキ先輩が贈るちょっと北欧神話っぽいオフィスコメディ! 『レッドドラゴン』池野雅博 時は紀元前、中国大陸はついに始皇帝により統一された [全文を読む]

『修羅の門』川原正敏氏の新作発表に『キングダム』ファンが悲鳴!?「ネタバレしちゃう…」

おたぽる / 2016年02月09日21時00分

漢の前に存在した統一王朝・秦に滅ぼされた韓の王家の一族で、劉邦の軍師として漢王朝の建国に大きく貢献した人物。後の『三国志』に登場する諸葛亮孔明と並ぶ名参謀として知られている。 同誌のインタビューで、川原氏は『項羽と劉邦』を学生時代に買い、描きたい題材として温め続けていたと語っており、第1、2話合計202ページのボリュームという力の入れよう。河原氏は『修羅の [全文を読む]

本物の兵馬俑に会える特別展「始皇帝と大兵馬俑」で、兵馬俑チョコをゲットしよう!

GOTRIP! / 2015年12月11日02時15分

中国の長い歴史の中で、初めて中国統一をはたした秦の始皇帝。 彼が残したいくつもの壮大な建造物が、約2200年を経った今でも多く残っていますが、中でも圧巻なのが、教科書で見たことがある陶器の人形がたくさん並んでいる「兵馬俑(へいばよう)」ではないでしょうか? 兵馬俑は、今から約44年前の1974年に井戸を掘っていた農民によって偶然発見され、20世紀の考古学に [全文を読む]

スケールがデカすぎる!『特別展 始皇帝と大兵馬俑』

anan NEWS / 2015年10月14日14時45分

天下統一を果たし、中国最初の皇帝となった始皇帝は、度量衡の統一やインフラの整備を行って支配体制を確立し、絶大な権力を誇りました。本展では、秦王朝の軌跡と始皇帝の実像、そして始皇帝が夢見た「永遠の世界」を貴重な出土品を通して紹介しています。 秦初期の歴史を伝える鐘や、秦の高度なインフラ技術をしめす陶製の水道管、さらには始皇帝の住んでいた宮殿を飾った壁画の一部 [全文を読む]

大人気戦国マンガ『キングダム』に学ぶ仕事術 常に勝負にこだわり続ける

AOLニュース / 2014年02月03日23時22分

物語はこの古代中国混沌の時代に、大将軍を目指す少年・信(しん)と後に始皇帝となる秦王・政(せい)が中華統一にまい進するというものだ。王道ストーリーではあるが、史実に忠実でありながらもフィクションとしての面白さを忘れさせない展開や、ついつい感情移入してしまうキャラクター設定など、その魅力は数多い。 この『キングダム』、実は各所に我々ビジネスマンが参考にするべ [全文を読む]

~感動の国 中国へ~『H.I.S. キングダム 秦の始皇帝ゆかりの地を巡る旅』発表!

PR TIMES / 2013年06月14日17時46分

『キングダム』は、中国の春秋・戦国時代を描いた物語で、二人の少年が夢を重ね、中国統一に向けて戦乱の時代を生き抜くストーリーとなっており、現在、週刊ヤングジャンプ(集英社刊)にて連載中、単行本は30巻(2013年6月時点)、2013年6月8日からはNHKBSプレミアムでアニメの第2シリーズ放送が開始されております。“30~60代の男性”の視聴・購読者層に加 [全文を読む]

日本人は「変態的な三国志」好き? 中国人の見る「日本人の崇拝する中国人5傑」

ZUU online / 2017年05月04日17時20分

隋朝に始まったこの試験は、優秀な青年の価値観を統一し、中国は思想的に衰退してしまう。逆に取り入れなかった日本人は精神的な溌溂さを保ってきた。歴史にロマンを見る感性もここから発している。敬意は払いながらも、決して政治的な導き手としてのみ崇拝しているわけではない。この点を筆者はあまり深く理解していないようだ。5位と4位の2人は、明朝復興という非現実的な夢に対し [全文を読む]

中国西安に偽物の兵馬俑出現、観光客誘導する詐欺―中国メディア

Record China / 2017年01月13日19時20分

2017年1月12日、中国新聞網(電子版)によると、中国を初めて統一した秦の始皇帝(紀元前259〜同210年)の陵墓がある中国の陝西省西安市で、副葬品として埋葬された兵士や馬の形をした兵馬俑の偽物を作って展示し、旅行者らを誘導して入場料を取る詐欺が頻発している。 実際に昨年の国慶節(建国記念日、10月1日)の連休中、西安で偽物の兵馬俑を見た人の話によると、 [全文を読む]

フォーカス