農業 新潟県に関するニュース

楽天トラベル、「農業・田舎体験が人気の宿ランキング」を発表

PR TIMES / 2016年07月28日10時48分

自然の生物や植物と家族でふれ合える六日町温泉の体験がランクイン旅行予約サイト「楽天トラベル」 ( http://travel.rakuten.co.jp/ )は、「農業・田舎体験が人気の宿ランキング」( http://travel.rakuten.co.jp/mytrip/ranking/hotel-farming/ )を発表しました。「田舎」、「農業」、 [全文を読む]

新潟の泉田知事が最先端のイチゴLED植物工場を視察

PR TIMES / 2015年04月09日16時38分

この栽培技術は、夏秋期の栽培を可能にしただけでなく、高糖度でジューシーな大粒イチゴが農業未経験者でも栽培でき、年中・世界中で展開できる新しい農業の形となるものです。4月9日、新潟県の泉田裕彦知事はいちごカンパニー株式会社(本社・新潟県胎内市、小野貴史社長)を訪れ、LEDを使ったイチゴの植物工場を視察しました。いちごカンパニーは植物工場でのイチゴ栽培技術の確 [全文を読む]

農業ブームは幻想?撤退企業数は過去最高 黒字はごく一部、地域との関係失敗も

Business Journal / 2015年02月19日06時00分

近年、農業への関心が高まっている。2005年に7904社だった農業生産法人数は、13年には1万3561社にまで増加しており、その事業形態も多様化している。例えば、大手コンビニエンスストアチェーンのローソンは、全国の農地で収穫した野菜で商品開発・流通を行っており、塚田農場などの飲食店を展開するエー・ピーカンパニーは、宮崎県日南市で農業法人APファームを設立し [全文を読む]

ホームセンターの異端児「コメリ」はなぜ農村に出店するのか?

まぐまぐニュース! / 2016年11月09日04時45分

牧歌的な雄鶏のロゴが象徴するように、ターゲットは「農業を営む人たち」。コメリはどのようにして農家のニーズに応え、そして業績を伸ばしているのでしょうか。無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが、詳しく分析しています。 コメリの地域密着経営 こんにちは、佐藤昌司です。「コメリ」は、DIY用 [全文を読む]

祖父母がいるから移住のハードルが下がる!孫ターンの実際

WEB女性自身 / 2015年06月14日06時00分

「大学時代に 将来は農業を主体とした地域づくりに関わりたい と思ったのが、孫ターンのきっかけでしたね。そして、自分のやりたいことがいちばん実現できそうな場所はどこか?と考えたときに、子どものころ、きれいな川で泳いだり、田んぼでカニを捕まえて遊んだ、楽しい思い出が詰まった、この場所が真っ先に浮かんだのです」 そう語るのは、6年前に東京から新潟県長岡市に孫ター [全文を読む]

【無料イベント】絶景棚田で巨大お絵描き、温泉や縄文時代の絶品料理も満喫!

TABIZINE / 2017年09月07日12時30分

棚田は、美味しいお米を作り出すために、地形に合わせた農業の知恵。人間が生きていくのに必要な食を生み出す、自然が産み出した美観。神々しいまでの美しさに、心が動かされますね。この棚田に家族で巨大アートを描くのですよ。 十日町市は棚田が多いことでも知られます。子供も大人も、世界的に評価される棚田を知る良いチャンス。イベントが終わった頃には、「棚田」通になっている [全文を読む]

Amazonマーケットプレイス マンスリーニュースレター Vol. 5

PR TIMES / 2014年06月23日14時33分

【販売事業者様サクセスストーリー】株式会社プラスワイズ 代表取締役 中川勇太様販売事業者名: 農業用品販売のプラスワイズ http://amzn.to/1hufHLW販売開始: 2013年5月販売カテゴリー: DIY・工具 利用サービス: Amazon出品サービス/フルフィルメントby Amazon (FBA)販売事業者様概要: 2012年創業。3代続く農 [全文を読む]

国内におけるソーラーシェアリングの普及を促進 エコ・マイファームとの業務提携に関するお知らせ

PR TIMES / 2017年08月30日13時00分

エコ・マイファームは、ソーラーシェアリングをはじめ、再生可能エネルギー導入コンサルティングを行う千葉エコ・エネルギー株式会社(本社:千葉県千葉市/代表取締役社長:馬上丈司)と、全国に5ヶ所の農業専門学校と120ヶ所の貸し農園を展開する株式会社マイファーム(本社:京都府京都市/代表取締役:西辻一真)が、ソーラーシェアリングに特化したコンサルティングサービス [全文を読む]

新潟県内初のユニット型植物工場による苗生産事業、高糖度トマト生産用環境制御型太陽光植物工場事業を開始<8月21日(月)竣工式を挙行>

Digital PR Platform / 2017年08月09日10時00分

新潟農業・バイオ専門学校の運営や、平成30年開校予定の新潟食料農業大学(設置認可申請中)の新設など、新潟県の農業活性化に取り組んでいるNSGグループが全面的にバックアップしています。同社は、新潟県において立ち遅れている「ユニット型植物工場による苗生産」と「環境制御型太陽光植物工場」の事業を行い、環境制御型スマート農業のビジネスモデルを構築し、新潟県の農業[全文を読む]

食糧危機から世界を救った日本人。稲塚権次郎「農林10号」の奇跡

まぐまぐニュース! / 2017年03月27日04時30分

稲塚権次郎とボーローグ博士~世界を変えた「農林10号」 平成2(1990)年6月1日、富山県南西部の農村部・南砺(なんと)市にある南砺農業会館で一人の白髪長身の年老いた白人が、500人ほどの聴衆に語りかけていた。 アメリカの農学者ノーマン・E・ボーローグ博士である。博士は収穫量が従来の2~3倍もある新しい小麦の品種を世界に広め、それによって1960年代に [全文を読む]

アイデムフォトギャラリー[シリウス] 橋本紘二写真展「『雪国春耕』 越後松之山 昭和50年代の山村の記録」 期間:2015年4月16日(木)~4月22日(水)

PR TIMES / 2015年04月13日11時07分

現在の松之山は、一見、暮らしは便利になり、農業も機械化され楽になったように見えるが、実情は農業をやっている人はみんな高齢になり、農業後継者はほとんどいない。人口は40年前の三分の一の2千2百人に減っている。一人暮らしのお年寄りの家も多く、嫌な言葉だが「限界集落」になっている集落もある。 昭和50年代は、豊かになろうと夫婦別離になる出稼ぎまでしてガムシャラ [全文を読む]

NSG夏フェス「お仕事体験&大学園祭2017」 約42,000人を集めて盛況に開催!

Digital PR Platform / 2017年07月24日14時00分

新潟県内に展開する全27校の学科を合わせると210学科(243コース)にもなり、文部科学省が分類する8つの分野(工業、農業、医療、衛生、教育・社会福祉、商業実務、服飾・家政、文化・教養)をすべてカバーしている。また学生は新潟県内のみならず、全国47都道府県の高校生のほか、社会人、大学、短大の卒業者などの入学が毎年増加している。特に近年では中国、香港、韓国、 [全文を読む]

酒どころ新潟生まれの新タイプ日本酒とおつまみの定期購入サービスSAKE+(さけぷらす)サービス開始!~店長厳選のお酒とおつまみを毎月定期的にお届けします~

DreamNews / 2014年11月07日18時00分

環境省認定の平成の名水百選の大出口泉水の湧水を棚田に農業用水として引き込み、その水で育った酒米を使用しております。さらにその湧水を酒造りの仕込み水としても利用し、酒米の栽培から酒造りまで、自然由来の同じ水を使用しているのも魅力の一つです。▼おつまみ:いかぼっくり (株式会社横山蒲鉾店)新潟県上越市高田地区にある100年以上の歴史を持つ老舗かまぼこ店が丹精込 [全文を読む]

実は7割が大人向け!「お弁当作りの頻度が高い県」TOP3

WooRis / 2017年04月10日07時00分

2位、3位も農作物を多く作る農業地域で食料が安価で新鮮、また海に面していて魚も豊富。また車通勤の場合も多いため、お弁当が運びやすいという背景もありそうですね。ワースト3都県はいずれも人口の多い大都市圏がある都県で、上位3位とは逆の理由でお弁当を作らないのかもしれません。10年で240万!? 毎日お弁当を作ると節約できる額はしかし「ゲッ、お弁当作りなんて面倒 [全文を読む]

自然電力グループ初となるソーラーシェアリング 新潟県新潟市におけるメガソーラー発電所着工のお知らせ

PR TIMES / 2017年03月07日12時37分

ソーラーシェアリングとは、農地に支柱を立てて太陽光発電設備を設置し、農業と発電を同時に行う太陽光発電事業の手法を指します。この度着工いたしましたソーラーシェアリングによる太陽光発電事業は、新潟県新潟市に位置する鈴木農園の一部約18,900m2 の農地を利用して、出力約1.36メガワット(DC)のメガソーラーを建設するものです。発電所の下部にあたる農地では [全文を読む]

12/4(金) 社会起業大学スタディツアー IN 新潟燕三条 「地域の特性を生かした伝統的ものづくりから学ぶ懐かしい未来」

DreamNews / 2015年10月29日09時00分

また豊かな自然にはぐくまれた水産・農業も盛んです。 本ツアーでは、伝統産業であるものづくりの現場を視察するほか、水産・農業関係の現場、市役所や地元企業を訪問し、地域産業における現状や課題について伺います。 そして、これらの視察訪問で得られた気づきを踏まえ、参加者同士が地元産業発展のためにできることは何かを考えるワークショップを行います。 最後には、地元の皆 [全文を読む]

東京駅八重洲口激変!超高層ビル2棟建設、小学校も入居、地下に巨大バスターミナル…

Business Journal / 2015年07月21日06時00分

国家戦略特区とは、地域限定で医療や農業、都市開発などの規制を緩和し、新しい産業や雇用を生み出す制度だ。安倍晋三政権が成長戦略の柱のひとつに据えている。 2013年3月に国家戦略特別区域法が成立し、その第1弾として14年3月に東京圏(国際ビジネス拠点)、関西圏(先端医療技術の研究・応用)、福岡県福岡市(起業家の拡大)、兵庫県養父市(山間農業の改革)、新潟県新 [全文を読む]

コシヒカリ生んだ福井県民 「新潟で生まれた」の誤解に怒り

NEWSポストセブン / 2015年07月09日16時00分

「コシヒカリが、新潟で生まれた品種と誤解している人が多い」と憤るのは県内で農業を営む60代の男性だ。 「コシは越後の越ではなくて、越前の越。越(こし)の国で光り輝くという願いから命名された」(同前) 誕生したのは1956年、福井県農業試験場だった。しかし、収穫期の気温の問題や台風の影響など問題があり、新潟県が先に推奨品種として登録。そのため新潟イメージが根 [全文を読む]

セブン&ローソン、農業本格化 失敗繰り返す企業による農業経営、農業関係者は強い不信感

Business Journal / 2015年07月02日06時00分

小売り大手の農業参入が本格化してきた。セブン&アイ・ホールディングス(HD)は、農業の国家戦略特区に指定された新潟県新潟市で野菜作りに乗り出す。同社の参入は、6月9日に行われた国家戦略特別区域会議で認められた。 農業生産法人は役員の過半が農業従事者であることが求められるが、新潟市の特区では1人いればいいという特例が利用できる。セブン&アイHDは、この規制緩 [全文を読む]

苺が年中&世界中で「旬」になる?LEDを使った閉鎖型植物工場システム

FUTURUS / 2015年03月27日20時42分

しかし、最先端の農業技術を利用すれば、イチゴは年中栽培が可能となり、さらには大きさをコントロールすることも可能だという。 日本にもこうした先進的な取り組みを行う植物工場があり、つい先日も世界最大のイチゴを収穫したことが大きな話題となった。 ■ LEDを使った世界初の閉鎖型植物工場で栽培 新潟県胎内市にあるいちごカンパニーは、高糖度の『とろける香りイチゴ』を [全文を読む]

フォーカス