マツダ 三菱重工業に関するニュース

現存する唯一の飛行可能なオリジナル・エンジンを搭載する「ゼロ戦」、所沢にて展示中!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年01月06日18時00分

ボルト1本にまで拘った軽量化については、マツダの技術者達がFD3S型3代目「RX-7」の開発時に大いに参考にしたと言われる。とはいえ流石に50年も昔の軽量化技術から直接得られるものがあったというわけではなく、マツダの開発陣が学んだことは技術的なことよりもその軽量化に掛ける執念。これを「スピリット・オブ・ゼロ」と呼び、RX-7の設計において徹底的な軽量化に取 [全文を読む]

巨像・トヨタに激震…利益1兆円消失の危機

Business Journal / 2016年06月07日06時00分

【円安メリット企業が前提としている今期の1ドルの為替レート】・100円日精樹脂工業・105円トヨタ自動車、トヨタ紡績、豊田自動織機、小松製作所(コマツ)、三菱電機、ファナック、小糸製作所、日野自動車、豊田合成、富士重工業、本田技研工業(ホンダ)、日産自動車、スズキ、東レ・108円 ヒロセ電機、商船三井、オリンパス、日本ガイシ・109円 オークマ・110円イ [全文を読む]

このトランプ銘柄は買いだ! 2017年「注目業界&推奨銘柄」

プレジデントオンライン / 2017年02月16日09時15分

自動車業界が円安メリットがある銘柄の代表格ですが、トランプ氏は中国とメキシコの関税を厳しくすると発言しているため、そこでの生産比率の高い日産自動車やマツダよりもトヨタ自動車がポジティブです。また、日本車への関税の可能性を考えても、米国市場に傾注しすぎていない点で安心感があるでしょう。 インフラ投資関連でいえば、塩ビ樹脂の製造などを手がける信越化学工業に注目 [全文を読む]

【東京モーターショー15】三菱の戦後はジュラルミン製の自転車製造から始まった!?

clicccar / 2015年11月05日16時33分

国内外のプレス向けのイベントで、登壇者は、日本自動車工業会の会長でホンダの会長でもある池 史彦氏、日産のCCO兼副会長の西川廣人氏、トヨタの豊田章男社長、三菱自動車の相川哲郎社長、マツダの小飼雅道社長。 外国のメディアも来場しているということで、日本には(日本車)軽自動車から登録車まで、2万ドルで買えるクルマがこれだけあるというアピールもありました。 さ [全文を読む]

韓国が強制徴用した日本企業299社選定 麻生セメントの名も

NEWSポストセブン / 2013年08月28日07時00分

本誌が入手した名簿によると、三菱、三井、住友といった財閥系企業に加え、日産やマツダ、カネボウ、キリンビール、味の素、パナソニック、森永製菓など、歴史ある老舗企業が名を連ねる。そこには当然、先の新日鉄や三菱重工の名前もある。つまり、このリストに名前の挙がった企業は今後、同じような強制徴用訴訟に巻き込まれる可能性が高いのである。 韓国の戦争被害実態調査では、 [全文を読む]

フォーカス