松たか子 宮沢りえに関するニュース

宮沢りえがムーミンに!神田沙也加&森川智之&朴ロ美も参加『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』

CinemaCafe.net / 2017年09月30日05時00分

これまで、岸田今日子(テレビアニメ「ムーミン」1969年、1972年)や高山みなみ(テレビアニメ「楽しいムーミン一家」1990年ほか)、松たか子(「ムーミン パペット・アニメーション」2012年)らによって演じられてきた主人公ムーミントロール。 映画シリーズ初となる“冬のムーミン谷”が舞台となる今作では、主人公ムーミントロールを、『紙の月』『湯を沸かすほ [全文を読む]

野田秀樹氏が監修する「東京キャラバン」が京都に!松たか子など多彩なアーティストが集結

IGNITE / 2017年08月17日22時00分

今回、京都でのパフォーマンスには、総監修を務める野田秀樹さんや2015年より参加している女優の松たか子さんに加え、EGO-WRAPPIN’のヴォーカリスト中納良恵さん、「食」を通じて表現するフードクリエイションの諏訪綾子さん、甲冑でのパフォーマンスが人気の書道家・青柳美扇さん、現代アーティストの木村舜さんなどが初参加。 また、京都を拠点に活躍するアーティ [全文を読む]

“男前ナンバーワン女優”松たか子の人魚姿にファン歓喜! 井上真央には、「花燃ゆショック」を心配する声

おたぽる / 2016年02月08日12時00分

先月29日、東京芸術劇場で公演開始された舞台『逆鱗』に、松たか子が主演として登場。野田秀樹が作・演出・出演する「NODA・MAP」への出演は7年ぶりということで、ファンからは「待ってました!」「松さんを生で観られて幸せ!」と、歓喜の声が上がっている。 「舞台『逆鱗』は、人間のふりをして地上に現れた人魚が、海中水族館の『人魚ショー』で人魚のふりをした人間と出 [全文を読む]

宮沢りえ・松たか子同盟に りえの天敵・大竹しのぶ「ギョッ」

NEWSポストセブン / 2014年11月21日07時00分

『アナと雪の女王』で大絶賛された松たか子(37才)が、ここへきてさらなる注目を集めている──。 『紅白歌合戦』(NHK)へ出場するか否かで注視されるなか、父・松本幸四郎(72才)と親子共演を果たした『キリン 別格』のCMが放送スタート。そして11月16日、『ヨルタモリ』(フジテレビ系)に出演し話題になった。 宮沢りえ(41才)「たかちゃんは、私の中で男前ナ [全文を読む]

宮沢りえ、神田沙也加と声の共演!ムーミン声優に決定

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年09月30日05時00分

テレビアニメ「ムーミン」(1969~1972)の岸田今日子、「楽しいムーミン一家」(1990~1991)の高山みなみ、「ムーミン パペット・アニメーション」(1978~1982)の松たか子など、数々の実力派が担当してきたムーミン役への抜擢。宮沢は気負いなどは見せず「芸術的な絵の色彩やムーミン谷の世界観にドキドキしましたし、キャラクターそれぞれが本当に生き [全文を読む]

宮沢りえ“ムーミン役”で12年ぶりに劇場版アニメの吹き替えに挑戦!

映画.com / 2017年09月30日05時00分

岸田今日子さん、高山みなみ、松たか子といった女優・声優陣によって息吹を注ぎ込まれてきた主人公・ムーミントロール。「ムーミンは子供の頃、絵本やアニメで楽しませていただいてました」という宮沢は、「芸術的な絵の色彩やムーミン谷の世界観にドキドキしましたし、キャラクターそれぞれが本当に生き生きしていて、ムーミンの正義感、勇気、おおらかさ、自由さに、心踊っていまし [全文を読む]

宮沢りえ、ムーミン役で12年ぶり劇場版アニメ主演 ナレーションは神田沙也加

ORICON NEWS / 2017年09月30日05時00分

各種アニメーション作品では、岸田今日子(テレビアニメ『ムーミン」1969年、72年)や高山みなみ(テレビアニメ『楽しいムーミン一家』90年ほか)、松たか子(『ムーミン パペット・アニメーション』2012年)などが、主人公ムーミンを演じてきた。 新たにムーミン役を任された宮沢は「ムーミンは子どもの頃、絵本やアニメで楽しませていただいてました。人見知りだった私 [全文を読む]

「3人の女優に断られ……」真価問われる松嶋菜々子 来年公開の阿部寛主演映画『祈りの幕が下りる時』で

日刊サイゾー / 2017年08月10日00時00分

しかし、『主演しかやらない』ということで断られ、次に声をかけたのが、松たか子さん。ところが、松さんにも断られて、その後は深津絵里さんにも断られ、最終的に松嶋菜々子さんになったそうです。3人に声をかけたのは繊細な芝居が必要だったからだそうですが、演技派とは言い難い松嶋さんがどういう演技を見せるのか楽しみですね。ここで結果を残せば、映画女優の道も開かれるかもし [全文を読む]

ことし最高の演劇に一票!WOWOWで投票受け付け中

Smartザテレビジョン / 2015年10月27日20時16分

■これまでの受賞記録 '09年:演出家賞 蜷川幸雄/女優賞 松たか子/男優賞 堺雅人/作品賞「R2C2」「ジェーンエア」 '10年:演出家賞 松尾スズキ/女優賞 天海祐希/男優賞 上川隆也/作品賞「薔薇とサムライ」 '12年:演出家賞 いのうえひでのり/女優賞 多部未華子/男優賞 森山未來/作品賞「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」 '13年:演出家 [全文を読む]

“紺野まひる、蜷川実花......“ 続々と高齢出産する芸能人の真似は、こんなに危険!!

tocana / 2015年06月01日09時00分

このところ芸能人の高齢出産(35歳以上での初産)が相次いでいるが、過去には、オセロの松嶋尚美(40歳で初産 以下、出産年齢のみ)、永作博美(39)、松たか子(37)、黒木瞳(37)、小沢真珠(37)、宮沢りえ(36)、辺見えみり(36)など、多くの芸能人が高齢出産を経験している。さらに12年には坂上みきが53歳で超高齢出産をしたことも話題となった。 社会 [全文を読む]

斎藤工が初の映画ナレーションに挑戦!

Movie Walker / 2015年02月27日05時00分

これまでのBBC製作のネイチャー・ドキュメンタリーの日本語ナレーターは、渡辺謙(『アース』)、松本幸四郎・松たか子親子(『ライフ』)、滝川クリステル(『ネイチャー』)が務め、BBC以外でも宮沢りえ(『オーシャンズ』)、宮崎あおい(『ディズニーネイチャー』)、三谷幸喜(『ミーアキャット』)など、実力と人気を兼ね備えた面々が名を連ね、大きな話題を呼んできた。 [全文を読む]

【ウラ芸能】宮沢りえ、全面戦争の「相手」

NewsCafe / 2014年12月01日15時00分

まずは以前、舞台で共演した女優、松たか子(37)に近づき、ヨイショしまくってかなり親しい仲になりました」デスク「この前、松は『ヨルタモリ』に出て、仲良しぶりをアピールしたてもんな」記者「それから、どんどんグループを拡大し、大竹が集う寿司店の姉妹店を根城に松と食事会を開いているとか…」デスク「その集まりの目的は?」記者「松は梨園の名門、高麗屋の娘なわけで、父 [全文を読む]

海外サイトが選んだ「日本の美人女優ランキング」が自由で斬新すぎる!

AOLニュース / 2013年08月21日11時30分

そう、<Ranker>のボンクラどもにはハリウッドでバリバリ活躍していることなど選考基準にはならないのだ! ちなみに、深田恭子(8位)、堀北真希(9位)、宮沢りえ(10位)、栗山千明(11位)、宮崎あおい(17位)、工藤夕貴(20位)、土屋アンナ(21位)、中島美嘉(25位)、伊東美咲(26位)、加藤あい(27位)、菊川怜(28位)、鈴木杏(29位)、鈴木 [全文を読む]

尾上菊之助の挙式で思い出す「染五郎に捨てられた」女優・寺島しのぶの“復讐劇”

日刊サイゾー / 2013年03月07日13時00分

1990年後半、染五郎が妹で女優の松たか子と共に、歌舞伎界だけではなく、芸能界からも脚光を浴びた頃、6歳年上の元女優との間に“隠し子”がいたことが発覚した。 その頃、菊之助は当時市川新之助を襲名していた市川海老蔵と、尾上辰之助(現・尾上松緑)の3人で“平成の三之助”と呼ばれ、歌舞伎界のホープとして期待された。その一方で、菊之助と海老蔵は夜な夜な六本木で遊 [全文を読む]

フォーカス