川澄奈穂美 なでしこリーグに関するニュース

なでしこ 協会が選手の海外移籍支援しリーグの集客力が低下

NEWSポストセブン / 2015年07月02日07時00分

川澄奈穂美や熊谷紗希、安藤梢、宇津木瑠美、岩渕真奈などが海外に出ましたが、皮肉なことにそのこともなでしこリーグに客が集まらない原因になった」(前出・女子サッカー関係者) 「2014年スポーツマーケティング基礎調査」によれば、なでしこジャパンのファンは2012年の4074万人から2014年には2124万人とほぼ半減している。 なでしこリーグの人気が高まらない [全文を読む]

川澄がINAC電撃退団…移籍先は明日発表へ

ゲキサカ / 2016年06月16日20時38分

INAC神戸レオネッサは16日、FW川澄奈穂美が退団することを発表した。移籍先については先方の都合上、明日発表するとしている。なお、INACの選手としての最後の活動は、19日にアウェーで行われるなでしこリーグ杯第3節・ジェフユナイテッド千葉レディース戦となる。 以下、プロフィール ●FW川澄奈穂美 (かわすみ・なほみ) ■生年月日 1985年9月23日(3 [全文を読む]

ゲキサカ秘蔵写真[2011.11.6]川澄奈穂美(INAC神戸)

ゲキサカ / 2016年11月06日07時45分

※選手名やチーム名の表記、肩書、所属チーム等は掲載当時のもの [全文を読む]

INAC退団のなでしこFW川澄奈穂美が古巣シアトル・レインへ…MF宇津木瑠美とチームメートに

超ワールドサッカー / 2016年06月17日09時20分

▽なでしこジャパンFW川澄奈穂美(30)が17日、アメリカのシアトル・レインへ完全移籍することがわかった。所属元のINAC神戸が発表した。2014年3月から5カ月間にわたってシアトル・レインでプレーしていた川澄にとって、約2年ぶりのアメリカ挑戦となる。▽日本体育大学卒業後の2008年にINAC神戸に入団した川澄は、これまで3度のなでしこリーグ制覇と、5度の [全文を読む]

なでしこジャパンFW川澄奈穂美がINAC神戸を退団「最後まで応援よろしくお願い致します」

超ワールドサッカー / 2016年06月16日19時25分

▽INAC神戸レオネッサは16日、なでしこジャパンFW川澄奈穂美(30)の退団を発表した。なお、移籍先は明日発表予定とのことだ。▽川澄は16日に自身のブログでも発表。「退団のお知らせ」とのタイトルで次のように述べている。「いつも応援ありがとうございます」「この度、突然ですがINAC神戸を退団し、移籍することになりました」「移籍先との兼ね合いもあり、移籍先に [全文を読む]

ブログで心境綴る川澄「W杯決勝を戦える瞬間は何度もない」

ゲキサカ / 2015年07月06日19時26分

MF川澄奈穂美が試合後にブログ(http://ameblo.jp/nahomi-kawasumi/)を更新して、心境を綴った。 『W杯2015決勝戦』というタイトルで更新されたブログで、「当たり前ですが負けて悔しいです」と悔しさを滲ませた川澄だったが、「でもサッカー人生でW杯の決勝を戦える瞬間は何度もありません。ここまで連れて来てくれた仲間と支えてくださっ [全文を読む]

[なでしこ]帰ってきたタレント軍団…INAC、澤弾などで王者浦和に逆転白星発進

ゲキサカ / 2015年03月30日15時19分

さらに同45分にはMF川澄奈穂美のCKをMF澤穂希がヘディングで合わせて、勝利をグッと手繰り寄せる。同アディショナルタイムにCKからDF長船加奈にヘディングゴールを許して1点を返されたが、リードを守り抜いて、開幕戦勝利を飾った。 INACは昨季は屈辱のシーズンを送った。前田浩二監督を迎えて強化を進めたが、レギュラーシーズンと呼ばれる前期は5位。エキサイティ [全文を読む]

[なでしこ]岡山湯郷は宮間FK弾で首位キープ、川澄復帰もINACは最下位に

ゲキサカ / 2014年09月08日11時28分

日本女子代表(なでしこジャパン)のMF川澄奈穂美が復帰したINAC神戸は北海道・帯広でジェフユナイテッド千葉レディースと対戦し、3-4で敗れた。川澄も後半11分に凱旋弾を決めたが、打ち合いに敗れた。INACは最下位に転落している。 下位リーグではベガルタ仙台レディースが伊賀FCに4-0で快勝し、2連勝。AS埼玉は吉備国際大に3-0で勝利している。 この後 [全文を読む]

元なでしこFW川澄奈穂美がINAC神戸に期限付き移籍で復帰「タイトル奪取の起爆剤となれるよう全力で頑張ります」

超ワールドサッカー / 2016年10月12日19時18分

▽INAC神戸レオネッサは12日、シアトルレインのFW川澄奈穂美(31)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2016年12月31日までとなる。なお、公式戦は皇后杯から出場可能とのことだ。 ▽川澄は、日本体育大学から2008年にINAC神戸に加入。2014年にシアトルレインへと半年間の期限付き移籍をすると、INAC神戸に復帰するも、今年 [全文を読む]

澤穂希がラストゲームでみせたゴール以上の輝き

デイリーニュースオンライン / 2015年12月31日17時00分

川澄奈穂美が蹴ったコーナーキックのボールがゴール前へ軌道を描くと、スタジアムの空気が止まった。それまで78分間、ほぼ集中を切らすことのなかった新潟のディフェンスの足も、一瞬だが止まった。そこから先はまるでスローモーションのようだった。普段であれば、コーナーキックはファーからニアに走り込むことの多い澤だが、ボールの落下点を予測しながら2〜3歩ステップを踏んで [全文を読む]

[なでしこ]INACが1節で首位返り咲き、湯郷は宮間FK弾で3戦ぶり勝利:第11節

ゲキサカ / 2015年07月18日12時40分

しかし後半22分のFW大野忍のクロスを頭で合わせたMF京川舞のゴールで勝ち越すと、同39分にはFW川澄奈穂美がダメ押し弾を蹴り込み、3-1で勝利。1節で首位に返り咲いた。 3位のベガルタ仙台レディースはホームで伊賀FCと対戦。1-1で終えるかと思われた後半アディショナルタイム3分になでしこジャパンMF川村優理がPKを決めて、2-1で劇的勝利を飾った。ホーム [全文を読む]

女子サッカー選手 男子と比べてその待遇が低すぎる現状もあり

NEWSポストセブン / 2015年07月09日07時00分

特に澤穂希選手(36才)や川澄奈穂美選手(29才)といったW杯で大ブレークを果たした人気選手を数多く擁するINAC神戸の試合のスタンドは一変した。「W杯前の試合では400人程度しか観客が入っていなかったんですが、W杯後の宮間選手が所属する岡山湯郷との試合では、なでしこジャパンメンバー同士の戦いをひと目見ようと、約50倍の2万人を超える観客がスタジアムに足 [全文を読む]

リオ五輪に視線を向ける川澄「金メダルにチャレンジしたい」

ゲキサカ / 2015年07月07日20時31分

MF川澄奈穂美は今後の目標を聞かれ、「オリンピックでは今まで金メダルを取ったことがない。自分自身、そこにチャレンジしていきたい」と、来年のリオデジャネイロ五輪で金メダルを目指す考えを強調した。 成田空港では約500人のファンが出迎え、「ありがとう」「おめでとう」といった声援や拍手を送られた。「あんなに多くの人が出迎えてくれるとは思っていなかった」と目を丸く [全文を読む]

観客激減なでしこリーグの救世主!? “かわいすぎる”女子高生サッカー選手・山下史華が話題

日刊サイゾー / 2014年01月16日17時30分

しかし、ここ数年で、熊谷紗希の合コン相手がチームの内情をTwitter上で暴露したのを皮切りに、川澄奈穂美の同性愛疑惑が報じられるなど、スキャンダルの印象も付いてしまった。そんな現状に肩を落とす女子サッカーファンも、山下が数年後、大スターになってくれることを期待しています」(スポーツ記者) 山下の存在は、女子サッカー人気を取り戻す起爆剤となるだろうか? [全文を読む]

なでしこ川澄の移籍願望 澤穂希の3分の2の年俸が原因との声

NEWSポストセブン / 2012年11月06日16時00分

その中心となっているのが、「おしゃれ番長」こと川澄奈穂美(27)。昨年の女子W杯優勝後にナインティナインの岡村隆史が「かわいい」と絶賛して人気が爆発したことで知られるが、ロンドン五輪には全試合出場を果たした実力派選手でもある。 その川澄が所属先のINAC神戸から「移籍したい」という強い希望を出していることが、さまざまな憶測を呼んでいる。 日本女子サッカー [全文を読む]

「なでしこジャパン最大タブー!?」写真誌に掲載されたおしゃれ番長・川澄の衝撃2ショット

日刊サイゾー / 2012年04月28日08時00分

中でも、その美貌と抜群のファッションセンスから、「なでしこジャパンのおしゃれ番長」と呼ばれているのが川澄奈穂美だ。 だが、そんな川澄の意外なお相手との手つなぎ2ショット写真が、写真誌「フライデー」(講談社)5月4日号に掲載された。 同誌によると4月初旬、川澄が所属するなでしこリーグ・INAC神戸が本拠地を置く神戸市内にある商店街に、おそろいのクロックスを履 [全文を読む]

新潟レディースのなでしこMF川村優理がNWSLのノースカロライナ・カレッジに移籍内定

超ワールドサッカー / 2017年03月27日12時20分

また、同じシアトル・レインのMF川澄奈穂美は昨年末までINAC神戸レオネッサに期限付き移籍していた。 [全文を読む]

なでしこジャパンの救世主!?「サッカー界の能年玲奈」がINACに入団

アサ芸プラス / 2017年01月29日09時59分

川澄奈穂美や鮫島彩などなでしこには多くの美女がいましたが、スタンボーは彼女たちを超える美貌と言っていいでしょう。なでしこ候補の若手には、彼女の他にも北川ひかるや猶本光など美女ぞろい。全員がなでしこ入りすれば、人気も回復するはずです」(週刊誌記者) サッカー界の能年玲奈が青いユニフォームを着る日を楽しみに待ちたい。 [全文を読む]

川澄の移籍先はアメリカ!14年にプレーしたシアトル・レインに完全移籍

ゲキサカ / 2016年06月17日11時10分

FW川澄奈穂美がアメリカ・ナショナル・ウーマンズ・サッカーリーグ(NWSL)のシアトル・レインに完全移籍することが発表になった。同選手は16日にINAC神戸レオネッサを退団することを発表。移籍先は17日に発表するとしていた。 川澄は日体大から2008年にINAC神戸に入団。なでしこリーグは通算155試合に出場して60得点を挙げている。14年3月からは今回移 [全文を読む]

【なでしこジャパンプレビュー】“チャレンジ”が求められる新生・なでしこの初陣

超ワールドサッカー / 2016年06月03日07時00分

▽一方で、2011年に女子ワールドカップを制したメンバーからは、DF岩清水梓やMF川澄奈穂美、DF鮫島彩、FW大野忍らが外れた。MF宮間あやは今回招集されていないが、コンディション不良で辞退したため、高倉監督の構想には入っているとのこと。それでも、多くの経験者が構想外となった。▽また、新たな顔ぶれも招集されている。GK池田咲紀子(浦和レッズディース)、DF [全文を読む]

フォーカス