再婚 松たか子に関するニュース

【TBSオンデマンド】ドラマ特別企画「ふつうが一番 ―作家・藤沢周平 父の一言―」本日7月5日(火)よる11:00より見逃し配信スタート!

PR TIMES / 2016年07月05日15時23分

東山が演じる藤沢周平が娘を残し妻に先立たれた時代から、松演じる後の妻・和子との再婚、そして昭和48年に直木賞を受賞するまでの家族との日々を娘・展子の目線でとらえたヒューマンタッチな作品。共演には、角野卓造、佐藤B作、篠田三郎、前田吟らと演技派がそろいます。放送を見逃した方も、もう一度見たい方も、ぜひTBSオンデマンドでご覧ください![画像: http:// [全文を読む]

菅田将暉、広瀬すずの声は「エロい」 小悪魔ヒロインに翻弄される中学生役

エンタメOVO / 2017年07月11日14時40分

母親の再婚に反発して駆け落ちを企てる、本作のヒロイン及川なずなの声を演じた広瀬は、台本を読んだ時の感想を「アニメーションなんだけど、どこか実写の会話のテンポだったので、自然にこの世界に溶け込めるような印象を受けました」と語った。 広瀬は、2015年公開の映画『バケモノの子』以来、2度目の声優挑戦となったが、今回は“小悪魔的”な役どころとあり「なずなちゃん [全文を読む]

人生をやり直したのは「普通」に生きたかったから、もうやり直したくないのは今が幸せだから/『カルテット』第九話レビュー

messy / 2017年03月15日22時00分

10歳の時に母を事故で亡くし、その後、母親の再婚相手である義理の父親に預けられた。その父親から日常的な暴力を受け、家出を繰り返すものの連れ戻されていた。平成15年12月19日、現金300万円で戸籍を購入し、それ以来姿を消した」 14年前、平成15年(2003年)に戸籍を買ったのであれば、真紀は当時23歳です。また、亡くなった母・山本みずえ(坂本美雨!)は、 [全文を読む]

松たか子 TBS特別ドラマ「ふつうが一番」収録中に魅せた「アラフォー“艶”着物」ウラ言動

アサ芸プラス / 2016年06月18日09時57分

妻に先立たれて娘と実母の3人で暮らす藤沢が、松が演じる再婚相手・和子と出会い、小説家として身を立てていくまでの半生が描かれている。舞台となるのは昭和30年代後半からということもあり、着物のシーンが多い。現場で、「もっと色っぽく見えるように」 と、“艶技”磨きに余念がない松を横目で見ていた、ある制作関係者が明かす。「華奢で可憐なイメージが強い松さんですが、1 [全文を読む]

加藤茶 子供の養育費を巡り前妻との間で法廷闘争に発展中

NEWSポストセブン / 2012年06月07日00時00分

加藤さんが再婚したころからだったと思いますよ。A子さんは困って、加藤さんにかけ合ったんですが、加藤さんは新しい奥さんとの生活を始めたばかりだったから、なかなか前妻のA子さんと会って話すのは憚られたんでしょう。話し合いは進まなかったといいます」 途方に暮れていたA子さんのもとに昨年秋ごろから、これまで口座引き落としで加藤が払っていた電気代の請求書が届くように [全文を読む]

〈打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?〉観客を子供の世界にタイムリープ アニメ版で幻想的に

J-CASTテレビウォッチ / 2017年08月26日12時00分

そんな中、クラスのアイドルであるなずな(広瀬すず)が母親(松たか子)の再婚のため転校することになった。なずなに思いを寄せる典道(菅田将暉)は、転校をしたくないなずなから「かけおち」に誘われるが、なずなは母親に連れ戻されてしまう。泣き叫ぶなずなを前に無力な気持ちを抱える典道。その時なずなのトランクケースから玉が落っこちる。典道がその玉を無意識に投げつけると、 [全文を読む]

元通りには戻れないし、人生は続いてゆく/『カルテット』最終話レビュー

messy / 2017年03月23日00時00分

10歳の時に自転車事故で母を亡くし、母の元再婚相手・義父に引き取られ暴力を受けていましたが、ヴァイオリン教室に通い大学に進学し経済的には不自由しませんでした。自転車事故の加害者家族から巨額の賠償金が支払われ続けていたからです。事故を起こした当時12歳の少年だった加害者の家族に賠償金を請求し続けていたのは義父で、彰子が早乙女真紀の戸籍を購入して行方不明になる [全文を読む]

共演実現までに約3年!?東山紀之&松たか子、初共演

Smartザテレビジョン / 2016年05月17日06時00分

妻に先立たれ、一人娘の展子と母・たきゑと慎ましく暮らしていた留治が、松演じる和子と再婚し、家族との交流の中で家族の大切さに気付いていく。 東山は「藤沢周平先生はとても偉大な作家で、俳優であれば先生の作品を一度はやってみたいと考えている方が多いと思います。今回、演じさせていただくことになって光栄です。藤沢先生が和子さんという素晴らしい奥様に恵まれて直木賞を受 [全文を読む]

綾瀬はるか、田中みな美、スキャンダル美女「ピンクな煩悩地獄」

アサ芸プラス / 2013年01月08日10時00分

最初の夫役である長谷川博己(35)は独身だが、再婚する新島襄役のオダギリジョー(36)は既婚者。不倫騒動だけは勘弁してほしいというわけだ。 「大河の撮影開始2カ月ほど前に、綾瀬は映画で共演した岡田将生(23)と都内で2人きりで食事をする姿を目撃されています。『姉弟のような関係』と言っていますが、岡田との交際が本格化すれば、オダギリと不倫なんてことはないと思 [全文を読む]

山本太郎 新妻の父による「ブログなりすまし被害」を明かす

NEWSポストセブン / 2012年06月21日00時00分

その後、小学4年生の時に母が再婚し、その相手が今回告発した父である。 記事では「ブログなりすまし」以外にも、父から受けた数々の「虐待」も告発。熱い味噌汁の入ったお椀を投げつけられたり、玄関で正座させ頭の上から放尿されたりしたという。また、中学時代には約2年間児童養護施設で過ごしていたことも明かしている。 【関連ニュース】二股被害の冨永愛 最近まで山本太郎と [全文を読む]

フォーカス