過去 川島なお美に関するニュース

松居一代、船越と川島なお美さん交際暴露に批判殺到「人の死をPRに利用」「人間性疑う」

Business Journal / 2015年10月10日17時00分

松居は7日、9月に発売した『松居一代の開運生活』(アスコム)の出版記念会見を都内のホテルで行ったが、その際、夫の船越英一郎と川島さんが過去に交際していたことを明らかにしたのだ。 船越と川島さんの仲は過去にも一部で報じられており、会見でそれについて聞かれた松居は「結婚して3年目に、川島さんと主人である船越が、(過去に)人生のひとときを歩んでいたということを [全文を読む]

発症リスクが大幅ダウン!がんをしっかり予防する生活習慣10項目

WooRis / 2015年10月16日21時00分

そこで今回は、『WooRis』の過去記事などを参考に、がんにならないための生活習慣についてご紹介します!■がんを予防する生活習慣はコレがんといえばタバコやアルコールがまず思い浮かびます。体に毒になる物質を摂取しないのはもちろん基本ですが、予防策としてはほかに下記のようなものが挙げられます。(1)ストレス解消を心がける(2)1日30分間、週5~6日のウォーキ [全文を読む]

草刈正雄主演ミュージカル「クリスマス・キャロル」初演から一年。全国からの熱い要望に応え、日本縦断25公演が実現! ―川島なお美が、少女から老婆まで一人三役、そして最後には約5メートルに巨大化!?―

DreamNews / 2014年09月05日11時00分

その後、夢の中で精霊から、自分の過去、現在、そして悪夢の様な未来(その中に登場する其々の女性を、川島なお美が演じ分ける)を示される。そのことで改心したスクルージは、人間らしい心を取り戻し、全ての人々にやさしく振る舞う人間として、新しい出立をする。 《本件に関するお問い合わせ》 劇団スイセイ・ミュージカル 担当:馬場 TEL:042-370-8035/FAX [全文を読む]

船越英一郎に“強力援軍”現る!? 松居一代との「法廷闘争」でDV被害証言へ

日刊サイゾー / 2017年07月13日13時00分

芸能関係者によると「過去、松居に暴力を振るわれて家から避難した船越を保護したことのある友人俳優が、当時の状況を証言するかもしれない」というのだ。 「船越が離婚調停を申し立てたことで、戦いの場は法廷に移る可能性が高い。その場合、船越がいかにひどい状況に陥っていたか証言したいと、その友人俳優が話しているんです」(同) 松居は6月下旬、自身のブログに「1年5ヶ月 [全文を読む]

いよいよ船越英一郎に見限られた!? 離婚騒動の渦中にいる松居一代が怖すぎる

日刊サイゾー / 2016年01月18日11時00分

また、過去に昨年死去した女優の川島なお美と船越に交際のウワサがあり、それを松居の自著の出版会見で記者にたずねられた際、事実だと認め交際を暴露。それが川島の死去から2週間という出来事で、なおかつ自著の出版会見の席であったため、とんだ売名行為だとしてネット上では話題になったのだ。女性セブンによると今回の離婚騒動の発端がまさに、川島との交際を暴露された出版会見だ [全文を読む]

「まるで死の商人」故・川島なお美さんの未公開セクシー写真集“無断出版”を画策する編集長

日刊サイゾー / 2015年11月01日11時00分

レコード会社は12月、過去のアルバムを再発売することを決定。タレントの松居一代は10月7日、「緊急会見」と題して自著の出版会見を開いたが、ここで夫の船越英一郎が過去、川島と交際していたことを暴露して本の宣伝に利用した。 同じくタレントのデヴィ夫人は、川島さんの亡くなった翌日に情報番組『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)に出演、携帯電話の留守電に残され [全文を読む]

夫と川島なお美の過去暴露!松居一代の“金への執着”が不快すぎる

アサ芸プラス / 2015年10月08日17時59分

“聞かれたから答えた”というテイではあるものの、亡くなったばかりの女性の恋愛過去、そして自分が結婚する以前の夫の恋愛をあたかも当事者のごとく語った松居に対して、ネット上では批判の声が殺到している。「『この話で松居以外に誰が得する?』『本を売るために何でもしゃべるのか』『川島さんにも鎧塚さんにも失礼』など、おおむね“余計な発言”と捉えられています。もともと松 [全文を読む]

川島なお美の陶酔と強さが私たちの不安を救う――失笑されても「私は女優」

ウートピ / 2015年10月02日19時04分

“大女優”になればなるほど、過去のグラビアやバラエティ仕事は隠したがるものだが、川島は自分から振り返っている。 [全文を読む]

これが真実!川島なお美さん「抗がん剤治療」しない理由が明らかに

秒刊SUNDAY / 2015年09月25日17時49分

ただ一方で、民間療法を信じ頑なに拒否したという情報もありどれが真実なのかはわからない状態となっておりましたが、過去のブログに真実は語られておりました。―「この人になら命を預けられる」そう思える先生と出会うまで手術はしたくありませんでした川島なお美さんのブログには、なぜ抗がん剤治療を行わなかったのか「真実」というタイトルで2014年3月27日に投稿されており [全文を読む]


松居一代が離婚危機、船越英一郎にポルシェおねだりゲット

NEWSポストセブン / 2016年07月20日16時00分

昨年10月、松居が新刊の出版記念会見で船越と故・川島なお美さん(享年54)の過去の交際を暴露したことに始まり、鎹(かすがい)だった長男の独立もあって、船越は夫婦生活に意義を見いだせなくなっていた。 「今年中には決着をつけると今も周囲に話しています。にもかかわらず、こんなに高いプレゼントを買ってしまう船越さんというのも、離れられない男のつらさというか、なんと [全文を読む]

世界中の「姑」から認められる松浦亜弥 絶対に炎上しない“嫁力”を分析する

ウートピ / 2016年05月10日20時00分

松居一代は、川島なお美さんが亡くなった翌月、「結婚して3年目に、川島さんと主人である船越が人生のひとときを歩んでいたということを知りました」と、夫の船越英一郎と川島さんが過去に交際していたことを暴露した。もっとも交際していたのは、松居と結婚する前のこと。「そんな過去のことをなぜ今?」と世間の反感をかったばかりでなく、船越もドン引きし、「『離婚しよう』──ほ [全文を読む]

松居一代 夫婦円満証拠の鈴の緒「数百万円の特注」と熱弁

WEB女性自身 / 2016年01月23日06時00分

記事によれば、きっかけは、松居が自分の著書の出版会見で、夫の過去を暴露してしまったこと。昨年9月に亡くなった川島なお美さんと船越が過去に交際していたと明かしてしまったことに、船越が激怒。松居に「離婚しよう」と告げ、以来3カ月間、船越は別宅に暮らして松居と会っていないという。1月中旬、東京都内にある松居の自宅前に報道陣が集まった。すると、中から現れた松居が記 [全文を読む]

船越英一郎も激怒する松居一代の“暴走癖” 夫が出演中のドラマスタッフからクレームも……

日刊サイゾー / 2016年01月19日20時00分

そんな空気を読んだ松居が持ち出したのが、船越と川島なお美の過去の熱愛関係だったが、これは川島が胆管がんで亡くなって、わずか2週間後のこと。関係者が喪に服している中で「主人は川島さんを『人の悪口を言わない素敵な人だった』と言っておりました」などと余計な暴露をしたため、なお記者らのひんしゅくを買った。 浮気を疑っただけで夫の携帯を折ったという恐妻エピソードは [全文を読む]

松居一代が「死者でマーケティング」? 夫と川島なお美さんの過去を暴露する本当の理由

日刊サイゾー / 2015年10月11日12時00分

タレントの松居一代が7日、著書「松居一代の開運生活」(アスコム)の出版会見を都内で行い、夫で俳優の船越英一郎と先月24日に亡くなった川島なお美さんが過去に交際していたことを“暴露”した。 川島さんの葬儀からわずか5日しか経っていない中での今回の発言。さらに自著のPR会見の場で答えたことから、「売名」の印象があまりにも強く植えつけられた。ネット上では即座に [全文を読む]

「開運本」の出版会見で大炎上、松居一代の運は閉ざされた?

アサ芸プラス / 2015年10月10日17時59分

会見の中で、夫で俳優の船越英一郎と9月24日に肝内胆管がんのため亡くなった女優の川島なお美さんとの過去の関係について質問された松居は「(船越と)結婚しまして3年目でしたか。あることから私が船越英一郎と、川島さまが人生のあるひとときを共に歩んでいたことを知りました」と、あっさり認めた。さらに、船越にお見舞いに行くよう2度提案し、訃報を知った時は夫婦で赤ワイン [全文を読む]

川島なお美さん逝去、ワイン大量摂取とがん罹患に関係はあるのか?医師が解説

Business Journal / 2015年10月10日06時00分

また、過去40年ほどの間に世界的に増加しており、患者数が15倍になった国もあります。これらの事実からわかるのは、この病気は遺伝性ではなく、生活環境に原因があるということです。 これまでに指摘されているリスク因子としては、寄生虫、胆管のう胞、結石、胆管炎があります。ほかに肝炎、肝硬変、肥満、糖尿病、アルコール、たばこなども、発がんを後押ししているのではないか [全文を読む]

川島なお美 露出の多いワンピースで深刻な様子ナシと目撃談

NEWSポストセブン / 2015年09月20日07時00分

過去にも川島さながらの女優がいた。 名脇役としてならした深浦加奈子さん(享年48)は胆管がんに侵されながらも女優業を優先。全身にがんが転移した後も、死ぬ間際までがんを隠して演技を続け、2008年8月、椅子に座りながら絶命した。 乳がんを患った田中好子さん(享年55)は抗がん剤の副作用で髪の毛が抜け落ち、やせ衰えて、かつらの着用を公にしながらも芸能活動を続 [全文を読む]

国産ミュージカルの最高傑作「広い宇宙の中で」待望の再演決定!今の時代だからこそ伝えたいメッセージが凝縮された衝撃作!―川島なお美、黒田アーサー、AKB48の岩田華怜ら豪華キャスト出演―

DreamNews / 2015年03月30日14時00分

悲しい過去を背負いつつも、明るい笑顔を絶やさない照代。しかし、母の面影を今も慕い続ける長女の陽子をはじめ、子ども達は複雑な思いを抱く。特に、厳格な祖母に育てられ、家柄を重んじる次女の彩恵子は、照代を拒絶する。マイペースな三女・朋美、おとなしい長男・昌也、心に影を持つ四女・ひかる。陽子の恋人・靖。そして正太の大親友・源次郎とその母・ハナ、さらにイギリスからや [全文を読む]

がん告白・川島なお美の魂胆

NewsCafe / 2014年07月11日18時00分

ちなみに、その場で35周年の過去を振り返ったのですが、『お笑いマンガ道場』出演の過去は、やっぱりNGだったみたいです(笑)」(先のライター) 川島にとって、がんよりも怖いのはやはり女優生命が途切れることのようだ。 [全文を読む]

フォーカス