原因 川島なお美に関するニュース

渡瀬恒彦を襲った胆のうガンの「怖い原因」

アサ芸プラス / 2017年03月24日05時59分

元々の原因は胆のうガンだという。 胆のうガンは胆のうにできる悪性腫瘍で、最初はほとんど無症状だという。日本は欧米諸国と比べると、胆のうガン発症率が高い(2013年の胆のう・胆管ガン死亡数は男性約8900人、女性約9300人)と言われているが、その原因はどこにあるのだろうか。中島医院の中島正院長が言う。「原因はいろいろ挙げられていますが、胆石が原因と考えられ [全文を読む]

小林麻央が闘病中の乳がん、都市に住む女性に多いと判明―英研究

まぐまぐニュース! / 2016年09月23日14時40分

女性にとっては身近になってしまったこの病気のリスクを高める原因に「都市で生活をしている」ことも挙げられる、という研究結果が明らかになりました。無料メルマガ『Dr.ハセのクスリとサプリメントのお役立ち最新情報』で詳しく紹介されています。 乳がん:特に都会に住む人は要注意! このところ、市川海老蔵さんの奥様の小林麻央さんの乳がんに関する話題が、毎日のように出て [全文を読む]

川島なお美さん、今井雅之さん、竹田圭五さんら「早死」急増のなぜ? 『日本人はもう55歳まで生きられない 少食が健康長寿のコツ』 ガン、糖尿病、不妊の原因は飽食と冷えだった 日本人55歳寿命説!

DreamNews / 2016年04月12日10時00分

《 お問い合わせ先 》株式会社ビジネス社 広報担当:松矢〒162-0805 東京都新宿区矢来町114番地 神楽坂高橋ビル5FTEL 03-5227-1602/FAX 03-5227-1603 [全文を読む]

手術は再発の原因か 川島なお美「がん治療」で論争【前編】

NEWSポストセブン / 2015年11月06日07時00分

年間1.8万人の死者を出し、日本人のがん死亡数の第6位に位置する「胆管がん」。今年9月、激やせの末に亡くなった川島なお美さんを襲ったのもこの病だった。今、彼女の胆管がんの「最善の治療法」がどこにあったのかを巡り、有名医師が激論を交している。手術回避か、即メスを入れるべきだったのか。どんなに議論をつくしても彼女が帰ってくるわけではないが、2人の医師の主張から [全文を読む]

川島なお美さん逝去、ワイン大量摂取とがん罹患に関係はあるのか?医師が解説

Business Journal / 2015年10月10日06時00分

これらの事実からわかるのは、この病気は遺伝性ではなく、生活環境に原因があるということです。 これまでに指摘されているリスク因子としては、寄生虫、胆管のう胞、結石、胆管炎があります。ほかに肝炎、肝硬変、肥満、糖尿病、アルコール、たばこなども、発がんを後押ししているのではないかと考えられています」 ●胆管がん、以前に日本で多発していた 飲酒も一因の可能性がある [全文を読む]

「共演NGも多数……」マスコミに苦言の川島なお美の“お騒がせキャラ”ぶりを振り返る

おたぽる / 2015年09月18日09時00分

病気の原因も「ワインの飲み過ぎ」ともいわれる。 「ワイン好きといっても、彼女はものすごくお酒には弱いそうです。ワインもグラス1杯飲めればいい方だとか。2杯飲めば、酔いすぎて倒れてしまうともいわれています」(同) なんとも意外な話だ。とどのつまり川島なお美は“天然”ということだろうか。クセの強い昔の芸能人、大女優の面影も残す、唯一無二の存在だけに、今後の活躍 [全文を読む]

川島なお美 過度のワインと減量が肝内胆管がん原因可能性も

NEWSポストセブン / 2014年03月27日11時00分

脂肪肝になれば、肝硬変や肝臓がん、胆管がんに進行していくことも考えられます」 ※女性セブン2014年4月10日号 [全文を読む]

夫・鎧塚俊彦氏の失明危機に川島なお美、手料理でサポート

NEWSポストセブン / 2012年02月24日16時00分

鎧塚氏の急激な視力の低下は「網膜中心静脈閉塞症」が原因だという。この病気は一体どんなものなのだろうか。アイクリニック自由ヶ丘の久保田明子院長は、こう解説する。 「これは、眼球の内側の静脈の根元が詰まってしまう病気です。静脈が詰まることによって網膜全体に出血が起き、視力が急激に低下してしまいます。動脈硬化や高血圧、糖尿病など生活習慣病が原因によって発症する [全文を読む]

「がん」による若死、なぜ激増?肉・卵・牛乳等の高脂肪=食の欧米化が原因か

Business Journal / 2015年11月26日06時00分

今や、日本人男性の平均寿命が80歳、女性で87歳と日本は世界でトップレベルの長寿国である。「今、生きている日本人の誰もが、平均的にこの年齢まで生きられる」と勘違いしている人が多いが、早計にすぎる。 「平均寿命」とは、「今年生まれた0歳児の平均余命」のことである。つまり、今年の平均寿命は赤ん坊たちの「予測寿命」ということになる。 仮に、男女合わせた平均寿命を [全文を読む]

川島なお美さんの亡がらを前にマスコミ同士の怒鳴り合いが勃発、太田プロと遺族の確執も発覚で……

日刊サイゾー / 2015年10月06日11時00分

遺体が自宅エントランスに運び込まれる決定的瞬間を収めようと、カメラマンが自宅前駐車場で小競り合いを展開したのです」(テレビ局関係者) ケンカの原因は、スポーツ紙の男性カメラマンだったという。 「そのカメラマンがワイドショーのカメラの真ん前に陣取ったため、『しゃがめよ!』『撮れねえよ!』などと怒号が飛ぶ、物々しい事態になった。それでもスポーツ紙カメラマンは譲 [全文を読む]

北斗晶と川島なお美から、今一度考えたい「がん検診」について

WooRis / 2015年10月05日15時00分

【関連記事】 ※ タバコと同レベルの害が!寿命を縮めてしまう「最悪なNG生活習慣」3つ ※ エッ…これもダメ!? 医師が「自分では絶対に食べない」アブナイ食材5つ ※ ウソ…死亡率4倍!? 「アレの低下」が老化を早めて寿命を縮めると判明 ※ えっ驚き!女性の死亡率ワースト1位「結腸がん」の予防にはクルミが効くと判明 ※ 今井雅之も罹患…女性死亡数1位「大 [全文を読む]

おのののか、浮気が原因で男性不信に!

Smartザテレビジョン / 2015年10月01日19時45分

10月1日に「ピンクリボン・ネイルアートコレクション 2015」巡回展のオープニングセレモニー&チャリティーネイル体験イベントが行われ、おのののかが出席した。 「ピンクリボン・ネイルアートコレクション 2015」は、ピンクリボンのメッセージである“乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝える”ことを推進するプログラム「ピンクリボンフェスティバル」と [全文を読む]

【川島なお美】「抗がん剤拒否」は間違いだった!? 代替医療にハマった有名人がん患者5名!!

tocana / 2015年09月26日09時00分

その理由は、保険適用外となる「びわの葉療法」や1本3万円の海藻エキス入りドリンクなどの代替医療に頼っていたことが原因だった。その後、がんがリンパ節にも転移し、5年生存率が40%であると宣告された竹原は、手術や抗がん剤投与などを経て、現在は治療を終えた。代替医療がどれほど効果を発揮したのかは不明だが、見事にがんを克服した。 [全文を読む]

川島なお美だけではない!! 体重30キロ台の激ヤセ女性芸能人4名!

tocana / 2015年09月19日09時00分

■宮沢りえ 宮沢りえが激ヤセした理由は、1993年、貴花田(のちの貴乃花)との婚約解消騒動、そして翌年に起きた中村勘九郎との交際のもつれによる自殺騒動が原因だといわれている。拒食症、摂食障害などの症状を抱えた宮沢は、一時、33キロまで体重が落ち込んだというが、現在では40キロ台にまで回復しているようだ。 ■神田沙也加 今年3月、自身のブログに投稿した自撮 [全文を読む]

“川島なお美が原因”でテレビディレクターが行方不明に!? 「余命数カ月」のガセ情報を信じて……

日刊サイゾー / 2015年09月15日13時00分

ほかの番組スタッフには「体調不良」と伝えられていたが、実は「川島なお美」が原因だったという話だ。 「急にいなくなって、プロデューサーが『体調不良でしばらく来られない。詳しいことは後で通知する』とだけ説明したんですが、明らかに様子が変だったので、スタッフ間では、逮捕されたり、問題を起こしたのではないかというウワサがあったんですよ」 こう話す同番組のディレクタ [全文を読む]

川島なお美、夫を「ストーカー」並み束縛? 愚痴こぼしサウナ泊の裏事情

メンズサイゾー / 2012年11月01日13時30分

「夫婦ともに、この病気についてブログで公表しましたが、そこでは『発症の原因は不明』としていたものの、一般的には、高血圧や動脈硬化、そして糖尿病などの生活習慣病が起因によって発症することの多い疾患です。であれば、全身疾患ですから、夫の飲酒や夜遊びといった生活習慣を川島さんが管理したがるのは当然。それを、ただの束縛のように印象付けるのはおかしい。いくら互いの [全文を読む]

158cm41kg の川島なお美 「やせすぎで骨折しやすい」と医師

NEWSポストセブン / 2012年06月04日07時00分

ウオーキングやジョギングなどの有酸素運動を2~3日に1回するのが理想的です」(前出・松村院長) ※女性セブン2012年6月14日号 【関連ニュース】鈴木京香 体当たりベッドシーンのため“食べないダイエット”骨粗しょう症が原因の圧迫骨折 猫背になったり身長縮む恐れ垂れない「美胸」を作るには1日納豆1パックが効果的夫・鎧塚俊彦氏の失明危機に川島なお美、手料理で [全文を読む]

がん新時代「見つけ方&治し方」超入門

プレジデントオンライン / 2017年06月10日11時15分

肝がんの9割はB型肝炎ウイルス(HBV)、C型肝炎ウイルス(HCV)感染が原因。特にHCV感染者の約7割は慢性肝炎へ進行し、そのうちの3割が肝硬変、さらに肝がんを発症する。健康診断でHBV、HCV感染が判明すると定期検査を強く勧められるのはこのためだ。 高リスク者を囲い込む体制がある一方、肝がんの10年生存率は15.3%と低く、5年目以降も生存曲線が下がり [全文を読む]

知っているだけで寿命が延びる「真・ガン知識」(1)家族が家族をがんにする!?

アサ芸プラス / 2016年06月14日05時55分

それががんによる死亡率を高めている原因の一つです」 よく「がんは遺伝する病気」という話を聞くが、これは本当なのか。「基本的に、がんが遺伝することはありません。家系の影響は約5%程度と言われ、それも親兄弟が『大腸がん』『乳がん』『前立腺がん』『卵巣がん』のような一部の場合のみ。だから、遺伝の影響は少ないと考えたほうがいいでしょう」 それよりもはるかに影響が大 [全文を読む]

女性からのメールに携帯を鍋で煮た!?船越英一郎が松居一代の異常束縛で離婚決意

アサ芸プラス / 2016年01月18日17時59分

今回の報道に、「きっかけは川島さんのことでも、原因はもっと前からあった」と語るのは女性誌のベテラン記者だ。「松居の束縛は過剰を極めており、『女性からのメールが耐えられず携帯を鍋で煮た』『女性関係を疑うあまり今年だけで(13年4月の時点)携帯を3回折った』などと公言するほど。船越は、せめて松居の前夫との間にできた子どもが大きくなるまではと、ずっと耐えていま [全文を読む]

フォーカス