プロ野球 新庄剛志に関するニュース

新庄剛志が整形をカミングアウト 整形した理由に「ぶっ飛んでる」の声

しらべぇ / 2017年09月28日06時30分

(画像はTwitterのスクリーンショット)かつてプロ野球選手として活躍し、現在はタレントの新庄剛志(45)。人生を謳歌しようとする前向きな考え方ゆえか、周りを驚愕させる発言をすることも多い。27日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)での発言が大きな反響を呼んでいる。■美容整形を告白番組に登場すると「僕、顔変わりましたよね?」と、自らの顔の変化を [全文を読む]

【プロ野球】バット、ヘルメット、グラブ…ボールじゃないものを投げた実例を検証

デイリーニュースオンライン / 2016年01月14日11時00分

前出の3選手はプロ野球選手やOBから苦言を呈されることもあったが、不文律上はぎりぎりセーフ。 「早く、高く、美しく」。ただ投げるだけではダメ。技術も要求されるパフォーマンスなのだ。 ■バットを投げる バット投げとは異なり、ご法度なのはバット“を”投げること。ただこれも実はグレーゾーンなプレーがある。それが盗塁アシストのための“バット飛ばし”だ。 盗塁が読ま [全文を読む]

『しくじり先生』で告白 森本稀哲のプロ野球人生を変えた新庄剛志の作戦とは

しらべぇ / 2017年09月04日10時00分

(Willard/iStock/Thinkstock)3日に放送された、テレビ朝日系バラエティ番組『しくじり先生』に元・プロ野球選手・森本稀哲氏が出演。日ハム時代に同僚だった、新庄剛志氏に救われたエピソードを語った。■新庄との出会い先輩にも心を開かなければ、コーチのアドバイスも受け入れず成績も伸び悩み、日ハム入団後数年間スタメンに入れなかった森本氏。そんな [全文を読む]

モー娘。牧野、こぶし広瀬、つばき谷本…ハロプロはマニアックな「野球好き」がいっぱい!?

日本タレント名鑑 / 2017年03月27日11時10分

「ハロプロ」と「プロ野球」といえば、かつて“黄金時代”といわれた大人気の時代があり、一時期、別勢力に押され気味で勢いを失っていた時期も存在するものの、根強いファンに支えられ、今やスタンダードな人気になっている…そんな共通点があります。 最近はハロプロ以外でも、マニアック、オタク気味の知識を持つ野球好きが増えています。元SKE48で現在フリーアナウンサーとし [全文を読む]

【プロ野球】トレード、失踪、引退撤回……。グラウンド外を騒がせたプロ野球ストーブリーグ事件簿

デイリーニュースオンライン / 2016年12月29日17時05分

日本シリーズ終了後から翌年2月1日のキャンプインまで、プロ野球の試合が行われないシーズンオフは一般的に「ストーブリーグ」と呼ばれている。 この時期の話題といえばFA移籍やメジャー行きの動向、または契約更改と翌シーズンを大きく占う出来事が多い。そんななか、ストーブリーグを賑わせた事件が過去には幾つかある。そんな「事件簿」を紹介する。 ※野球の見方が変わるスマ [全文を読む]

【プロ野球】八木裕、新庄剛志、濱中治……。 惜しかった阪神の“生え抜きスラッガー候補”たち

デイリーニュースオンライン / 2016年11月29日17時05分

文=落合初春(おちあい・もとはる) 【関連記事】 [全文を読む]

なぜプロ野球選手の私服はダサいのか!? 野球界のドン小西に見る独自ファッション

messy / 2016年07月24日17時00分

プロ野球シーズン真っ最中の7月。ファンからの人気投票の結果によって戦うオールスター戦も無事終了し、セ・リーグでは25年ぶりの優勝を狙うカープが首位独走、パ・リーグでは昨年優勝・日本1位に輝いたソフトバンクが首位にたち、日本全体を沸かせている。 しかし、そんなプロ野球界に長年“プロ野球選手の私服ダサい説”が横行していることをご存知だろうか? 年収数千万~数億 [全文を読む]

【プロ野球】投手・イチローに代打・野茂…誰もが驚いたオールスター珍事件

デイリーニュースオンライン / 2016年07月15日17時05分

シーズン中とは一味違った、選手たちのプレーに今から胸をときめかせるプロ野球ファンも多いだろう。 これまで、オールスターでは誰もが驚くような出来事が起こった。今回はそんな過去の名(迷)場面を紹介したい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■オールスター男・新庄剛志の活躍 近年で記憶に新しいのは新庄剛志の存在感だろう。メジャーリ [全文を読む]

【プロ野球】イチローも苦言?”敬遠”が生んだ名場面と名選手

デイリーニュースオンライン / 2016年06月02日17時05分

文=オグマナオト(おぐま・なおと) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】君はこんなもんじゃない! 堂林翔太(広島)ら球団別「ロマン砲」の今……(セ・リーグ編)

デイリーニュースオンライン / 2017年10月08日16時05分

文=落合初春(おちあい・もとはる) 【関連記事】 [全文を読む]

【阪神】藤浪晋太郎はひとまず休ませるべきではないか?

文春オンライン / 2017年08月25日11時00分

先日、日刊ゲンダイでの私の連載『対岸のヤジ~プロ野球自腹言論』において「なあ藤浪晋太郎、野球は楽しいか? 野球で最近笑ったか?」と題したコラムを発表した。去る8月16日の広島戦に先発した阪神・藤浪が、あろうことか広島・大瀬良大地と菊池涼介に死球を与えてしまった、あの試合の直後のことだ。 あのとき、大瀬良の優しい対応はもちろん、降板時の藤浪に送られた客席から [全文を読む]

【プロ野球】一生懸命ゆえに笑いと奇跡を起こす新井貴浩(広島)。オールスターゲームでぜひやってほしい6つのこと

デイリーニュースオンライン / 2017年07月14日16時05分

文=井上智博(いのうえ・ともひろ) 【関連記事】 [全文を読む]


【プロ野球】優勝の翌年は最下位!? 不吉なデータあり…。日本ハム優勝翌年の成績を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2017年04月18日16時05分

そのまま沈んで最下位、巻き返して連覇、無難にCS圏内とあらゆるパターンが考えられるが、さて今季はどうなるだろうか? 文=サトウタカシ (さとう・たかし) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】「高卒×野手×ドラフト5位=未来の強打者」。細川成也(DeNA)はブレイクの方程式に乗った!?

デイリーニュースオンライン / 2017年02月23日16時05分

文=森田真悟(もりた・しんご) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】「阪神野手×歴代新人王=レジェンド」の方程式。歴代・新人王を獲った阪神野手の将来は前途洋々!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月02日16時05分

文=森田真悟(もりた・しんご) 【関連記事】 [全文を読む]

【プロ野球】祝新成人! 成人式を迎える選手は? そして日本人メジャーリーガーたちの高卒3年目での成績は?

デイリーニュースオンライン / 2017年01月03日17時05分

プロ野球界では1996年世代、高橋光成(西武)、岡本和真(巨人)、淺間大基(日本ハム)、安樂智大(楽天)、松本裕樹(ソフトバンク)らが新成人だ。 まだ「○○世代」と冠がつくほど突出した選手はいないが、高橋や安樂はローテーションの一角となるまで力を伸ばし、岡本や淺間も虎視眈々とレギュラーを狙う。飛躍の1年にしたいところだ。 しかし、これまでの新成人=高卒3 [全文を読む]

プロ野球「背番号」争奪戦、プライドと実力に影響される

NEWSポストセブン / 2016年12月05日16時00分

“中島が一番動かしやすいから、オリックスが移籍交渉では有利では”という人もいるくらいです」(球団関係者) ※週刊ポスト2016年12月16日号 [全文を読む]

夢のON対決に史上最大の下剋上!プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「熱狂!平成編2」

週プレNEWS / 2016年10月28日10時00分

プロ野球・日本シリーズでこの50年に起きた伝説の瞬間をふり返るシリーズ。 時代は昭和から平成へと移り、世の中の価値観も多様化する。球界でも巨人中心から12球団すべてが主役となり熱狂は全国各地へと広がっていった。【熱狂!平成編1】に続く第2弾! * * * 【2000 巨人vsダイエー】 ミレニアムイヤーに球界の2大巨星がついに相まみえた 夢の“ON監督対決 [全文を読む]

【プロ野球】亜大・宗接の華麗な本盗が話題!プロの本盗王は誰だ?

デイリーニュースオンライン / 2016年06月14日16時05分

宗接の「ドドド!」と言わんばかりの激走に感化を受け、プロ野球の“ホームスチール事情”を調べてみた。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■頭脳的な判断があった梶谷隆幸の本盗 今シーズンのプロ野球で本盗らしい本盗を決めているのは梶谷隆幸(DeNA)だ。 5月5日のヤクルト戦、1-0の初回1死一、三塁の場面から果敢に本盗を狙った [全文を読む]

フォーカス