岡崎慎司 中村俊輔に関するニュース

日本代表の前に現れる脅威…”天敵”ケーヒルの危険度とは?

サッカーキング / 2017年08月28日16時30分

岡田武史監督率いる当時の日本代表では、現在も主力として活躍している長友佑都や岡崎慎司がこの頃から日の丸を背負い活躍し始める。田中マルクス闘莉王のゴールでリードを奪った日本だったが、やはりあの男が勝利を許さない。59分と77分にケーヒルがゴールを奪い、日本は1-2で敗北の二文字を叩きつけられた。 一方で、ケーヒルがゴールを決めても勝ち星をあげた試合がある。そ [全文を読む]

サッカー日本代表・岡崎をプレミアリーグで独占取材!

Smartザテレビジョン / 2015年12月03日21時11分

12月6日(日)、サッカー男子日本代表・岡崎慎司選手に密着した「俺のGOAL 岡崎慎司という生き方」(夜0:45-1:40ほか、フジテレビ系)が放送される。 「日本サッカーをどうにか変えたい。日本サッカーが世界において評価されるように」と語る岡崎選手が、ドイツ・ブンデスリーガ、イングランド・プレミアリーグと海外でプレーし「自身の経験を次の世代に生かしたい」 [全文を読む]

新たなカリスマなき日本代表――W杯ロシア本大会でハリルはどう率いる?

週プレNEWS / 2017年09月08日06時00分

注目された日本のスタメンも、特にオーストラリア戦はベンチだった本田圭佑と岡崎慎司はインパクトを残せないまま途中交代。2年ぶりに代表に復帰した柴崎岳はセットプレーのキッカーとしていくつかチャンスを作ったが、決定的な仕事はできずに終わっている。及第点を与えられるパフォーマンスだったのは、左サイドで守備に貢献した原口元気、運動量の落ちなかった井手口陽介、そして [全文を読む]

豪戦でW杯出場は決まるのか…ハリルホジッチ監督、真価が問われる90分間に

サッカーキング / 2017年08月25日11時31分

喧噪を消沈させたのは9分の岡崎慎司(当時清水エスパルス)だった。 中村憲剛(川崎フロンターレ)のスルーパスから抜け出して左足でシュート。GKに防がれたこぼれ球に、あきらめず、迷わず、頭から飛び込んで先制点を挙げた。国際Aマッチ出場12試合目で決めた7点目。23歳は「裏を狙う意識を持ち続けていたら、いいところにパスが来た。思いきって打とうとだけ考えた」と初々 [全文を読む]

今こそハリルジャパンに必要な新戦力…絶対に招集すべき3人とは?

週プレNEWS / 2017年03月15日06時00分

本田圭佑(ミラン)を筆頭に長友佑都(インテル)、香川真司(ドルトムント)、岡崎慎司(レスター)ら、これまで代表を支えてきた主力選手が所属クラブで出番がなかったり調子が上がらなかったりと、なかなか苦しい台所になっているのが現状。 ヨーロッパ組で好調なのは長谷部誠(フランクフルト)、大迫勇也(ケルン)、酒井宏樹(マルセイユ)、原口元気(ヘルタ・ベルリン)、吉 [全文を読む]

新鮮味がまるでない大みそか『紅白』の裏番組 今年も日テレ『ガキ使』の圧勝が確実!?

日刊サイゾー / 2016年12月30日11時00分

メッシ&スアレスは中村俊輔&遠藤保仁と、ネイマールは岡崎慎司とサッカー対決を行う。 昨年は、第1部(午後6時~7時)が8.8%。井岡の試合などを中継した第2部(7時~10時)が7.7%。魔裟斗vs山本“KID”徳郁をオンエアした第3部(10時~10時52分)が9.0%。その試合後のインタビューやエンディングを織り込んだ第4部(10時52分~11時35分)が [全文を読む]

髪切ってリフレッシュの香川、トップ下争う清武の活躍は「刺激になる」

ゲキサカ / 2016年03月27日20時50分

前半43分にFW岡崎慎司が先制点を決めるまでは、引いて守る相手を攻めあぐねる展開が続いていた。1点リードで折り返した後半はゴールラッシュとなり、香川がトップ下として途中出場した後半19分時点ですでに3-0。「僕が入った時点で試合は決まっていた。一方的な展開だったし、あまり評価できない」と自己評価は避けた。 この試合で香川に代わってトップ下で先発したのがMF [全文を読む]

キャプテンマークの重責?PK失敗の岡崎「チームが勝って救われた」

ゲキサカ / 2015年11月18日04時42分

ゲームキャプテンを務めたFW岡崎慎司(レスター・シティ)は後半2分にPKのチャンスを得たが、ゴール右を狙ったキックはGKがキャッチ。絶好の先制機を逃した。 「(PKのキッカーは)決まっていたので、自分が蹴ったけど、久しぶりに蹴ったし、緊張もあった」。これまで歴代3位の国際Aマッチ通算47ゴールを決めている岡崎だが、PKによる得点は09年11月18日のアジア [全文を読む]

4年ぶりの“屈辱”味わった岡崎「絶対的な存在に」

ゲキサカ / 2015年11月16日22時08分

日本代表FW岡崎慎司(レスター・シティ)は17日のW杯アジア2次予選で対戦するカンボジア代表について「5バックみたいになって、その前にブロックをつくって、10人でしっかり守ってくるイメージ」と警戒。今予選6戦全敗でE組最下位に沈む相手だが、「ワンツーやダイレクトプレーでリズムを変えていかないと崩せない相手」と気を緩めない。 9月3日にホームで対戦したときは [全文を読む]

JFAオフィシャルライセンスソーシャルゲーム『サッカー日本代表2018ヒーローズ』に日本代表を経験したスタープレイヤー11名が新たに登場!

PR TIMES / 2015年10月29日16時43分

[画像2: http://prtimes.jp/i/1924/198/resize/d1924-198-430666-1.jpg ][画像3: http://prtimes.jp/i/1924/198/resize/d1924-198-263103-2.jpg ] ■今回初登場する日本代表経験選手【GK】楢崎正剛【DF】井原正巳、中澤佑二、田中マルクス闘莉 [全文を読む]

左すね打撲は「大丈夫」と話す岡崎、震災から20年の故郷を想う

ゲキサカ / 2015年01月17日13時58分

また、左すねを打撲したFW岡崎慎司(マインツ)も別メニューで調整した。 イラク戦の前半37分、相手選手の危険なスライディングタックルが左すねを強打した岡崎。試合後もアイシングしていたが、この日もテーピングを巻いた状態でグラウンドに現れ、ピッチ上で汗を流す他の選手とは別にストレッチなどで調整した。 練習後、左すねの状態について岡崎は「たぶん大丈夫」とコメント [全文を読む]

ブラジルW杯の日本状況 ジーコ監督時のドイツ大会と重なる

NEWSポストセブン / 2014年06月30日07時00分

ザックジャパンでは長友佑都、香川真司、岡崎慎司ら欧州組を中心に編成。一方のジーコジャパンは、中村俊輔に加え、小野伸二、稲本潤一に代表される、いわゆる「黄金世代」を軸に据えた。 そして最も大きな共通点が、チームに「王様」がいたことである。今回は本田、ドイツでは中田英寿。2人は、それぞれの世代における日本代表で傑出した存在だった。 中田はまだ日本人サッカー選手 [全文を読む]

フォーカス