画像 川島なお美に関するニュース

「これはあゆ? それとも母親?」浜崎あゆみ(36)の“湯上がりすっぴん”が痛々しすぎる……

日刊サイゾー / 2015年09月16日11時00分

浜崎あゆみがTwitterに投稿した自撮り画像が、ネットユーザーらをザワつかせている。12日に、母親の誕生日を祝うツイートで投稿した湯上がり姿の浜崎の画像が母親と判別がつかず、「これはあゆだよね?」とファンが戸惑いを見せているのだ。 「11日には佐々木希が湯上がり姿の画像を自身のインスタグラムで公開して話題になりましたが、最近は多くの芸能人が湯上がり状態の [全文を読む]

川島なお美の手術が遅れたのは「がんと闘うな」近藤誠医師の診断のせいだった? がん専門医からも誤診との批判が

リテラ / 2015年10月28日09時00分

近藤医師によると「セカンドオピニオン外来」に川島がやってきたのは肝臓内に影が見つかってから1カ月のこと、彼女の検査画像は「(MRI検査での)病巣の大きさが二センチほどでした」「検査画像では転移の所見は認められなかった」。 川島は「十月から始まる稽古に備え、『手術をしてしまおうかとも思いましたが、やはり年内のハードな仕事はできなくなると考え直し、しばらく様 [全文を読む]

フジ・川島なお美さん追悼番組、6.4%で民放4位! 「なぜイブのゴールデンに」と疑問の声

サイゾーウーマン / 2015年12月28日12時45分

画像は『カーテンコール』(新潮社) [全文を読む]

川島なお美の「遺品」大量処分で夫・鎧塚氏を直撃!

アサ芸プラス / 2015年11月21日17時57分

ここに1冊の書籍を写した画像がある。07年に刊行された小説「あじさい日記」。著者は故・渡辺淳一氏(享年80)。その表紙裏には、〈川島なお美さんへ〉 と、著者の直筆サインが記されていた。渡辺氏が川島に宛てた贈呈本のようだ。週刊アサヒ芸能に写真を提供した古物商関係者が語る。「11月の初旬に、複数の業者を介して、ある熱心なファンの手に渡ったと聞いています」 そ [全文を読む]

北斗晶と川島なお美から、今一度考えたい「がん検診」について

WooRis / 2015年10月05日15時00分

■多種多様ながん検診が増えている 日本では、バリウムを飲んでレントゲン撮影をする胃がん検診から乳がん検診、さらにMRI(磁気共鳴画像)やCT (コンピュータ断層撮影)など多種多様ながん検診が実施されています。 “早期発見・早期治療”として乳がんのピンクリボン運動をはじめ、さまざまなキャンペーンも展開されていますね。高齢になればなるほどがん検診の受診率も上 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『太田プロ総選挙2015』でアルコ&ピース・平子に不正疑惑。入山杏奈は「15位以内」をアピール。

TechinsightJapan / 2015年06月02日15時50分

ところが、有吉が6月1日に『有吉弘行(ariyoshihiroiki)ツイッター』で「アルコ&ピース、平子氏に選挙違反疑惑」と指摘して、平子から届いた手紙の画像を公開している。その文面によると、平子は有吉が5月31日に誕生日を迎えたことから、お祝いに“粗Tシャツ”を贈ったという。つけ加えるように「雑談となりますが」と『太田プロ総選挙』に触れて「今年も一つ [全文を読む]

性欲よりも大事なものがあった!? 女性用バイアグラが売れない意外な理由とは?

tocana / 2015年11月30日17時45分

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2015/11/post_8041.html】 それはそれとして、口当たりもよく呑みやすいワインは、故・川島なお美さんを筆頭に多くの女性から支持を受ける酒として知られる。和食もさることながら、どの料理にも合うことが女性に好まれる要因のひとつであるようだ。しかし、そのワインが理由で、女性用の性欲促進 [全文を読む]

手術は再発の原因か 川島なお美「がん治療」で論争【前編】

NEWSポストセブン / 2015年11月06日07時00分

「彼女が持参した検査画像を見るとがんの病巣は2cmほどでした。その時点で転移は確認できませんでしたが、胆管がんは予後の悪いがんのひとつです。肝臓の中を這うように広がっていることが多く、いずれ転移が発覚する可能性が高かった」(近藤医師) 診察時、川島はミュージカルの舞台を優先するため、体にメスを入れることは避けたいと訴えたという。 川島の意志を汲むように、近 [全文を読む]

川島なお美さん 手術遅かったとの指摘は間違いと近藤誠医師

NEWSポストセブン / 2015年10月28日07時00分

近藤医師のセカンドオピニオン外来にはCT画像などの検査データを持参していた。近藤医師のセカンドオピニオンはいかなるものだったのか。「その時点で症状は出ていなかったのですが、確かにがんだとわかりました。胆管がんは肝臓、膵臓などと並んで予後の悪いがんのひとつです。症状がなくても、いずれ転移が出てくる可能性が高い。 考えられる治療法は4つ。1、手術。2、ラジオ波 [全文を読む]

【川島なお美】「抗がん剤拒否」は間違いだった!? 代替医療にハマった有名人がん患者5名!!

tocana / 2015年09月26日09時00分

【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2015/09/post_7432.html】 その実効性については諸説入り乱れているが、代替医療に傾倒しているがん患者は現実に数多く存在する。今回は、代替医療を実践したとされる有名人5名を紹介しよう。■忌野清志郎 がん性リンパ管症を患い、2009年に58歳で死去したロック歌手の忌野清志郎。生前 [全文を読む]

不要ながん治療が患者を殺す?がん診断の9割は間違い?治療やめたら治る例も

Business Journal / 2015年12月31日06時00分

【詳細な画像はこちら】http://biz-journal.jp/2015/12/post_13094.html もちろん一般の人でもがんで亡くなっているケースは非常に多く、我が国では統計上3人に1人ががんで死亡しています。また、がんを発病している人は2人に1人といわれています。これは、国立がん研究センターが2014年に発表した、男性の60%、女性の45% [全文を読む]

【訃報】阿藤快さんが東京都内の自宅で死亡

秒刊SUNDAY / 2015年11月16日09時57分

ネットにも衝撃「早すぎる」http://www.yukawanet.com/archives/4942895.html※画像:公式サイトより阿藤快さん公式サイトhttp://bonito-llc.com/―ネットの反応・ えっ、急すぎるでしょう・・・悲しい。・ え、阿藤快さん亡くなったの??・ え!阿藤快さんのニュース本当!?・ 阿藤快さんご冥福をお祈りい [全文を読む]

「キレがなくなった」また炎上の和田アキ子、業界内でも不評の嵐!

tocana / 2015年10月16日19時00分

画像は、「晴レルヤ Single, Maxi」(ユニオン)より [全文を読む]

川島なお美だけではない!! 体重30キロ台の激ヤセ女性芸能人4名!

tocana / 2015年09月19日09時00分

(小田三平) ※画像は、『失楽園 DVD BOOK 上巻』(宝島社) [全文を読む]

相武紗季 “ヴァンパイア顔“を矯正した理由

tocana / 2015年07月24日11時00分

(文=谷野文雄) ※イメージ画像:相武紗季 Instagramより [全文を読む]

昨日の私より、今日の私。日ごと美しい私になるためのセルフ・カウンセリングメイク

美容最新ニュース / 2015年03月27日18時00分

画像はプレスリリースより)【参考】・株式会社ドウシシャ プレスリリース(PR TIMES)http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000056.000006557.html [全文を読む]

海老蔵を土下座させた豪快伝説も!? 作家・渡辺淳一の体調不良に心配の声

サイゾーウーマン / 2013年11月10日15時30分

画像は『あきらめるのはまだ早い2 対談 ここまできた最新医学』/講談社 [全文を読む]

年上女性キラーのイ・テガン、次のお相手はオアシズ 大久保!?

okmusic UP's / 2013年09月21日14時00分

【その他の画像】イ・テガン出演をお願いするにあたり、「会議に出て、大久保さんのためにコンテをいじった」とテガン。「チャレンジや動き出すことがメインテーマの歌詞と自分を照らし合わせたとき、今までの活動を助けて頂いた方たちへの感謝の気持ちが、この曲のPVには不可欠だった」と話す。テガンの日本活動を支えてくれた象徴として、大久保にスポットを当てた形だ。 実は2人 [全文を読む]

フォーカス