審査 常陽銀行に関するニュース

フューチャーアーキテクト、常陽銀行の渉外・融資支援システムを構築 ~平成26年2月に本稼動~

PR TIMES / 2014年05月08日11時28分

常陽銀行では平成23年度から25年度にかけての第11次中期経営計画基盤強化プラン『J-Cube』において、「地域と共に成長するベストパートナーバンク」を目指す姿として掲げ、法人顧客向けビジネスの強化施策として、営業活動と審査業務・与信先管理の連携やBPRの推進などに取り組んできました。特に法人顧客向けの営業活動においては、「営業活動時間の創出(量の拡大)」 [全文を読む]

ISID、常陽銀行のコールセンターシステムを刷新―オペレータ業務の効率化を実現、生産性向上を支援

JCN Newswire / 2012年06月29日11時33分

<ご参考資料>●BANK・R(バンクアール)について( http://www.isid.co.jp/solution/finance/bankr.html )地域金融機関の経営課題にフォーカスし、融資・審査や営業チャネル構築、リスク分析など、高い専門性が求められる領域の業務に特化したパッケージです。業務ごとに機能を分けたモジュールによって構成され、業務優先 [全文を読む]

常陽銀行向け渉外・融資支援システムに無担保ローン機能を追加

PR TIMES / 2016年06月30日11時39分

審査回答のスピード化と当日の融資実行ローン審査システム・勘定系システムとの連携頻度を高めることで、融資案件における同行員の作業負荷を軽減させて業務を迅速化します。これにより迅速な審査回答はもとより当日の融資実行も可能になり、顧客満足度の向上に大きく寄与します。また、個人ローン業務の事務を担当するローンセンター向けには、気付きの提供や期日管理、各業務への導線 [全文を読む]

常陽銀行で新渉外・融資支援システムの開発を開始

PR TIMES / 2013年02月22日11時51分

平成23年度から25年度にかけて取り組んでいる第11次中期経営計画 基盤強化プラン『J-Cube』では、目指すべき姿として「地域と共に成長するベストパートナーバンク」を掲げており、法人顧客向けビジネスの強化施策として、営業活動と審査業務・与信先管理の連携やBPRの推進などを行っています。なかでも法人営業については、「営業活動時間の創出(量の拡大)」と「顧客 [全文を読む]

中小企業の利便性を高める新たなFinTechサービスについて常陽銀行と共同で研究へ

PR TIMES / 2016年04月20日16時02分

これにより常陽銀行では、このデータを活用して1.融資申し込み手続きを簡素化するシームレスな融資申込サービス、2.タイムリーな資金調達を実現する新たな審査モデルの構築、3.融資先企業の経営課題を解決するコンサルティングサービス――など中小企業の利便性を高める新サービスの検討をすすめていきます。 一方TKCでは、TKC全国会会員(税理士、公認会計士等)と常陽 [全文を読む]

常陽銀行の渉外・融資支援システムに個人ローン機能を追加

PR TIMES / 2015年11月04日12時07分

関連システムとの連携による融資事務の効率化・堅確化個人ローン審査システムとの案件情報の連携とホストシステムへの実行情報の連携を実装したことで、重複入力の廃止など業務の効率化や迅速化とともに、入力・転記ミスを防止して融資事務を堅確化します。今回リリースした追加機能は個人ローン業務BPRプロジェクトの第一段階として住宅ローン業務を対象としており、次段階は無担保 [全文を読む]

すみ分け崩壊で容赦ない潰し合い!金融業界、サバイバル再編勃発

Business Journal / 2015年11月01日06時00分

最終審査に地銀連合と野村が残った時には、野村は当て馬のように見られていた。ところが、土壇場で野村が地銀連合を100億円上回る1200億円の買収額を提示したことが決め手となった。地銀グループのまとめ役、横浜銀行の大失態といわれた。 野村の狙いは、あくまで再生ビジネス。長期にわたり地銀を経営する考えはなく、再上場の際に持ち株を売り抜けてリターンを得ることが目的 [全文を読む]

フォーカス