死亡 金正日に関するニュース

金正恩氏がカダフィ大佐と同じ末路を辿る可能性を専門家指摘

NEWSポストセブン / 2012年02月27日16時00分

彼をよく知る朝鮮労働党の幹部・仮称「ミスター・キム」によれば、金正日は死の直前、「たびたび父・金日成が夢に出てきて、私にたくさんのお金を手渡す」という“悪夢”を見ていたそうだが、現実の世界では、死亡する直前、金正日を苦しめたのが、北アフリカと中東地域の民主化運動「アラブの春」、そして、そのリビアへの波及だった。当時の状況を、ジャーナリストの新村住人氏がリポ [全文を読む]

元総理安部晋三「新・美しい国」への道(3) 「北の核」を巡る愚かな錯覚

アサ芸プラス / 2012年05月09日10時57分

平成14年9月の訪朝時、北朝鮮は「5人生存、8人死亡」と発表したわけですが、その情報を当事者でもある金正日総書記に覆させるのは難しかった。実は8人の方々は、死亡というカテゴリーに入れられてしまいましたが、実際に死亡したという事実はまったく確認されていないんですね。 だから、生存ということを前提に考えるのは、当然だと私は思っていますし、実際、その可能性はあ [全文を読む]

金正恩体制の鍵握る「4人の女たち」の位置付けを専門家分析

NEWSポストセブン / 2012年01月20日07時00分

金正日死亡を告げる放送で発表された葬儀委員会名簿では序列14位だったが、翌日の弔問では序列5位に上昇。党政治局員の中でも最上位にランク付けられた。 【金玉(キム・オク:47歳)】 金正日の個人秘書であり、“最後の愛人”。晩年の金正日の訪中、訪露の際にぴったりと寄り添う姿が見られ、“ファーストレディ”としての役割を担っているかに見えたが、当然ながら党や軍に基 [全文を読む]

金正恩体制を揺るがした「ピョンヤン天安門事件」スッパ抜く

NEWSポストセブン / 2012年01月13日07時00分

特に昨年11月28日頃、金日成広場から北北東約900メートル、ピョンヤン冷麺で知られるレストラン「玉流館」付近で発生した事故では、足場の木材が大規模に崩落し数十人が死亡する大惨事となった。 「これをきっかけに、大学生らの不満が爆発した。建設現場で指揮していた政府の役人に労働環境の改善を訴える争議を起こし、騒動はなかなか収まらなかった。学生の一部が暴徒化し [全文を読む]

金正日葬儀で泣く人の数は金日成と比べて少ないと脱北者証言

NEWSポストセブン / 2012年01月25日07時00分

* * * 金正日死亡後の平壌の様子は、金日成が死んだ当時とは大きく違っていた。放送局に勤めていたから、余計にそのことを痛感する。金日成が死んだ時の平壌は、それこそ悲嘆・慟哭する市民があちこちにいた。カメラマンは街へ出てどこでカメラを回してもよかった。そこに映った人たちは例外なく泣き悲しんでいたのだから。ところが今回はそうではない。カメラマンは泣き悲しん [全文を読む]

金正日氏死去なのに慰安婦問題持ち出す李明博氏は外交音痴か

NEWSポストセブン / 2012年01月06日07時00分

金正日総書記の死亡情報を50時間以上もキャッチできなかった日米韓。ましてや韓国大統領は死亡当日、来日して慰安婦問題を野田首相にぶつけていた。南北統一を目指しながら北の三代世襲を許した韓国は、金正日という独裁者の死をあまりに軽く考えているのではないのか、と産経新聞ソウル支局長の黒田勝弘氏は警鐘を鳴らす。 * * * 金正日の死亡は、北朝鮮の発表によると12月 [全文を読む]

核爆弾にしがみつく金正恩~「予測不能」ぶり、従来の分析手法通じず~

Japan In-depth / 2016年01月07日23時28分

一部では「以前(金日成、金正日の時)のように 金正恩 死亡報道ではないか?」という人もいた」とし、 それが「水爆実験成功」のニュースだったので「なぁんだ」という雰囲気に変わり、いつもあの声(アナウンサーのリ・チュニの声)で緊張させられるとぼやいていたという(韓国デイリーNK、2016・1・7) これまで「特別重大放送」といわれたのは金日成、金正日の死亡時だ [全文を読む]

飯島勲参与「これが“電撃訪朝”拉致会談の全貌だ!」(2)横田さん夫妻を“納得”させる

アサ芸プラス / 2013年06月04日09時58分

横田めぐみさんといえば、小泉訪朝時に北朝鮮が「死亡した」と発表した8人の拉致被害者のうちの一人。だがその後、死亡年月に関する北朝鮮の説明が変遷したり、目撃証言などが相次ぐ。トドメは北朝鮮が提出してきた「めぐみさんの遺骨」をDNA鑑定した結果、別人のDNAが発見されたこと。死亡説は急速に信憑性を失っていった。前出・外務省関係者が言う。 「ニセ遺骨事件以降、北 [全文を読む]

北朝鮮TV 金正日より他人の背を高く映したら担当者はクビに

NEWSポストセブン / 2012年01月22日07時00分

※SAPIO2012年2月1・8日号 【関連ニュース】人類滅亡――マヤ暦の予言とは異なる「2012年問題」の正体金正日の死亡発表に51時間かかったのは権力移譲の混乱と識者金正日氏の後継者・正恩氏は体重90kgとジャーナリスト予測金正日暗殺説で思い起こされる金正日父親暗殺説を専門家解説韓国人女性 反北意識で月のモノを「金日成が来た」と表現 [全文を読む]

北朝鮮版ジャスミン革命の鍵を握るのは爆発的普及の携帯電話

NEWSポストセブン / 2012年01月19日07時00分

特に昨年11月28日頃、金日成広場から北北東約900メートルで発生した事故では、足場の木材が大規模に崩落し数十人が死亡する大惨事となった。これをきっかけに、大学生らの不満が爆発。学生の一部が暴徒化したため、ついには朝鮮人民軍が出動し、武力鎮圧する事態となった。12月1日までに建設事故の死者数は累計200人以上、けが人を合わせた死傷者は600人前後にも上る [全文を読む]

維新・猪木議員が北朝鮮へ何度も行く理由...プチ鹿島の世相コラム『余計な下世話!』連載17

東京ブレイキングニュース / 2013年11月12日12時00分

2008年のこの本で重村教授は「金正日死亡説」を紹介し、影武者が何人もいるという説も展開した。「トンデモ本」と認定されたのか、重村教授が報道番組に登場する機会はこれ以降めっきり減った。 本の話題と売れ行きは好調だったのか、2011年12月の金正日死亡の報を受けて昨年2月には『金正恩 謎だらけの指導者』 (ベスト新書) を出した。 ここでの最重要人物が「張 [全文を読む]

金正男「日本への無防備な親愛」が自らの首を絞めた側面も

NEWSポストセブン / 2017年02月21日16時00分

20年前、工作員2人に銃撃されて死亡)も金正男も、日本のメディアに金一族のことをべらべら喋ってしまった。金正日と金正恩にすれば、それを放置したままでは、指導者としての示しがつかなくなる。私が直撃した時、金正男もその危険に気づいていたはずです」(前出・李策氏) 『金正男独占告白』の出版に際し、金正男から「待ってほしい」と言われたと、著者の五味氏は明かしている [全文を読む]

金正男クアラルンプール暗殺 北朝鮮は5年前から機会を狙っていた

ニューズウィーク日本版 / 2017年02月15日13時45分

金正男は、13日の午前9時マレーシアのクアラルンプール空港の出入国審査近くにあるショッピングエリアで倒れ、空港から病院に緊急搬送の途中に死亡した。2人組の女たちに毒針で殺害されたと見られ、この容疑者の女たちは犯行直後タクシーに乗り逃走した。現地のオンラインメディア、スターによると、セランゴール州の犯罪調査局副局長が事件について明らかにした。「金正男が現地時 [全文を読む]

【速報】金正男氏、マレーシアで暗殺か。「女2人に毒針で刺された」

まぐまぐニュース! / 2017年02月15日03時00分

女性工作員に毒針で刺されたとの報道も マレーシア当局が2月14日夜、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄にあたる、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)が死亡したと韓国政府に連絡したことを、日本の共同通信や韓国メディアなど複数の報道機関が報じた。韓国メディアは韓国政府関係者の話として、マレーシアのクアラルンプール国際空港で北朝鮮工作員の女2人に毒針を刺され [全文を読む]

「金正恩氏が自爆テロ攻撃で死亡」の説広まる、韓国政府は否定=韓国ネット「一生懸命に願えば物事はかなうもの」「政府の言葉など誰も信じない」

Record China / 2016年06月18日11時50分

2016年6月17日、インターネット上で広まっている北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が自爆テロに遭い死亡したとの内容について、韓国政府が事実ではないとの見方を明らかにした。韓国・聯合ニュースなどが報じた。 「金委員長死亡説」は16日、「東アジアトリビューン(East Asia Tribune)」がインターネットに掲載した記事を発端として、 [全文を読む]

韓国のロケット開発 北朝鮮から10年遅れているとの分析あり

NEWSポストセブン / 2013年01月17日07時00分

* * * 北朝鮮の長距離弾道ミサイル「銀河3号」の成功は、金正日死亡一周忌および金正恩体制スタート1周年の追慕・祝賀花火だった。一方で韓国にとっては一大ショックだった。これが新大統領誕生の韓国に対し良薬となるか劇薬となるか。 朝鮮半島を突風となって襲った年末の“北風”は2013年の東アジア情勢をさらに揺さぶりそうだ。 韓国が衝撃を受けた最大の理由は、韓 [全文を読む]

金正日死亡を予告した韓国漫画 フィクションとは思えない評

NEWSポストセブン / 2012年03月25日16時00分

この漫画が注目を集めた理由は、北朝鮮の金正日総書記の死亡を“予告”していたこと。ストーリーは、金総書記が死亡しその直後に北朝鮮内部で起きたクーデターにより、朝鮮半島が4日間に渡って緊張と混乱に包まれる、という内容だ。 昨年12月に実際に金総書記が死去したことで、同作への注目度は急上昇。韓国のネットユーザーたちはネット上でさまざまな反応をしている。 「第三 [全文を読む]

安倍晋三氏 金正恩は“父は誤り”と拉致問題進展可能性指摘

NEWSポストセブン / 2012年01月01日07時00分

金総書記は拉致作戦の首謀者でありながら、2002年の小泉純一郎総理訪朝時に「5人生存、8人死亡以外の拉致被害者はいない」と断言した人物。最高指導者ゆえ彼の存命中にこの言葉を覆すのは難しく、拉致問題は暗礁に乗り上げていたが、後継者の金正恩ならばこの判断を「間違っていた」と変更することができる。 息子が“偉大なる”父親の政策を否定するのは高いハードルであり、父 [全文を読む]

アメリカの「金正恩 斬首作戦」が絶対に不可能な理由

プレジデントオンライン / 2017年04月28日09時15分

さらに、朝鮮半島で全面戦争が本格化した場合、死者は100万人以上に上り、アメリカ人も8万から10万人が死亡する。また、米国が自己負担する費用は1000億ドル(同約11.1兆円)を超え、戦争当事国や近隣諸国での財産破壊や経済活動中断による損害は1兆ドル(同約111兆円)を上回ると試算された。 この危機は、当時の金日成主席と会談したカーター米元大統領が「北朝 [全文を読む]

北朝鮮テロ支援国家指定に拉致問題明記を

Japan In-depth / 2017年02月28日19時00分

そもそも米国が1988年に北朝鮮を「テロ支援国家」に指定した要因は、金正日朝鮮労働党中央委員会書記(当時)が同年のソウル五輪開催妨害を狙って引き起こした1987年の大韓航空858便爆破事件(乗客乗員115人全員死亡)であり、その後、同じく金正日による日本人拉致も、指定の理由に加えられている。 マレーシア警察による金正男氏暗殺の捜査が進み、北朝鮮による国家 [全文を読む]

フォーカス