カヌー 奄美大島に関するニュース

海と緑に彩られた国内ビーチリゾートの“穴場”【5歳息子と「奄美大島4泊5日」家族旅vol.1】

Woman.excite / 2017年09月20日20時00分

透明な海でお魚や貝殻を探したり、マングローブの森で緑にいやさえながらカヌーを漕いだり、何もない離島で星を眺めながら花火を楽しんだり。奄美大島での日々はキラキラと輝いていて、家族にとって大切な思い出となりました。近年、旅好きの間で人気上昇中の奄美大島。なぜ今、奄美大島なのでしょうか?■理由その1 透明な海と日本で2番目に大きいマングローブ原生林がある!子連れ [全文を読む]

『地球の歩き方』から国内の“島旅”シリーズが誕生!!

PR TIMES / 2015年03月20日13時06分

●目次Chapter0(奄美大島ってどんなとこ?)島の人からのWelcome Message!巻頭グラビア(原生林/海とビーチ、離島/島の暮らし・文化・サンセット)ひと目でわかる奄美大島(広域MAP、基本情報Q&A、アクセス)島ごよみ(ベストシーズン)奄美大島を知るキーワードとっておきの島みやげ島グルメ(郷土料理)Chapter1(奄美大島の巡り方)タイプ [全文を読む]

JAL/JACで行く きまま 夏得スペシャル 癒しの島~ヒーリングアイランド~ 「奄美大島」

PR TIMES / 2013年08月07日20時10分

奄美大島は、JAL直行便の運航により、羽田から2時間少々で到着というアクセスの良さに加え、マリンスポーツ、カヌー、トレッキングなど自然と親しむアクティビティを楽しみたい方、ビーチでのんびり過ごしたい方等、思い思いの過ごし方ができる場所として、注目を集めています。 今般の企画は、奄美群島の奄美大島・徳之島・沖永良部島・喜界島の宿泊先から、往復飛行機と宿泊を [全文を読む]

ANAが悲願のJAL超え。元整備士の異端社長が変えた日本の空の旅

まぐまぐニュース! / 2016年11月29日10時36分

中でも一番人気はカヌーツアー。10分ほどレクチャーを受ければ、体験料2000円で誰でも簡単に乗れる。マングローブの原生林の中を楽しそうに漕いでいく若者たちにはバニラ・エアに乗ってきたという共通点が。聞けば2泊3日のパッケージツアーが約5万円と、確かに安い。 激安旅を実現しているバニラ・エア。2013年に運航を開始したLCC、格安航空会社だ。成田-奄美間の運 [全文を読む]

今井洋介、文明を捨て奄美大島の生活へ

dwango.jp news / 2014年10月23日17時12分

放送前に公開された写真では、マングローブ林の中カヌーを漕ぐ姿や、1メートルはあろう魚を両手に抱える姿が写っており、真っ黒に焼けた顔をしゃくしゃにして泣く姿もある。果たしてこの7日間の生活で今井に何が起こったのか。旅を終え、「自然の恵みをいただきながら、自然に敬意を払いながら生活する人々の価値観に触れることができました。」という今井は、この旅を通し、「どんな [全文を読む]

『地球の歩き方』 “島旅”シリーズより 待望の「五島列島」が登場!!

PR TIMES / 2015年04月10日12時28分

●目次Chapter0(五島列島ってどんなとこ?)島の人からのWelcome Message!巻頭グラビア(祈りの島に立つ教会/自然とともに生きる/島のカルチャー)ひと目でわかる五島列島(広域MAP、基本情報Q&A、アクセス)島ごよみ(ベストシーズン)五島列島を知るキーワードおみやげ大集合今すぐ食べたい島グルメ(郷土料理)Chapter1(五島列島の巡り方 [全文を読む]

フォーカス