展示 始皇帝に関するニュース

【今週の対決】この秋見たい「古代の王」展覧会

WEB女性自身 / 2015年11月16日06時00分

最初の皇帝を名乗り、中国大陸に統一王朝を打ち立てた秦の始皇帝だが、今回は巨大な陵墓から発見された文物が3つのコーナーに分けて展示されている。第1〜2章は王剣や玉装飾など、貴重できらびやかな文物が展示されている。 今回、めた坊がいちばん驚いたのは第3章の「始皇帝が夢見た『永遠の世界』 兵馬俑と銅車馬」だ。国立博物館の広さを利用した約1千平方メートルの巨大な部 [全文を読む]

中国のパクリに際限なし!兵馬俑をそっくりそのまま再現―中国メディア

Record China / 2017年02月10日19時50分

近年、国内外でニセ兵馬俑の展示がたびたび起きており、つい先日はベルギーでも兵馬俑展が行われている。今回発覚した安慶市太湖県の事例も含め、いずれも秦始皇帝陵博物院の許諾は得ていないという。(翻訳・編集/岡田) [全文を読む]

な、なぜ―「兵馬俑」の顔だけを映し続ける番組、ニコ生が放送

インターネットコム / 2016年01月08日15時00分

そんな兵馬俑の一部を、東京・上野にある東京国立博物館(トーハク)は特別展「始皇帝と大兵馬俑」として2月21日まで展示している。 ニコニコ生放送では今回、トーハクと協力し、展示中の兵馬俑の顔だけを1時間映し続ける番組を1月16日19時~20時に生中継予定だ。 【niconico×大兵馬俑展】兵馬俑の顔だけ生中継 「誰の顔に似ているのか、などを思い起こしなが [全文を読む]

壇蜜 「よくぞ残ってくれました!」と兵馬俑特別展に感激

NEWSポストセブン / 2015年11月20日07時00分

展示は、秦の“サクセスストーリー”を紹介する第一会場から始まり、中国の所蔵館にも2セットしかない複製の銅車馬や兵馬俑をダイナミックに配した第二会場へと続く。 『テレビで中国語』(NHKEテレ)に出演中で、特別展『始皇帝と大兵馬俑』では音声ガイドのナビゲーターを務める壇蜜も、「陶製の兵馬俑が、よくぞ無事に残っていてくれました」と感激の様子だった。 撮影■高 [全文を読む]

国号「日本」が明記された唯一の墓誌石も=漢字展、京都など全国4カ所を巡回―「漢字三千年―漢字の歴史と美」

Record China / 2017年03月19日15時40分

世界初公開の「漢字の刻まれた兵馬俑」や西安にある日本人遣唐使・井真成の墓誌など国家1級文物23点を含む国宝級110点が展示される。 昨年10月に東京で開かれた開会式には日本と中国の政財界人、文化人や各国駐日大使らが出席。かつて八王子の創価大学で学んだ程永華中国大使は「この度の展覧会が懐かしい八王子の地で開催されることは感慨深い。本展覧会が、日本の皆様の漢字 [全文を読む]

≪スイーツ食べ放題 ≫ 「キングダム×スイーツパラダイス」 ~期間限定コラボレーションカフェオープン~

DreamNews / 2016年05月31日15時00分

◆概 要◆ 期間:2016年6月1日(水)~7月22日(金) スイーツパラダイス池袋店 価格:食べ放題1530円 + ファーストオーダー570円 追加500円 (全て税込) コラボメニュー注文につき、限定オリジナルコースター5種類とステッカー25種類の中からランダムでプレゼント キングダム秘蔵場面写真やフィギュアグッズなど展示 キングダムグッズの販売井上商 [全文を読む]

本物の兵馬俑に会える特別展「始皇帝と大兵馬俑」で、兵馬俑チョコをゲットしよう!

GOTRIP! / 2015年12月11日02時15分

これらの本物の兵馬俑に会えるのは最後の展示室で、きりっとした顔の「将軍俑」に、馬飼いの「馬丁俑」、芸人の「雑技俑」など様々な兵馬俑に会うことができます。 また、発掘現場である「兵馬俑坑」を約70体のレプリカで再現した圧巻の軍団の迫力を感じることができるイベントとなっています。いつか西安にある圧巻の数千体も並ぶ光景の兵馬俑を眺めてみたいですね! ・兵馬俑チョ [全文を読む]

大人気マンガ「キングダム」の世界を知る大兵馬俑展

Walkerplus / 2015年10月29日10時20分

東京国立博物館平成館1階の記念撮影コーナーへ急ごう! 大兵馬俑展では、兵士や馬などをほぼ等身大でかたどったやきものの像である「兵馬俑」が展示。会場内には、8000人の兵馬俑の一人になれる撮影スペースも用意されている。会場の壁面がバックになって巨大軍団の一員になった気分になれるので、ぜひ体験してほしい。 本展の音声ガイド(約35分・520円)は、タレントの壇 [全文を読む]

スケールがデカすぎる!『特別展 始皇帝と大兵馬俑』

anan NEWS / 2015年10月14日14時45分

秦初期の歴史を伝える鐘や、秦の高度なインフラ技術をしめす陶製の水道管、さらには始皇帝の住んでいた宮殿を飾った壁画の一部など、壮大な歴史を感じさせてくれる品を多数展示。歴女でなくてもワクワクします。 そして、一番の見どころは、兵馬俑です。秦始皇帝陵の副葬品として埋められていた陶製の軍団「兵馬俑」は、ほぼ等身大のつくりで、兵士の顔や髪型はひとつずつ異なり、階 [全文を読む]

中国西安に偽物の兵馬俑出現、観光客誘導する詐欺―中国メディア

Record China / 2017年01月13日19時20分

2017年1月12日、中国新聞網(電子版)によると、中国を初めて統一した秦の始皇帝(紀元前259〜同210年)の陵墓がある中国の陝西省西安市で、副葬品として埋葬された兵士や馬の形をした兵馬俑の偽物を作って展示し、旅行者らを誘導して入場料を取る詐欺が頻発している。 実際に昨年の国慶節(建国記念日、10月1日)の連休中、西安で偽物の兵馬俑を見た人の話によると、 [全文を読む]

『キングダム展 in 佐賀』オープニングセレモニーのゲストに原泰久氏とケンドーコバヤシ氏が登場!

PR TIMES / 2016年06月29日14時25分

[画像2: http://prtimes.jp/i/18574/10/resize/d18574-10-914061-2.jpg ]公式ホームページ:http://www.pref.saga.lg.jp/sy-contents/kingdom-saga/公式Twitter(@kingdom_SAGA):https://twitter.com/kingdom [全文を読む]

2016年夏「キングダム展 in 佐賀」開催決定!

PR TIMES / 2016年05月19日11時51分

「キングダム展 in 佐賀」概要 (1)会期:2016年7月30日(土曜日)~9月4日(日曜日)(32日間) 9時30分~18時(毎週月曜日休館) ※7月30日(土曜日)のみ10時30分から一般開館 (2)会場:佐賀県立美術館 2号・3号展示室 (3)観覧:無料 (4)内容:複製原画やカラーイラスト、絵コンテの数々や、『キングダム』連載10周年実写特別動 [全文を読む]

フォーカス