見通し 三菱重工業に関するニュース

三菱重工業の改革を支える「丁寧なリーダーシップ」

Forbes JAPAN / 2016年11月04日08時30分

かつて隆盛を極めた事業だが、当時は”鉄鋼不況”最中で、業績も下落し、将来の見通しもたたなかった時期に、社長に就任した。「とにかく生き残ろう」と、あらゆる角度から分析し、選択と集中をはじめ、世の中で言われていることの多くを試した。そこで注目したのは、製鉄機械の中でも限られた分野の製品である「圧延機」の存在だ。三菱重工業も日立製作所も圧延機を手掛けていたが、得 [全文を読む]

三菱重工、統合レポート「MHIレポート2016」を発行

JCN Newswire / 2016年09月21日16時03分

さらに、今回初めて掲載するCTOメッセージでは、エンジニアリング事業強化の狙いや事業への適用の見通しについて触れ、当社の強みであるエンジニアリング力の横断的な活用による課題克服への努力、競合との差別化推進をアピールしています。価値創造の仕組み構築では、当社がグローバル企業へと成長するうえで必要なリスクマネジメントを主なテーマに、宮永社長、社外取締役の篠原尚 [全文を読む]

MRJは2強に対抗できるか? 市場で27%のシェア獲得との予測も

まぐまぐニュース! / 2015年11月16日04時00分

アセンドのコンサルタント部門トップのロブ・モリス氏は、現在業界2位のボンバルディアから、三菱航空機がそのポジションを奪うだろうとの同社の見通しを語った(ブルームバーグ)。 またWSJは、2社の他に、ロシアのスホーイ社の民間航空機部門もリージョナルジェットを製造しているし、中国の中国商用飛機もリージョナルジェットを開発中だと伝え、市場の競争は激しくなっている [全文を読む]

三菱重工、重工冷熱と東洋製作所を7月に統合

JCN Newswire / 2015年05月19日16時39分

発足時の人員は約1,100人となる見通しです。社長には現重工冷熱社長の佐藤 純三が就任します。当社は2013年10月、国内冷熱事業の販売会社2社を統合して重工冷熱を発足させ、昨年10月には同社と暖房機の製造・販売・据付・サービスを手掛けるクサカベ株式会社を統合。営業・サービス機能の強化をはかるとともに、市場が拡大しているヒートポンプやチラーなどの中間ゾーン [全文を読む]

電機、凋落…東芝は債務超過の兆候、三菱重工は「何もうまくいかず」巨額損失地獄

Business Journal / 2017年01月31日06時00分

納入は7年半遅れることになり、初号機の納期の新たな見通しは20年半ばだ。 3000~4000億円とみられたMRJの開発費は、3~4割増える。開発当初の見積もり(1500~1800億円)の3倍に膨らみ、5000億円を超える。無事離陸したとしても、5000億円超の初期投資を回収できるのかは不明だ。447機を受注しているが、このうち200機はキャンセルが可能な契 [全文を読む]

日本郵船・商船三井・川崎汽船、日本の海運会社がなくなる日

プレジデントオンライン / 2017年01月25日09時15分

海運大手3社はコンテナ船事業で17年3月期に合計で1000億円程度の経常赤字に陥る見通しにある。この打開策として3社は17年7月に共同出資会社を設立し、コンテナ船事業を統合することで合意した。沈没寸前だった3社が生き残りをかけた選択であり、ドイツや台湾の企業と合意していた共同運行から破綻した韓進海運が外れたことも統合への背中を押したともみられる。新会社の売 [全文を読む]

日産、万年5位脱出へタブー破りの改革始動…だが三菱自内部には救いようない白けムード蔓延

Business Journal / 2017年01月09日06時00分

三菱自の17年3月期最終損益は、2396億円の赤字(前期は725億円の黒字)となる見通し。ゴーン氏は信用の回復や業績の黒字化など「3つのコミットメント(必達目標)に取り組む」と強調した。●三菱自にトレバー・マン氏を送り込む 日産・仏ルノー連合の15年の世界販売台数は822万台と、世界4位だった。ゴーン氏は三菱自が日産・ルノー連合の一員に加わることで、トヨ [全文を読む]

三菱自、不正で巨額赤字なのに役員報酬3倍に批判殺到…ゴーン氏、日産等から総額18億円

Business Journal / 2016年12月19日06時00分

17年3月期連結決算は、燃費不正に伴う販売不振の影響で2396億円の最終赤字に転落する見通しだ。報酬を増額できる環境にはない状況での役員報酬総額引き上げ提案には強い異論が出た。●11人の取締役のうち5人が日産出身者 三菱自動車は12月14日の臨時株主総会で承認された新体制が発足した。取締役は11人になった。筆頭株主の日産から5人選任された。ゴーン氏が会長に [全文を読む]

平均年収 約1,000万円のビジネスパーソンが勧める就職人気企業ランキング20161位 トヨタ自動車 2位 Google 3位 三菱商事

@Press / 2016年05月11日09時00分

また、伊藤忠商事は2016年3月期に過去最高益を更新し、初めて業界で利益トップに立つ見通しが発表されました。ビズリーチが2013年に実施した同アンケートでは、18位であったのに対し、3年間で大きくランキングを上げており、ビズリーチ会員からも注目が集まりました。 [全文を読む]

「反社会的勢力」三菱自、隠蔽と犯罪を重ね死者続出…消費者の安全より組織的利益優先

Business Journal / 2016年05月11日06時00分

4月20日に不正を発表して以降、問題車種の販売を停止しており、5月はさらに落ち込む見通しだ。 同社は水島製作所(岡山県倉敷市)で軽の生産を止め、全工場従業員約3600人のうち約1300人が一時帰休させられている。影響は三菱自だけでなく取引先にも広がり、同社から供給を受けていた日産自動車の4月軽自動車販売が昨年対比51.2%のマイナスとなった。●懲りない会社 [全文を読む]

「地熱発電の世界市場 2016-2026年:ドライスチーム・フラッシュスチーム・バイナリーサイクル・フラッシュバイナリー技術のCAPEX・OPEX・設備発電容量」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2016年02月09日15時30分

当レポートでは、世界の地熱発電の市場を調査し、および地熱直接利用を含めた地熱エネルギー市場の現状と見通しについて調査分析し、地熱発電の各種技術の概要、地熱発電市場への各種影響因子の分析、技術・主要国別のCAPEX&OPEX、設備発電容量の推移と予測、PEST分析、専門家の見解、主要機器サプライヤーのプロファイル、将来の展望と提言などをまとめています。 第 [全文を読む]

「液化天然ガス (LNG) キャリア市場調査 2016-2026年:格納システム・建設国別のCAPEX予測、世界の運搬船・オーダーブック分析、造船会社・LNGオペレーター」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2015年12月18日16時00分

当レポートは、世界の液化天然ガス (LNG) キャリア市場の現状と見通しについて調査分析し、資本支出予測、主要国におけるLNGキャリア造船市場の予測、LNGキャリア格納システム市場の展望、専門家へのインタビュー、および主要造船会社7社・主要LNGキャリアオペレーター8社の企業プロファイルなどをまとめ、お届けいたします。 第1章 調査概要 第2章 イントロ [全文を読む]

GEが今、GEキャピタルを手放す理由/日沖 博道

INSIGHT NOW! / 2015年06月01日19時59分

昨年期は増収増益で、今期も同様の見通しだそうだ。でも敢えていえば、グラフを見てお分かりいただけるように若干の伸び悩みを示しているといえば、そう云える。http://www.statista.com/statistics/263828/revenue-of-general-electric/ただしこの図体になると、多少の新製品ヒットなどでは増収にはほとんど効 [全文を読む]

タイの高速鉄道、日本の新幹線採用で合意・バンコク―チェンマイ間で本格的な調査いよいよ開始

Global News Asia / 2015年05月31日18時00分

工事は、2016年上期に着工する計画で、日本がタイに金利1~1.5%程度の低利率での資金を調達する見通し。 タイメディアは『タイが日本の新幹線を選んだ理由』について「タイと日本の関係は良好で、政治・経済における緊密な関係が強く信頼度が高いこと。タイへの国別投資額は日本が最大で、大企業だけでなく、中小企業もタイに投資していること。タイのインフラ建設や農業の発 [全文を読む]

上場企業、業績回復受け、今年「トップ人事の年」に~長期政権決別組、サプライズ組…

Business Journal / 2014年02月21日01時00分

円安を追い風に輸出の採算が好転し、国内消費の復調も目立ち、2014年3月期は7割近い企業が増収増益になる見通しだ。リストラでなんとか利益を捻出する局面から、売り上げを伸ばし利益を拡大する脱デフレ型へと移行している。こうした好業績を先取りするかたちで、今年は先手必勝を狙い、トップ人事刷新に動く上場企業が増える。●業績復活組 日立製作所は東原敏昭執行役専務が社 [全文を読む]

三菱重工、「トルコ原子力IPP推進室」を新設

JCN Newswire / 2014年01月07日16時15分

昨年10月、トルコ政府と国際コンソーシアムとの間で、HGA(Host Government Agreement:施設国政府契約)と呼ばれる商業契約で大枠合意に達したのを受け、今後、同国政府との間の詰めの交渉が本格化する見通しですが、新組織はこれらの取り組みを支え、加速していくこととなります。新組織は、フィージビリティスタディの実施、各種契約の締結交渉、ファ [全文を読む]

苦境の造船業界、再編最終章〜「14年問題」を乗り越え“造船ニッポン”復活なるか

Business Journal / 2013年08月26日07時00分

新会社には日本郵船、日本海事協会も出資し、4社から数十人が移籍し、将来的には60人体制にする見通しだという。 (文=編集部) [全文を読む]

トルコ首相が日本の原子炉輸入に意欲 「非常にありがたい」

NEWSポストセブン / 2013年06月11日16時00分

原発は、アジアだけでも今後20年間に100基くらい増える見通しだ。日本の原発が世界一安全なことをアピールすれば、原発メーカー3社(日立、東芝、三菱重工)がそのうち半分以上を受注することも可能だと思う。原発の建設費は1基5000億円規模だから、50基でも25兆円という巨大な輸出産業になる。 ※SAPIO2013年7月号 [全文を読む]

政権交代で得/損する業界は?ソフトバンク、JAL、東芝…

Business Journal / 2012年12月16日21時00分

先ほど、第46回衆院総選挙の投票が締め切られ、メディアは一斉に「自民党圧勝の見通し」と報じた。 今回の総選挙では、景気対策を第一の争点に挙げる有権者が多かったが、上記の速報どおりもし自民党が政権を取った場合、儲かる会社と損する会社を占う。 11月に入ってから、自民党の安倍晋三総裁は、日銀の金融政策に対して積極的な発言を繰り返している。単なる野党党首の発言で [全文を読む]

フォーカス