大島紬 奄美大島に関するニュース

『地球の歩き方』から国内の“島旅”シリーズが誕生!!

PR TIMES / 2015年03月20日13時06分

暮らしに根づく島唄や、美しい織物「大島紬」、黒糖焼酎、すべてが、旅に出る理由になるものばかりです。東京から直行便で、2時間ほどで行ける奄美大島の魅力と楽しみ方を、地元の人に教えてもらいました。●目次Chapter0(奄美大島ってどんなとこ?)島の人からのWelcome Message!巻頭グラビア(原生林/海とビーチ、離島/島の暮らし・文化・サンセット)ひ [全文を読む]

プレゼントにオススメ♡大島紬とレザーのハンドメイド雑貨

Daily Beauty Navi / 2014年12月02日15時00分

大島紬(おおしまつむぎ)は、奄美大島で作られる天然染めの手織り生地で、上質な紬織物として有名です。手間がかかるためとても高価で、着物だとウン十万。うーーん、なかなか手が出ません...。でも、私たちでも気軽に買えるステキな大島紬の小物があるんです!今回は、奄美大島在住の川畑裕徳さんがデザイン・制作する大島紬とレザーとのコラボレーション製品「紬レザーかすり」を [全文を読む]

奄美大島PR動画 悩むアラサーテディベア みっけ(29 )「私の何がいけないんだろう」奄美で自分探しをする実写パペットアニメーション公開

PR TIMES / 2016年03月08日13時41分

そこで自分の模様のルーツである本場奄美大島紬を知ることになります。奄美をさまよう中で、クロウサギやハブ、奄美大島の人々と出会うことで大きく変化していくみっけの感表を動画で表現しております。映像の制作背景動画作品「あまみっけ。」は、奄美大島の魅力を広めるために立ち上げたDMO(DestinationMarketing/Management Organizat [全文を読む]

鹿児島伝統「大島紬」を“さりげなく”着こなす 「鹿児島しゃつ」の新柄が2月24日発売!

@Press / 2017年02月23日11時00分

新柄は春らしい色に渋い大島紬柄です。また、当社のネットショップ「未来シャツ物語」で鹿児島しゃつのパターンオーダーを開始し、「鹿児島しゃつ」お仕立券も発売しました。ネットショップ「未来シャツ物語」 http://www.miraishirt.com/■「鹿児島しゃつ」について「鹿児島しゃつ」は、鹿児島の伝統工芸「大島紬」をもっと知ってほしい、“さりげなくお洒 [全文を読む]

「Made in 奄美のヨガウェア専門店」ネット販売始動 サイトオープン&創業20周年記念 抽選20名に0円で提供

@Press / 2016年08月24日11時30分

※「泥染め」について泥染めは、1300年の歴史があるといわれている「本場奄美大島紬」の代表的な染色技法です。奄美に自生しているシャリンバイ(テーチ木)という木を煎じた染液で、絹糸を数十回重ねて染めつけ、その後、鉄分をおおく含んだ泥田で染色します。シャリンバイの色素成分(タンニン)と鉄分が反応することで、茶褐色のタンニンが、黒褐色へと変化していきます。この工 [全文を読む]

泥、汗、そして畏敬にあふれる、日本の和服づくり―中国メディア

Record China / 2017年09月20日22時50分

2017年9月18日、芸術中国は「泥水、汗水そして畏敬…日本の和服づくり」として、奄美大島特産の大島紬の作業工程を紹介する記事を掲載した。 記事は、「島では500人余りが美しく独特な色彩を持つ織物の製作に携わっている。大島紬の大部分は和服づくりに用いられ、1着の和服を製作するには1年余りの時間がかかる。複雑かつ時間のかかるこの過程の各セクションには、それぞ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】満島ひかり、恋人・永山絢斗と初ツーショット披露 “故郷”奄美大島で「愛に生きた女性」演じる

TechinsightJapan / 2017年06月28日10時00分

薄いピンク色の大島紬を着て主演を務めた満島ひかりが登場すると、満員の客席から「ひかりちゃ~ん!」と大声がかかり「茶色い声援ありがとうございます」と満島が茶目っ気たっぷりで返した。永山絢斗はその隣に並んだ。 同作は、傑作『死の棘』で知られる作家・島尾敏雄氏と、その妻で作家の島尾ミホ氏の鮮烈な出会いと恋の物語が原作。映画では、太平洋戦争末期の1944年12月 [全文を読む]

恵俊彰 結成25年のホンジャマカへの思いを語る

NEWSポストセブン / 2016年02月09日11時00分

恵は、1964年、鹿児島市の大島紬の工場の長男として生まれた。奄美大島で紬を織っていた祖父が「一旗揚げよう」と鹿児島に出てきて「恵大島紬織物」を立ち上げた。それを継いだ恵の父親が、染色職人や織り方など200人が働く工場を経営。まさに『下町ロケット』の世界そのものだった。「規模こそドラマの佃製作所ほどは大きくなかったけど、雰囲気はまさにあの通りの町工場でし [全文を読む]

奄美出身の元ちとせが地元のために島唄とナレーションを披露奄美大島が地域振興構想発表会を開催

PR TIMES / 2016年01月23日10時15分

本動画作品の主人公であるテディベア「みっけ」は本場奄美大島紬(以下、大島紬)で作られています。 世界的にも珍しい染色方法である「泥染め」による特徴的な黒い光沢を持つ大島紬によって作られた「みっけ」に対し、奄美大島観光物産協会の担当者は「島の人々には勿論、島の外の人々にも愛され、奄美大島の魅力を発信していく存在になってほしい。」という思いを語りました。 [全文を読む]

願いごとを織り込んだ生地?MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVALにて「紙織り大島紬」を実施

@Press / 2016年11月24日17時30分

有限会社 はじめ商事(本社:鹿児島県奄美市、代表取締役:元 雅亮)は、2016年11月26日(土)・11月27日(日)、東京体育館にて開催される「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2016」に参加、「短冊に願いを込めて~紙織り大島紬~」ブースを出展いたします。鹿児島県奄美大島の伝統工芸として受け継がれてきた大島紬。この伝統工芸を知って [全文を読む]

城 南海、出身地・奄美大島にて故郷への愛を込めた楽曲を熱唱

okmusic UP's / 2016年09月23日16時00分

本編最後では、"愛を紡ぐ"という意味と奄美大島の"大島紬"にかけたタイトルでもあるというデビュー曲「アイツムギ」を一言一言語りかけるように歌い、集まった約300名のファンを湧かせた。 また、この日のMCではニューアルバムのタイトルが『月下美人』であることも発表。月下美人はほとんどの花が一年に一晩しか咲かないという、奄美に咲く花の中でも儚く神秘的な存在だ。 [全文を読む]

[地域活性化支援事業]奄美大島の日本語学校「カケハシインターナショナルスクール奄美校」の共同運営を開始。グロバール人材の育成と奄美大島の地域活性への貢献を目指します。

@Press / 2015年09月30日18時15分

また、年間760時間を越えるカリキュラムで、しっかりと確実に日本語を習得するとともに、居住地となる奄美大島について学ぶための大島紬の着付け・生地の染色体験をはじめ、地元で開催される祭りへの参加、伝統料理体験などの文化体験プログラムもご用意しています。 開校時はベトナムやカンボジアから計14名の留学生が入学予定。2年目以降は毎年40名の入学を目標としています [全文を読む]

初!100万円の福袋×100袋販売! 2014福袋 2014年1月2日(木)初売り

PR TIMES / 2013年11月11日19時27分

100万円の福袋を100袋ご用意! 大丸東京店・松坂屋上野店ほか ■高級きものセットとジュエリーとレストランお食事券つき福袋 ■ ジュエリーと奇跡の一枚写真撮影つき福袋 ■ 逸品大島紬と屋久島、奄美大島体験ツアー福袋 ■ 有名絵画福袋 ■ ブライダルジュエリー福袋 ■ ダイヤモンドリングと高級レストランお食事券つき福袋 1000万円・1億円福袋も登場! [全文を読む]

フォーカス