内田彩 事務所に関するニュース

内田彩、三十路突入記念でツアー&バースデイライブ敢行

okmusic UP's / 2016年04月15日12時06分

「ラブライブ!」の“南ことり”役などで知られる声優・内田彩が、今年2016年に30歳を迎えることを記念してソロライブツアーとバースデイライブを開催することを発表した。 【その他の画像】内田彩三十路突入を記念して、今年は“三十路記念イヤー”として様々な企画を進めている内田だが、この度発表されたソロライブツアーは、6月5日の仙台PITを皮切りに、6月19日のN [全文を読む]

μ's内田彩が事務所移籍!! ファンの期待の声と共に内田の凄すぎる『ラブライブ!』愛を振り返る!!

おたぽる / 2016年04月13日13時00分

大人気女性声優ユニットμ's(ミューズ)のメンバーで、検索関連ワードが「太もも」「ぼっち」でおなじみの声優・内田彩が所属事務所を移籍したことを発表した。JTBエンタテインメントから、より規模の大きいアクロスエンタテインメントへ移るとのことで、ファンからは「アクロスだから顔出しの番組増えるで、やったなおまえら!」「めっちゃ大手やんけ!うっちー凄い!」「μ's [全文を読む]

声優・内田彩さんに50の質問!~声優の輪~

ダ・ヴィンチニュース / 2013年05月26日07時20分

第1回は内田彩さんです!残り40問のコメントはこちら 旬の声優さんに、お仕事からプライベートまで50の質問で迫るリレー連載「~声優の輪~」がスタート! 第1回は『ラブライブ!』南ことり役や『ビビッドレッド・オペレーション』四宮ひまわり役でブレイク中の内田彩さん。それでは早速、どうぞ!1.声優になったきっかけを教えてください。『美少女戦士セーラームーン』が大 [全文を読む]

凛々しい神谷浩史がカッコいい『声優アニメディア』。さらに珍しい取り組みも……!?

おたぽる / 2016年03月09日13時00分

そんな“声優誌 群雄割拠”の時代にあって、各誌はどのような記事・企画をとりあげているのだろうか? 主要な声優誌を中心に、目玉記事や気になる企画などを紹介しつつ、各誌の特徴を分析していく―― ■「声優アニメディア」(学研パブリッシング)2016年3月号 出版社…学研パブリッシング 発売日…2月10日(毎月10日発売) 価格……1204円+税 創刊……2004 [全文を読む]

短い出番にいきどおりながらもラブライバーはご満悦、μ's紅白出演でお茶の間はほんとうに冷えたのか?

おたぽる / 2016年01月04日20時00分

ただ、たとえ9人でなくとも全力のパフォーマンスを披露するとばかりに、「明日は、最高の日にしようっ」(新田恵海/@Nitta_Emi)、「さーて!いよいよだ」(三森すず子/@mimori_suzuko)、「ラブライブ!μ’s 南ことり役 内田彩、頑張ります」(内田彩/@aya_uchida)、「2015年最高の締めくくりにしたいと思います」(飯田里穂/@ri [全文を読む]

ラブライバー大臣の「五輪にラブライブ!」発言にファン困惑も「AKBよりはマシかも…」

おたぽる / 2016年04月14日22時00分

だが、4月1日のファイナルライブをもってμ’s は解散はしていないものの一区切りついており、最近ではメンバーの新田恵海の「AV出演疑惑騒動」、内田彩の「事務所移籍」などもあって、「20年って、人気以前にグループが存続しているのかすら怪しいわ」「ファイナルでμ'sは綺麗に終わったんだから4年後にわざわざ引っ張り出すのは流石にかわいそうでしょ…引きずるのダメ [全文を読む]

秦 基博『青の光景』は音像がシャープになったことで音楽性も明確に【ハイレゾ聴き比べ vol.2】

okmusic UP's / 2016年03月24日20時00分

この特集企画の第一回である前回では、声優としても活躍する女性シンガー、内田彩の音源を取り上げた。ヴォイス・アクトレスならではの歌声がハイレゾ化でよりクリアーになり、さらに表情豊かになることが確認できたが、では、男性ヴォーカルではどうだろうか? 事前に用意された推薦音源リストを見渡すと、秦 基博の名前がある。正直言ってこれまで彼の音源をしっかりと聴いたことは [全文を読む]

フォーカス