名取裕子 沢口靖子に関するニュース

高視聴率「熟女優」フェロモンの秘密(4)「松尾羊一×碓井広義」ご意見番対談「男は名取裕子のような上司を求めてる」(松尾)「石田ゆり子は役柄からエロスが漂う」(碓井)

アサ芸プラス / 2012年08月31日10時59分

そういうドラマのヒロインには、ピチピチした若手女優よりも、必然的に名取裕子、片平なぎさ( 53 )、眞野あずさ(55)‥‥ら、落ち着いた熟女優が起用されることになるわけ。 碓井 これまでの活躍ぶりから考えて、私が「2時間ドラマのヒロイン四天王」と推したいのが、沢口靖子、高島礼子、名取裕子、片平なぎさの4人。さらにしぼり込んで「ドラマの熟女王」を選ぶと、「京 [全文を読む]

高視聴率「熟女優」フェロモンの秘密(1)「女王」天海祐希が「知的」沢口靖子に圧勝!「45歳であのスタイルの良さはありえない」

アサ芸プラス / 2012年08月28日10時59分

「熟女優というと名取裕子(55)と、かたせ梨乃(55)。私はこの2人をずっと考えていたんですけど、若い頃に映画『吉原炎上』(87年、東映)で2人とも脱いでいるんです。昔はここぞという時に脱いで、最近はそうでもないけどイザとなったら、ど〜よ! というのが熟女優なんですね」 視聴率を稼ぐ熟女優たちには“SEXアピール”という共通項がある、ということに間違いは [全文を読む]

崖っぷち観月ありさの危機 主演ドラマが歴史的惨敗で、24年連続主演記録ストップか

Business Journal / 2015年02月02日23時00分

「このドラマ枠は、『科捜研の女』のほかにも、橋爪功の『京都迷宮案内』や渡瀬恒彦の『おみやさん』、名取裕子の『京都地検の女』など何シリーズも続いている作品を放送している。テレ朝としても、長きに渡って続けられるドラマを見つけ出したいという思いが強い枠。だから、24年連続主演記録を持つ観月にとっては絶好のチャンスだった。もしこのドラマが当たれば、主演記録は何年 [全文を読む]

高視聴率「熟女優」フェロモンの秘密(2)熟女優の舞台裏 黒木瞳「初対面で挨拶しない」共演者は無視 檀れいは代理店幹部に「ボディタッチ攻撃」

アサ芸プラス / 2012年08月29日10時59分

「他にも、大食漢で、現場支給の弁当の他にもう1つ自分で弁当を用意している、なんてお茶目なところも好きですね」 “豪快系”でスタッフ受けがいいのが、2時間ドラマの女王・名取裕子(55)だ。 「全てのしぐさが男らしくて声が大きいので、2つ先のスタジオでも彼女がいるとわかる(笑)。仕事に対する姿勢も、監督に自分の意見をズバッと言うけどイヤミがなく、見ていて気持 [全文を読む]

真矢ミキ、天海祐希……芸能界入りした「元・宝塚男役トップ」が体現する悲しい“呪縛”

サイゾーウーマン / 2015年04月06日13時00分

2012年、刑事役として連続ドラマ初主演を務めた『捜査地図の女』(テレビ朝日系)は、沢口靖子の『科捜研の女』や名取裕子の『京都地検の女』といった長寿シリーズを数多く生み出してきた『木曜ミステリー』枠。ここでハマれば、地道ながらも息の長い女優活動を期待できるとあって真矢も名乗りを挙げたのですが、結果は平均10.1%。しかも7話で打ち切られてしまったんです」( [全文を読む]

観月ありさ『出入禁止の女』大コケで、全6回“打ち切り”か?「木曜ミステリー」史上最低視聴率で幕

日刊サイゾー / 2015年03月02日17時00分

同枠は、沢口靖子主演『科捜研の女』、名取裕子主演『京都地検の女』、渡瀬恒彦主演『おみやさん』など、ドラマ史に残る名シリーズを多数輩出してきたが、『出入禁止の女』は初回から6.5%と振るわず。以降も6%台が続き、放送全6回の平均視聴率は6.4%。1999年1月に始まった「木曜ミステリー」枠史上、最低記録となった。 「局側からの発表はないが、業界内では、打ち [全文を読む]

『ナースのお仕事』超えられない観月ありさの苦悩……『出入禁止の女』は“史上最低”6.5%発進

日刊サイゾー / 2015年01月16日17時00分

同枠は、前期で14作目が放送された沢口靖子主演『科捜研の女』をはじめ、名取裕子主演『京都地検の女』、渡瀬恒彦主演『おみやさん』など、ドラマ史に残る人気シリーズを多数輩出。最近は初回視聴率14%前後と、好スタートを切ってきた。 「『出入禁止の女』の6.5%は、1999年1月に始まった『木曜ミステリー』枠史上、最低記録。長年続くシリーズばかりでなく、一昨年ス [全文を読む]

陣内智則に攻めてほしい大物女優ランキング

messy / 2014年10月13日12時00分

もう2時間ドラマの女王・片平なぎさ姉さんしかいませんよ(あ、名取裕子さんもいますね)。でもドラマロケで全国を飛び回っているから、紀香よりも一緒にいる時間が少なくて陣内が浮気し放題になってしまう可能性も……。浮気癖って一生治りませんからね。あと、陣内がなぎさを満足させる甲斐性を持っているかというとそれはまた別の話ですし。 ___ そのほか、天海祐希さんや稲森 [全文を読む]

「デブのドラマは当たらない」のジンクスを覆した石塚英彦が連続起用される理由

アサ芸プラス / 2014年03月06日09時59分

沢口靖子の『科捜研の女』や、名取裕子の『京都地検の女』がシリーズ化され、同社のドル箱になっている。石塚起用の理由はギャラの安さ。主役なのに100万円程度。脇役(高畑淳子、中村俊介、星野真里、石丸謙二郎、井上和香)はさらに安くてキャスト費は底値な状態。そのうえ大半の収録が撮影所の中で済ませられるなど、徹底したコストカットで制作されている。フジテレビの月9で約 [全文を読む]

高視聴率「熟女優」フェロモンの秘密(3)トップ女優インタビュー 2時間ドラマの新エース床嶋佳子「高視聴率の秘訣」は〝和服萌え” 「バレエで鍛えた体から色気が出ているの」

アサ芸プラス / 2012年08月30日10時59分

【関連記事】 高視聴率「熟女優」フェロモンの秘密(1)「女王」天海祐希が「知的」沢口靖子に圧勝!「45歳であのスタイルの良さはありえない」 高視聴率「熟女優」フェロモンの秘密(2)熟女優の舞台裏 黒木瞳「初対面で挨拶しない」共演者は無視 檀れいは代理店幹部に「ボディタッチ攻撃」 高視聴率「熟女優」フェロモンの秘密(4)「松尾羊一×碓井広義」ご意見番対談「 [全文を読む]

フォーカス