闘病 川島なお美に関するニュース

川島なお美の陶酔と強さが私たちの不安を救う――失笑されても「私は女優」

ウートピ / 2015年10月02日19時04分

闘病を経て「自分を活かす道」を悟るそんなこんなで「女優」の肩書きがどこか浮いているような彼女だったが、「おや」と思ったのは、9月7日、イベントでの激やせ姿だった。あえて首もとや肩が露出するドレスをまとい、過酷な闘病生活を思わせた。亡くなったあとの報道でも、「普通の女優だったら闘病で痩せている姿を隠そうとする。でも、そうしなかった。彼女らしい姿だった」と周囲 [全文を読む]

夫婦で闘病に臨む川島なお美「朝からシャンパン」復活なるか

デイリーニュースオンライン / 2015年09月24日12時00分

(取材・文/チロル蝶子) [全文を読む]

夫・鎧塚氏が語った、川島なお美さん「最期の17日間」

Smartザテレビジョン / 2015年12月24日23時09分

12月24日放送の「独占秘話!女優・川島なお美物語」(フジ系) で、ことし9月24日に肝内胆管がんで亡くなった女優・川島なお美さんの夫・鎧塚俊彦氏が、“激ヤセ会見”と言われたことし9月の会見後、亡くなるまでの17日間の川島さんの闘病の真相を初めて明かした。 がんの闘病を続けていたことし9月7日、鎧塚氏とともにイベントに出席した川島さん。その激ヤセぶりがマス [全文を読む]

鎧塚氏が語った 川島なお美臨終間際の壮絶な闘病の日々

NEWSポストセブン / 2015年12月13日07時00分

そこには、2013年8月に胆管がんを告知されて以降の闘病生活が綴られている。がんを治すために、夫・鎧塚俊彦氏への愛と感謝を持って最後まで諦めずに生きた「女優・川島なお美」。その手記にはどんな思いが込められているのだろうか。 手記の最終章『ラストステージ』は、原稿の完成を待たずに逝った川島に代わり、鎧塚氏が執筆した。彼がこの章で初めて明かしたのは、がんの再発 [全文を読む]

川島なお美さん直筆の闘病日記や秘蔵映像を初公開

Smartザテレビジョン / 2015年11月27日06時03分

12月24日(木)、ことし9月に胆管がんのため54歳という若さで亡くなった女優・川島なお美さんの素顔に迫る特別番組「独占!初公開!直筆日記と死の直前秘蔵映像!女優・川島なお美物語~余命宣告 闘病全記録~」(仮)がフジテレビ系で放送される。 夫の鎧塚俊彦氏協力の下、亡くなる直前まで出演する予定だったミュージカル「パルレ~洗濯~」の通し稽古の様子など秘蔵映像が [全文を読む]

川島なお美の「遺品」大量処分で夫・鎧塚氏を直撃!

アサ芸プラス / 2015年11月21日17時57分

川島さんはその頭を見て、ベッドの上で久しぶりの笑顔を見せたようです」(前出・芸能記者) 闘病のかいなく、帰らぬ人となった川島。生前はどんな取材にも真摯に向き合った。「病院の前で記者に遺書の存在について聞かれることもあったが、常に大人の対応を見せた。鎧塚さんもその姿勢にならって、告別式の会場では、戒名の意味を尋ねてきた報道陣のために、その場で関係者に連絡を取 [全文を読む]

急逝・川島なお美が「女優」を貫き通した壮絶闘病

アサ芸プラス / 2015年10月03日09時57分

闘病生活の過酷さを感じずにはいられませんでした」(芸能記者) 川島自身はその会見で、「普通に元気です。特に板の上(舞台)では人が変わるみたい」 と答えた。しかし、9月17日に出演した舞台では、ろれつが回らなくなり、翌日には降板を発表した。「強い痛み止めの薬のせいでないかと言われています。降板直後に、都内の病院に入院しました」(前出・芸能記者) 川島の体に異 [全文を読む]

川島なお美さん がん闘病で最後にすがった“純金の棒”

WEB女性自身 / 2015年10月01日06時00分

(週刊FLASH 10月13日号) [全文を読む]

これが真実!川島なお美さん「抗がん剤治療」しない理由が明らかに

秒刊SUNDAY / 2015年09月25日17時49分

その後民間療法と出会い、闘病し続けたということだ。引用:川島なお美オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/naomi-kawashima/entry-11806042988.html続報:療法は「ごしんじょう療法」と判明!http://www.yukawanet.com/archives/4943596.html (秒刊ライター:Take) [全文を読む]

渡瀬恒彦 胆のうに腫瘍、闘病しながらドラマ撮影継続

NEWSポストセブン / 2016年05月25日16時00分

俳優・渡瀬恒彦(71才)が現在闘病中であることが明らかになった。昨秋に詳細な健康診断を受けたところ、胆のうに腫瘍が見つかったという──。 4月スタートのドラマ『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系)が好調だ。2006年4月にスタートしたロングランの刑事ドラマで、今回がシリーズ第11弾。渡瀬恒彦がいぶし銀のキレ者刑事を熱演し、V6の井ノ原快彦(40才)、羽田美 [全文を読む]

川島なお美による「迷医」の見分け方 患者の目を見ないなど

NEWSポストセブン / 2015年12月12日07時00分

『カーテンコール』(新潮社)と題されたその手記には、2013年8月に胆管がんを告知されて以降の闘病生活が克明に記されている。 生前綴られたその闘病記には、「絶対に自分で治す」という強い覚悟が焼きついていた。がんの告知から2年。膨大な書物でがんを学び、セカンドオピニオンに東奔西走し、夫・鎧塚俊彦氏への愛と感謝を持って最後まで諦めずに生きた「女優・川島なお美」 [全文を読む]

がん発覚直後の川島なお美 東洋医学に関する本を大量に読む

NEWSポストセブン / 2015年12月10日16時00分

生前綴られたその闘病記には、「絶対に自分で治す」という強い覚悟が焼きついていた。がんの告知から2年。膨大な書物でがんを学び、セカンドオピニオンに東奔西走し、夫への愛と感謝を持って最後まで諦めずに生きた「女優・川島なお美」の素顔がそこにあった──。 『カーテンコール』(新潮社)と題されたその手記には、2013年8月に胆管がんを告知されて以降の闘病生活が克明に [全文を読む]

ガセネタが横行する終末期医療…がん温存療法の是非

デイリーニュースオンライン / 2015年11月01日08時30分

ふだん、元気で意気軒昂だった人が、闘病の果てに徐々に力を失っていくというのは、言葉に尽くしがたいものがあります。幸いにして快復の途上に立ち戻れたのは、やはり家族の愛情と努力によるものなのだなという思いを新たにします。 やはり、家族には長く元気でいてもらいたいという願いは貴重だなと感じるわけですが、そこにはどうしても冠言葉として「可能な限り」とか「状況が許す [全文を読む]

川島なお美を金儲けのダシに!?松居一代の暴露話に非難が殺到

アサジョ / 2015年10月09日17時58分

乳がんで闘病中の北斗晶にも投資アドバイスをかって出てましたが、松居の商魂たくましさに開いた口がふさがりませんでした」(週刊誌記者) 当然、このニュースを聞いた一般人からのバッシングも凄まじい。「注目欲しさに川島さんをネタにするなんてどうかしてる」「なぜこのタイミングでそんなことを言うのか。デリカシーが1ミリもない」など、これでもかと松居を批判するコメントが [全文を読む]

川島なお美さん がん闘病で最後にすがった“純金の棒”

WEB女性自身 / 2015年10月01日06時00分

(週刊FLASH 10月13日号) [全文を読む]

「一度会ったことがある人物だった……」闘病中の川島なお美に“死亡ツイート”した女の正体

日刊サイゾー / 2015年09月24日18時00分

懸命に夫婦で闘病しているのだから、応援するべき。マスコミ全体がこうした状況になるのは、今年2度目だ」(スポーツ紙デスク) 一旦仕事のことは忘れて、英気を養ってもらいたいものだ。 [全文を読む]

川島なお美 露出の多いワンピースで深刻な様子ナシと目撃談

NEWSポストセブン / 2015年09月20日07時00分

セカンドオピニオンも一般的になりましたので、主治医とよく相談しながら、患者が自分なりにいちばん良いと思う治療法を選ぶことが、なによりも大事なことです」 抗がん剤などの副作用に苦しみ、いたずらに「生活の質(QOL=クオリティー・オブ・ライフ)」を下げるのではなく、QOLの向上のための最善策を医者と相談して患者自身が決める──そんな時代にあって、「治療しない」 [全文を読む]

傑作ドラマ「壮絶死の名場面」真相(4)綾瀬はるかが演じた「世界の中心で、愛をさけぶ」の病死

アサ芸プラス / 2017年10月05日05時57分

〈ウルルに‥‥撒いて‥‥私‥‥朔‥‥ちゃん〉「若手女優ヒロインのドラマ史上、最高のシーン」(前出・織田氏)は、以降“闘病モノ”の先駆けとしてドラマ界に多大な影響を与えた。 忘れ得ぬ、永遠の別れを描いた“名シーン”といえば、桜井幸子(43)がヒロインを演じた「高校教師」(93年、TBS系)だ。「最終回の視聴率は33%と驚異的。さらにあの謎めいた死は憶測を呼び [全文を読む]

がん患者 治療中断した方が25%長生きするという調査結果も

NEWSポストセブン / 2017年02月04日16時00分

全米で75万部のベストセラーになったノンフィクション『死すべき定め』(アトゥール・ガワンデ著、2014年)では、がんで余命わずかと宣告された女性が妊娠・出産を経て闘病する模様などが描かれている。 その本には興味深い研究結果がいくつかある。自身の余命の中で、最期に叶えたい目標について正直に主治医と話をした末期がんの患者は、話をしなかった患者と比べて人工呼吸器 [全文を読む]

小林麻央が闘病中の乳がん、都市に住む女性に多いと判明―英研究

まぐまぐニュース! / 2016年09月23日14時40分

市川海老蔵さんの妻・小林麻央さんが闘病中であることを公表した乳がん。女性にとっては身近になってしまったこの病気のリスクを高める原因に「都市で生活をしている」ことも挙げられる、という研究結果が明らかになりました。無料メルマガ『Dr.ハセのクスリとサプリメントのお役立ち最新情報』で詳しく紹介されています。 乳がん:特に都会に住む人は要注意! このところ、市川海 [全文を読む]

フォーカス