飛行機 奄美大島に関するニュース

片道5980円、成田から2時間半で行ける!沖縄より近い奄美大島6つの絶景

TABIZINE / 2016年04月05日12時00分

(C) 奄美大島探検マップ 成田から飛行機で約2時間半・・・そこには南国が待っています。奄美大島は、バニラエアが成田~奄美大島間を就航してから、さらに身近な島になりました。片道5980円という破格のチケットも! 今回はそんな奄美大島の海の魅力をたっぷりとご紹介します。 まるで南国のリゾート地のよう、穏やかなスカイブルーの海が眺められる「土盛海岸」 (C) [全文を読む]

ANAが悲願のJAL超え。元整備士の異端社長が変えた日本の空の旅

まぐまぐニュース! / 2016年11月29日10時36分

今でも飛行機に「元気でやっとるか」と声をかけるというANAの篠辺修社長。飛行機への思いの深さは整備畑出身という、その異色の経歴にあるのかもしれません。「テレビ東京『カンブリア宮殿』(mine)では、放送内容を読むだけで分かるようにテキスト化して配信(MAG2 NEWS読者限定で「テレビ東京ビジネスオンデマンド」が最大3か月無料キャンペーンを実施中)。整備士 [全文を読む]

JAL/JACで行く きまま 夏得スペシャル 癒しの島~ヒーリングアイランド~ 「奄美大島」

PR TIMES / 2013年08月07日20時10分

今般の企画は、奄美群島の奄美大島・徳之島・沖永良部島・喜界島の宿泊先から、往復飛行機と宿泊を自由に組み合せることができる価格訴求型の商品です。「あまみシマ博覧会※」も7/13~9/16の期間中開催しており、自然あふれる各島を満喫できます。 また、奄美大島、徳之島、沖永良部島、喜界島の各観光協会・観光連盟の協力のもと、それぞれの島の観光スポット、ビーチ、郷 [全文を読む]

直行便よりむしろラクかも。台湾経由のオランダ旅行がおいしくて2度楽しい!

TABIZINE / 2017年02月15日11時00分

チャイナエアラインのA350 しかも台湾-アムステルダム間のチャイナエアラインは、仏エアバス社の最高傑作とも言える飛行機A350を導入。同機は座席も広く騒音も少なく、長旅を感じさせません。 今回は筆者の暮らす富山発ではなく、成田から桃園を経由して行ってきましたが、オランダ旅行を計画している人は、ぜひとも地元の空港からスタートする感覚でチェックしてみてくだ [全文を読む]

何故かマスコミが報道しない、「奄美空港とバニラエア奄美便は、木島氏とのトラブル以前から障碍者対応を粛々と進めていた」という話。(ちくわブログ)

ガジェット通信 / 2017年07月07日21時00分

と書いていますが、貴方は奄美空港やバニラエア奄美便が現在進行形で努力義務であるバリアフリー化を達成するために尽力している真っ最中だったという事実を知った上で、それでも尚、木島氏の言葉が全て正しいと思いますか? 奄美空港やバニラエア奄美便が障碍者差別解消法に則り、バリアフリーを達成しようとして動いていた事は、合理的配慮も何もない事ですか? また同氏は今回の [全文を読む]

「ふくだあかりの爆釣紀行~ビッグフィッシュ釣戦記~」<カンパチ編> ー狙うは特大50キロオーバー!1投目でいきなりのヒットー

アサ芸プラス / 2014年12月28日09時54分

あれもこれもと荷物に詰め込んだら、飛行機で重量オーバーになってしまいました。規定は20キロなのに倍の40キロで追加料金を払うはめに。少し減らせばいいんですが、船上では万全でいたいんです。だって、東京から飛行機で2時間もかけて行くんですから! 奄美大島は季節によって釣れる魚が変わり、しかもビッグフィッシュが狙えるポイントばかりなので、一年中、大物釣り師がやっ [全文を読む]

1泊2日で8フライト飛び! 1泊2日で16フライト飛び!『JACで西日本の空めぐり2日間』『小型プロペラ機で奄美諸島のアイランドホッピング2日間』1月7日(木)14:00発売開始

PR TIMES / 2016年01月07日14時49分

飛行機好きの方、垂涎!“2つの跳び飛びツアー”をご用意しました。 株式会社ジャルパック(本社:東京都品川区、代表取締役社長:藤田克己)は、西日本の空で8フライト、奄美諸島で16フライトをそれぞれ飛ぶ2つのツアー『JACで西日本の空めぐり2日間』、『小型プロペラ機で奄美諸島のアイランドホッピング2日間』を2016年1月7日(木)より発売開始いたします。 [画 [全文を読む]

沖永良部島の洞窟探検ケービングで絶景に出会った!

MYLOHAS / 2017年09月07日23時30分

奄美大島まで飛行機で行き、奄美大島からは大型フェリーに乗って沖永良部島に。沖永良部島は、鹿児島市から南へ552kmに位置する隆起サンゴ礁の島です。人口は1万4千人あまり。東洋一の鍾乳洞・昇竜洞をはじめ200~300の大鍾乳洞群があり、洞窟の聖地と言っても過言ではありません。小学校には樹齢100年を超える日本一大きなガジュマルがあり、もちろん海もサンゴ礁に [全文を読む]

「子連れ」だからこそできる旅をしよう!【トラベラーたちに聞く旅ハック術】

lifehacker / 2017年06月23日09時00分

たとえば、毎年行きと帰りの飛行機以外は何も決めずに出かけます。現地に着いてから、子ども(主に長男)が地図などを見て次の行き先を決めます。その際の決め手は、「島のカタチ」だったり「島名の漢字」だったりとさまざま。たとえば「形がフライドチキンみたい」という理由で沖永良部島に行ったことがありました。別のときは、「なんか青そう」って理由で請島に行きました。自分では [全文を読む]

語っていいとも! 第39回ゲスト・元ちとせ「言葉のお守りっていうのは残していきたい」

週プレNEWS / 2017年04月23日12時00分

元 タモリさんのTV番組を観てて、ある方に「なんでこの時代に新幹線も飛行機も携帯もあるのにそんな会えないの?」って。なんでそんなに会いたいの?って言ってて。結局「会えないってことに憧れてるんじゃないの?」って。 ―なるほど。携帯なんかで繋がってる気になってるけど、実は繋がりが希薄だったりもね。 元 そう。それがなんかすごい、あ~さすがタモリさんだな、面白 [全文を読む]

東京湾上空にも! 沖縄での墜落事故後、オスプレイが日本上空を飛びまくっている

週プレNEWS / 2017年02月12日06時00分

飛行機でもなく、ヘリコプターでもない、不安定な構造を持ったものを無理やり飛ばしているのだから、いつ事故が起こってもおかしくないんですが」 そして今月12日、千葉県木更津市の陸上自衛隊木更津駐屯地に、オスプレイの整備修理施設が開所した。今後、定期整備やなんらかのトラブルを抱えた機体はそこへ飛来することになるという。 横須賀基地や厚木基地の監視を続ける神奈川県 [全文を読む]

沖縄のおばあが語る沖縄戦・最後の証言 「火の中で逃げ回ってる子供を兵隊が捕まえて海に投げていた」

週プレNEWS / 2015年08月25日06時00分

途中、敵の飛行機が飛んでくると、陰に隠れながら歩いていくんです。そのとき思わず口から出たのが、『お母さん、海で流されるより苦しい』って。後ろからは、上陸してきた米軍がパンパン撃ってくるし。早く逃げないと、やられるし。海よりも怖いって。 その後、母がマラリアにかかって、熱が出てブルブル震えだしました。それを治さないといけないし、食料確保も私にかかってきて、朝 [全文を読む]

イルカを呼び寄せた?“奇跡の16歳”イワナミこと岩崎名美ちゃん「グラビア撮影がどんどん楽しくなっています!」

週プレNEWS / 2013年07月02日18時00分

――えっ! 何? 名美 八丈島でロケをする予定だったんですけど、当日の朝、台風で飛行機が欠航になってしまって、急遽、ロケ地が奄美大島に変更になったんです。もう、どうなるのか心配しちゃいました。 ――当日にロケ地が変更! それは大変だったね。 名美 でも奄美って暖かくて気持いいし、海は真っ青でキレイだし、すごくいいところでしたよ! 結果オーライです(笑)。 [全文を読む]

フォーカス