小笠原満男 中村俊輔に関するニュース

鹿島vs横浜FM 試合記録

ゲキサカ / 2016年05月16日12時20分

【J1第1ステージ第12節】(カシマ) 鹿島 1-0(前半1-0)横浜FM [鹿]金崎夢生(9分) [鹿]西大伍(14分)、小笠原満男(25分) [横]マルティノス(34分)、パク・ジョンス(45分+3) 観衆:20,177人 主審:扇谷健司 副審:金井清一、武部陽介 └鹿島がJ1ホーム通算250勝目 [鹿島アントラーズ] 先発 GK 21 曽ヶ端準 DF [全文を読む]

オヤジ頑張る! Jリーグでアラフォーのレジェンドたちが見せる輝き

週プレNEWS / 2017年05月13日10時00分

1998年に同期入団した小笠原満男と曽ヶ端準(ひとし)だ。 現在38歳のキャプテン小笠原と8月2日に38歳を迎える曽ヶ端は、かつてワールドカップにも出場した元日本代表プレーヤー。小笠原は1シーズン(2006-2007)だけイタリア・セリエAのメッシーナでプレーした経験があるものの、それ以外は曽ヶ端とともに鹿島ひと筋を貫く、いわゆるバンディエラ(移籍すること [全文を読む]

【編集部コラム】G大阪の絶対的司令塔・遠藤保仁に迫り来る世代交代

超ワールドサッカー / 2017年05月01日20時00分

他チームでは、MF中村俊輔(ジュビロ磐田/38歳)や、DF中澤佑二(横浜FM/39歳)、MF小笠原満男(鹿島アントラーズ/38歳)ら遠藤より年上の選手も若手の突き上げに遭いながら、日々の激しい定位置争いに身を置いている。「脱・遠藤」を推し進めるチームの中で、どのようなリアクションを見せるのか。かつて本人が語ったように、世代交代の波に逆らう姿に期待したい。 [全文を読む]

鹿島vs磐田 試合記録

ゲキサカ / 2017年04月24日12時59分

【J1第8節】(カシマ) 鹿島 0-3(前半0-2)磐田 [磐]川又堅碁(15分)、中村俊輔(21分)、川辺駿(79分) [鹿]金崎夢生(29分)、植田直通(56分) [磐]川又堅碁(82分) 観衆:18,276人 主審:佐藤隆治 副審:山内宏志、清水崇之 └磐田が鹿島を3発粉砕、今季初の連勝 [鹿島アントラーズ] 先発 GK 21 曽ヶ端準 DF 22 [全文を読む]

俊輔の弾丸ミドルなどで磐田が鹿島を3発粉砕、今季初の連勝飾る

ゲキサカ / 2017年04月22日17時04分

2点ビハインドの鹿島は後半開始から安部とMF小笠原満男に代えてFWペドロ・ジュニオールとMFレオ・シルバを投入。反撃に出ると、後半18分、FW金崎夢生の右クロスにペドロが右足で合わせるが、八田の好セーブに阻まれる。同23分にはMF遠藤康のスルーパスに金崎が反応し、八田もゴールを空けて飛び出すが、一歩早く金崎が追いつき右足でシュート。しかし、これもゴール左 [全文を読む]

鹿島vs磐田 スタメン発表

ゲキサカ / 2017年04月22日12時49分

[4.22 J1第8節](カシマ) ※15:00開始 主審:佐藤隆治 副審:山内宏志、清水崇之 [鹿島アントラーズ] 先発 GK 21 曽ヶ端準 DF 22 西大伍 DF 5 植田直通 DF 3 昌子源 DF 16 山本脩斗 MF 6 永木亮太 MF 40 小笠原満男 MF 25 遠藤康 MF 30 安部裕葵 FW 33 金崎夢生 FW 8 土居聖真 控え [全文を読む]

<サッカー>日本に敬服せざるを得ない!2002年日韓W杯メンバーの半数近くがまだ現役なんて―中国メディア

Record China / 2017年04月01日13時40分

その中でGK楢崎正剛、川口能活、曽ケ端準、MF三都主アレサンドロ、松井大輔、小野伸二、明神智和、小笠原満男、稲本潤一、FW中山雅史、高原直泰の11選手が現役として紹介されている。ただ、松井と高原は同大会の代表には選ばれておらず、実際は9人ということになる。 記事によると、日韓大会の代表で今も現役なのは、中国ではDF杜威(ドゥー・ウェイ)のみ、韓国ではFW李 [全文を読む]

伊紙が50歳のカズを特集「セリエAと日本サッカーの架け橋」…トッティとも比較

ゲキサカ / 2017年02月27日13時16分

三浦は「セリエAと日本サッカーの架け橋となった先駆者」であり、のちに名波浩、中田英寿、中村俊輔、柳沢敦、大黒将志、森本貴幸、小笠原満男、長友佑都、本田圭佑ら多くの日本人トップ選手が後に続いた。 さらに17歳から23歳までブラジルにサッカー留学をしたエピソードを挙げて、三浦が「典型的な日本人とは違う」ことを紹介した。ブラジルでドゥンガとともにプレーし、ジーコ [全文を読む]

横浜FMvs鹿島 試合記録

ゲキサカ / 2017年01月12日16時23分

【天皇杯準決勝】(ヤンマー) 横浜FM 0-2(前半0-1)鹿島 [鹿]土居聖真(41分)、鈴木優磨(73分) [横]金井貢史(55分) 観衆:14,302人 主審:飯田淳平 副審:名木利幸、五十嵐泰之 ├鹿島が19冠王手 ├俊輔、去就について言葉濁す ├齋藤学「自分がどこで成長できるか」 └2アシスト柴崎「次が大事」 [横浜F・マリノス] 先発 GK 1 [全文を読む]

横浜FMvs鹿島 スタメン発表

ゲキサカ / 2016年12月29日14時14分

[12.29 天皇杯準決勝](ヤンマー) ※13:05開始 主審:飯田淳平 副審:名木利幸、五十嵐泰之 [横浜F・マリノス] 先発 GK 1 榎本哲也 DF 13 小林祐三 DF 22 中澤佑二 DF 15 新井一耀 DF 24 金井貢史 MF 8 中町公祐 MF 29 天野純 MF 20 マルティノス MF 25 前田直輝 MF 11 齋藤学 FW 17 [全文を読む]

超WS編集部選定! J1・1stステージのベスト11はこれだ!

超ワールドサッカー / 2016年07月01日21時00分

中盤の底にどっしりと構えるMF小笠原満男をパトーナーに、的確な散らしとボックス・トゥ・ボックスの動き出しで、チームの攻撃性能を高めた。第14節のヴァンフォーレ甲府戦では1得点を記録するなど今シーズンのベストパフォーマンスを披露。能力を考えれば全体的に物足りなさを感じるが、ステージ優勝の原動力になったことは間違いない。 中村憲剛(35) [川崎フロンターレ] [全文を読む]

鹿島vs横浜FM スタメン発表

ゲキサカ / 2016年05月14日16時51分

[5.14 J1第1ステージ第12節](カシマ) ※19:00開始 主審:扇谷健司 副審:金井清一、武部陽介 [鹿島アントラーズ] 先発 GK 21 曽ヶ端準 DF 22 西大伍 DF 23 植田直通 DF 3 昌子源 DF 16 山本脩斗 MF 10 柴崎岳 MF 40 小笠原満男 MF 7 カイオ MF 32 杉本太郎 FW 33 金崎夢生 FW 18 [全文を読む]

鹿島vs横浜FM スタメン発表

ゲキサカ / 2015年11月07日12時14分

[11.7 J1第2ステージ第16節](カシマ) ※14:00開始 主審:西村雄一 副審:山口博司、岡野宇広 [鹿島アントラーズ] 先発 GK 21 曽ヶ端準 DF 22 西大伍 DF 14 ファン・ソッコ DF 3 昌子源 DF 16 山本脩斗 MF 20 柴崎岳 MF 40 小笠原満男 MF 25 遠藤康 MF 7 カイオ FW 33 金崎夢生 FW [全文を読む]

鹿島合同引退試合の出場メンバー発表!内田篤人もベンチ入り

ゲキサカ / 2015年07月05日13時28分

【ANTLERS LEGENDS(アントラーズOB主体のチーム)】 先発 GK 1 佐藤洋平 DF 2 名良橋晃 DF 3 秋田豊 DF 4 奥野僚右 DF 7 新井場徹 MF 6 中田浩二 MF 14 増田忠俊 MF 17 鬼木達 MF 66 本田泰人 FW 9 平瀬智行 FW 13 柳沢敦 控え GK 21 曽ケ端準 GK 47 古川昌明 DF 5 [全文を読む]

鹿島vs横浜FM 試合記録

ゲキサカ / 2014年09月21日21時05分

【J1第24節】(カシマ) 鹿島 1-0(前半1-0)横浜FM [鹿]遠藤康(38分) [横]栗原勇蔵(69分) 観衆:17,834人 主審:今村義朗 副審:名木利幸、川崎秋仁 └鹿島、被シュート1本で完封 [鹿島アントラーズ] 先発 GK 21 曽ヶ端準 DF 22 西大伍 DF 5 青木剛 DF 15 昌子源 DF 16 山本脩斗 MF 20 柴崎岳 [全文を読む]

鹿島vs横浜FM スタメン発表

ゲキサカ / 2014年09月20日16時51分

[9.20 J1第24節](カシマ) ※19:00開始 主審:今村義朗 副審:名木利幸、川崎秋仁 [鹿島アントラーズ] 先発 GK 21 曽ヶ端準 DF 22 西大伍 DF 5 青木剛 DF 15 昌子源 DF 16 山本脩斗 MF 20 柴崎岳 MF 40 小笠原満男 MF 25 遠藤康 MF 33 カイオ MF 28 土居聖真 FW 11 ダヴィ 控え [全文を読む]

鹿島DF西大伍が“名波ボレー”決める

ゲキサカ / 2014年08月02日21時43分

2-1と1点リードして迎えた後半25分、左サイドからのCKを獲得した鹿島は、MF小笠原満男がペナルティーアークより外にボールを上げるサインプレーを見せる。ここに走り込んだのはDF西大伍。右足ダイレクトで合わせると、シュートは一直線にゴールに突き刺さった。 今季ここまでのNo.1ゴールと言っていいようなスーパーゴールだったが、このパターンのゴールは日本代表の [全文を読む]

香川の天敵、マンUを去る 日本代表にもあった「監督と選手の確執」

日刊サイゾー / 2014年04月29日16時00分

日本代表でも、岡田武史監督の思惑と違うプレーをし続けた小笠原満男が、ハーフタイムに叱責されたということがありました。その後、小笠原は日本代表復帰を熱望したものの、W杯メンバーには選出されず。こういった戦術的確執は、サッカー界ではよくあることなんです。だからこそ、監督にはそれを埋める人心掌握術が求められるんです」(サッカー関係者) モイーズ監督が志向したサッ [全文を読む]

フォーカス