土地 愛媛県に関するニュース

「あしたなんて説明しよう」 安倍政権“疑惑大臣ツートップ”の説明を振り返る

文春オンライン / 2017年07月22日07時00分

山本幸三 地方創生担当相 「今治市が土地で36億円のほか積立金から50億円、愛媛県が25億円を負担し、残りは加計学園の負担となった」 『週刊文春』 7月27日号 名言、珍言、問題発言で1週間を振り返る。安倍晋三首相の“腹心の友”が理事長を務める学校法人「加計学園」の獣医学部新設に関する疑惑が続く中、『週刊文春』のスクープが飛び出した。 獣医学部新設をどの学 [全文を読む]

疑惑は加計学園だけじゃない? デタラメすぎた「国家戦略特区」の“歪んだ行政”

週プレNEWS / 2017年07月12日06時00分

この場で国家戦略特区内(成田市は「東京圏」に含まれる)の事業として医学部新設を提案することが取り上げられ、最終的に成田市は約23億円相当の土地を同大学に無償提供し、校舎の建設費用・約80億円の半分も負担することにもなったのですが、この分科会に前出の阿曽沼・八代両氏が参加しているのです。 ただし、ワーキンググループの委員という肩書きではなく、それぞれ医療法人 [全文を読む]

ストレスが少ない都道府県ランキング、日本一は「愛媛県」!その理由は?

Woman Insight / 2017年05月01日07時00分

住みやすい土地って、どんな場所だと思いますか? 便利な都会、おしゃれな街……。いろんなイメージが浮かびますが、「ストレスを感じにくい街」があるなら、それもすごく気になりますよね。 先日、「女性にとっての“ストレスオフ”な都道府県ランキング2017」が発表されました! (c)shutterstock.com 上位はどこの都道府県? 共通する特徴は? 気になる [全文を読む]

加計・獣医学部の設計図でバレた、疑惑の「建設費192億円」

まぐまぐニュース! / 2017年09月01日04時30分

にもかかわらず、獣医学部誘致のために、37億円相当の土地を無償譲渡し、さらに最大で96億円もの補助金を投入する基本協定書を加計学園とかわした。借金でまかなうにしても、市民の税金で返済していくほかはない。 加計学園系列の千葉科学大学を設立するのに77億5,000万円にのぼる補助金を負担し、多額の借金にあえいでいる銚子市の二の舞となりかねない。 そんな状況に [全文を読む]

一点の曇りもないの大嘘。今度は政府公開の「議事要旨」に疑惑

まぐまぐニュース! / 2017年08月26日11時34分

総理の親友が経営する加計学園が三十七億円の土地を無償で今治市から提供を受けていると」 この時期、野党は森友学園の小学校新設問題をめぐる疑惑の追及に躍起だったため、船山議員の質疑は、問題の指摘ていどに終わったが、「第二の森友学園疑惑」として野党の新しいターゲットになることは明らかだった。安倍官邸が緊急事態として対応を急いだことは想像に難くない。 塩見参事官は [全文を読む]

加計だけじゃない。安倍官邸を襲う「第3の森友」国際医療福祉大学

まぐまぐニュース! / 2017年06月08日19時18分

来年4月開校予定で、そのために特区に選ばれた愛媛県今治市はキャンパス用に36億円相当の土地を無償譲渡。さらに建設費の約半分、約96億円も市が補助金を出す。 これに対し、国際医療福祉大学の医学部新設は38年ぶりに認められた(正確には震災復興を名目に同じく特例で認めた「東北薬科大」16年4月開設を除き)。成田市は23億円相当の土地を無償貸与。また建設費用の約半 [全文を読む]

麻生氏も苦言。安倍首相に関わりが深い、第2の「森友学園」疑惑

まぐまぐニュース! / 2017年04月21日04時45分

彼が目をつけたのが、今治市の「いこいの丘」16.8ヘクタールの広大な土地である。もともと、愛媛県が計画していたドームや運動公園の建設用地にあてられる予定だったが、資金難による計画のとん挫で、宙に浮いていた。 加計氏は、今治市に大学の獣医学部建設計画を持ちこんだ。獣医学部は獣医学生の定員規制により新設が認められていなかった。そこで、小泉内閣がはじめた「構造 [全文を読む]

ショップチャンネル 日本各地の名品・名産を紹介する人気特別番組 『日本を見つけよう~愛媛~』10月20日(木)放送

PR TIMES / 2016年10月17日10時23分

時には現地中継を交え、商品だけでなくその土地ならではの魅力をたっぷりと伝える、 ショップチャンネルならではの特別企画です。 「日本を見つけよう~愛媛~」 販売商品について ◆ 『愛媛の美味しいフード 厳選お取り寄せ!』 放送時間 10:00~/11:28~/15:00~/17:00~ [画像2: http://prtimes.jp/i/3563/232/ [全文を読む]

防災対策「自分のまちを知る」ことの重要性は?

JIJICO / 2015年03月27日17時00分

自宅や職場がある地域の土地の特徴を把握 自然災害による被害を最小限に抑えるためには、ひとりひとりが日頃から防災意識を持ち、万が一に備えることが必須です。基本的な防災対策として「建物の安全確保」「家庭や職場などにおける緊急時の連絡方法と避難場所の確認」「防災・避難用品の準備」が求められます。 より具体的な対策をとるためには、自宅や職場などがある地域の「土地[全文を読む]

やきとりが名物になっている全国7都市 自慢の味を一堂に集めた店

ぐるなび / 2015年02月20日17時10分

北海道室蘭市の「一平」や埼玉県東松山市の「やきとりひびき」、愛媛県今治市の「まる屋」など、やきとりが名物とされている土地から集結した有名店が、それぞれの個性や特長を生かしたメニューを提供している。 店によって異なる味付けや肉の種類も楽しみのひとつ。例えば「やきとりひびき」で出しているやきトンは、炭火でじっくり焼いた埼玉県産の黒豚 を、白みそをベースにニンニ [全文を読む]

揚げパンは、実は全国区ではない!? 給食の意外な「ご当地メニュー」って何がある?

進路のミカタ / 2017年09月06日12時01分

■高級品の松葉ガニが、給食で1人1杯食べられる!?学校給食のご当地メニューで多く見られるのは、その土地で漁獲量や収穫量が多い食品が使われたもの。その一例として、鳥取県岩美町の中学校の給食では、「松葉ガニ」が出されることがあるようです。国産の松葉ガニは高級品なのですが、なんとこの岩美町では、生徒1人1人に、松葉ガニが1杯ずつ配られるという大盤振る舞い。給食の [全文を読む]

森友と同じ構図に 加計学園「建設費水増し疑惑」に新証拠

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年08月25日09時26分

高く見積もっても、坪単価100万円が関の山でしょう」 ちなみに、土地の造成や謎のワインセラーの整備費なども含めると、獣医学部キャンパスにかかる総事業費は計192億円。愛媛県と今治市は、半分の96億円を補助する方針を決定している。市は補助金の支出について「6月に(学園側から)詳細な工事費内訳書の提出があり、審査を行っている」という。 このまま審査が通れば、建 [全文を読む]

加計の学部新設、文科省未認可のまま今治市が133億円助成…市民が住民監査請求へ

Business Journal / 2017年06月13日06時00分

その一方で、両者の間で「解除条件付土地無償譲渡契約書」が締結され、16.8ヘクタールの市有地を無償で譲渡することが決められた。3月の同市市議会は、これら基本協定書と譲渡契約書を承認し、基本協定書に基づく最大96億円の補助金支出を確認するとともに、加計学園は譲渡を受けた土地において獣医学部建設に入って行った。●住民、違法と訴える 黒川氏ら住民の監査請求の主張 [全文を読む]

安倍首相 妻の名誉校長就任に「勝手なことを…」とこぼした

NEWSポストセブン / 2017年03月10日07時00分

昭恵さんがその土地に新設される小学校の名誉校長だったことから、何らかの政治的な圧力や口利きがあったのではと疑われている。 国会の論戦では過去のロッキード事件をもじった“アッキード事件”なる言葉も飛び出し、安倍首相が「限度を超えている。不愉快だ」と気色ばむシーンが見られた。政治評論家が指摘する。 「安倍首相は『妻は私人だ!』と主張していましたが、経済産業省と [全文を読む]

安倍首相に“第二の森友学園“疑惑! 親友が経営、昭恵夫人が名誉園長の学校法人に特区指定、37億の土地がタダに

リテラ / 2017年03月02日18時44分

昭恵夫人が名誉園長を務め、自分の親友が経営する学校法人のために規制緩和をして、結果、この学校法人が経営する大学に約17万平方メートル、開発費も含めると37億円におよぶ土地が無償譲渡される予定になっているというのだ。 この学校法人というのは、岡山県に本拠を置く加計学園グループ。岡山理科大のほか、倉敷芸術科学大、千葉科学大など岡山県内外の5つの大学をはじめ、 [全文を読む]

歴代1位は41℃!日本の最高気温を記録した場所はどこ?

TABIZINE / 2016年08月10日11時00分

その場所はどこだかご存知ですか? そこで今回は気象庁の情報をもとに、今までで最も高い気温を記録した土地をクイズ形式で紹介したいと思います。 日本で最も高い気温を記録した場所はどこ? 全国にはだいたい21kmの間隔で、風向きや風速、気温や日照時間を測る観測機が置かれています。その数はおよそ840か所。さらに観測機の置かれた環境によって結果に影響が出ないように [全文を読む]

【戦後70年】日本軍と共に闘った妖怪 ― 「軍隊狸」大活躍の怪

tocana / 2015年08月15日17時00分

日本が戦争になると、その土地土地の氏神様やお化けたちが、陰ながらに日本軍を支えていたという話がある。古くから自然万物に「八百万の神」の存在を認め、それら全てを畏怖し崇拝するという独自の宗教観を持った日本という国ならではの逸話ではないだろうか。 そんな中、日本軍にとって最も心強い味方になっていた妖怪がいた。それが「軍隊狸」だ。 ■狸信仰から生まれた妖怪 「軍 [全文を読む]

加計学園:「市の土地譲渡は違法」今治市長を市民が提訴

毎日新聞 / 2017年09月06日12時20分

【松倉展人、木島諒子】 [全文を読む]

2日間限りのプレミアムな野外レストラン“DINING OUT UCHIKO with LEXUS”先着72名様限定でチケット発売開始

PR TIMES / 2017年09月05日11時32分

食を通じて地域に残された美しい自然や伝統文化、歴史、地産物などを再編集し新たな価値として顕在化させ、五感すべてでその土地の豊かさを味わうプレミアムな野外レストラン「DINING OUT(ダイニングアウト)」は、2017年10月28日(土)、29日(日) に、愛媛県喜多郡内子町にて、第12弾となる「DINING OUT UCHIKO with LEXUS(ダ [全文を読む]

地方創生に鳥たちが頑張る! 自治体コラボの「いいとことりっぷ」がかわいい

マイナビニュース / 2017年08月25日15時53分

井上氏の奇想天外なアイデアによって生み出された鳥「いいとことりっぷ」たちが、その土地の「いいとこ」を身にまとい、それぞれの土地への来訪者、移住者の誘致を推進、ガイド役となる。 全ての「いいとことりっぷ」は、各市町村の「いいとこ」と鳥を組み合わせたデザインとなっている。「神戸オードリー」「佐世保リンダ」「松本ライトニング」など、47都道府県から選ばれた47自 [全文を読む]

フォーカス