子供 卑弥呼に関するニュース

聖徳太子が中国の皇帝に「日没する処の天子」としたためた理由

まぐまぐニュース! / 2017年02月05日08時00分

小学校6年生の子供たちを先生は列ごとに指名して、順番に読ませていく。 「ひのでるショのテンシ、ショを、ニチボツするショのテンシにいたす。ホニャラなきや」 わけのわからなさに笑いが起こる。初夏の風が通う教室は和やかな気分につつまれた。『学校で学びたい歴史』で紹介されている齋藤武夫先生の授業風景である。 「大変よく読めました。ほとんど正解と言っていいでしょう。 [全文を読む]

お風呂でだってOK。パパと子供で楽しく勉強「暗記リズム歌」って何?

まぐまぐニュース! / 2016年03月17日09時00分

そんな方におすすめなのが、無料メルマガ『親力で決まる子供の将来』で紹介されている「暗記リズム歌」。時間や場所を選ばずにお子さんと楽しみながら作れる上に親子の絆も強まる、最高の学習法ですよ。 めんどくさい暗記もリズム歌なら楽しくバッチリ 覚えるのがめんどくさいから勉強が嫌いという子も少なくありません。そこで、ひと工夫。五七五や五七五七七のリズムを活用すると楽 [全文を読む]

まぐまぐ!特別対談 ケント・ギルバート×東條英利「日本人の在り方」

まぐまぐニュース! / 2015年12月03日13時37分

日本史だって、鎌倉幕府の成立年がもう私が子供の頃と変わっちゃってるわけですよね。でも、それがものすごく大きな問題になっているかって言うと、別に問題になっていないわけで。それを利用する側というプロフィットを産んでしまっている事に問題があるって、私は思ってますので。 ケント:確かに。 東條:過去の事に関して議論する比重が大きすぎて、未来のことに対する議論が少な [全文を読む]

結局、女性は強制的に働かせたほうが世界は回る

まぐまぐニュース! / 2015年12月02日19時30分

中国でも「男女別姓」ですが、それは「結婚しても、女性は家に入れない」という女性蔑視で別姓だけのことで、日本のように「結婚したら夫婦一体、家族優先」などという考えはなく、「女性は子供を産む道具」という考え方です。 でも、そのような日本の歴史、日本の女性の特権(主要国では日本だけ)を放棄して、より実質的に地位の低い白人や中国人のまねをしたがる、いわゆる文化人 [全文を読む]

新刊『浦島太郎の知られざる顔』古代史上最大のミステリーが明かされる!

PR TIMES / 2014年04月11日10時19分

本書は子供ではなく大人のための昔話、浦島太郎の真実とは この度、ミネルヴァ書房から発刊された新書『浦島太郎の知られざる顔』は、昔懐かしい「浦島太郎」を本格的に取り上げた作品である。はたして浦島は実在の人物であるのか、実在したとすれば彼は一体何者なのか。何時の時代にどのように生きたのか。筆者は歴史学、文学、民俗学にまたがるこのテーマを古事記と日本書紀を中心に [全文を読む]

外食での開運法 感じ悪い店でのお釣りはすぐ使うか募金箱へ

NEWSポストセブン / 2012年01月04日07時00分

子供の教育や自身の勉強のために使うお金も生き金です。反対に死に金とは、見栄や自己満足のために使うお金です。 ※女性セブン2012年1月5・12日号 【関連ニュース】店員の「悪い念」が込められたお釣りを使うと金運がダウンする原発から22km 段ボールで寝る作業員のために民宿再開決意金持ちの家へよく行くヒーラー とある「木」が存在すると指摘絶品! フワフワな「 [全文を読む]

フォーカス