米倉涼子 沢口靖子に関するニュース

高視聴率「熟女優」フェロモンの秘密(4)「松尾羊一×碓井広義」ご意見番対談「男は名取裕子のような上司を求めてる」(松尾)「石田ゆり子は役柄からエロスが漂う」(碓井)

アサ芸プラス / 2012年08月31日10時59分

そういう意味では、米倉涼子(37)、真矢みき(48)、とよた真帆(45)、天海祐希、江角マキコのように、女子っぽくなくて、仕事ができそうな熟女優がいいんですね。 碓井 最近、気になる熟女優は、まず石田ゆり子(42)。「外事警察」がよかったですね。主婦を演じていても、OL役でも、普通の人をちゃんと演じていながら、何かエロスを感じます。いいなあ。それから、木村 [全文を読む]

前回は日本シリーズ効果で自己最高視聴率! 今週、真価を問われる米倉涼子『ドクターX』は……

日刊サイゾー / 2016年11月03日12時00分

米倉涼子主演『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の第3話が10月27日に放送され、24.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の高視聴率をマークした。 この数字は今シリーズ最高で、今年オンエアされた民放ドラマの中で最も高い視聴率。『ドクターX』としては、前回の第3シリーズ(2014年10月期)の第10話(24.8%)、最終回(27.4 [全文を読む]

秋ドラマに異変?「平日は女優、週末は男優」に色分けの理由

NEWSポストセブン / 2016年09月26日07時00分

平日は、『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』(フジテレビ系)の吉田羊さん、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の新垣結衣さん、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)の石原さとみさん、『科捜研の女』(テレビ朝日系)の沢口靖子さん、『ドクターX~外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)の米倉涼子さん、『Chef~三ツ星の給食~』(フ [全文を読む]

「フジは韓流に頼り過ぎ。手抜きで数字取れぬ」と日テレ社員

NEWSポストセブン / 2012年11月17日16時00分

他にも米倉涼子、天海祐希、菅野美穂、深田恭子、沢口靖子と大物を起用したドラマが目白押しだが、どのドラマも強い女がテーマになっている。相変わらず医療現場やミステリーものが多く、いかに過去の話題作をパクっているか。 フジB:医療現場が多いのはコスト削減と無関係ではないでしょう? 病院内が主な舞台となっているから、ロケが少なくセットでスケジュール通り撮影を終わら [全文を読む]

米倉涼子主演「ドクターX―」が復活! 【秋ドラマ人物相関図(木曜ドラマ編)】

ザテレビジョン / 2017年10月05日18時30分

■ “黒い巨塔”再び! 未知子が医療界にメス!!「ドクターX~外科医・大門未知子~」 米倉涼子がフリーランスの天才外科医・大門未知子を演じる医療ドラマの第5弾。初の女性院長が誕生し、改革が進む東帝大学病院を舞台に、未知子が自分の信念を曲げずに権力者と渡り合っていく姿を描く。未知子が乗っていた路線バスの運転手が運転中に意識を失った。山の麓にある病院に運転手 [全文を読む]

秋ドラマの見どころ予想!「産婦人科医」は「外科医」に勝てるか?

アサジョ / 2017年10月03日10時15分

テレビ朝日は、米倉涼子主演「ドクターX~外科医・大門未知子~」、水谷豊主演「相棒season16」、沢口靖子主演「科捜研の女 17シーズン」ら、安定した高視聴率を誇るシリーズもので勝負。 一方、戦前から難問続きなのは、フジテレビの篠原涼子主演「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」と浅野忠信主演の「刑事ゆがみ」だ。「民衆~」は、新米ママの主人公が、 [全文を読む]

テレ朝会長 人気シリーズ続編3本「計算できるドラマ」と信頼感

スポニチアネックス / 2017年09月26日16時12分

女優の米倉涼子(41)の「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜後9・00)の第5シリーズ(10月18日スタート)、俳優の水谷豊(65)主演の「相棒season16」(水曜後9・00、10月12日スタート)、女優の沢口靖子(52)主演の人気シリーズの第17弾「科捜研の女」(木曜後8・00、10月19日スタート)をラインアップしている。 早河会長は「ドラマ [全文を読む]

『べっぴんさん』の井頭愛海さんはじめ出身若手も続々台頭 「全日本国民的美少女コンテスト」が3年ぶりに開催

日本タレント名鑑 / 2017年02月22日10時55分

これまで米倉涼子さん、上戸彩さん、武井咲さんら多くの人気女優・モデルを輩出してきた「全日本国民的美少女コンテスト」が、今年3年ぶりに開催されることが発表になりました。 今回開催されるのは、30周年の節目ということに加え、過去2回の大会の入賞者の活躍が目覚ましいこともあると思います。そんな最近の入賞者の活躍ぶり、そして人気女優を次々と輩出するコンテストの審査 [全文を読む]

『A LIFE』浅野忠信への違和感 「敵役としては中途半端」評

NEWSポストセブン / 2017年01月25日07時00分

昨年後半、米倉涼子の『ドクターX~外科医・大門未知子』をはじめ、吉田羊の『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』、沢口靖子の『科捜研の女』、北川景子の『ヒポクラテスの誓い』など、さまざまな医学系ドラマが出た後だけに、二話で視聴率アップというのは、このドラマの底力といえるのかもしれない。みんな木村拓哉に、こんなセリフを言いきって欲しかったのである。 [全文を読む]

やはり強かった!前クールのドラマ出演者ヒロインランキングTOP5

しらべぇ / 2017年01月03日06時30分

■第3位:米倉涼子(164票)(画像はテレビ朝日公式サイトのスクリーンショット)序盤から、圧倒的かつ安定した視聴率をキープしていた『ドクターX〜外科医・大門未知子〜4』。人間模様や医師としての活躍を見せるシーンも魅力的だが、「いたしません」ときっぱり言う痛快さも、クセになっている人が少なくなさそう。■第2位:石原さとみ(323票)(画像は日本テレビ公式サイ [全文を読む]

Yahoo!テレビ.Gガイド ドラマ特集秋号を公開

PR TIMES / 2016年09月27日11時39分

今シーズンは、急成長中の若手女優芳根京子主演の『連続テレビ小説「べっぴんさん」』や、深夜枠ながら幅広い世代の人気を集めた山田孝之主演のシリーズ第3作目『勇者ヨシヒコと導かれし七人』、市川海老蔵が13年ぶりに連続ドラマの主演を務める『石川五右衛門』などの話題作が目白押しのほか、仲間由紀恵出演で話題の大人気シリーズの最新作『相棒season15』、米倉涼子[全文を読む]

地味な「昭和顔」女優、なぜ大活躍?有村架純、高畑充希、黒木華が台頭した歴史的理由

Business Journal / 2016年09月08日06時00分

2000年代に入ると、天海祐希、米倉涼子、篠原涼子らの“カッコよさが武器のハンサム顔”が、女性からの圧倒的な支持を獲得。その一方で、深田恭子、上戸彩、井上真央、綾瀬はるか、石原さとみ、長澤まさみ、堀北真希、新垣結衣らの若手女優が次々に主演を飾り始める。 いずれも美しさは変わらないものの、彼女たちの特徴は“親しみやすさ”。不景気やインターネット普及の影響で [全文を読む]

いよいよ脱アイドルか!?草なぎ剛が新ドラマで狙う“第2の水谷豊”人生

アサ芸プラス / 2016年01月09日09時58分

『スペシャリスト』がシリーズ化となれば、『相棒』が水谷豊の代表作となったように、草なぎも第2の水谷路線を踏襲できるかもしれません」(テレビ誌記者) 確かにこのパターンで、テレ朝は「相棒」のほか、米倉涼子主演の「ドクターX」、沢口靖子主演「科捜研の女」などの長寿ドラマを確立させており、草なぎが狙うのも当然だ。 草なぎがアイドルではなく、俳優としての地位を確立 [全文を読む]

フォーカス