原作 白雪姫に関するニュース

【新訳・白雪姫】保険嫌い“白雪”と、ドジっ娘“お妃さま”のWヒロインにサブイボ

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年02月23日09時00分

『え?ワシ?ワ、ワシ??ワシ、漁師ですけどいいんですか??原作では、確かこのシーン、“猟師”に命令しますよね?ワシ、魚介類専門のたくましいやつですが。』 お妃さまは少し反省しました。 『…なるほどね。ドジすぎてゴメン。話が入り組んできてるわ。込み入ってるわ。何個かガンガン入ってきてる。別に裏テーマないから。ただドジなだけだから安心してね。』 白雪姫は、七 [全文を読む]

リリー・コリンズ、クリステン・スチュワートとライバルと言われて笑う

ハリウッドニュース / 2012年03月08日15時00分

予告編を見るかぎりでは、『ミラー・ミラー』は原作に近いファンタジーな世界観で、『スノーホワイト』はアクションの多い作品となっている。リリーはゴシップサイト「E!ニュース」に、「私たちがライバルだと人々が思っていることは笑えるわ。だって、2つの映画は全然違うもの」「この宣伝の仕方は頭が良いと思うわ。だって、2つの映画はまったく違うように見えるもの。ストーリー [全文を読む]

おとぎ話モチーフのゲームアプリ「タワー オブ プリンセス」白雪姫といばら姫が異母姉妹!?不思議な世界を紐解く人物相関図を公開!

@Press / 2015年07月29日21時30分

― いくつものおとぎ話が登場する『タワー オブ プリンセス』の世界では、キャラクターたちは原作を尊重したうえでのオリジナルの設定で登場します。姫同士は各地のリーダーとして顔なじみである以上に、赤ずきんと白雪姫は幼いころに森で遊んで以来の親友関係であったり、人魚姫は心身捧げるのもいとわないほどシンデレラに心酔していたりなど、様々な絆で結ばれています。さらに各 [全文を読む]

加藤諒、“パタリロ”キャスティングでチャームポイントの「太眉」を全剃りの危機も?

Woman Insight / 2016年12月01日16時00分

でも原作と唯一異なり、加藤さんのトレードマークでもある“太い眉毛”について、ちょっとした葛藤もあったようです。 さらに、魔夜峰央先生からのアドバイスで、加藤さんが覚悟を決めるきっかけになったという話も。パタリロ・加藤諒さんのインタビューでお届けします。 Woman Insight編集部(以下、WI) 今回、パタリロの役を演じるということを率直にどう思われま [全文を読む]

『アナと雪の女王』は原作レイプなのか!? ディズニー原作改変の功罪

リテラ / 2014年12月24日08時30分

そもそもディズニーには原作改変の歴史がある。ディズニーといえば、アンデルセンやグリム童話など、数々の作品をもとに、オリジナルのアレンジを施してきた。同書によると、たとえば、ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』を題材にした『ふしぎの国のアリス』。原作は「綴りや文法を逆手にとった言葉遊びや謎解き、不条理で一貫性のない物語、不可解で不気味 [全文を読む]

事前登録数が10万件を突破の「タワー オブ プリンセス」孤高のツンデレ姫「白雪姫」を紹介

@Press / 2015年07月31日20時00分

原作「白雪姫」とは> 世界一の美貌を持つとされた白雪姫の継母である王妃は、ある時から魔法の鏡に『世界で一番美しいのは白雪姫』であると告げられるようになり、我慢ならず暗殺計画を企てる。白雪姫は森に逃げ、そこで出会った七人の小人にかくまわれ過ごした。白雪姫が存命と知った王妃は老婆に化け、白雪姫を騙して毒リンゴを食べさせると白雪姫は息絶えたが、王子がくちづけを [全文を読む]

【予告編祭り】『トワイライト』関連作品、K・スチュワート新作...最新映画ニュース

AOLニュース / 2012年03月30日16時00分

Filed under: ゴシップ, ムービー, viral-videos, Kristen Stewart, Diane Kruger, Saoirse Ronan, ビデオ<AOL Celebrity>が厳選した、映画関連のニュースをお届けします! 公開は来年3月! ステファニー・メイヤー原作のSFロマンス 『トワイライト』シリーズのステファニー・メイ [全文を読む]

キャラが完全に被ってる! ソックリすぎる海外女性セレブ4選!

tocana / 2016年06月01日09時00分

■アン・ハサウェイとクリステン・リッター 3月に第一子を出産したアン・ハサウェイは、アメコミ原作のドラマ『ジェシカ・ジョーンズ』の主演を務めるクリステン・リッターに似ている。 クリステンはかつて日本に滞在し、モデルとして雑誌『Olive(オリーブ)』(マガジンハウス/休刊)などに登場した経験を持つ。いまにも泣き出しそうなタレ目、長い眉毛、なんでも一口で食 [全文を読む]

毒入り危険!!月刊電子コミック雑誌『毒りんごcomic』3月15日(火)創刊!!

PR TIMES / 2016年03月15日09時37分

[画像: http://prtimes.jp/i/14531/17/resize/d14531-17-861635-0.jpg ] ■掲載作品 『先生ごめんなさい』(黒澤R) 『天才・海くんのこじらせ恋愛事情』(陽香) 『バイラブ』(サカワキヒロ太 原作:元橋隆司)、 『茶子と穂乃花~分裂細胞ナルキッソス~』 (鈴丸れいじ) 『神も仏も♥♥♥』(ゆずぽん [全文を読む]

有名原作がズラリ!2016年見逃せない映画10選

ハリウッドニュース / 2016年01月01日10時00分

2016年は、スーパーヒーローものやSci-Fi、ファンタジー映画が目白押しで、原作が有名な作品ばかり。注目映画を今のうちにチェックしておこう。・『白鯨との闘い』(1月16日日本公開)1820年の実話に基づいたロン・ハワード監督作。巨大鯨とクリス・ヘムズワース演じる一等航海士オーウェン・チェイスとその仲間たちが海上で繰り広げる、生き残りをかけた壮絶な闘いが [全文を読む]

ディズニーの“姫”たちが早くも『Fallout 4』の世界に登場!? 全盛を迎える“マッシュアップ”作品の数々

おたぽる / 2015年11月29日11時00分

そしてムーランとシンデレラはアーマードスーツに身を包み近接戦闘の真っ最中! このほかにも『美女と野獣』のベレ、『アラジン』のジャスミンなどが、原作のイメージとは程遠いショッキングな姿を見せてくれている。「Petarsaur」氏の正体はカナダ・バンクーバー在住のデジタルアーティスト、ピーター・スラヴィクで、「自身のサイト」では様々な作品世界をモチーフにしたイ [全文を読む]

事前登録絶賛受付中の「タワー オブ プリンセス」天真爛漫で少しおっちょこちょいな村娘赤ずきんを紹介

@Press / 2015年08月07日20時15分

原作「赤ずきん」とは> 村人から「赤ずきん」と呼ばれていた女の子が病気のおばあさんのお見舞いに行く途中、森で狼と出会う。狼にそそのかされ、赤ずきんがおばあさんへの花を摘んでいる間に、狼は先回りしておばあさんの家を訪れ、おばあさんを一思いに食べてしまう。食欲の収まらない狼はおばあさんに扮し、家に遅れて到着した赤ずきんをも騙して飲みこんだ。満腹になった狼がい [全文を読む]

【事前登録】水樹奈々さんが主題歌を歌う“おとぎ話”系オンラインRPG『タワー オブ プリンセス』事前登録開始

@Press / 2015年07月16日08時15分

キャラクターは原作をベースにしながらオリジナル設定も盛り込んでいます。お馴染みの物語の、新しい表情をお楽しみいただけます。 [全文を読む]

【月9ドラマ『失恋ショコラティエ』原作漫画家】水城せとなが『柘榴姫社交倶楽部』を講談社・VOCE3月号にて連載開始

PR TIMES / 2014年01月20日11時49分

メイクで美人は作れる! リアル美人に聞く、美人のコツ 濃くないけど「効く」メイク 眉を変えれば新「旬」顔 人気アーティスト10人の秘密テク メイクの小技で垢ぬける クリーム一個で、美人オーラは出せる! 植松晃二 何か美肌!ふんわり美人!! ごまかしファッションテク 悩みを解決! はるな愛のMAKE★MAGIC 花粉症最新対策2014 今こそ知りたい、美白 [全文を読む]

サム・メンデス監督、実写版映画『ピノキオ』を監督する交渉の初期段階

ガジェット通信 / 2017年05月25日23時00分

1940年のオリジナルアニメ映画『ピノキオ』は、作家カルロ・コロディによる1883年の児童小説『ピノッキオの冒険』を原作とする、操り人形と貧しい木彫職人の話だ。『ピノキオ』は1937年に公開されたアニメ映画『白雪姫』に続き、ディズニーの2番目のアニメ作品となったが、当時の興行成績は芳しくなかった。 映画『美女と野獣』、映画『シンデレラ』、映画『マレフィセ [全文を読む]

『エロマンガ先生』を岡田斗司夫が語る。「このアニメはホントにバカだなと思って、ちょっと嬉しくなりました。」

ニコニコニュース / 2017年04月20日12時30分

設定の面白さでどこまで持っていけるのかと思ったら、原作がもう8巻くらいまで出てるんですよね。どうなってるのかと思って。ちょっと何話まで見るかわからないですけども、『エロマンガ先生』を見てみようと思います。バカだよねー。アハハ。◇関連サイト・【ニコニコ動画】#174表 岡田斗司夫ゼミ『エロマンガ先生』と、マンガでメチャわかる国際情勢(4.02)http:// [全文を読む]

ハリウッド実写版『ゴースト・イン・ザ・シェル』と押井監督のアニメ版は西洋医学と東洋医学ぐらい違う!?

おたぽる / 2017年04月07日20時00分

士郎正宗のコミックを原作にした押井監督の『GHOST IN THE SHELL』では人間の義体化(サイボーグ化)が進み、人間の脳とインターネットが直接繋がる近未来社会が描かれ、『マトリックス』(99年)のウォシャウスキー姉妹や『アバター』(09年)のジェームズ・キャメロンなど海外のクリエイターたちに多大な影響を与えたことで知られている。SFアクションアニ [全文を読む]

漫画を描くのは資金集めのため? 手塚治虫が本当にやりたかったこと

太田出版ケトルニュース / 2017年02月20日10時34分

輸入文化の「アニメーション」を、日本独自の「アニメ」へと進化させたのが、国民的漫画家・手塚治虫さんが原作・総監督を務めた『鉄腕アトム』でした。 1963年の元日、日本初の本格的なテレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』が放映されました。以降4年間も続いた同作は、すでに漫画家として不動の地位を築いていた手塚さんの長年の夢が叶った作品でもありました。 というのも、手 [全文を読む]

女性から絶大な支持!二階堂ふみ&山崎賢人のラブコメ好調

Movie Walker / 2016年05月31日12時06分

「別冊マーガレット」で連載中の同名少女コミックが原作なだけあり、客層の男女比は1:9でメインは女子中高生。23歳以下の女性からの満足度90%という出口調査の結果からも、若い女性客から絶大な支持を集めているということが見てとれる。2週目以降も若い女性客を中心に動員を伸ばしていくだろう。 3位に初登場を果たしたのは、「白雪姫」をアレンジしたアクション・アドベ [全文を読む]

ムーミンに親指姫も! 人気の童話は、寒い地域からたくさん生まれている?

マイナビ進学U17 / 2016年04月13日12時01分

日本では、絵本やアニメでも人気になった『ムーミン』シリーズは、原作はフィンランドの作家、トーベ・ヤンソンが書いた小説です。1945年の『小さなトロールと大きな洪水』から、1970年の『ムーミン谷の十一月』まで、計9作が出版されました。フィンランドのどこかにあるとされる、ムーミン谷を舞台に、トーベ・ヤンソンが考えた、架空の生き物のムーミントロールが、家族や仲 [全文を読む]

フォーカス