ニュース 山口県に関するニュース

佐々部清監督よ、なぜそこまでやる。12年の介護生活を描く自主的映画

まぐまぐニュース! / 2017年05月01日21時00分

映画『八重子のハミング』 5月6日(土)有楽町スバル座ほか、全国ロードショー 監督・脚本:佐々部 清 原作:陽 信孝「八重子のハミング」(小学館) 出演:升毅、高橋洋子、文音、中村優一、安倍萌生、辻伊吹、二宮慶多、上月左知子、月影瞳、朝加真由美、井上順、梅沢富美男 製作:Team『八重子のハミング』シネムーブ/北斗/オフィス en 配給:アークエンタテイ [全文を読む]

日本だけ遅刻に厳しすぎ? ここまで違う、世界の「時間感覚」

まぐまぐニュース! / 2017年01月02日07時00分

大物過ぎ! 華麗なるプーチンの遅刻遍歴 わかりやすいものに、12月17日付のライブドアニュースに掲載されたFlashの記事によると、首相や大統領だけでなくローマ法王やイギリスのエリザベス女王のような方々との会談にも遅刻した実績があるのだ!! 具体的には、 ・2000年韓国・金大中大統領 30分遅刻ローマ法王ヨハネパウロ2世 15分遅刻 ・2003年イギリ [全文を読む]

魔力が漲る美しき甘み。悪魔も癒す山口・萩のレア銘菓「夏蜜柑丸漬」

まぐまぐニュース! / 2016年06月04日07時00分

メルマガに記載のアドレスに悩みや質問を送ってくれればメルマガで公開回答するぞ! ガッハッハッハ!! 出典元:まぐまぐニュース[全文を読む]

不機嫌な記者会見の芥川賞受賞作家 ウニのように味わい深い

NEWSポストセブン / 2012年01月21日16時00分

食事情に詳しいライター・編集者の松浦達也氏がニュースや著名人などに縁のある料理を紹介する「日本全国縁食の旅」。今回は異例の芥川賞受賞記者会見で注目を集めた作家・田中慎弥氏の、地元・下関の意外な名物について語ります。 * * * 第146回芥川・直木賞が発表された。今回、話題をさらったのは、『共喰い』で芥川賞を受賞した、山口県下関市在住の田中慎弥氏。実際の機 [全文を読む]

全部ハズレなし!編集部がオススメするご当地の美味しいお土産ベスト10【山口県編】

PR TIMES / 2017年02月28日11時16分

※同内容はWebサイト「じゃらんニュース」内においても、紹介していますので併せてご覧くださいhttp://www.jalan.net/news/article/95658/【調査概要】アンケート期間:2016年4月15日(金)~4月17日(日)対象:山口県在住の20~69歳の男女有効回答数:100件調査内容:地元民が他県の方におすすめしたいご当地の美味しい [全文を読む]

元記者が怒りの告発。朝日新聞に「誤報」が掲載されてしまった訳

まぐまぐニュース! / 2017年02月22日19時00分

出典元:まぐまぐニュース[全文を読む]

突然入った「北朝鮮の高官が日本亡命」という極秘情報の真偽

まぐまぐニュース! / 2016年10月11日01時21分

突然入ってきた「北朝鮮の幹部が日本に亡命した」という、真偽不明の極秘ニュース。10月5日の記者会見で菅官房長官は「(韓国メディアの)報道のような事実はない」と否定しました。メルマガ『宮塚利雄の朝鮮半島ゼミ「中朝国境から朝鮮半島を管見する!」』の著者で北朝鮮の内情に精通している宮塚先生に、某マスコミからもたらされた今回の情報は本当なのでしょうか? その信憑性 [全文を読む]

“米国は世界唯一のグローバルパワーに” 米高官が自信 日本の軍事支援にも期待

NewSphere / 2014年10月02日18時04分

そのため尖閣を略奪しようとの動きがあれば、アメリカはそれに対応する」「もちろん同盟国がいかなる危機に際しても必ずそれに応じるだろう」(米軍事専門紙『ディフェンス・ニュース』) 同氏は、日本を「アジアにおける同盟の礎石だ」と呼んだ。 1997年、日本外務省と米国防省は、有事にどう協力しあうか防衛協力の指針を作成した。そして2013年、日米政府は、さらに緊密な [全文を読む]

2013年のお天気10大ニュースは

tenki.jp / 2013年12月20日22時20分

今年のお天気ニュースといえば、何を思い浮かべますか?日本気象協会では2013年のお天気10大ニュースをまとめました。皆さまの記憶に残ったニュースは入っているでしょうか。竜巻による大きな被害20日は和歌山や神戸や大分、高知など西日本で続々と初雪を観測。関東は大気の状態が不安定で、午後1時半頃、東京都心で直径7ミリのひょうを観測。都心でも雨に雪がまじり、初雪を [全文を読む]

山口県知事選に惜敗した無党派・飯田哲也インタビュー「超保守県の分厚い鉄板の下に、抑圧されたマグマがあった」

週プレNEWS / 2012年08月06日00時30分

【関連ニュース】不倫報道の橋下大阪市長、その最新支持率は?消費税増税法案に仕掛けられた自民党の“黒い思惑”とは?政治が脱原発のためにすべきこと 岸 博幸「『2030年に原発ゼロ』と、政府はまず言わないといけない」どん詰まりだったはずの民主党“造反組”が突如、息を吹き返した?大阪維新の会のマニフェスト「維新八策」、改定案の狙いは「若者重視」にあり [全文を読む]

小さな島から始まった、日本の漁業の「イマ」を変える取り組み

Forbes JAPAN / 2017年07月05日15時00分

萩市に直接的な被害があったわけではないが、坪内はニュースなどを通じて東北の漁業、そして漁師に甚大な被害が及んでいるのを知った。同じように漁業が収益の柱となっている萩市にとって、対岸の火事とは思えないことだった。「東日本大震災の被害を見て、『私たちにもできることはあるかもしれない』と思いました。そこで、山口県漁協大島支店に所属する、まき網漁船の3船団でグルー [全文を読む]

在日米軍の基地移設を他人事でなく引き取れるか――「自分のところにだけは来るな」は沖縄への差別

週プレNEWS / 2017年06月17日11時00分

このニュースにネットでは「武蔵野市、よくやった」との称賛の声が飛び交った。同月、長野県中川村でも同様の採択がなされた。だが、この2例は例外的な決議だった。 上記、バークレイ市の姉妹都市のひとつ、大阪府堺市でも15年9月29日、市議会議員から「辺野古への米軍基地建設の断念を求める意見書」が出されたが「否決」される。次いで16年3月25日、「地方自治を尊重し、 [全文を読む]

『ニュースウオッチ9』有馬キャスター「まずは楽しむこと」

NEWSポストセブン / 2017年06月09日16時00分

この4月からの大幅リニューアルが話題の『ニュースウオッチ9』(NHK総合、毎週月~金、21時~)。メーンキャスターを務めるのは、ふわっとした前髪で人気急上昇中の有馬嘉男記者だ。これまで、何かと桑子真帆アナ(30)のほうが話題になりがちだったが、そのかたわらで微笑むロマンスグレーの有馬記者に密着した。 『有馬嘉男』『ニュースウオッチ9』『評判』。3つのワード [全文を読む]

7年ぶり急転…「島根女子大生殺人事件」犯人が撮影したおぞましい写真(2)事件報道後「実家に帰る」と…

アサ芸プラス / 2017年01月09日09時53分

遺体発見のニュースが流れた11月6日夜には『実家に帰るので2日間休ませてほしい』と社長へ連絡を入れていた」(社会部記者) そして休み2日目となる同月8日、矢野容疑者が運転する車は山口県美祢市の中国自動車道下り線でガードレールに衝突。車は炎上し、容疑者本人と同乗者である母親が焼死した。「実父は事件の2~3年前に亡くなっていて、山口県萩市のほうにある墓参りから [全文を読む]

4島返還など不可能。プーチン来日の各紙報道でわかった「絶望」

まぐまぐニュース! / 2016年12月19日04時45分

出典元:まぐまぐニュース[全文を読む]

日本酒の復権を賭けた戦い。新潟の銘酒「八海山」大変貌のヒミツ

まぐまぐニュース! / 2016年12月16日04時45分

ニュースが伝えない日本経済を、村上龍・小池栄子が“平成カンブリア紀の経済人”を迎えてお伝えする、大人のためのトーク・ライブ・ショーです。まぐまぐの新サービス「mine」では、毎週の放送内容をコラム化した「読んで分かる『カンブリア宮殿』~ビジネスのヒントがここにある~」をお届けします。 MAG2 NEWS読者限定、「テレビ東京ビジネスオンデマンド」最大3か月 [全文を読む]

北方領土問題「既に二島返還で決定。四島返還は永久にない可能性」政府関係者が衝撃暴露!

tocana / 2016年09月29日08時30分

【その他の画像はコチラから→http://tocana.jp/2016/09/post_10925.html】「ニュースではあまり報じられていませんが、9月にウラジオストクで行われた日露首脳会談において、『二島返還』で合意したと聞いています。よって早くて12月の会談で新聞に『歯舞・色丹、二島返還』の文字が大きく躍る可能性があるでしょう。同時に『段階的に四島 [全文を読む]

[全中]青森山田の3連覇で幕…第47回大会フォトニュースまとめ

ゲキサカ / 2016年08月26日18時00分

▼決勝 [富山県総合運動公園(陸上競技場)] 青森山田中(青森) 4-0 暁星国際中(千葉) ├青森山田が3連覇!「最弱世代」が急成長で頂点に(20枚) ├終盤崩れた暁星国際…打倒青森山田誓うも初優勝ならず(20枚) ├3連覇青森山田、笑顔の表彰式 対する暁星国際は涙が止まらない(8枚) ├勝負の後は仲間に戻る…青森山田、暁星国際イレブンが肩を組んで写真 [全文を読む]

■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

HANJO HANJO / 2016年08月26日13時19分

――マーケティング活動とは、例えばどのようなことを行っているのでしょうか? [全文を読む]

母国と違う!アメリカ人が日本でヒッチハイクして感動したこと5選

TABIZINE / 2016年08月12日07時30分

世の中では嫌なニュースがたくさん報道されている昨今。そんななかでも見えないところでこんなにも優しさに溢れる素敵なことも起こっていると思うと、「やっぱり日本は素敵な国だ!」と胸を張って言いたくなりますね。 ■あわせて読みたい 母国と違う!アメリカ人が日本で驚いたこと10選~お日様の香りって何!?~ 母国と違う!ドイツ人が日本で驚いたこと7選 母国と違う!オ [全文を読む]

フォーカス