水着 河合奈保子に関するニュース

ブーム再燃で注目を浴びる「80年代アイドル写真集」ベスト10!

週プレNEWS / 2013年12月18日12時00分

1位『AKB48総選挙!水着サプライズ発表2013』(集英社)、3位・AKB48島崎遥香『ぱるる、困る』(集英社)ほか、『友撮』シリーズ(講談社)、NMB48、乃木坂48、SKE48らがランクイン。写真集においては、まさにAKB48グループ1強の年となった。 翻(ひるがえ)って2013年は、『あまちゃん』ブームで「80年代アイドル黄金時代」が脚光を浴びた [全文を読む]

河合奈保子、写真集バカ売れのワケ

NewsCafe / 2016年09月08日11時28分

「当時の河合の魅力を余すところなく伝えた写真集は、水着や未公開写真を見たがるファンの心をしっかりと掴み、すでにアマゾンの写真集売り上げランキングでは4位(9月4日現在)になり 、現役の若手グラビアアイドルを抜く快挙となりました。おそらく20万部は確実に売れるでしょうが、運がよければ40万部超えも夢ではありません」(フリー編集者) 確かにおじさん向けの週刊 [全文を読む]

伝説のグラマーアイドル河合奈保子が帰ってくる!奇跡の復活に胸好きが歓喜

アサ芸プラス / 2016年07月30日17時59分

「新曲がリリースされればそれはそれで楽しみですが、やはり彼女には水着グラビアをお願いしたいですね。53歳になった彼女がどんなボディをしているのか‥‥。今は熟した女性が人気ですし、彼女の水着は十分需要があると思います」(グラビア誌編集者) 今は静かに復活の時を待つしかない。 [全文を読む]

河合奈保子、写真集&DVDが今夏に同時発売決定! 1980年代を駆け抜けた彼女の軌跡を網羅

Entame Plex / 2016年07月25日23時36分

『河合奈保子写真集「再会の夏」』は、デビュー当時の水着写真やコンサートの写真、そして大人の女性へと成長していったポートレイト写真など約150カット、さらには、彼女の当時を知る人のインタビュー、コメントなども掲載予定。そして、DVD『河合奈保子ライブ・ベスト ~けんかをやめて~』は、1980年代にリリースした7種類のライブビデオの中から、「スマイル・フォー [全文を読む]

河合奈保子 甦る「豊満バスト」伝説を大発掘!(2)ステージ上でホックが飛んだ

アサ芸プラス / 2016年09月28日05時57分

実際、デビュー当初は水着の仕事も一切、断っていましたからね」(広告代理店関係者) 巨乳を隠すためには、こんな涙ぐましいくふうをしていたという。「奈保子の歌は明るく元気な曲が多く、ステージ全体をフルに使って踊りながら歌っていました。ところがクルリと振り向いたりする振り付けをやると、オッパイの重みで体が持っていかれてしまう。遠心力の原理ですね(笑)。それでバラ [全文を読む]

河合奈保子 甦る「豊満バスト」伝説を大発掘!(1)Amazon写真集ランキングで深田恭子をしのぐ売り上げ

アサ芸プラス / 2016年09月27日05時57分

20年以上長期休業中の人物とは思えないほどの大ヒットです」(出版社グラビア担当) 写真集には、当時の水着ショットが満載。同世代が甘酸っぱい青春時代を思い出すだけではなく、リアルタイムを知らない世代も、その魅力に注目しているということだろう。 河合といえば80年に「秀樹の妹オーディション」に優勝し、「大きな森の小さなお家」でレコードデビュー。松田聖子(54) [全文を読む]

「今頃出てこないで!」河合奈保子の写真集復活に現役の“お直し”グラドルが悲鳴?

アサ芸プラス / 2016年08月31日17時58分

すでにネット書店ではアイドル写真集ランキングの上位にランクインしており、水着からハミ出そうな迫力バストがオールドファンのみならず、現代のマニアからも支持されているようだ。ベテランの芸能ライターが懐かしい表情で語る。「今ではアイドル界にもバスト自慢が珍しくありませんが、当時は彼女のバストだけが突出して大きく、芸能人水泳大会では誰よりも注目を集めていたものです [全文を読む]

戦後70年「日本のアイドル近代絵巻」、巨大セールスの80年代

アサ芸プラス / 2015年09月09日05時59分

グラドル以上に水着になることが多かった。中森明菜松田聖子の最大のライバルとして、80年代の女王の座を争った。2年連続のレコード大賞やカラオケの浸透度などでは明菜がリードした。石川秀美「花の82年組」にあって、レコード実績こそ明菜やキョンキョンに劣るが、すらりと伸びた太股の美しさと整った顔立ちは遜色ない。薬師丸ひろ子映画でしか会えない「角川三人娘」の先陣を切 [全文を読む]

82年の河合奈保子と石川秀美(1)奈保子の高い好感度とグラビア人気

アサ芸プラス / 2013年08月06日09時59分

僕は彼女のデビュー半年後くらいから撮っているけど、少なくとも水着撮影をイヤがったり、胸の谷間を気にすることはなかったね」 奈保子の写真集を数多く手がけた黒坂了司が振り返る。80年6月、16歳でデビューした奈保子は、たちまちトップアイドルに君臨。同年デビューの聖子や岩崎良美、柏原よしえ(現・芳恵)と「黄金の80年組」と呼ばれ、歴史的なアイドルブームを誕生させ [全文を読む]

「殿堂入り豊かな胸100人」を大発表(8)80年代1位~15位 高岡早紀が完脱ぎ映画で男性客をKO

アサ芸プラス / 2017年05月03日17時58分

貝殻水着の衝撃は、今なお語り継がれるほど。10位・田村英里子 80年代はアイドルが正統派だった最後の時代だが、その一群にいながら、ハミHIP&横チチのカレンダーに挑んだ姿勢は評価できる。11位・西田ひかる ハワイ出身だけあって、太陽の真下にいるような健康イメージだったが、それでも実は絶品すぎるボディを持っていた。12位・可愛かずみ 艶系の映画からアイドル界 [全文を読む]

芸能美女「お宝カット」“高騰・下落”最新調査!(2)市川紗椰のモデル時代のお宝写真集

アサ芸プラス / 2017年02月18日17時57分

アイドル評論家の村山義典氏は、「アイドル歌手やグラドルが本格女優化する以前の水着仕事は当然、お宝プレミア化します。長澤まさみ(29)や綾瀬はるか(31)なども写真集やDVDで、今では見られないようなサービスカットを残しています」 これにあたる話題作の主が、夜の報道番組「ユアタイム」(フジテレビ系)でキャスターを務める市川紗椰(30)だ。15年に発売した「月 [全文を読む]

アイドル中古写真集 10万円以上の差つける断トツ1位は?

NEWSポストセブン / 2017年01月20日16時00分

その割に、水着が10ページ以上載っているので、お客さんから問い合わせが多い作品です」 高額写真集ランキングの中で異彩を放っているのが、3位の山本みどり『山本みどり写真集』だ。『三枝の愛ラブ!爆笑クリニック』の司会や時代劇などで活躍したが、ランキングした他タレントと比べると知名度は低い。 「1990年代、ZARDやWANDSなどを輩出し、音楽業界に旋風を巻き [全文を読む]

「ボイン」誕生50周年!あの「癒しのバスト」に会いたい!(4)バスト乱世50年のヒストリア

アサ芸プラス / 2017年01月13日12時57分

無名の宮崎を起用した「ミノルタカメラ」のCMで、木陰で恥ずかしそうに水着に着替える姿が大人気となる。どちらかといえばポッチャリの部類だが、まさしく「今のキミはピカピカに光って」歴史に名をとどめる。 同じ80年には、烏丸せつこ(61)の出現もまた大きな事件だった。グラビアの登竜門である「クラリオンガール」に選ばれると、真ん丸でふっくらした乳房をレイで隠したポ [全文を読む]

芸能界、脱いだらスゴい隠れた「大きなバスト」の持ち主60人!アーティスト編

アサ芸プラス / 2016年09月23日17時59分

○高木里代子(157センチ 推定90センチ・Gカップ) ジャズピアニストでありながら、ステージ衣装はほぼ水着、しかも豊かな胸ということで注目度がグングン上昇中。この姿を至近距離で見せられたら、演奏そっちのけなのは確実。○西田あい(150センチ B89・W56・H80)「Iカップの演歌歌手、あいちゃんで~す」と明るくアピールし、今や「有吉反省会」でもたびたび [全文を読む]

伝説的アイドル誌『BOMB!』 今では驚きのアイドルへの質問

NEWSポストセブン / 2016年04月15日16時00分

両誌ともアイドルの水着グラビアやポスターが巻頭から盛り沢山で、青少年たちは夢中になって読んでいたものです」 1979年に創刊した『BOMB!』は現在も続く長寿アイドル誌だ(現在は『BOMB』)。創刊当初は読者による投稿誌だったが、1980年10月号で、芸能界引退を発表していた山口百恵を特集した「惜別大特集・山口百恵」が転機となった。 この号が大ヒットしたこ [全文を読む]

仰天○×利用術「○はまるでダメ」「×はバツグンに良い」

NEWSポストセブン / 2013年11月25日16時00分

大好きだった僕は、切り抜いた写真をやはり当時ファンだった「ほほえみさわやかカナリー・ガール」のアイドル、河合奈保子ちゃんの水着写真の顔部分に貼って毎日眺めていました。 高校時代には気持ちを伝えられなかったんですが、社会人になってからのクラス会で再会。その場で告白して、1年後に結婚しました。あの手作り合成写真、実は今も持っていて、時々取り出しては「思った通り [全文を読む]

河合奈保子 長女デビューの陰に「アイドル時代の辛い過去」

WEB女性自身 / 2013年10月06日07時00分

水着の撮影も多かったですね。またかって感じでした。でも、イヤだとか、自分はそんな歌手じゃありませんとか、いくら口で言ってもだめなんです。結局、自分で何かやって、初めて人に認めてもらえるんです》娘には自分が願う音楽活動をさせてあげたい。そんな気持ちが、彼女を突き動かしていたのかもしれない。母の熱意を受け、プロデューサーをうならせるほどの実力派シンガーとなっ [全文を読む]

グラドルDVD ヒモパン・四つん這い・マッサージが定番

NEWSポストセブン / 2012年04月07日07時00分

古くはアグネス・ラムや河合奈保子の水着姿に心をときめかせ、優香や小池栄子をグラビアアイドルと思ってきた人にとって、現在のグラビア最前線はまさに“隔世の感”がある。 何が違うって、ざっくりいうとまず水着の面積が半分しかない! 前出の壇蜜のようないわゆる着エロ路線のヒットが、王道のアイドルたちを覆う布面積まで大幅にカットしているのだ。 DVDメーカー関係者が [全文を読む]

フォーカス