京都大学 東京農工大学に関するニュース

離れていることを感じさせない「超臨場感テレワークシステム」を開発

JCN Newswire / 2015年09月30日11時04分

「CEATEC JAPAN 2015」および「けいはんな情報通信フェア2015」に出展TOKYO, Sept 30, 2015 - (JCN Newswire) - 沖電気工業株式会社<社長:川崎 秀一、以下「OKI」>、日本電気株式会社<代表取締役 執行役員社長:遠藤 信博、以下「NEC」>、シャープ株式会社<社長:髙橋 興三、以下「シャープ」>、国立大 [全文を読む]

NEDO開発促進事業に選ばれた「新規機能性脂肪酸HYA」の研究成果を8月26日(金)にイノベーション・ジャパン2016で発表 8月25日(木)26日(金)、東京ビッグサイトで開催

@Press / 2016年08月09日16時00分

京都大学 小川 順教授との共同研究により発見されました。また、京都大学 菅原 達也教授、広島大学 鈴木 卓弥教授、東京農工大学 木村 郁夫テニュアトラック特任准教授との共同研究を通じて、HYAに抗肥満効果、腸管バリア保護機能、血糖値低減作用など、ヒトの健康に有益な効果があることを確認しました。 [全文を読む]

太りやすい人・太りにくい人、その違いは腸内細菌「やせ菌」にあった!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月25日09時00分

■『新発見! 「やせ菌」スープダイエット』 監修:木村郁夫 発売日:2016年6月25日(土) 出版社:主婦の友社 木村郁夫(きむら・いくお) 京都大学大学院 薬学研究科 生命薬科学専攻 博士課程修了。現在は、東京農工大学大学院 農学研究院 応用生命化学専攻 代謝機能制御学研究室 テニュアトラック特任准教授。平成28年度、文部科学大臣表彰 若手科学者賞を [全文を読む]

機能性脂肪酸「HYA」が腸管の炎症を抑える効果を持つことを発表 ― 潰瘍性大腸炎、クローン病などの難病治療の可能性を示唆 ―

@Press / 2015年03月30日13時00分

京都大学(同大学院農学研究科 小川 順 教授、以下「京都大学」)を中心とする腸内細菌脂質代謝研究グループは、食品から摂取されるリノール酸などの脂肪酸の腸内細菌代謝物について研究を進めており、代謝物の一つであるHYAが健康に有益な効果をもたらすことを確認しています。また、HYAは乳製品、食肉、発酵食品中にも微量含まれていることが判明しました[*5]。 この度 [全文を読む]

音楽療法の専門家のもとで作った18分の音の処方箋 新刊『もやもやがスーッと消える528Hz CDブック』4/24発売

@Press / 2017年04月24日13時30分

東京農工大学大学院修了後、京都大学にて理学博士取得。首都大学東京および尚美学園大学で講師、中国・長春中医薬大学、東北師範大学で客員教授を務める。主な著書に『聴くだけで心と体が安らぐ周波数「528Hz」CDブック』(イースト・プレス)など。 URL: http://www.wagoh.jp/ ■書籍概要 書名 : もやもやがスーッと消える528Hz CDブッ [全文を読む]

参加者70%が他県の女子大生!くくりの森の農業インターンシップ(農業体験+販売体験)受け入れ開始!

PR TIMES / 2016年06月07日18時33分

過去の参加実績校:東京大学、京都大学、名古屋大学、東北大学、東京農工大学、お茶の水女子大学、神戸大学、早稲田大学、青山学院大学、東京外語大学など。本年度は100名程度の受け入れを予定しています。インターンシップ概要:http://www.cucuri.jp/sp_2_2014_intern.htmlインターンシップ受付先 キャリアフィールド株式会社 03- [全文を読む]

定額音楽配信の『スマホでUSEN』(税抜き490円)で、気軽に英語耳 埼玉医科大教授監修「英語耳を育てるモーツァルト」チャンネル誕生

PR TIMES / 2015年09月10日11時50分

東京農工大学大学院修士課程修了後、京都大学で理学博士取得。免疫音楽医療学などが専門。 「モーツァルト音楽療法で未病克服力をつける」「音楽療法元年」など、音楽療法に関する著書多数。企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

【東大生、東北大生が最も読んでいる本!】藻谷浩介・NHK広島取材班著『里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く』が総合売り上げランキング第1位

PR TIMES / 2014年08月04日15時03分

Book Best10は、「北海道大学生協」「東北大学生協」「東京大学生協」「早稲田大学生協」「慶應義塾生協」「名古屋大学生協」「京都大学生協」「同志社生協」「大阪大学生協」「九州大学生協」の10生協の書籍部で、今売れている本(全ジャンル)のベストテンを月に1回発表しているものです。 『里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く』は、上記2大学以外でも [全文を読む]

中国発PM2 .5汚染で「肺がん」「不妊症」激増の危機

WEB女性自身 / 2013年11月17日07時00分

大気汚染の健康への影響を研究している京都大学医学部・山崎新准教授は、まだ研究段階だと前置きしながらも、PM2.5の健康被害についてこう語る。 「ぜんそくの発症者数が大幅に増加するという論文など、PM2.5の健康被害を示す研究が海外を中心に多く発表されています。PM2.5はごく微小な粒子のため、肺の奥や血管にまで侵入し、動脈硬化や脳梗塞などの循環器系疾患を引 [全文を読む]

フォーカス