移住 愛媛県に関するニュース

“えひめ職の担い手 移住フェア” しごとから愛媛移住の魅力たっぷり見える3日間、東京都内で3週連続開催!

PR TIMES / 2016年01月18日18時46分

2月14日(日)、21日(日)、27日(土) 港区南青山 ラ コレッツィオーネにて愛媛県は、しごとを通し゛て移住先の魅力を考えることは、移住を検討する際の大きなきっかけとなると考え、地方への移住・愛媛県へのUJIターンをお考えの方々へ向けて、職を通じて移住後の暮らしをイメージできる「えひめ職の担い手移住フェア」を2月14日、21日、27日の3日間、東京・南 [全文を読む]

「愛媛で就業!農林水産まるかじり就業支援サイト」公開

PR TIMES / 2017年04月13日13時48分

~就業促進CM 『発見!えひめの笑顔』も公開~愛媛県下の農林水産就業者、総勢107組の体験談から学べるえひめ農林水産業の就業支援ネタを網羅したサービスがスタート▼愛媛で就業!農林水産まるかじり就業支援サイトhttps://ehime-marukajiri.jp/ 愛媛県は、愛媛における農林水産業への就業希望者向けに、ワンストップで情報取得ができる総合窓口と [全文を読む]

<参加無料>地域活性化シンポジウム『愛媛ではじめる新しい「イキカタ・ハタラキカタ」』supported by デジタルハリウッドSTUDIO

PR TIMES / 2015年10月26日15時43分

今回、デジタルハリウッドSTUDIOの愛媛県地域パートナー募集の一環として、株式会社AMS、AED(All Ehime Digitalcreators)、FM愛媛主催、愛媛県松山市で開催される『移住促進による地域活性化シンポジウム愛媛ではじめる新しいイキカタ・ハタラキカタ』を後援します。第一部では、「移住と地域活性」をテーマにプロブロガーのイケダハヤト氏、 [全文を読む]

高齢者の地方移住促進は愚策の最たるものと大前研一氏が批判

NEWSポストセブン / 2015年06月30日07時00分

日本創成会議が6月4日に発表した東京圏の高齢者の地方移住をすすめる提言が「現代版姥捨て山」だと批判を浴びている。なぜ批判が集まるのか、大前研一氏が解説する。 * * * 「東京圏の高齢者の地方移住を促進すべき」という民間研究機関「日本創成会議」(座長・増田寛也元総務相)の提言が波紋を広げている。同会議は昨年、出産年齢の中心である20~39歳の女性が半減する [全文を読む]

ストレスが少ない都道府県ランキング、日本一は「愛媛県」!その理由は?

Woman Insight / 2017年05月01日07時00分

心の平穏を求めて移住する際には、ぜひ参考にしてみてください。(豊島オリカ) 情報提供元:株式会社メディプラス研究所 【あわせて読みたい】 ※女ひとり旅人気1位は愛媛県!…みかん以外何があるの? ※「遠い」って、どこから感じますか?遠征好きアイドルオタクに調査した結果「日本ならどこでも近い」 ※ある意味極み!島根県の自虐ネタがヤバイことに… ※はぁ疲れた…。 [全文を読む]

愛媛県東温市、「すし米大賞」受賞米と幻の高級魚を味わう海・山コラボダイニングを開催 ~最高級すし米「井内米」と全身トロの奇跡の魚「スマ」の出会い~

DreamNews / 2016年12月22日09時00分

●広域連携型商品開発への挑戦そこで、井内地区の活性化を目指す住民団体「井内区 人・空・棚田を生かす会」では、地域産品だけに目を向けた単なる『地の物PR』ではなく、他地域の良いものと積極的に組み合わせ、より質の高いサービスとして顧客に提供することで、井内の「場」としてのブランドを高め、観光・交流人口の拡大や移住促進に活かそうと、愛媛県で海産資源が豊富な愛南町 [全文を読む]

愛媛県 松山市渾身のオリジナルロードムービー3月10日(木)ティザーサイトがオープン!!

PR TIMES / 2016年03月10日11時53分

待ち遠しい『移住お遍路 Moving☆5』公開まであとわずか![画像1: http://prtimes.jp/i/16553/4/resize/d16553-4-690930-0.jpg ]愛媛県松山市は、松山市で暮らすことの魅力を伝え、移住・定住を促進することを目的とした、オリジナルロードムービー『移住お遍路 Moving☆5』公開を前に、作品のティザー [全文を読む]

兵庫県で若者に“ふるさと”体験を提供 「ふるさとひょうごワーキングホリデー事業」1/29開始

PR TIMES / 2017年01月27日15時27分

パソナグループは、全国の地方自治体と連携して、地方企業への就職支援や移住促進等のUIJターン事業を行っています。兵庫県淡路島では、様々な人材が集う“人材誘致”による地域活性事業を行っており、2008年に農業人材を育成する「チャレンジファーム」を皮切りに、“半農半芸”という新しい働き方を提案した「ここから村」など、若者の多様な価値観に合わせた人材育成プログ [全文を読む]

松山発オリジナルロードムービー制作決定!市民ボランティアキャスト大募集

PR TIMES / 2015年12月01日18時17分

本動画は松山市で暮らすことの魅力を伝え、移住・定住を促進することを目的としています。[画像: http://prtimes.jp/i/16553/1/resize/d16553-1-926410-1.jpg ]謹啓 時下ますますご清祥の段、お喜び申し上げます。また、平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。愛媛県・松山市は、オリジナルロードムービーを [全文を読む]

スーパー公務員12人と「報道されない」地方創生の舞台裏

Forbes JAPAN / 2017年06月25日15時00分

震災を機に釜石へ移住。”はざま”で価値を生む半官半民の地域コーディネーター「釜援隊」、広域連携による起業促進「ローカルベンチャーコミュニティ」、高校生キャリア授業「釜石コンパス」などを通じ、誰もが自己決定できるエコシステムを推進。吉弘拓生 ー群馬県下仁田町同町副町長。町民による移住定住PRムービー「人と町の風景」の作成、地域づくりの勉強会などの参加費用を町 [全文を読む]

大都市圏の社会人 約半数が将来地方での生活を希望 20歳~49歳対象「Uターン・Iターン」に関する意識調査

@Press / 2016年07月22日10時00分

日本の国家的な地方創生に対する取り組みによって、社会人の多くが大都市圏での定住よりも地方への移住意識が強まっていることが浮き彫りとなりました。<将来生活したいのは>https://www.atpress.ne.jp/releases/107578/img_107578_1.jpg■地元企業への転職希望者が63%。その大半が地元転職エージェントに期待一方、大 [全文を読む]

憧れの移住生活は、あなたのそばにある。「実感! 別荘&移住物語」~中本賢の自然探訪記 福島県 猪苗代編~ 8月6日(日)ひる3時から放送

@Press / 2017年08月02日10時30分

全国無料全国無料放送のBS12トゥエルビ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森内譲)は、「『実感!別荘&移住物語』~中本賢の自然探訪記 福島県 猪苗代編~」を8月6日(日)ひる3時から放送します。 “自然遊びの達人”としても知られる俳優・中本賢が、福島のシンボル「磐梯山」を目の前に眺めながら暮らせる地に移住したご夫妻を訪ね、その暮らしの魅力を伝えます。 [全文を読む]

エディターにも大人気! 愛媛をめいっぱい楽しむ1泊2日レポート 今治編

NeoL / 2015年10月24日22時18分

7年前に東京から移住してきたというご夫婦が営むこのお店は、ご主人が自家栽培した無農薬柑橘を使用した、ヘルシーなリキュール(絶品!)や調味料、デザート類を展開する。そのほか、地元の人と作り上げられた手作り小物や、ご夫婦の趣味であるタイ小物まで、思わず手にとってしまうものばかり。安全で美味しい、かわいらしい品々はお土産にぴったり。 「Limone」 〒794- [全文を読む]

愛媛県・今治市「市民の森・野外ステージ」にて「ハズミズム2015」9/20(日)開催。

NeoL / 2015年09月01日20時11分

http://www.kisakiya.com/ alpaca(子供服・アンティーク雑貨のセレクトショップ from 京都・一乗寺) ハズミズムの実行委員で立ち上げメンバーでもある店主の馬場洋子さんが、故郷である京都にUターン移住してお店をオープン。京都のママさんたちが注目する子供服のラインナップは、「大人目線で見てもカワイイと感じるもの」を基準に選んで [全文を読む]

アルバイト求人情報サイト「バイトル」が2017年2月のフリーワード検索ランキングを発表

PR TIMES / 2017年03月23日10時50分

都市部へ移住し入学を控えた学生などが、オープニングスタッフでのアルバイト先を探し始めたものと考えられます。 [画像: https://prtimes.jp/i/2302/248/resize/d2302-248-923309-0.jpg ] ======== 調査概要 ======== ・集計対象データ:該当月、アルバイトの求人情報サイト「バイトル」のアク [全文を読む]

中古住宅をヴィンテージ風にリノベーションする「70年代不動産」増え続ける空き家の活用も念頭に、2022年までに加盟店120店舗を目指す

@Press / 2017年03月14日14時00分

今後は、地方を中心に全国で、「70年代不動産」を普及させることで、過疎化が進む市町村に若い家族の移住や定住を促すとともに、解体による廃材の低減など、社会問題の解決にも貢献していく所存です。 [全文を読む]

広島カープがセリーグ優勝!野球以外にも熱い広島の4つの魅力

しらべぇ / 2016年09月13日18時30分

野球の話題で2016年はとくに盛り上がりを見せたが、移住するのにも最適な県かもしれない。・あわせて読みたい→【速報】広島カープが25年ぶりリーグ優勝! 32年ぶりの日本一へ(取材・文/しらべぇ編集部・ニートgoma) [全文を読む]

野菜づくしのゆるキャラ? 岡山県には、“スーパーヤサイ人”がいる!?

マイナビ進学U17 / 2016年08月12日12時01分

こうした地域のプロモーションや移住促進を行うのは「市町村職員」の仕事です。さと丸くんのような一風変わったキャラクターを生み出した奈義町のように、独自の方法で目立つことを考えると共に、しっかりと地元の良さをアピールできるイベントなどの計画を立てる等、地域活性化のために市町村職員が担う役割はとても重要です。市町村職員の仕事に関心のある人は、ぜひ自分なりの町おこ [全文を読む]

フォーカス